コロナ「BA.2」の感染力、重症化率は高くない? 四つ以上の「基礎疾患」に要注意

コロナ「BA.2」の感染力、重症化率は高くない? 四つ以上の「基礎疾患」に要注意

「高齢者」が感染防御で健康を保つ生活様式

 もう終わるかと思えば、またぞろ感染者が増加傾向だという。そうである以上、自らを守るほかない。BA.2なる新たな敵は手ごわいのか否か。どう戦えばいいのか。感染を防いで健康を維持するための秘策はないのか。身を守る術を専門医らが総合的に指し示す。

 ***

 感染力こそ強いが、デルタ株とくらべて病原性が弱いといわれたオミクロン株。侮れないものの、このまま感染者が減り続けた暁には、コロナ禍そのものが終息するかと期待されたが、ここにきて感染が再拡大する兆しが見えている。

 たとえば、内閣官房が4月1日に公表したデータによれば、直近1週間の新規感染者数は、44都道府県で前週より増え、その後も同じ傾向が続いている。

 原因は、オミクロン株の系統のなかで最も感染力が強いとされ、「ステルスオミクロン」とも呼ばれる「BA.2」である。東京でもこれまで主流だった「BA.1」から急速に置き換わり、3月下旬には52.3%がBA.2と疑われるまでになった。埼玉医科大学の前准教授、松井政則氏(医学博士)が言う。

「現在、アジアやヨーロッパでは主力がBA.2に置き換わりつつあり、アメリカでも半数はBA.2になりました。日本も同様で、このために感染が再拡大しているのだと考えられ、感染者増減のグラフは、今後、フタコブラクダのコブのような曲線を描くのではないかと思います」

 終息どころか、再びグラフに山が描かれるのは避けられないというのだが、そもそも、BA.2とはどんなウイルスなのか。

「オミクロン株から進化した四つの亜種の一つで、兄弟のような関係のBA.1とは、性格がかなり似ていると思っていい。ただし異なる点も指摘され、BA.1とBA.2には、共通する変異が30程度ある一方で、共通しない変異も20程度あり、それが感染力の差となって表れていると考えられています」(同)


■過去の悪夢に逆戻り?


 BA.1との差で特に気になるのが、東京大学医科学研究所の佐藤佳教授らによる実験結果だろう。それぞれのウイルスを再現してハムスターに感染させると、BA.1では肺からウイルスが検出されず、体重は減らなかったが、BA.2では肺からもウイルスが検出され、体重も減少したというのである。

 オミクロン株は感染しても肺に到達しにくく、鼻やのど、気管で留まるから重症化リスクは低い――。そんな説明だったのに、BA.2ではまた、あっという間に肺が真っ白になるような人が続出するのか。そうだとすれば、過去の悪夢に逆戻りだが、まずは松井氏に、くだんの実験について説明してもらう。

「佐藤先生のグループは、BA.1とBA.2それぞれのスパイクタンパク質の特徴を発現しているウイルスを人工的に作って、ハムスターの鼻から感染させています。その結果、BA.1の人工ウイルスを入れたハムスターは、肺からウイルスがほとんど検出されず、体調も悪化しませんでしたが、同様にBA.2を再現したウイルスを鼻から感染させると、一定時間ののち肺からウイルスが検出され、体重の減少傾向が確認されました。つまり、肺でウイルスが増殖して肺炎になり、体調が悪化して体重も減ったと考えられるのです」


■「感染力、重症化率は?」


 BA.2はBA.1よりも重症化しやすいという可能性が示されたのだが、臨床の現場ではどうなのだろうか。東京都医師会副会長の角田徹医師が言う。

「直近の東京都モニタリング会議で使用されたデータによると、BA.2の感染力は従来のBA.1より若干高いものの、重症化率は、欧米をはじめとする海外のデータを見ても、BA.1と変わりません。過度に心配する必要はないと思います。感染者のなかで肺炎を起こす患者さんも、私が見るかぎり増えているわけではありません」

