秋篠宮さまが抱かれる小室眞子さんの「NY生活」「仕事」「圭さんの司法試験」への思い

小室圭さんと眞子さん夫妻がアメリカ出国してから5カ月 秋篠宮さま心晴れない日々か

記事まとめ

  • 小室圭さんと眞子さん夫妻がアメリカへ出国してから、5カ月が過ぎようとしている
  • 秋篠宮さまご夫妻は、米NYの日本国総領事館へ赴任する総領事と面会している
  • 眞子さんの金銭面などで、秋篠宮さまは心が晴れない日々を送られているという

秋篠宮さまが抱かれる小室眞子さんの「NY生活」「仕事」「圭さんの司法試験」への思い

秋篠宮さまが抱かれる小室眞子さんの「NY生活」「仕事」「圭さんの司法試験」への思い

試験結果は今月にも出るという

■警備体制の難しさ


 小室圭さん(30)と眞子さん(30)夫妻が米国へ出国し、5カ月が経過しようとしている。「結婚を認める」と述べられていたとはいえ、当初、秋篠宮さまは、国民の理解が得られていない点には懸念を示されてもいた。一方で、東京・赤坂での暮らししか知らない眞子さまが皇籍離脱していきなり異国の地で暮らすことになったことについては、親心として今なおかなり気を揉んでおられるという。

 秋篠宮さまご夫妻は今年1月27日、米・ニューヨークの日本国総領事館へと赴任する総領事と、東京・赤坂のご自宅で面会なさった。その目的に注目が集まったわけだが、

「総領事は相手国に居住する邦人保護などを担務としており、相手国との外交をつかさどる大使とは違います。皇族の、しかも皇位継承第1位の皇嗣殿下と総領事が面会するというのは異例中の異例。担務が邦人保護ということからしても、このタイミングでの面会のテーマの1つはニューヨークで暮らす眞子さんのことだったと推察されます」

 と、宮内庁担当記者。

「眞子さんが日本にいるころはSPが付かず離れずの距離で同行し、自由に行動しているようでも、“裏道や細い道には入らないでください”などと細かなサポートを受けてきました。結婚して民間人となっても、日本にいて必要ならば細かな警備体制を敷くこともできるのですが、さすがにニューヨークとなるとなかなか難しいようです」


■拉致やテロのターゲットにも


 ある警察庁関係者は、

「秋篠宮さまは、眞子さんが赤坂を出て生活したことがないのをかなり心配されているようです。海外では拉致やテロのターゲットになる可能性も高く、できる限りその危険を回避するということで関係省庁が連携するということになっています」

 と明かす。この点について先の記者はこう話す。

「ところが総領事との面会が報じられ、世間からは『民間人になっても皇室特権を受けている』などといった指摘もあがりました。宮内庁としてもある程度は予想していたものの、小室さん夫妻への風当たりは依然強いものがありますね」

 一方、眞子さんが始められたという「仕事」については、

「仕事をすること自体は悪いことではないと秋篠宮さまは考えておられるようです。世の中との接点を持つという意味でも大切なことでしょうし、何よりも生活をやりくりしていくために必要だということもあるようです」

 と、宮内庁関係者。圭さんが務める法律事務所の「ロークラーク」としての年収の相場はおよそ600万円とされており、それだけでは物価高で知られるニューヨークで2人が生活していくには心もとないだろう。


■喫緊の課題とは


「たとえ眞子さんが何らかの形で収入を得ているとしても、そして眞子さんに多額の貯金があったとしても、これから新たな家族ができたりすることを考えると、金銭面での不安定な印象はぬぐえません。安全や治安の問題とも関係しているだけに、秋篠宮さまも心が晴れない日々を送られているということでした」(先の記者)

 喫緊の課題は、4月末ごろに結果が出るとされるニューヨーク州の司法試験だ。

「結婚前、秋篠宮さまも宮内庁側も、圭さんがチャレンジしている司法試験については楽観視していたようです。合格する可能性が極めて高かったから結婚を認めたとまでは言いませんが……。今はとにかく1日も早く試験に合格し、仕事を安定させてほしいというのが秋篠宮さまの望みではないでしょうか」

 勤務先や職業が安定しない中、結婚を認められたのは皇室の歴史の中でも極めて異例のことであるのは間違いない。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)