浮気を重ねたモラハラ夫、病気を機に改心も… 激変した妻からのあまりに“強烈な”復讐

浮気を重ねたモラハラ夫、病気を機に改心も… 激変した妻からのあまりに“強烈な”復讐

「今は仕事だけが生きがい」と優人さんはいう

 人は自分のケツは自分で拭かなければならない。「わがままが通る」のは、わがままを通してくれた人がいたからこそ。だがその相手がいつ復讐に出るかはわからないのだ。そう考えると夫婦は一生「バトル」を繰り返していくものなのかもしれない。人によっては。【亀山早苗/フリーライター】

「妻の復讐がだんだんひどくなっていて、どこまで耐えられるかわからないような状態なんです」

 榊原優人さん(54歳・仮名=以下同)は弱々しい笑みを浮かべながらそう言った。彼が結婚したのは34歳のとき。当時としては遅かったという。

「新卒で入社したのがバブル真っ盛りのころ。ろくに働いてもいないその年の6月にボーナスが3桁近くでびっくりしました。その後の数年間は忙しいけど臨時ボーナスは出るし、こちらも若かったので寝ずに遊んでは仕事をして。今思えば尋常じゃなかったけど、渦中にいるときは楽しかったですね」

 バブルが弾けてから数年後、会社は一気に傾いて他社に買収され、辞めるも地獄残るも地獄の様相を呈した。そんな中、優人さんはいち早く退職、一時金を得て今後のことを考えた。

「もう人に使われるのは嫌だと思いました。だからといって僕は経営者という器ではないのもわかっていた。しばらくアルバイトをしながら世の中を見てから決めようと思ったんです」

 そんなとき辞めた会社の先輩から連絡があり、仲間たちとの起業に誘われた。会ってみると、前職の経験を生かして輸出入がらみの仕事をするという。優人さんも少し出資して経営陣として加わることにした。だが実質的には彼が営業の第一人者となった。現場で働くことが何より好きだったからだ。

「浮き沈みはありましたが、起業して4年、ようやく軌道に乗りました。先輩たちが手堅く経営してくれたおかげです。僕は経営のことはやはりよくわからないまま(笑)。それでも今は社員20名のいい会社になりました」

 退職から5年、33歳になった優人さんだが、その間、恋人がいなかったわけではない。「欲望の赴くままに」女性とデートしては一夜をともにしていた。長続きはしなかった。せいぜい半年程度、真剣につきあう気がなかったのだろう。

「でもさすがに33歳になって、今後どうするかと考えたとき、家庭をもちたいと思いました。あるとき、親しくしている長瀬さんという先輩が家に招いてくれたんです。僕より5歳年上ですが、ふたりの子どもがかわいいのなんのって。当時、7歳と4歳くらいだったのかな。上の男の子はやんちゃで、下の女の子は“おじちゃん”とまとわりついてくる。子どもの柔らかさに心が和みましたね。長瀬さんの奥さんは、弾けるような笑顔を見せる人で、こういう家庭があったらもっと仕事をがんばれるよなあとしみじみ思ったんです」

 地方出身の優人さんは大学入学と同時に上京、それ以来ひとりで生活してきた。両親との関係は「可もなく不可もなく」とごく普通。ただ、兄一家が両親と同居しており、義姉とはどこか馬が合わなかったため、ほとんど帰省もしていなかった。

「僕が長瀬さんの家庭を羨ましがったので、彼が奥さんの後輩を紹介してくれたんです。8歳も年下だったので無理だと言ったんですが、会うだけでもと言われて……。会ってみたら相手が僕のことを気に入ってくれた、と聞いてびっくりしました」

