マンガに影響されて「吉原の超高級店」へ… ロリ系で売る23歳女性の告白で気になった“幼少時の記憶”

マンガに影響されて「吉原の超高級店」へ… ロリ系で売る23歳女性の告白で気になった“幼少時の記憶”

インタビューに応じた里美さん(仮名)

 私はかれこれ30年以上、風俗やAV業界で「売る」仕事をしている女性たちを取材している。彼女たちの多くは借金など、仕方ない事情で業界にやって来る。が「ロリータファッション」で取材現場に現れた里美(23=仮名=)はそうではない。「漫画に影響されて」吉原のソープで働いた経験の持ち主だ。【酒井あゆみ/ノンフィクション作家】

 ***

 つやつやの黒髪で幼い顔だち、細身で小柄……。里美はどこへ行っても「こういうお仕事は初めてで」が通用する見た目だ。彼女自身も自覚しているようで、「ロリ」を売りに吉原のソープランドに採用された。

「120分で8万円の店でした。でも(ソープでは定番の)マットプレイはやらなくていいってお店の人には言われてました。『うぶな素人』で売りたいから、テクニックはいらないって」

 ソープランドで「総額8万円」の店はいわゆる超高級店に位置づけられる。一般的には、実年齢で25歳、ある程度のルックスとスタイル、性格、所作などあらゆる条件が揃わないと働かせてもらえない。8、9割は面接で落とされるのが普通である。そのハードルを里美は難なくクリアしたわけだ。しかも「マット無し」で。

 彼女が吉原で働きたいと思ったきっかけは「遊郭」への強い憧れだった――と書けば、多くの読者は「鬼滅の刃」の遊郭編を思い浮かべることだろう。アニメ化の際に「遊郭が舞台だと子供に悪い影響を与えかねない」というナンセンスな批判がされていた。だが、あいにく里美は「鬼滅」に憧れたわけではない。

「『鬼滅』の描き方だと、別に観ても遊郭に憧れないんじゃ…(笑)。私が興味をもったきっかけは、高校生の時に読んだ『花宵道中』です(※宮木あや子の小説を基に漫画化した作品。2014年に映画化された際は安達祐実が主演し、オールヌードを披露し話題になった)。そこから遊郭に興味を持って、色んなアンダーグラウンドな場所を紹介するサイト『東京DEEP案内』にハマって。赤線の跡地をまわったりしていました。でも本当は吉原じゃなくて、もっとディープな飛田(新地)の『ちょんの間』で働きたかったんです。キスや前戯をしなくていいから楽そうだし。でも私が探していたタイミングでは募集がなくて。だからネットの募集を見て吉原に入ったんです」

 そうして憧れの「遊女」になったのが一年ほど前。本物の世界に入ってどうだったのか。

「お店の丁寧な対応は『ああ、漫画と同じくお客様を凄い大事にしてるな』ってちょっと感動しましたね。ただ私のような“吉原で働きたい”というモチベーションで居る女の子はいなくて、みんなカネカネしてんだな〜と。風俗嬢としての意識は高いんでしょうけれど、ちょっとそこはがっかりでしたかね」

 とはいえそこは最高級店。「テレビに出ている人とか、世間では『先生』と呼ばれる職業のお客さんが多かった」そうで、

「印象に残っているお客さんはそうですね……ある小学校教師の方で『生徒と何人も付き合ってる』とぶっちゃけてきた人は引きました。『へえ、そうなんですね』としか相槌の打ちようがないですよね……。私がロリ顔で大人しい感じだし、なんか高圧的な自慢話をする人が多かったですね。仕事そのものは大変ではなかったんですけれど、ローションで皮膚が荒れてしまって……結局、半年ほどで辞めてしまいました」