 いまのところ、切迫した状況にはなっていないようだ。では、なぜハムスターは肺炎を起こしたのか。松井氏は「個人的見解」と断ったうえで、こう話す。

「ハムスターと人間は、同じ哺乳類ですが、まれに違う反応を示します。今回もそれではないか。また、佐藤先生はスパイク部分だけを似せた人工ウイルスを使いましたが、自然のウイルスは、ほかにもいろんなタンパク質を含みます。自然のウイルスとの差異が生じたのかもしれません」


■重症化リスクはほぼ同じ


 また、東京医科大学八王子医療センター呼吸器内科の寺本信嗣教授は、

「楽観論はいけませんが、感染者が継続して発生しているわりには、肺炎は減少していて、BA.1に特徴的だったのどの痛みなどの上気道の炎症も、現場の肌感覚では、BA.2では少し弱まっている。デルタ株、BA.1、BA.2と進むにつれ、重症化する割合は下がっています」

 と話すのだ。少し安心したところで、東京歯科大学市川総合病院の寺嶋毅教授に、BA.2の特徴を整理してもらう。

「BA.2の感染力は、世界の文献などを読み調べると、BA.1よりおおむね1・3倍ほど高い傾向にあるようです。ただ重症化リスクは、現時点ではそこまで違わないようで、イギリスのデータでは、BA.1とくらべて入院率が0.94とむしろ低い。世界に先がけてBA.2が流行したデンマークでも、入院リスクがBA.1と同程度だったと報告されています。したがって、重症化リスクもほぼ同様と見るべきでしょう」


■風邪や花粉症との区別が難しい


 症状はどうだろうか。

「BA.1とほぼ同様だと捉えていいと思います。デルタ株のときは、肺でウイルスが増殖して呼吸が苦しいという症状が多かったですが、BA.2を含めたオミクロン株では、のどの痛みやせき、鼻水など上気道の症状が特徴的。コロナ禍の初期には、味覚や嗅覚の障害がよく取り上げられましたが、BA.1にはそういった症状はあまり見られず、BA.2も同様です。ただ、特徴的な症状があまりなく、風邪や花粉症との区別が難しいと感じます。しかし、見分け方は発熱や目のかゆみの有無。花粉症だけで発熱することは少なく、オミクロン株に感染して目がかゆくなったという例は報告されていないので」


■治療薬は効くのか


 ところで、今回話を聞いた医師全員が、とりわけ65歳以上の高齢者にとっては、3回目のワクチン接種が重要だと説き、角田医師は、

「いま2回接種したワクチンの中和抗体が下がっている時期に重なり、これから感染者数がかなり増える可能性も懸念されます」

 と述べる。そこでBA.2に対するワクチンの効果についても、寺嶋教授の説明を聞きたい。

「イギリスの報告では、ワクチンを2回接種して25週経過すると、予防効果はBA.1で10%、BA.2で18%にまで低下します。ところが3回目のブースター接種を行うと、BA.1では接種後4週目まで69%、5〜9週で61%、10週以降で49%、効果が持続しています。これがBA.2ではそれぞれ74%、67%、46%で、ワクチン接種による予防効果も、BA.1と差はないと思われます」

 では、治療薬に関してはどうだろうか。

「BA.1には抗体カクテルの効果が認められにくい。また、査読前のアメリカの論文には、抗体製剤ソトロビマブの効果が、BA.2に対してはBA.1の32分の1だというデータがあります。BA.1とよく似たBA.2も、抗体製剤が十分に効かない心配があります。抗体製剤は主にスパイクタンパク質にくっつき、ウイルスの細胞への侵入を防ぎますが、スパイクタンパク質の変異が多いと、くっつくことができずに効果が下がることがあります」

 だが、その一方で、

「レムデシビルや、メルクが開発したモルヌピラビル、ファイザーが開発したパクスロビドなどの効果は、持続していると思います。こうした抗ウイルス薬は、ウイルスが細胞に入った後の増殖などを妨げるので、スパイクタンパク質に変異があっても、効果が落ちにくいのです」


