「包丁を突き付けられ息子は不登校に」 メダリスト輩出の「名門スキー部」で凄絶いじめが

メダリスト輩出“名門スキー部”で凄絶いじめか 金メダリスト・船木和喜の出身校

記事まとめ

  • 北京冬季五輪が閉幕した折、小樽市にある北照高校スキー部のいじめが報じられた
  • 北照高校は、長野五輪で金メダルを獲得した船木和喜の出身校で、スキーの“名門校”
  • 部室にあった包丁の刃先を近づけ脅迫されたこともあると、保護者が息子の被害を語る

「包丁を突き付けられ息子は不登校に」 メダリスト輩出の「名門スキー部」で凄絶いじめが

「包丁を突き付けられ息子は不登校に」 メダリスト輩出の「名門スキー部」で凄絶いじめが

名門で何が

 コロナ禍で登校する機会が少なくなり、学校内でのいじめは減少傾向にあるという。それでも全国の高校で年間1万件以上のいじめが報告されているが、北京冬季五輪が閉幕した折、北海道にあるスキーの“名門校”でも禍々しい事態が。

 ***

〈北照スキー部員 いじめで停学に〉

 その事実を報じたのは2月26日付の北海道新聞だった。

 小樽市にある北照高校スキー部で男子部員3人が1年生部員に、蹴ったり暴言を吐くなどのいじめを行っていたことが発覚。1人を無期停学、2人を1週間の停学処分にしたと報じたのだ。

 北照高校は長野五輪のスキージャンプで金メダルを獲得した船木和喜氏の出身校であり、スキー部は「名門」として知られる。


■凄絶いじめで不登校に


 ところが、

「いじめで息子は不登校になってしまいました」

 と、被害者の保護者が告発する。

「昨年4月にスキー部に入ると、とにかく暴言がすごかったのです。3年生3人と1年生1人が1年生2人に対し、“ばか”だの“死ね”だのと毎日のように汚い言葉を浴びせるのです。トレーニング器具の用意が少しでも遅れると、“殺すぞ”と罵倒することもありました」

“パシリ”として使われるのも日常茶飯事。さらに、暴力も振るわれていた。

「昨年6月頃、スキー部の練習で取り入れていたバレーボールの最中、息子の顔に向けてアタックを打ってきたり、挙句にミスをしたという理由で、ある3年生の部員が背後から蹴ってきたのです。息子は転倒し、亜脱臼する怪我まで負ってしまいました」(同)

 その後、被害者親子は蹴った部員、その母親と面会し、「もうしません」との言質を得た。結果、加害生徒は1週間の停学になった。


■“死にたい”


 しかし、その後もいじめは続いたと保護者が言う。

「部室にあった包丁の刃先を近づけ脅迫されたり、“お前なんか部活を辞めさせてやる”などとも言われたりして日常的に暴言は続いた。部のグループLINEにも“死ね”などの言葉がありました。息子は“死にたい”と言い出し、今年1月から学校に行けるような状態ではなくなってしまったのです」

 いじめを受けていたもう一人の部員も一連の暴言などでうつ病と診断され、いまは不登校の身だ。その保護者が言う。

「ことあるごとに学校にいじめのことを相談していたのに、監督は“捉え方の問題ですから……”とまるでいじめられている方が悪いといった口ぶりでした。校長や教頭も“部活の問題なので……”と言い逃れ、まったく解決に至りません」

 では、その教頭に聞くと、

「監督はその都度、生徒に注意するなどしておりましたが、学校が生徒への聞き取りなどの調査をした結果、三つの案件をいじめと認定し、処分しました。再発を防ぐために、スキー部をはじめ全生徒への指導を改善したいと思っています」

 しかし、先の保護者は、

「校長や教頭、理事長から謝罪の言葉は一切ない上、学校側から弁護士まで立てられてしまいました」

 いじめへの対処が十分ではない上、対話の窓まで閉ざしてしまった学校。保護者の困惑と憤りが収まらないのも当然であろう。

「週刊新潮」2022年3月17日号 掲載

関連記事(外部サイト)