白旗状態の検察が不自然な「味噌漬け実験」を行った“本当の狙い”【袴田事件と世界一の姉】

白旗状態の検察が不自然な「味噌漬け実験」を行った“本当の狙い”【袴田事件と世界一の姉】

「私は巖より先には死にませんよ」と語る袴田ひで子さん(「袴田チャンネル」より)

 袴田巖さんが48年ぶりに自由の身になった釈放から、3月27日で8年になる。再審可否を決める三者協議の進捗は、検察の抵抗でもどかしいが、「1年間も味噌に漬かっていた衣服の血痕に赤みが残るのか」について鑑定した専門家の証人尋問が決まるなど、着実に再審開始へ向けて進んでいる。この3月は別の著名な殺人冤罪事件をめぐっても動きがあった。「袴田事件と世界一の姉」第12回目。(粟野仁雄/ジャーナリスト)


■「21歳」の巖さん


 3月10日は、巖さんの86歳の誕生日だった。コロナ禍で、支援者らが巖さんと姉のひで子さんが暮らす静岡県浜松市のマンションに集まって祝うことは、残念ながらできなかった。自宅を訪問したのは「見守り隊」の猪野待子隊長と撮影を担当した「袴田支援クラブ」の白井孝明さんだけ。その様子はYouTube番組『袴田チャンネル』で配信された。

 映像で見る部屋は花で美しく飾られていた。お祝いのケーキのローソクの火を吹き消した巖さんは、ひで子さんからブルーの素敵な帽子をプレゼントされた。巖さんは盛んに「21歳なんだな」「21歳だ」と言っていた。巖さんは好物の寿司を昼食に平らげ、さらにケーキをおいしそうに食べてから、外出の準備をしてマンションの下に降りた。支援者の女性から花束を渡されると、この日はいつもと違って報道陣に囲まれて市内のパトロールに元気に出て行った。

 せっかくのプレゼントの帽子をかぶらず、以前から持っていた別の帽子をかぶって出かけるのもGoing My Wayの巖さんらしい。巖さんは昔からおしゃれで、最近は靴と帽子の色を合わせてコーディネートするそう。この日の午前11時頃だったか、神戸から電話して巖さんに「86歳、おめでとうございます」と伝えた。こちらが誰かもわかっていなかったようだが、とにかく「21歳なんだな」の一辺倒だった。

 ひで子さんは、巖さんの誕生日に寄せたビデオメッセージの中で「私は戦中派ですから誕生祝なんてやったこともない。2月8日は私の誕生日でしたが、巖はわかっているのかわかっていないのか、一応は言ってみようかと思っていた。ご飯の少し前に部屋を覗いた。そしたら熨斗袋に『秀子、誕生日おめでとう』と書いていてよこしたんです(中身は1万円だった)。こんなことは89年間生きていてありませんでした。私は一人で長く暮らしてきましたから。それが支援者のみなさまのおかげでこういうことになった。巖は拘禁症とかもあるし、誕生日がどうだなんて話したこともなかった。それが、そういうこと(姉の誕生日を祝うこと)を巖ができるようになったことがすごく大きい」と喜んだ。

 ひで子さんは「今日は帽子を買ってあげたけど、巖はかぶって(パトロールに)行かなかったから私がかぶりましょう」と自らかぶってみせてほほ笑んだ。


■三者協議の会見、初めての欠席


 袴田さん姉弟にとって重要なイベントが3月に相次いだ。

 3月14日、東京高裁(大善文男裁判長)で5回目の三者協議が開かれた。弁護士会館で会議中の山崎俊樹さん(「袴田巖さんを救援する清水・静岡市民の会」事務局長)と電話して、ひで子さんが新型コロナの感染を用心して三者協議に来ないことを知り驚いた。巖さんの補佐人を務めるひで子さんは、三者協議のたびに欠かさず上京していたが、協議自体には参加させてもらえず、いつも山崎さんと高裁の待合室で待たされる。そのため記者会見にひで子さんの姿がなかったことは初めてだった。体調を崩したとも聞いたので心配になって電話すると、「私は至って元気なんですけどね。周囲が行くなと言うもんだから」とかなり残念そうだった。

 会見に浜松からリモート参加したひで子さんは、音声が聞き取りにくいのか盛んに耳に手を当てていたが、女性記者に進捗具合の感想を聞かれて「もちろん進展したと思っていますよ」と答えた。巖さんの生活については「妄想状態とまともな時が半分半分ですね。今日はまともでも明日はまた妄想に戻ってしまうようです。健康面では血糖値が高かったのですが、数値は安定しています。まあ、よく食べるもんで、一体どこに入るのかと思うくらい食べるのが心配です。私も健康ですよ」などと話し、いつもの朗らかな笑顔を見せた。

 会見冒頭、西嶋勝彦弁護団長は「いつもは2人しか来ない裁判官が、初めて3人来ました。検察側の実験(後述する「味噌漬け実験」のこと)は思わしくないようで、裁判官は興味を持ったようです。検察はこれで実験を終えたいとしているが、われわれは継続することを主張し、裁判官も自分の目で見たいと言っていました」と手応えをつかんだ様子で話した。

