【本庄・5歳児遺棄事件】中心に“死を招く女”が 父と義母が行方不明、競艇選手の夫は自殺

【本庄・5歳児遺棄事件】中心に“死を招く女”が 父と義母が行方不明、競艇選手の夫は自殺

5歳児遺棄 母は"死を招く女"

【本庄・5歳児遺棄事件】中心に“死を招く女”が 父と義母が行方不明、競艇選手の夫は自殺

陽のあたらない家で何が……

 幼き子供が亡くなるという無残な結末は必然だったのだろうか。埼玉県本庄市で5歳の男児の遺体を遺棄し、3人の男女が逮捕された。目張りをした“黒い家”で営まれたあまりに異様な同居生活。その中心には「死を招く女」の存在があった。

 ***

 江戸時代は武蔵国最大の宿場町として栄えた本庄。市中心部の本庄駅から北東に500メートルほど、旧中山道から住宅街に入った場所に、周辺住民の奇異な視線にさらされてきた、その「家」がある。

 窓に目張りがされた木造2階建て。1階和室の床下の土中で、今月5日、柿本歩夢(あゆむ)くん(5)の遺体が仰向けの状態で発見された。死体遺棄の容疑で逮捕されたのは、歩夢くんの母親の柿本知香容疑者(30)、同居していた石井陽子容疑者(54)、その内縁の夫である丹羽洋樹容疑者(34)だった。

 県警担当記者が解説する。

「逮捕された3人に血縁関係はなく、柿本母子がこの家で同居するようになったのは、昨年1月からです。柿本容疑者は一緒に住んでいた夫と喧嘩になり、トラブルになったため家を出、現場近くに住むママ友のつてをたどって、石井容疑者らと住むように。その後、歩夢くんの身に異変が起きていたとみられるのです」


■ラーメン店での「異様な光景」


 その一端は地元の飲食店で目撃されている。歩夢くんを連れて容疑者3人が通っていたラーメン店の店主が、

「歩夢くんが長時間にわたり説教され、虐待されている、そう思いました」

 と、当時の様子を語る。

「昨年の夏くらいから3回ほど来店しました。滞在時間は1時間から2時間程度なのですが、丹羽が歩夢くんを正座させてずっとネチネチと説教をしているのです。歩夢くんは目の前にあるチャーハンを食べることができず、残りの3人は平然と食事をしている。その様子を母親がスマホで撮影しているようにも見えた。異様な光景ですよ。そして、ランチタイムの閉店間際になると、ようやく許しが出て、歩夢くんはチャーハンを食べられるのです」

 店の常連客も言う。

「丹羽が“お前が言うことを聞かないからママが前のパパに怒られるんだぞ”とうつむく歩夢くんに言い、“何で答えられないんですか。早く答えて下さい”と責めていました。歩夢くんはおえつしているようにも見えました」

 不審に思った店主は歩夢くんから名前と保育園名を聞き出し、昨年9月、市役所に通報。市は歩夢くんに外傷がないことなどから「虐待の兆候はなし」としたが、今年1月、今度は歩夢くんが保育園に登園しなくなってしまう。柿本容疑者は「息子は大阪の実家にいる」と市に説明するも、実家への転居の事実がなかったことから今月になって事件が発覚したのだ。


■内縁の夫の人物像


 虐待が起きていたとみられる「黒い家」。そこに住む年長の石井容疑者について、

「彼女は猫を3匹飼っていて、丹羽と一緒によく近くの動物病院に来ていました」

 とは近隣住民の談。

 丹羽容疑者は高校時代、ラグビーに打ち込み、全国大会にも出場している。色黒でがっしりした体格をしており、日ごろから白や金フレームの眼鏡を着用。“いかにも”な風貌だった。一方、石井容疑者はふくよかな体形で、すっぴんに近い薄化粧をし、茶髪。安物のTシャツやスカートを身に着けていた。二人は仕事をしている風でもなかったという。

「石井さんが動物病院に行くと、親子ほど歳が離れているのに“丹羽です”と彼の名字を名乗っていた。年上の奥さんかな、と周囲に思われていました」(同)

 そもそも、この家が石井容疑者とその家族によって借りられたのは12年前。書類上、石井と当時の夫であるAさん(当時42歳)、その母Bさん、石井の父Cさんの4人が入居する予定だった。

「でも実際にはAさん、Bさんが最初に入居し、ほどなくしてCさんも住むようになりました。しかし、10年ほど前にAさんが救急車で運ばれた末、亡くなります。Cさんは“酒の飲みすぎ”と説明していました。その後、Aさんと別居中だった妻で介護の仕事の経験がある石井さんと、丹羽さんが立て続けに入居するのです」(別の近隣住民)

 Cさんは自らを元競艇選手だと名乗っていた。

「ホントかどうかわからないけど、“1億円稼いで、女に全部使っちまった”と自慢していました。Bさんはお金持ちで(埼玉県の)川口市にすごい土地と財産があるんだとも。でもそんな人がなんでここに住んだのかねえ」(同)

