極道界が騒然 麻薬武器取引を企て米司法当局に逮捕されたヤクザ幹部「エビサワ」は何者か?

極道界が騒然 麻薬武器取引を企て米司法当局に逮捕されたヤクザ幹部「エビサワ」は何者か?

米逮捕"ヤクザ"に極道界騒然

極道界が騒然 麻薬武器取引を企て米司法当局に逮捕されたヤクザ幹部「エビサワ」は何者か?

エビサワ・タケシ容疑者(アメリカの裁判資料より)

 米司法当局は4月7日、麻薬の密輸や地対空ミサイルの購入を企てたとして、日本の「ヤクザ」幹部、エビサワ・タケシ容疑者(57)を逮捕したと発表した。ロケットランチャーを構え不敵な笑みを浮かべる“謎の男”はいったい何者か――。いま日本のヤクザたちは、この話題で持ちきりだという。

 ***


■摘発したのは世界最強の麻薬取締機関


 まずはスパイ映画を彷彿とさせる「アメリカの捜査機関vs麻薬シンジケート」の手に汗握るせめぎ合いを、裁判資料をもとに振り返ってみよう。

 日本の「ヤクザ」エビサワ・タケシ容疑者とタイ人の共犯者3人を捕まえたのは、アメリカの麻薬取締局、通称・DEA。メキシコの麻薬戦争などにも介入してきた、世界最強の麻薬取締機関である。12支部と237カ所の国内拠点に加え、58カ国に海外支部を展開。職員は1万人以上、予算規模は20億ドルにも及ぶ。

 DEAの捜査線上にエビサワ容疑者が上がってきたのは、2019年頃のことだった。エビサワ容疑者らはミャンマーの反政府勢力に渡すため、米国製の地対空ミサイルやAK-47などの自動小銃を反社会勢力から購入することを計画。対価として彼らが提示したのは、カネではなくヘロインやメタンフェタミンといった覚せい剤だった。実際に約2キロのサンプルを米国内に持ち込んでいた。


■Yakuza Leader


 だが、彼らが交渉していた相手は、DEAの覆面捜査官と捜査協力者だったのである。協力者たちは起訴状の中で「CS-1」「CS-2」など匿名で表記されている。かつては麻薬密売に従事していたが、有償で捜査に協力している者たちだ。

 交渉は世界各地で行われた。ニューヨーク、バンコク、コペンハーゲン、そして東京。匿名性が高いことで知られる「Telegram(テレグラム)」や「Signal(シグナル)」などのSNSも利用し、武器を「竹」、ヘロインを「砂糖」、メタンフェタミンを「塩」などの符丁を使って呼んでいた。

 だが、その一つひとつのやりとりは、仕込まれた録画機や盗聴器で記録されていた。4月4日にエビサワらは逮捕され、裁判にかけられることに。起訴状にエビサワ容疑者は「Yakuza Leader」と記され、ロケットランチャーを肩に乗せ、カメラに向かって笑みをこぼす写真が掲載された。


■登録にない


 8日にこのニュースを日本の新聞社が一斉に報じると、ヤクザ社会は騒然となった。“このヒゲおやじはどこの組の者か?”という問い合わせが、縦横無尽に飛び交い始めたのである。日頃から暴力団組織を監視している警視庁もざわついたという。

「捜査員たちは『データベースに登録されていない』と首をひねっていました。つまり、現役でない可能性が高いと。『山口組系の有力二次団体に所属していたエビサワではないか?』との噂も流れはしましたが、タケシという名前がヒットしないという理由で立ち消えました」(捜査関係者)

 元山口組系「義竜会」会長で、暴力団組員の更生を支援するNPO法人「五仁會」主宰している竹垣悟氏も、「関係者から何件も問い合わせを受けたが、わからない」と話す。

「20年前に解散した東京の組織『二率会』の元組員ではないかという噂も出回っていますが、真相はわかりません。4次団体、5次団体ともなればわかりませんが、山口組傘下の有力組織の親分衆の中にいないことは確かです」


■過去の抗争で使われていたロケットランチャー


 過去に日本のヤクザ組織が、ロケット砲などで武装していたことはあるという。

「1980年代に勃発した山口組と一和会の間で起こった『山一抗争』では、一和会の会長宅にロケット弾が打ち込まれました。抗争の最中、山口組4代目組長の弟だった竹中正は、DEAのおとり捜査でロケット砲や機関銃の購入を持ちかけられ、ハワイで捕まったこともあります。ただし、今回の話は自分たちが武装するのではなく、ミャンマーの武装組織に流すために購入しようとしていたという話でしょう。このようなシノギを聞いたことがない」(竹垣氏)

 元暴力団組員で現在はYouTuberとして活動している懲役太郎氏は、「DEAがヤクザだと言っているだけではないか」と推測する。

「私たちにとっては、ちゃんと組に所属しているか否かで大きな違いがありますが、向こうの人にとっては、刺青を入れていたり、悪いシノギをやろうとしている不良日本人はみんな『ヤクザ』なのでしょう。実際、いまの暴力団組織がこんなリスクが大きいことをしでかすわけがありません。ただでさえ暴排条例などで組織がやせ細っている中、こんな大掛かりな犯罪が摘発されたら一発で上の組長たちも逮捕されてしまいます。恐らく、辞めた元ヤクザか半グレ連中たちが、暴力団組織と関係のないところでやっていたのでしょう」

 今後、ニューヨーク州の裁判所で裁かれるエビサワ容疑者。彼の素性は、公判でどんなふうに明かされるのか。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)