 この日の記者会見で詳細を説明したのは、札幌弁護士会の笹森学氏。学生時代、有名な冤罪事件である「徳島ラジオ商殺し事件」で冤罪に関心を持ち弁護士になったという。北海道空知郡で起きた女性連続殺人事件や「足利事件」などで弁護活動をし、DNA鑑定にも精通している重鎮である。


■赤みを残すための真空実験


 弁護団は「検察側の実験は、実際と全く違う条件で行われている」と主張した。

 笹森氏は「検察の実験は、味噌を真空パックに詰めて、おまけに脱酸素剤まで入れている。これでは徐々に酸素がなくなるのではなく、瞬間的に窒息させるようなもの。真空パックは本来、食物保存のために酸素を入れないようにするための袋。味噌樽(タンク)とは全く条件が違う」と語っていた。5点の衣類が見つかったというこがね味噌の味噌タンクには、8トンもの味噌が入っていた。その規模で再現実験せよとは言わないが、もう少し大きな容器を使うなどして自然な形で実験すべきだろう。それにしても真空パックとは……。要は、検察側は「味噌タンクに1年以上漬かっていた血痕に赤みが残ることがあるのか」という検証をしているのではなく、「どうすれば赤みを残すことをできるのか」という実験をやっているようなものである。

 検察が2月に裁判所に提出した意見書には「4カ月、5カ月後の血痕に赤みが残った」としたうえ、「血液の量が多い血痕は、全体に化学反応が起こる前に、時間の経過に伴い、凝固、乾燥などで化学反応が起こりにくくなり、赤みが残りやすくなった」としている。

 筆者が「大量の血液では凝固(黒くなる)反応が進まないということが一部の実験ではあったのですか?」と訊くと、笹森氏は「それは評価の問題ですが、私らは赤みが残っているとは思わない。無理して考えれば『赤紫っぽいとも言えるかなあ』という感じを、検察官は『赤みが感じられる』という表現で主張しています」と答えた。


■「目的を達した」の真の意味は?


「検察が実験を続けたくないのは、そのまま続けると完全に黒くなるのが嫌だからですか?」と訊くと、笹森弁護士は「検事はそうは言わないが『目的は達したので』としている。我々は発見直前に入れたと主張しているが、(実験を)半年くらいやってみてそのタイムラグの間に赤みが残っているとすれば、『直前に入れたんではない』と言えるというのが検事側の言いたいことでは。捏造説は成り立たないと言っていいかな、と思っているのでしょう」と話した。

 巖さんは1966年8月18日に逮捕・拘留されている。警察は1年後の1967年8月31日に麻袋に入った5点の衣類が味噌タンクの底から見つかったとし、それを犯行着衣とした。それまでの公判で犯行着衣としていたパジャマから返り血は検出されず、窮地となった検察が変更したのだ。

 こがね味噌では、1966年の7月20日にこのタンクで味噌の仕込みをしている。麻袋の発見時は味噌が底の方に少し残っているだけだったが、仕込みではタンクの上まで味噌を入れている。味噌は上から放り込んだ麻袋が沈むような液状のものではないので、巖さんが放り込んだならば、事件発生の1966年6月31日から7月20日までの間でなくてはならない。つまり、放り込まれてから発見まで1年2カ月経っているということになる。

 警察が裁判所に提出した衣服の大量の血痕には、赤みが残っている。このため弁護側は「発見直前に捜査側が入れた捏造」と主張している。検察の実験が開始されてから半年が経ち、血痕がこのままどんどん黒ずむことはあっても赤く戻ることなどない。実験をここで止めておいて「発見の直前に放り込まれた捏造」ということだけでも否定したいということなのか。「目的を達した」の「目的」とは何だったのか。再審開始は止められそうにないが、なんとか捏造説だけは否定したいというのが検察の目的に見える。

 ほとんど「白旗状態」の検察が必死に抵抗している一因として、2014年3月に巖さんの再審開始と釈放を決定した静岡地裁の村山浩昭裁判長が「捜査機関の捏造」と明言し、警察の捏造に強く踏み込んだことがあると筆者は考える。検察は仮に「誤認逮捕でした。ごめんなさい」とは認めても、「捜査機関の捏造」だけは認めるわけにはいかない。こうしたことを引き出そうと考えての質問ではなかったが、笹森弁護士の回答は再審請求審での検察の本音が垣間見える示唆に富んだものだった。


■鑑定人も示せない検察


 さらに「実験の条件が違うことについて、裁判所は指摘しなかったのですか?」と訊くと、笹森弁護士は「裁判官は『味噌タンクには8トンの味噌が入っていたんですよね』と言いましたよ」と話した。

 検察は、味噌タンクの実際の状況とは遊離した実験条件を作り出して意図的に嫌気性(酸素が薄い状態)を高めて、血痕が黒褐色になる反応が進まないようにしているようにしか見えない。実際の味噌タンクは、落し蓋をして重石を乗せて1年間放置し、「天地返し」と言われるかき混ぜもしない。それでも、うまくいっていないのだ。どう見ても茶褐色か濃い臙脂色の程度だ。

