【袴田事件と世界一の姉】捜査記録に残る巖さんの人物評とフェイクニュースの罪

【袴田事件と世界一の姉】捜査記録に残る巖さんの人物評とフェイクニュースの罪

こがね味噌で働いていた頃の袴田巖さん(袴田ひで子さん提供)

 1966(昭和41)年、静岡県清水市(現・静岡市清水区)で味噌製造会社「こがね味噌」の専務一家4人を殺害した強盗殺人罪で死刑が確定し、囚われの身だった袴田巖さん(86)が静岡地裁の再審開始決定とともに自由の身になったのは、2014年3月のことだった。現在も続く三者協議の中で、検察が「再現実験」ではなく「血痕の赤みを残すための実験」をしていることを、長年、袴田事件を研究し、証拠に関する実験を独自に行った「ミスター味噌漬け実験」が示した。事件後しばらく「泳がされた」巖さんは逮捕が迫っているとも思わなかったのか、当時、臆することなく新聞記者の個別インタビューに応じていた。連載「袴田事件と世界一の姉」の13回目(粟野仁雄/ジャーナリスト)。

 ***

「袴田巖さんを救援する清水・静岡市民の会」の山崎俊樹事務局長は、袴田事件の支援に42年間携わり、再審のカギを握る犯行時の着衣が発見された味噌タンクでの血痕の変化に詳しく、「ミスター味噌漬け実験」と呼ばれる。3月19日に浜松市で開かれた「袴田事件がわかる会」(袴田さん支援クラブ主催)で講演した。

 同会は通常、巖さんの姉・袴田ひで子さんの自宅から近い「復興記念館」で催されるが、今回、ひで子さんは新型コロナの感染に用心してリモート参加した。「巖はまともになったり妄想に戻ったりですが、いい方向へ行っていると思います」と語り、山崎氏の講演の冒頭、「山崎さんのお話をよく聞いてくださいね」と自宅からカメラを通して参加者に朗らかに挨拶した(筆者は都合で参加できず、支援クラブの白井孝明氏に映像を送っていただいた)。


■全く色が違う書類写真とデータ写真


 山崎氏はまず、一昨年12月の最高裁の差し戻し決定を振り返った。

「5人の裁判官のうち、元駐英大使の林景一氏と東大法学部の宇賀克也教授の2人が反対意見でしたが、再審開始に反対なのではなく、差し戻さずに自分たち(最高裁)で再審開始を決めようということ。証拠類もよく見てくれている」と評価する。この時、他の3人のうち1人でも同調していれば、東京高裁での手続きは不要だった。

 山崎氏は「PHが低くて(酸性が強い状態)も血は黒くなる」「人間の血液の塩分は0・9%で、(塩分濃度が)0・1%違っても大変なことになる」など血液の仕組みを説明し、カラー写真をスクリーンに映した。最も重視したのが、現在進行中の三者協議で検察側が高裁に提出した写真である。

「捜査報告書の写真を見た時は、ずいぶん赤いなと思いましたが、データを弁護団からいただいて画像を出したらずっと黒ずんでいる」(同)

 確かに対比された写真はまるで色が違う。

「横にある色見本が薄くなっている。(写真を撮影するのが)下手なのか赤くなるように露出調整したのか……」と山崎氏。さらに「検察は味噌製造に使われたのが井戸水だからとして、肥料や動物の糞尿に含まれる硝酸窒素を入れていましたが、これはハムなどを赤く見せるために使われるもの。さらにビニールパックで真空状態にして脱酸素剤まで入れて嫌気性を高めている」と、検察実験が実際に「5点の衣類」が発見された味噌タンクとはかけ離れた条件で実験していることを説明した。

 山崎氏の積年の実験では、赤味噌でも白味噌でも黒ずんでゆく過程は変わらなかった。理工系の出身で心強い存在であるが、彼は常々「裁判では科学万能のように言われますが、そこに落とし穴がある」と強調する。

「足利事件では当時、最先端科学だったDNA鑑定が絶対だと信じられて菅家利和さんが逮捕されましたが、それが間違っていたではないですか。私たちは『科学的』という冠が付くものを安易に信じてしまいます。特に犯罪捜査に使われる『科学的』という言葉は、常識では考えられないこと、普通の人の行動ではあり得ないこと……つまり犯人ではないことを真剣に考える機会を奪い、『科学的』な証明がされたとして、私たちの常識的な判断を奪っていく危険が常に伴うことを考えるべきです」と話している。