 実際、Cさんという名の競艇選手は実在していたのである。


■競艇選手の元夫は自殺


 さらに、石井容疑者の来歴をたどっていくと、“死”の臭いが濃密に立ち込めていることがわかる。ひとりは先述したAさん。もうひとりは最初の夫、Dさんだ。

「彼女が結婚したのは、30年以上前、19歳の時です。Dさんは9歳上の競艇選手でした」

 と打ち明けるのはDさんの知人だ。

「彼は静岡県内の高校を卒業後、一家で埼玉県所沢市に引っ越し、スイミングスクールの先生を経てボートレーサーになりました。戸田競艇場のある埼玉支部に所属し、彼の師匠となったのが、石井陽子さんの父親で同じく埼玉支部の競艇選手だったCさんです」

 Dさんは石井容疑者に惚れ込み、後に結婚。

 親交のあった競艇関係者によれば、

「Dさんは同期の中でも出世頭でした。当時の最上位であるA級に昇格し、年収も1500万円以上あったはずです。おとなしくて真面目な性格で、ぐいぐい頭角を現し、私生活では2人の娘にも恵まれました」

 一時は賞金総額が年間約2500万円を超えるほどに。しかし、いまから二十数年前、突如自殺してしまうのだ。

「ゴルフ場の木で首を吊ったという話が出回りました。亡くなる数年前から“お金に困っている”と言っていて、実際に1千万円程度を何回かに分けて貸したけど、結局返ってこなかった。陽子さんの話によれば、亡くなる前には競艇のかたわら、夜中に土木作業員のバイトまでしていたそうです。選手として稼いでいるのになぜ、と不思議に思っていました」(同)


■「サラ金に返さないと」


 1990年代に石井夫妻が住んでいた川口市内のマンションの大家は、

「その頃に競艇選手の旦那さんが亡くなったのは事実です。先日、本庄警察署の刑事さん2人がそのことを尋ねにきました。当時の契約書を見せてほしい、と」

 Dさんの親族が悔しさを滲ませて語る。

「陽子さんは猫なで声で話す裏表のありそうな人で、当時、Dの金を使い込んでいたという話もあった。Dは金で首が回らなくなって自殺したんです。しかも、亡くなってから、何かの理由でこちらの親族と陽子さんの親族が対立して、葬儀の場では陽子さんの親族がDの母に殴りかかろうとする一幕もありました。こちらの親族はDの棺すら担がせてもらえなかった。その後、陽子さんとは縁が切れてしまいました」

 だが、先の競艇関係者はその後もしばらくは石井容疑者と交流があった。

「亡くなった後、陽子さんは時折連絡をしてきて、“サラ金に返さないととんでもないことになる”と言って、2、3万円を数回借りていきました。そこからピタッと連絡が来なくなったのです。彼女はルイ・ヴィトンの大きなバッグを持っていて、金遣いが荒い印象がありました」


■地元の同級生と再婚


 ほどなくして石井容疑者が頼ったのは先述のAさんだった。彼女とAさんは川口市が地元で同級生。再婚し、市内にあったAさんの両親が住む一軒家に娘とともに転がり込むのである。Aさんの知人が言う。

「二人は同窓会で再会し、結婚したと聞いています。Aさんは初婚でした。彼のお父さんは大手企業に勤めるエリートサラリーマンでしたが、子どもはおらず、Aさんは養子でした。お父さんはAさんが結婚して彼女の2人の娘とともに引っ越してきた後に、病気で急死してしまったそうです。それからしばらくして、Aさんのお母さんがいきなり私のもとに“100万円貸してくれ”と取り乱した様子で飛び込んできたのです。上品な方だったのにと驚いて事情を聞くと、“嫁の親の商売で借金を背負い大変なの。10万円でもいいから”と狼狽していました」

 石井容疑者の母親は川口市内でスナックを経営していたという。

 また、かつてのAさん宅の近隣住民によれば、

「新しい嫁(石井容疑者)が、詐欺だか株だかに手を出して大損したともいわれています。そして、Aさんはお父さんから自宅を相続してわずか9カ月後、自宅を売却し、一家そろって行き先も告げず、夜逃げするように引っ越してしまったのです」

 それから11年後の2010年、Aさんと石井容疑者は本庄に流れ着き、それぞれの母と父とともに家賃3万9千円の「黒い家」に住み着くことになる。


■“殺される”


 さらに不可解なのは、Aさんの母であるBさんと、石井容疑者の父であるCさんの二人が、数年前から行方不明になっていることだ。

「丹羽がここに住むようになってから、Bさんは近くの板金工場に“殺される”と駆け込んだことがありました。警察も呼ぶ事態になりましたが“認知症の疑いがある”として事件にはならなかった。家に目張りをしていたのは、“Bさんは外が見えると出歩きたくなるから”という理由でした。Bさんはこの数年で姿を見なくなり、飼っていたミニチュアダックスフントと元気に散歩をしていたCさんも、4年ほど前からいなくなってしまった。その後、この家に住んだのが柿本さんだったのです」(前出・本庄市の近隣住民)

 冒頭の県警担当記者が補足する。

「BさんとCさんの生死について、県警は未だ確認を取れていません。歩夢くんの遺体が発見された後も自宅の裏庭を掘り返したものの、出てきたのは人骨ではなかった。まずは歩夢くんの死に関する証拠固めが優先で、二人の行方についてはそれからの捜査になるでしょう」

 取り巻く人が不審な死を遂げ、行方をくらませてしまったのはなぜか。その陰で「黒い家」を支配した、この女の“手招き”があったとしたら――。

「週刊新潮」2022年3月24日号 掲載

関連記事(外部サイト)