 25歳の朱美さんは穏やかな性格で「家庭を任せるには最適だ」と優人さんは判断し、すぐに結婚を決めた。長瀬さんの妻の紹介だから間違いないだろうとも思った。


■「モラハラしているつもりはありませんでしたが」


「だけど……ここからは僕の傲慢でした。今思えば、ですけど。当時は自分が稼いで妻を食べさせているという思いが強かった。朱美は家事万端ぬかりなくやってくれたと思う。だけど料理が今ひとつだった。薄味で物足りなくて。こんなもの食えるかとせっかくの料理を食べずにカップラーメンを食べたりしたこともあります。彼女は『ごめんなさい。もっと勉強するから』と言う。その素直さに腹が立ったりもしていた。実は朱美は性的に非常に未熟で……ああ、こういう言い方をすると彼女に気の毒ですよね。ほとんど経験がなかったみたいなんです。だから僕は満足できなくて、その苛立ちもあって料理を盾に妻をいじめていたんだと思います」

 だから平然と浮気を重ねた。もちろん妻にバレるようなへまはしなかったが、ときには朝帰りもした。

 1年半後には長女が生まれた。今度は夜泣きさせるなと朱美さんを責めた。

「生後半年くらいたったときですかね、朱美が子どもを連れて2,3日実家に行きたいという。行っておいでと送り出しました。実はそのころ入れ込んでいる女性がいたんです。彼女は『優人さんの家に行ってみたい』といつも言っていた。だから朱美の留守に呼んだんです。彼女がデパ地下で買ってきてくれた惣菜を並べてシャンパンを開けて。飲んだり食べたりしながらいちゃいちゃしはじめて、ソファで彼女とコトに及んでいるところに朱美が帰ってきた。朱美はリビングの入り口でしばらく見ていたようです。僕は途中で気づいたんですが、やめるにやめられず、そのまま続けていました。朱美のあのときの目はいまだに忘れません。嫌悪感とか怒りを通り越して、なにも見ていないような空虚な目だった」

 離婚になるならしかたがないという思いもあった。ところが朱美さんはそのまま出て行った。優人さんの浮気を確信して実家に子どもを預け、夜、ひとりで自宅に戻ってきたようだ。

 数日後、朱美さんは何ごともなかったかのように娘を抱いて帰宅した。優人さんもなにも言わなかった。

「僕はモラハラしているつもりはありませんでしたから、その後もごく普通に生活していました。夕飯がいるのかいらないのか伝えてくれるとありがたいと朱美に言われたときも、『男が外に出ればなにがあるかわからない。いちいちそんなことを気にしてはいられない』と伝えたことがあります。作っておいて食べなければ自分が翌日食べればいいじゃないですか。どうしてちまちまとご飯がいるだのいらないだの言わなければいけないのかわからなかった」

 朱美さんはそれきり、そういうことを聞かなくなった。深夜に帰って「軽くお茶漬けが食べたい」と言ったことも多々ある。朱美さんはいつもリビングのソファで化粧も落とさず夫を待つ生活だった。いつも身ぎれいにしていてほしいというのが優人さんの願いだったからだ。

「いや、わかります。ひどい夫だったと思う。ただ、当時はけっこう稼いでいたし、妻にお金の使い道でとやかく言ったこともありません。何不自由ない生活をさせているのに、妻の感謝が足りないと思っていたのは事実です」


■突然の病、「今までごめん」と告げると妻は…


 成長していく娘はかわいかった。三歳のときに立派な着物を作ろうとすると朱美さんに止められた。たった1回の七五三にそんなお金を遣わないでほしいというのだ。これに優人さんは激怒した。娘にとって3歳のお祝いは1回だけ、その1回にいい着物を作ってなにが悪い、と。

「そのとき僕が『おまえは貧乏根性が抜けないのか』と言ったらしいんです。僕は記憶にないんですが、のちに妻に言われました。妻の実家は確かにあまり裕福ではなかったので、彼女はいたく傷ついたそうです。でも娘にかけるお金は惜しくなかった」

 お金はかけたが、娘はどこか父親に対して怯えているような気配を見せることがあった。娘には怒鳴ったことさえないのに。だが娘はわかっていたのだ。父が母を労っていないことを、心から愛していないことを。子どもの察知能力を侮ってはいけない。

 だからなのか、娘は高校に上がると海外留学を望んだ。娘かわいさから「絶対にダメ」と断言していた優人さんだが、悩み抜いた末、例の長瀬さんに相談。若くして留学経験のある長瀬さんの妻から話を聞き、留学を許すことにした。

