プーチン 「これで人が殺せる」と呟いた…アメフト「チャンピオンリング窃盗事件」

 日本の公安警察は、アメリカのCIAやFBIのように華々しくドラマや映画に登場することもなく、その諜報活動は一般にはほとんど知られていない。警視庁に入庁以後、公安畑を十数年勤め、数年前に退職。昨年9月に『警視庁公安部外事課』(光文社)を出版した勝丸円覚氏に、渦中のプーチン大統領がアメフト・オーナーとの間で起こしたトラブルについて聞いた。

 ***

 プーチン大統領は、“遅刻魔”として知られる。

 2016年12月、安倍晋三首相が山口県で日ロ会談を行った際には、プーチンは2時間40分も遅れて来た。

 ローマ教皇フランシスコとの面会では、2013年11月に50分、2015年6月は1時間待たせた。

 最も遅刻したのは2014年10月、イタリアのミラノで行われたドイツのメルケル首相との会談で、4時間15分も遅れた。


■バイデン大統領には時間通り


 この遅刻魔に反発する要人もいた。2014年7月、インドのモディ首相は、1時間遅れたプーチンを待たずに就寝してしまったのだ。

 2018年11月、フランスで行われた第一次世界大戦終結100年を祝う式典で、世界から約70人の首脳が集まる中、一番遅れて到着した際は、かなりの批判の声が上がった。

 もっとも2021年6月、スイスのジュネーブで行われたアメリカのバイデン大統領との会談では、時間通りにやってきた。逆にバイデン大統領が15分遅刻。関係者を驚かせた。

「プーチンは確信犯です。遅刻することで自分の方が立場が上だと相手に知らしめるのです」

 と解説するのは、勝丸氏。かつて公安外事1課に所属していた同氏は、ロシアを担当していた。

「心理的に上に立とうとする狙いです。特に第二次世界大戦の敗戦国は、格下に見ているのではないでしょうか。遅れる時は15分とか20分ではなく、1時間以上待たせることも珍しくない。それくらい長くないと、相手より優位に立てないと思っているのでしょう」

 誤解を恐れずに言えば、プーチンは非礼な男ということになる。傍若無人ぶりを示すエピソードは他にもある。

 2005年1月、ロシアのサンクトペテルブルクで行われたプーチン大統領とアメリカの経営者との会合でのことだった。

「そこには、アメリカンフットボールの強豪ニューイングランド・ペイトリオッツのオーナー、ロバート・クラフト氏が参加していました。ペイトリオッツは2004年の優勝チームでした。クラフト氏はプーチンに優勝チームに贈られるチャンピオンリングを見せたのです」

■このリングで人も殺せる


 チャンピオンリングは、選手だけでなく経営陣、スタッフにも贈られる。NFL(ナショナル・フットボール・リーグ)からリング1個あたり5000ドル(約60万円)、150個作るために75万ドル(約9000万円)付与される。もっとも優勝チームは、さらに費用を追加し、高価なチャンピオンリングを作るという。

 プーチンに見せたペイトリオッツのチャンピオンリングには、計4.94カラットにもなある124個のダイヤモンドがついていた。

「プーチンはチャンピオンリングを指に填めると、いきなり『このリングで人も殺せますね』と言ったそうです」

 唖然としたクラフト氏がリングを返してもらおうと手を伸ばした。

「ところが、プーチンは何を思ったのかリングをポケットの中に入れてしまったのです。すると、FSB(ロシア連邦保安庁)の警備3人がクラフト氏を取り囲み、プーチンは部屋から出て行ったといいます」

 困ったクラフト氏は、ブッシュ大統領(当時)の側近に相談。すると外交問題になるのを恐れたのか、リングはプーチン大統領にプレゼントしたことにして欲しいと言われたという。

 ところが、8年後の2013年6月、「ニューヨーク・ポスト」紙が、クラフト氏がカーネギーホール主催の名物写真家の功績を称えるメダル授賞式「メダル・オブ・エクセレンス・ガラ」の席上で、プーチンにチャンピオンリングを盗まれたと明かしたと報じたのだ。

 2012年にロシアの反政権運動で拘束された27人の無罪を訴えて、6月12日にはモスクワでプーチンを批判する1万人規模のデモが行われていた。

「プーチンがリングを盗んだニュースはアメリカで話題になり、プーチンはとんでもない奴だと批判されました。米上院議員で大統領候補だったジョン・マケインがプーチンにリングを返せとメッセージを送ったところ、それから数年経ってやっと戻ってきました。その時プーチンは、『アメリカ人は心が狭い。だから世界中から嫌われる』と嫌味を言ったそうです」

 プーチンは泥棒と言われても仕方あるまい。

「彼は、喧嘩なれしたヤクザみたいなものです。相手国が自国より強いと慎重な行動をとるが、相手国が弱いと見れば、とことんやります。もちろん手段も選びません。ウクライナ侵攻で民間人のいる病院だって、避難所になっている劇場だって攻撃するのは彼にすれば当然のことでしょう」

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)