■裁判官の屁理屈引き出す「専門の土俵」


 裁判で一方の側が必要以上の科学論争の土俵に引き込み、常識を無視する「屁理屈判決」を引き出す例がある。広島地裁は昨年11月4日、住民が運転差し止めを求めた愛媛県の伊方原発3号機について「M(マグニチュード)9の南海トラフ地震が原発直下で起きても原発の敷地は安全」という四国電力の地震動算定を認め、差し止めの訴えを却下した。

 福井地裁の元裁判長、樋口英明氏はこう評する。

――広島地裁は伊方原発の岩盤での181ガル(筆者註:地震動の強さを示す単位)と福島第一原発の岩盤での675ガルとを比較して「一概に181ガルを不合理だとはいえない」とし、「住民側がその修正補正をしていないから具体的危険性の立証がない」とした。「そもそも最大地震動は予知予測できない」とした住民側に対して、地裁は「立証責任は住民にある」と無理難題を押しつけたが、M9という超巨大地震が原発の真下で起きても敷地だけは大丈夫というなら立証すべきは電力会社のほうです。――

 M9に及んだ東日本大地震で福島第一原発の地震動が675ガルなのに同じM9で伊方原発が181ガル以下のはずはないというのが常識だが「屁理屈」で常識を封じ込めて四国電力に勝たせた。樋口氏はこう例える。

――大谷翔平選手が自分の体重を発表していなかった場合、専門家と称する人が「大谷選手の体重は45キロと推定される」と言ったとします。そこであなたが「自分の身長は170センチで、体重は70キロを超えている。身長が190センチを超えている大谷選手が45キロのはずがない」と言うと専門家は黙ってしまいました。しかし裁判所は、「大谷選手とあなたとは、年齢も運動歴も体つきも体脂肪率も全く異なる。45キロが正しくないというのなら、年齢や運動歴、体つきや体脂肪率が体重に及ぼす影響について正確に分析した上で、大谷選手の体重を推定してみろ」と言って、「その分析ができないなら専門家の言い分が間違っているとは言えない」として、専門家のほうに軍配を上げたのです。――

 樋口氏は福井地裁裁判長だった2014年12月、大飯原発3・4号機について危険性から設置許可を取り消す判決を下した。想定地震動について、関西電力は過去の観測値の平均値で算出していたが、樋口氏は「それでは危険だ」と断じた。

 後日の講演で樋口氏は「幼稚園児のためのブランコを作る時、園児の平均体重を元に作りますか。一番重い子を基準に作るでしょう」と明快だった。常識で判断させないようにするのが電力会社の手である。

 話を袴田事件に戻すと、よほど特殊な条件に置かない限り、体外に出た血液なら1年も経たずとも黒ずむことは常識で考えれば分かるだろう。だが、検察は最高裁決定の注文を「『5点の衣類』に付着した血痕に赤みを帯びた部分が全く残らないはずであることを明らかにすることが求められている」と捻じ曲げ、特殊条件を作って赤みを残そうとし、写真までも実際より赤くしている可能性がある。仮に「赤みが残ることがある」という実験例があれば、東京高裁は「どのくらいの割合で起きるのかを確率論的に証明せよ」とでもなるのか。「捏造」だけは認めたくない検察はそういうところを狙うが、高裁は無用な専門性を排除すべきだろう。今後、警戒すべきは「無用な専門的知見」にかき回された東京高裁による広島地裁のような「屁理屈」審判であろう。


■布団に潜り込んでくる女


 現在進行形の三者協議の焦点は「5点の衣類」の血痕だが、これは事件の翌年の「発見」だ。起訴時点まで警察が「犯行衣服」としていたのはパジャマである。当初、新聞は「血染めのパジャマ」などと見てもいないのに書き立てたが、警察は、巖さんが洗濯したり消火の放水を浴びたりして、血痕が薄くなっていたとした。実際、血痕かどうかもわからないシミ程度のもので、県警では微量を血液型鑑定したが、警察庁の科学捜査研究所の鑑定では検出できず鑑定不能だった。巖さんをなかなか逮捕ができなかったのもこれが大きかった。