 弁護団の小川秀世事務局長が立ち上がってカラー写真を見せながら、「捜査報告書の写真は赤みが強かったが、データをプリントすると9月に(実験を)開始した(血痕を付けたサンプルについて、)3月には赤みがなくなっている。検察が赤みが残っているとしたのは大量の血液を付けた時でしたが、こちらも6カ月経って、赤みが取れて紫色になっている。あと半年すればこれが黒褐色になっていくことは裏付けられるはず」などと説明した。

 弁護団は今後の協議で証人申請する2人の鑑定人を示し、大善裁判長も了承した。しかし、検察側は誰を申請するかも示さなかった。西嶋勝彦弁護団長は「検察側はどの鑑定人を呼ぶか、名前も出さなかった。自信がないことのあらわれでしょう」と話した。西嶋団長の弁護士登録は袴田事件が起きる前年の1965年。間質性肺炎を患い、酸素ボンベを手に車椅子で裁判所に駆けつける老弁護士の物静かな語りには、自信がみなぎっていた。


■東住吉女児焼死の国賠訴訟


 三者協議の翌日の3月15日に、大阪地裁では「東住吉女児焼死事件」の冤罪被害者・青木惠子さん(58)が起こしていた国賠訴訟の判決があった。裁判長は昨年11月に「無実を認めた上、冤罪防止策を講ずる」などと、青木さんに寄り添った和解勧告案を出していたが、国(検察庁)と大阪府(大阪府警)はこれを受け入れず、判決に持ち込まれていた。

 本田能久裁判長は「虚偽自白をさせた警察の取り調べは明らかに違法」として、府に1220万円の賠償を命じた。一方で、検察については「違法とまでは断定できない」と、国の賠償責任は認めなかった。青木さんは「今度の裁判官からは絶対にいい判決をもらえる」と筆者にも語っていた。裏切られた思いの青木さんは法廷で立ち上がって、持ってきた本田裁判長宛ての感謝の手紙を破り捨てた。記者会見では「本田裁判長は和解案を出してくれ、普通の支援者のように話しかけてくれた。まさか国の違法を認めないとは思わなかった。裁判所というより一人の人間として(本田裁判長に対して)不信感を持ち、また人間不信になってしまった。坂本(信行)刑事が私を傷つけたことは認めてもらったけども、反面、裁判所が私を傷つけていると言いたい」と話した。そして「負けたような気持ち。検察は反省しておらず怒りしかない」と気持ちが収まらなかった。

 袴田事件と東住吉事件。この2つの冤罪事件、前者は真犯人が起こした殺人事件、後者は事故を強引に事件とされたものであり、性格は全く違うが、1つ共通するのが再審無罪に向けての「再現実験」である。


■カギ握る再現実験


 保険金目的で内縁の夫とともに娘を焼死させたとし、約20年間、囚われの身となった青木惠子さんの弁護団は、長野智子キャスターが冤罪と確信してくれたテレビ朝日の助力を得て大がかりな再現実験をした。

 実験では、ワゴン車の給油口から漏れて流れてきたガソリンが風呂釜の種火に引火すると、夏の暑さで気化しているガソリンは瞬時に燃え上がった。これにより「ポリ容器の7リットルのガソリンを撒いてターボライターで火を着けた」と自供したという内縁の夫が火傷をしないことは考えられないことが判明する。大量のガソリンに至近距離から着火すれば本人の命も危ないのだ。

 昨年12月、大阪市北区で医師ら26人が亡くなった放火事件では、死ぬつもりだったようだが犯人は焼死した。2019年、36人が亡くなった京都アニメーション事件では、放火犯は大やけどで生死の境をさまよい命はとりとめた。青木さんは「この事例も本田裁判官に話したら、うなずいていたのに」と語る。

 東住吉女児焼死事件では、検察側も追随して独自に実験したが全く同じ結果になってしまった。これで青木さんは釈放されて、再審無罪となったのだ。

 愚かなことに青木さんの件では筆者は「直接証拠とは言えない再現実験で、再審無罪は難しいだろう」と考えてしまい、取材も出遅れた失敗がある。一方、袴田事件は現在進行形の「味噌漬け実験」である。検察は弁護団の結果と違う結果を出そうと必死になっていたが、敗色濃厚である。

 今回の三者協議で、裁判官が「自分の目で見たい」と言ったのは重要だ。写真では光源などの具合で色合いが微妙に変わることもある。再現実験が再び雪冤に繋がるか。大善裁判長の眼が節穴でないことを祈りたい。

粟野仁雄(あわの・まさお)
ジャーナリスト。1956年、兵庫県生まれ。大阪大学文学部を卒業。2001年まで共同通信記者。著書に「サハリンに残されて」(三一書房)、「警察の犯罪――鹿児島県警・志布志事件」(ワック)、「検察に、殺される」(ベスト新書)、「ルポ 原発難民」(潮出版社)、「アスベスト禍」(集英社新書)など。

関連記事(外部サイト)