超高級ワインでウクライナを激怒させたプーチン ワインセラーの移動には「黄金バギー」

 日本の公安警察は、アメリカのCIA(中央情報局)やFBI(連邦捜査局)のように華々しくドラマや映画に登場することもなく、その諜報活動は一般にはほとんど知られていない。警視庁に入庁以後、公安畑を十数年勤め、昨年9月に『警視庁公安部外事課』(光文社)を出版した勝丸円覚氏に、プーチン・ロシア大統領の“ワイン好き“について聞いた。

 ***

 あまり知られていないが、プーチンはかなりのワイン好きだ。政界を引退したら、ワイン醸造業界にたずさわりたいと語ったこともあり、ワイン造りに興味を持っているようだ。

 ウクライナとルーマニアに挟まれた小国、モルドバには、「クリコバ」という国営のワインセラーがある。世界中の要人をもてなす「大統領ホール」と呼ばれる豪華な試飲室が5つあって、ドイツのメルケル首相やアメリカのバイデン大統領も訪れた。

 プーチンは、クリコバに自身のワインコレクションを持っている。そのワイン貯蔵庫で誕生会を開いたこともあったという。

 クリコバは、15世紀に掘られた地下76メートルにあった坑道をワイン貯蔵室に作り替えたものだ。迷路のような地下トンネルは約120キロにも及び、葡萄の種類によって「ソーヴィニヨン通り」、「カベルネ通り」などと命名されている。広大な施設のため移動は車を使う。プーチンが来ると、黄金製のバギーが用意されるという。


■「へレス・デ・ラ・フロンテーラ1775」


「プーチンは2015年9月、イタリアのシルビオ・ベルルスコーニ元首相とともに前年に併合したクリミアを訪問した際、有名なマサンドラワイナリーを訪れています」

 と語るのは、勝丸氏。かつて公安部外事1課に所属でロシアを担当していた同氏は、プーチンについて詳しい。

「その時、プーチンはマサンドラで最も古い240年前のワインを開封させ、その場で飲み干してしまったんです」

 このワインは、1775年にスペイン南部の「へレス・デ・ラ・フロンテーラ」で生産された。マサンドラワイナリーの創設者で19世紀にコーカサス総督を務めたミハイル・ボロンツォフ伯爵の収集品だった。

「価格は10万ドル以上(約1200万円)で、ウクライナで国宝ワインと言われていました。ウクライナ政府はプーチンが勝手にこのワインを開封したことに激怒。大問題になった。検察当局は、プーチンとベルルスコーニが国の財産を奪取したとして捜査を行いました」

 検察のナザール・コロドニッキー氏は、AFP(フランス通信社)の取材に対し、こう語っている。

「そのワインはクリミアやマサンドラにとどまらず、ウクライナ国民全体の財産だ」

 勝丸氏が続ける。

「当時ロシアは、クリミアを軍事的に制圧して併合し、マサンドラワイナリーも接収していますので、ウクライナ当局はさすがにプーチンを裁くことはできなかった。もっとも、ベルルスコーニ氏を3年間の入国禁止処分にしています」

■1855年産ワイン


 プーチンのワインにまつわるエピソードでは、こんなのもある。

「2013年4月、安倍晋三首相(当時)がモスクワでプーチンと会談を行った際、安倍さんは日本製のスキー板を贈呈しました。その御礼にプーチンは昼食会で1855年産のワインでもてなしているのです。1855年といえば、日露が国交を樹立し、日露通好条約を締結した年です。このワインは大昔に沈没した貨物船から発見された非常に貴重なもので、ロシア国内では一部から異論が出ました」(同)

 プーチンは、ワインのためにとんでもない法律を作った。ロシアでスパークリングワインといえばお祝いの席には欠かせないもので、ロシア語で「シャンパンスコエ」と呼ばれている。2021年7月2日、「シャンパン」の名称を使えるのは、ロシア産スパークリングワインに限る、という法律を成立させたのだ。

 もともと世界貿易機関(WTO)の協定では、シャンパンの名称はフランスのシャンパーニュ地方で作られたスパークリングワインしか使用できないことが決められている。ロシアの法律は、これを真っ向から否定するものだ。

 ロシアの法律制定を受けて、高級シャンパン「モエ・エ・シャンドン」を販売する仏モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトンは、ラベルをスパークリングワインに変更してロシアに輸出した。

 まさに唯我独尊のプーチン。ウクライナ侵攻も彼には当然のことなのかもしれない。

「やりたい放題ですね。自分はなにをやっても許されると思っているのでしょう。裸の王様です」

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)