 もう1つ力を入れた鑑定は、放火に使った「油」だ。パジャマに混合油がついていたとした。捜査報告書は「パジャマの血こんも被告人が犯行後、洗濯機で洗濯したため通常の検査方法では検出できなかったが、数倍の時間をかけて血液型鑑定に成功し、油質の鑑定についても全国に例を見ない画期的な鑑定に成功したもので、(中略)科学捜査の典型的事例でありまことに得難い経験」などと記している。誇らしげに書くほど、この2つの鑑定の危うさが垣間見える。

「従業員H浮かぶ」「血染めのシャツを発見」と題された毎日新聞の1966年7月4日の記事をスクリーンに示した山崎氏は、「警察は6月2日や3日には犯人は袴田さんと決めてしまっていた。従業員らはその頃、巖さんの写真を警察に持っていかれています」と語った。

 巖さんが警察に狙われた要因は、【1】被害者の橋本藤雄さんは柔道二段の屈強な男だが元ボクサーなら可能、【2】ギャンブル狂で金に窮していたなどだが、女癖も悪いとされた。

 捜査記録には「女癖が悪く、被疑者は元ボクサーの練習当時事故のボクシング教室の妻を横取りにしてアパートに同棲したり、バーの女を誘っては旅館で肉体関係を結んでいた」とある。事件よりも10年ほど前、アマチュア時代の巖さんがボクサーの鍛錬をしていた頃、「ボクシングジムのボクシング教師の妻と袴田ができている」と噂された。

 しかし、ひで子さんは「巖がよく『奥さんが夜、俺の部屋に来て布団に潜り込むんだ。かなわん』と言って実家に逃げてきたりしていましたよ。巖に頼まれて1週間ほど私のアパートに置いてあげたこともあります」と振り返る。ふしだらな関係なら、姉に相談するはずがない。女性は当時40歳過ぎ。亭主と何があったかは知らないが、分別を疑う。だが、静岡県警にとっては、そんな話も巖さんの人格を貶める格好の材料だ。女癖の悪さ、ギャンブル狂、金に窮して強盗殺人もやりかねない……とフェイクニュースを記者たちにリークして行く。


■取材にも普通に応じた巖さん


 最近は、重大事件で疑われた人物がテレビカメラなどの前で無実であることを滔々と演説した後、逮捕される姿を見るが、巖さんはそうした芝居や芸当ができる性格ではない。事件後、警察の尾行などの異変には気づき、実名を出されないまでも自身に疑いがかかっていることは新聞報道でも知っていたはずだが、全く身に覚えがないため警戒心もない。

 そのせいだろう、8月4日夜には毎日新聞の記者の2時間にわたる単独取材に応じている。

 以下に再現する。

【静岡支局白井・安田両記者】われわれ(白井、安田記者)は“袴田の逮捕近し”とみられた四日夜、彼と毎日新聞清水通信部で二時間余にわたり単独会見した。“つかまれば死刑”ということを覚悟しているのか、袴田はかえって落ち着きはらった態度。しかし、ときおり、目の下を神経質に動かし鋭い横目をつかうのが気にかかった。以下は記者との一問一答。

――君は犯人と疑われているようだが……。

答 えー、そりゃ、自分のアリバイを証明できない点では不利な立場に立たされたと思っていますよ。でも私が犯人だったらもっとアリバイをつくってからやりますよ。(声高に笑う)それに小刀を使いませんよ。バーンとアゴをなぐれば(元ボクサーらしく身ぶり手ぶりですごみをきかせる)ちょっと起き上がれませんからね。

――警察は事件後、間もなく君を夜中までぶっ通しで九時間以上にわたって調べたね。内容は……。

答 いきなり部屋にはいったとたん「お前はどうしてここへきたかわかるだろうな」ときた。「お前がやらなくてだれがやるんだ」ともいわれた。(やや興奮気味になる)パジャマにちょっと血がついていたくらいで色めきたって犯人扱いするんだからたまらないですよ。「胸の血はどうしてついたんだ」と聞くから「そんなことわからない。消火作業に夢中だったのでどこでついたか知らないんだ」といってやった。