 コロナ禍によって風俗業界に客が減り、あまり稼げなかったことも理由のひとつだったという。交通費や飲食代は自腹だったのにもかかわらず、「お茶」の日が続いた。

「そこでやっと、時給の出る仕事の方がいいと分かりました」

 そう、実は里美にはソープ以前にも多くの風俗店での勤務歴がある。JKリフレにソフトサービスの店、さらにはパパ活、SM倶楽部の女王様……。大人しそうなルックスからは想像もできないほどの「業界フルコース」を経験済なのだ。

 さらには着エロのモデルもやって、DVDも出したことがある。

「コロナで撮影会にお客さんが呼べず、休業中です。でも一応、事務所に今でも所属してます。コロナが落ち着いたら再開する予定です」

 ソープを辞めた今は、気が向いた時にJKリフレ、SMバーに出勤している。23歳で「JK」のフリをできるのも見た目のなせる業。さらに派遣として一般事務の仕事もしており、また今年に入って、コスプレイヤーなどが撮影場所として使う「レンタルスペース」を知人と共同で経営しはじめた。

「一般の金銭感覚を忘れないようにしたいので。働くのは苦にしないタイプなんです」

 インタビューの間、里見は髪の毛を指先で遊ばせてなでている。単なるクセなのだろうが、私は妙にその仕草が気になって仕方なかった。そして目が“死んで”いるのも気になる。恵まれたキラキラしたルックスなのに、目にだけ光がないのだ。


■初体験の相手をSNSで募集


 里美の出身は中部地方のとある田舎町。会社員の父親と専業主婦の母親の間に一人っ子として生まれた。特に生活に不自由を感じたことはないが、あえていえば両親は喧嘩が耐えなかったと振り返る。

「まさに子供がいるから一緒にいるという夫婦。でも、個人的には別れればいいのに、っていつも思ってた。子供がいるから、私がいるから我慢、ってなんか嫌だったですね」

 ただしよくある「両親の不仲が理由でグレて、夜の世界へ」というほどのものではなさそうだ。いたって普通の家庭だったといえるだろう。

 高校は女子校だった。彼女のルックスからしたら、女子校に進んだからとはいえ、言い寄ってくる男の子は絶えなかったのではないだろうか。

「そういうのは全くなかったですね。そもそも男性に興味がなかった。どちらかといえば同性に性的な興味がありましたね。行動には移してませんが」

 同性に興味があったといいつつ、高校生のときに初体験を済ませている。なんとTwitterで「処女売ります」と書き込み、相手を募集したそうだ。

「もちろん、Twitterの顔写真はネットに落ちてた写真を使いました。なんで募集したか?なんか処女でいる意味がないな、って……。30人くらいからメッセージが来て、一番高い金額を提示してきたおじさんとラブホテルで。もらったのは25万円。一応、事前に向こうの顔も送ってもらっていたけど、会ったら向こうも『拾い画』でしたね(笑)」

 25万円を受け取ったはいいが、もしも親に見つかり、出所を問い詰められたらどうしよう――男性と別れたあとに急に怖くなり、お金は「そのへんの募金箱につっこんだ。たぶんコンビニのレジかどこかの」だそうだ。

 平凡な家庭に育ったというエピソードを話しながら、とつぜん、異様な初体験の告白である。やはり里美は、どこか性についての認識がおかしい。やんわりと「なにか、そういう性的なものに対する“めざめ”はあったのか」と尋ねても、芳しい答えは返ってこない。


■もしかすると幼少時に…


 ただ、彼女という人間を知るヒントになりそうな発言は得られた。それは小学生のときにどんな子供だったのか、と聞いた時に語った次の言葉だ。

「家に帰るのが嫌でいつも公園とか、散歩したりとかしてました。ぼーっと空見たり、蟻の行列を観てたり。近くに遊ぶ施設とか全くない田舎でしたから(笑) というか、小さい頃の記憶、途切れてよく分からない空白な部分が多い。理由はわからないですけど」