「長瀬さんの奥さんがいろいろ教えてくれました。彼女の親戚にもいろいろ助けてもらって娘は留学することができたんです」

 それからは夫婦ふたりきりの生活となった。相変わらず妻とは没交渉。仕事の合間に浮気を重ねる優人さんの暮らしも変わりなかった。

「ただ、さすがに50歳を目前にするとそんな元気もなくなっていきました。なんとなく体が重いなと思う日が続いたあと、心筋梗塞で倒れたんです」

 元気だけが取り柄だった。健康診断もほとんど受けないまま、仕事に没頭してきた人生だった。それがいきなり会社で倒れた。救急搬送され、治療のため2週間ほど入院、その後はリハビリ病院へ転院して2ヶ月ほどを過ごした。

「なにが起こったのかわかりませんでした。いきなり人生が変わってしまった。早く仕事に復帰したい、仕事をしていない自分は自分じゃないと思っていた。焦りばかりが募りました」

 とはいえ、実際に動くと息切れがしたり動悸が強くなったりする。体が悲鳴を上げていた。ゆっくりリハビリをして社会復帰するしかないのは自分でもわかっていた。それでも焦燥感は募る。

「妻は淡々と世話を焼いてくれました。僕が愚痴っても黙って聞いているだけ。特に励ますわけでもない。ただ、その冷静さに救われました。死ぬかもしれないという状況に陥って初めて、これまでのことを振り返り、妻には申し訳なかったと思いました。ようやく退院が決まったとき、『今まで本当にごめんね。いろいろありがとう』と意を決して妻に伝えることができました。妻はそれに対して『私は自分の立場でできることをしただけ。人としてあなたに心許したことはありませんから』と言ったんです。一気に心臓が止まりそうになりました。結婚して17年ほどたっていましたが、妻の心は僕が思っている以上に固く閉じられていたんです」

 どうして“夫”というものは、妻の心の動きにこれほどまでに鈍感なのだろうか。気遣わなくていい存在だとはなから思っているのだろうか。目の前の優人さんは決して「感じの悪い人」ではないのだが、長きにわたって妻を下に見ていたとわかるにつれ、こちらが冷静ではいられなくなりそうだった。


■「あなたといる限り恨み続ける」


 ただ、優人さんが始めに「復讐されている」と言ったことが引っかかる。今、ふたりの関係はどうなっているのか。

「僕はゆっくりと社会復帰しました。ただ、それからは周りの気遣いもあってほとんど内勤となりました。営業に出向いて、あちこちと折衝して仕事を決めていく快感から離れてしまうと寂しくてたまらない。でも働けるだけでもありがたいとここ数年は思っています」

 激変したのは妻だった。

「僕が退院すると、妻は『ひとりで暮らしていけるなら離婚してほしい』と言い出しました。若いころの目の前での浮気、その後のモラハラのことなど詳細に聞かされて、病気が悪化しそうでした。『私はあなたといる限り、このことは恨み続ける。恨まれたくないなら離婚したほうがいいかもしれないわよ』って。脅されているような気がしました」

 ただ、優人さんには離婚の意志はなかった。今からでは遅いかもしれない、だけどこれからは寄り添って生きていきたい。今までのことは本当に申し訳ないと思っているし、感謝もしている。優人さんは頭をテーブルにこすりつけた。

「妻は『わかった』と一言だけ。そして『私はこれから今までの人生を取り返したい。好きなように生きてもいいかしら』と言いました。もちろん、家計も妻に任せっぱなしだし、娘は海外の大学に入学したので費用もかかる。娘に不自由させない範囲なら、きみの好きなようにしてくれていいと言うしかありませんでした」

 妻は以前からやりたかったと陶芸を習い始めた。自分で作った皿に料理を盛る。楽しげにそんな作業をしている妻を見ながら、彼はふと思い当たることがあった。

「病気で倒れてから、妻の料理がとてもおいしいと感じるようになったんです。薄味で食べられないと思っていたのに……。妻はもしかしたら、以前から外食の多い僕のために家での味つけは薄くしていたのかもしれない。それを食えないと言い捨てていた自分が情けなかった」