――事件当日のアリバイは。

答 午後五時半ごろだったと思う。専務の家へ佐藤省吾君(同僚の従業員)と二人でメシを食いに行った。それから部屋へ戻ってテレビを見てから寝た。

――パジャマの血はどうしてついたかわからないの。

答 消火作業で夢中だった。土蔵の物干台にあがって窓をこわしていたとき左手に痛みを感じ、けがをしたことに気がついた。たぶん屋根の上でころんだのでそのときのけがだと思う。

――こんどの事件を君はどう推理するか。

答 女をめぐっての専務に対する恨みでしょうね。それに一人の犯行ではないよ。三人以上だと思いますね。

――侵入口は……。

答 そりゃ、シャッターを上げて正面から堂々とはいったと思いますよ。

――どこから逃げたか。

答 やはり裏口を飛び越えたでしょうね。

――カッパや油について。

答 それですよね。問題は……。(やや考えてから)でも犯人がわざわざカッパを着て行きますかね。油も会社にはいろいろある。モーターボート(橋本専務用のもの)もあるからね。事件が片付いたら私の潔白を証明してもらうために警察などに対して何らかの処置をとりたいと考えている。

――告訴するということか。

答 そうだ。

 これが報じられるのは逮捕直後の8月19日付朝刊だ。前日8月18日の静岡新聞朝刊には、以下のような記者とのやり取りがある。取材日は記されていない。

【本紙記者 袴田と一問一答】

 袴田は、任意同行前に本社記者の質問に対してつぎのように答えている。

【問】清水の殺人放火事件は未解決だが従業員の一人としてこの事件をどう思うか。

【答】容疑者にみられたわたしとしては一刻も早く犯人をつかまえてもらいたい。しかし最初の捜査段階で警察は大きなあやまりを犯しているので犯人逮捕はなかなかむずかしいと思う。

【問】大きなあやまりとはどういうことか。

【答】わたしのアリバイ証明者がいない。事件のあった週の土曜わたしは実家に帰った。またパジャマに血がついていたなどから、わたしにあまりにも捜査の重点をおきすぎ、他の面の捜査がおろそかになったと思うからだ。実家には、こどもを預けてあるから帰るのだし、パジャマの血も消火作業のときケガをしたためついたものだ。返り血だとしたら、血のついたパジャマなど着ているはずがない。焼くなり捨てるなりしているはずだ。

【問】犯人内部説があるがどうか。

【答】なんとも言えないが物とりにはいって殺人を犯したとは考えられない。専務が裏口近くに倒れていたということだが、犯人を追いかけていき殺されたとは思えない。話をしているうち、いきなり刺されたのではないか。

【問】正直にいって、あなたにかなり不利な条件がそろっているが、犯人に心当たりはないか。

【答】実は、従業員ではないが一人いる。名前はいえない。そいつは一応アリバイがあるが、確かなものではないと思う。わたしはいまのところ監視されているのでいろいろ動き回ると税金のムダ使いをすることになり、そいつについて、まだくわしく調べてないが一段落したら調査する。

 警察が、犯行の主たる物証としたのは、パジャマの他、「凶器の」くり小刀、これも「犯行時に着ていた」雨合羽だった。雨合羽といえば、まるめてポケットに入るような薄くて丈夫なレインコートを想像するかもしれないが、当時の雨合羽は厚くて重い。巖さんは橋本邸に雨合羽を着て木を登って中庭に降りて「押し入った」とされたが、雨でもない暑い季節に着るのも不自然な上、邪魔で木を登って橋本邸の裏庭に降りることもしにくい。くり小刀とは、大きな物ではなく鉛筆を削ったりするのに使う。味噌工場では、木や竹で作られる味噌樽(製造用の味噌タンクではなく出荷用のもの)の「ささくれ」を削り落としたりするのに使う。これらについては後述する。

 事件から50日ほど泳がせていた(捜査報告書でも「泳がせていた」と明記している)合同捜査本部が、巖さんに任意出頭を求めたのは、1966年8月18日の早朝だった。

粟野仁雄(あわの・まさお)
ジャーナリスト。1956年、兵庫県生まれ。大阪大学文学部を卒業。2001年まで共同通信記者。著書に「サハリンに残されて」(三一書房)、「警察の犯罪――鹿児島県警・志布志事件」(ワック)、「検察に、殺される」(ベスト新書)、「ルポ 原発難民」(潮出版社)、「アスベスト禍」(集英社新書)など。

関連記事(外部サイト)