 これは全て私の想像でしかないのだが、彼女は幼少期に男性に「性的ないたずら」をされたのではないだろうか。じつは私自身にもそういう経験があり、なぜか特定の時期の記憶が途切れているのだ。残っているのは「おまわりさん」に何かを話している自分と、男性に対する嫌悪感だけ。かなり成長してから「いたずら」されたことを思い出したが、いまも詳しいことは思い出せない。

 きっと脳が思い出すことを拒否しているのだ。鮮明に思い出そうとしたら自分が「壊れる」ことを本能で気付いている。だから、やり過ごしている。触れてはいけない爆弾として、あるいは「どうでも良い空気のようなこと」として。おそらく里美にも、性にまつわることを「どうでも良いこと」として捉える、捉えなくてはならない経験があるのではないか。だからこそ、彼女は「処女なんて意味ない」という結論になったのではないだろうか。性産業への抵抗のなさも、一応、説明がつく。

 さらに想像を許してもらえば、これは彼女が育ったような「田舎あるある」なのかもしれない(私も福島の田舎育ちである)。閉鎖的な田舎は、「外部に漏れたら恥」という認識が強い。だからこそ、子供は本能的に「これを大人に話してはいけない」と、なかったことにしようとするのだ。

 もちろん、幼少時に何かあったと尋ねても、里美は「う〜ん」というだけ。本当のところは分からない。


■とつぜん口にした「不可解な後悔」


 高校を卒業してからは、東京の専門学校に推薦入学した。アパレル系の学校だったが、特別その仕事に興味があったわけではなく、一人暮らしがしたい、学費がかからない学校だから、それだけの理由で選んだ。

 卒業後に就職したが、同僚たちの話題は洋服かメイク、ネイルの話ばかりだった。給料も14万円ほどで低く、サービス残業、休日出勤ばかり。生活にゆとりが全くなかった。嫌になって半年後に退職してしまったそうだ。その後「鬱っぽくなって」数カ月をニートとして過ごしたのち、こう思いつく。

「人とかかわる仕事はいいけれど、アパレルのような金を稼げない業種は嫌だ。見合った対価がほしい――だから風俗で働こう」

 その後の業界遍歴は先に記したとおりである。

 いまは貯金も数百万円あり、昼の仕事をはじめ、地に足がついた生活を送っている。JKリフレにはたまに働きに出るが、以前のように客との本番行為はしていないという。

 取材中、突然、彼女は吐き出すように、

「結婚詐欺的な事、私、しちゃったかも」

 との後悔を口にした。聞けば、以前勤めていたJKリフレ店の客とアフターで食事に行ったりしていたのだという。

「あっちは付き合って結婚すると思ってたと思う。でも、途中で面倒になってきて。そのストレスの対価に見合うほどお金稼げなかったし。そのまま何も言わずお店を辞めちゃいました。詐欺じゃないですかね、これ」

 Twitterで処女を売り、その金を募金、そして抵抗なくソープに勤めるという大胆な行動に出るかと思えば、店での色恋接客には罪悪感を感じる……やはり男との距離感、バランスがなにかおかしい。

 本人が望んでいたかどうかは別として、もし、コロナで機会が奪われなければ、里美は吉原に勤め続けていたのではないか。うまくいけば「億」を稼げる女性に化けていただろう。昔から「女の賞味期限はクリスマスまで」と、24歳が「女として」稼げる時期とされている。それは今も同じだ。いま23歳の彼女は、その時期を見事にコロナに奪われてしまったことになる。

 いまスタートさせた「レンタルスペース」の実業。今度はタイミングが上手く合って、時代の渦に巻き込まれないように祈ってやまない。

酒井あゆみ(さかい・あゆみ)
福島県生まれ。上京後、18歳で夜の世界に入り、様々な業種を経験。23歳で引退し、作家に。近著に『東京女子サバイバル・ライフ 大不況を生き延びる女たち』ほか、主な著作に『売る男、買う女』『東電OL禁断の25時』など。Twitter: @muchiuna

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)