 優人さんは次々と自分の言動を思い出し、妻に対して心の中で謝り続けた。陶芸を習いに行くだけでなく、妻はスポーツジムにも通い始めたらしいが、何でも好きなことをして欲しい、少しでも楽しい時間を過ごしてほしいと彼は思っていた。


■打ちのめされた場面


 倒れてから1年後、無理をしなければ仕事も思い切りやっていいと医師から許可が出て、彼はまた営業で走り回るようになった。無茶はできないが、一泊程度なら出張にも行けるようになった。

「1年ほど前、出張に出て思いがけない成果があったんです。長瀬さんに早く知らせたくて、一泊の予定を切り上げて帰ってきました。彼はその日、遅くまで残業しているということだったので知らせたかった。ところが駅近くで長瀬さんらしき人を見かけたんです。隣にいるのは妻の朱美だった。どういうことかわからなくて、身を隠しながら跡を着けたら、ふたりがホテルに入っていくのを確認してしまった。思わずスマホで写真を撮りました。妻の横顔もしっかり映っていた。彼女が首に巻いていたのは、退院したとき感謝の気持ちとして僕が贈った、ほしがっていたブランドもののストールでした」

 彼をかわいがってくれ、誰より気遣ってくれた先輩が妻と関係を持っていた。この事実に優人さんは打ちのめされた。次の瞬間、胸が苦しくなってその場に倒れ、救急車で病院に搬送された。妻とは連絡がとれないまま、一夜を病院で明かしたという。

「翌日、妻がやってきました。『ごめんなさいね』とだけ言いました。文句を言いたいところでしたが、これからは好きなように生きていいと言った手前、なにも言えなかった。妻の『好きなように』には、浮気や不倫も入っていたんでしょうか。それとも以前から長瀬さんと関係があったのか。そういえば前から、長瀬さんは『奥さんに感謝しろよ』『奥さん、大事にしてやれよ』とたびたび言っていたけど、僕は聞く耳を持たなかった。もしかしたら朱美は長瀬さんに僕のことを相談していたのかもしれない。それにしても、これが若いころからの僕の言動に対する妻の復讐なのか。もうなにも言えないし、言うつもりもない。長瀬さんはまったく変わらず僕に接してくれていますが、怖い人だなと思います」

 妻が性的に未熟で「つまらなかった」ため、子どもができてから優人さんはめったに妻を誘わなかった。甘いムードを作ろうと努力したこともない。その間、もしかしたら妻は浮気を重ねていたのかもしれないし、長瀬さんとつきあうことで快感を得ることができるようになったのかもしれない。

「なにがあっても僕はもはや体に爆弾を抱えているようなもの。思い切った行動には出られない。今は仕事ができればそれでいいと思っています」

 ふうっと大きなため息をついて、彼は続けた。

「年をとったり病気をしたりすると、できることがどんどん少なくなっていく。可能性が閉じられていくのが老いるということなんだと痛感しています。妻はまだ若いし、一緒にいてくれるだけでよしとするしかないのかもしれません。情けないし悔しいし、ときどき妻にも長瀬さんにも、いったいどういうことなんだと怒鳴りたくなりますが、そうしたところで何かが変わるわけでもないと思ってしまう。達観の境地といえば聞こえはいいけど、なにもかも諦めてしまえば気持ちは楽になるのかなとも感じています」

 せめて仕事だけはちゃんとやりたい。今は仕事だけが生きがいで、生きる支えと言ってもいいくらい。優人さんはそう言って、ふっと笑った。

亀山早苗(かめやま・さなえ)
フリーライター。男女関係、特に不倫について20年以上取材を続け、『不倫の恋で苦しむ男たち』『夫の不倫で苦しむ妻たち』『人はなぜ不倫をするのか』『復讐手帖─愛が狂気に変わるとき─』など著書多数。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)