愛子さまの会見で見えた「欧州の王女に通じる強さ」 眞子さんとは“自覚の差”が

愛子さまと小室眞子さんには「自覚の差」 大学教授が会見を分析

記事まとめ

  • 愛子さまの初会見には、同世代である欧州の次代以降の女王に通じるところがあるという
  • 愛子さまの会見には、一国の女王となるプリンセス達に通じる芯の強さが感じられるそう
  • 小室圭さんとの会見での眞子さんと愛子さまを比べて、「自覚の差」が表れていたと識者

愛子さまの会見で見えた「欧州の王女に通じる強さ」 眞子さんとは“自覚の差”が

 3月17日に開かれた愛子さまの初めての会見。関東学院大学の君塚直隆教授(英国政治外交史)は、この会見をどのように分析したのか。

 ***

 愛子さまは事前に記者会からの質問を手渡され、十分な準備をされていたのでしょうが、お手元のメモを読み上げるのではなく、質問者らの顔や目を見て笑顔を交えながら、ご自身の思いを伝えようと丁寧に回答なさっていました。

 このあたりは、同世代であるヨーロッパの次代以降の女王に通じるところがあると思います。例えば、現在20歳であるベルギーのエリザベート皇太子。ベルギーは1991年に憲法を改正して王女も王位を継承できるようになり、彼女は初めての王位継承権を持つプリンセスです。またオランダのカタリナ・アマリア皇太子は昨年12月に18歳になったばかりですが、父親であるウィレム・アレクサンダー国王の後を継ぎ、次のオランダ女王となる予定です。さらに、同じく18歳のノルウェーのイングリッド・アレクサンドラ王女は、次々代のノルウェー女王となることになっています。

 日本のような会見こそありませんが、彼女らはみな、これまでメディアの個別インタビューに応じ、自身の思いを堂々と国民に伝えてきました。今回の愛子さまの会見からも、一国の女王となるプリンセスたちに通じる、しっかりとした芯の強さが感じられます。

■教育の差


 ここで思い出されるのは、やはり昨年10月の眞子さんと小室圭さんの記者会見です。今回ともども「慶事」ではありましたが、事情は大きく異なります。眞子さんの場合はメディアに不信感を抱いており、揚げ足を取られまいと質疑を受け付けず、事前に用意した台本を読み上げるスタイルでした。二つの単純な比較はできませんが、それでも国民に注視される皇族であることの「自覚の差」は、大きく表れていたと思います。

 愛子さまは、陛下が上皇さまから受け継がれた「国民と苦楽を共にしながら務めを果たす」ことが基本であり、最も大切にすべき精神だと述べられました。そこには皇族としての自覚と品位がにじみ出ていますが、他方で眞子さんは「公」の意識が乏しく「私」を優先した。今回は、天皇家と秋篠宮家との「教育の差」もまた、あらためて浮き彫りになったと思います。

 となれば、将来の天皇となられる悠仁さまは、はたしてお世継ぎにふさわしい教育を受けることができるのだろうか。そう案じざるを得ません。こうしたことからも、世間では愛子さまへの「天皇待望論」が高まっているのだと思います。

 愛子さまはご自身の長所を「どこでも寝られること」と明かされるなど、ユーモラスな部分もうかがえました。陛下もジョークを好まれるとのことですから、愛子さまにはぜひ、お父様譲りのセンスを発揮され、海外の同世代の王女らとの交流を深めていただきたいものです。

「週刊新潮」2022年3月31日号 掲載

関連記事(外部サイト)