■のどの感染で嚥下機能が


 そうなると、BA.1と比較して心配なのは感染力くらいだが、浜松医療センター感染症管理特別顧問の矢野邦夫医師が言う。

「WHOもBA.2の感染力についてBA.1と比較し、“デルタ株からオミクロン株へ置き換わったときほどの違いはない”とコメントしています。デルタ株からオミクロン株に置き換わったとき、感染者数が爆発的に増えましたが、今回はそれほどでもないでしょう。先にBA.2に置き換わったデンマークなどのデータを見ても、感染者数は減少傾向にあるので、今後も一気に感染者が増えることはないと思います」

 結局、どの角度から検証しても、BA.1とさほど変わらないようだ。しかし、こと高齢者は、だから安心とはいいきれない。寺嶋教授が警鐘を鳴らす。

「コロナに感染して熱が出ると、食べる量が減ったり脱水症状を引き起こしたりして免疫が低下し、病気を発症して入院する患者さんがいます。たとえば脳梗塞の既往症があると、後遺症で嚥下(えんげ)機能が低下していることも。その場合、発熱で元気がなくなり、食事も摂れず免疫が低下した状態で誤嚥したりすると、誤嚥性肺炎を合併しやすく、実際、この症状で入院する方も多いのです」

 BA.2が直接肺に入らなくても、体が弱っていると、結果的に肺炎を発症しかねないというのだ。

「デルタ株のときは、コロナウイルスが肺で増殖してのウイルス性肺炎が多かった。オミクロン株が主流になってからは、それは減ったものの、発熱などで元気が失われ、少し遅れて誤嚥性肺炎や一般の細菌性肺炎を発症して入院する例が多くなっています。また心臓や腎臓に既往症がある方は、脱水症状から致命的な結果になることが多い。それに認知機能が低下していると、それに伴って食欲が減退し、免疫が低下し、誤嚥のリスクが増加します」(同)


■薬の飲みすぎに注意


 ここで肺炎のリスクについて、もう少し深掘りしておいたほうがよさそうだ。寺本教授が説明する。

「オミクロン株で細菌性肺炎、特に誤嚥性肺炎を発症する例は未だにあり、昨日、当院に入院した高齢の患者さんもそうでした。熱を出して救急車で搬送されてきましたが、検査をするとコロナ陽性で、肺を調べると右の肺の下に典型的な誤嚥性肺炎の影があった。コロナになって熱を出し、のどの調子が悪いときに誤嚥して肺炎になったのでしょう。発熱して体がだるくなったり、筋肉の働きが弱くなったりすると、飲み込もうとする筋肉もうまく機能せず、誤嚥してしまうのです。BA.2を含むオミクロン株は、のどの痛みが特徴的ですが、嚥下するうえで最も重要なのどがウイルスに感染すれば、嚥下機能が下がって当然です」

 防ぐ手立てはあるのか。

「薬の飲みすぎも、誤嚥性肺炎を引き起こしやすくする要因の一つ。たとえば神経障害性疼痛(とうつう)を抑える薬を飲むと、リスクのある高齢の方はほぼ誤嚥してしまいます。鎮痛剤は筋肉など身体機能を鎮静化しようとするので、神経の反射や筋肉の動きが弱まり、誤嚥を起こしてしまいます。花粉症の薬などに含まれる抗ヒスタミン剤にも、身体機能を鎮静化する効果があります。鎮痛剤と抗ヒスタミン剤は、それぞれ単一で飲むぶんにはいいですが、花粉症の薬と鎮痛剤を組み合わせて飲んだりすると、誤嚥のリスクが高まります」

 高齢の方は注意したほうがいい。また、

「発声に使う筋肉と嚥下に使う筋肉は、9割がた重なっているので、オーラルフレイル予防に発声が大切です。本の朗読も、感染に気をつけてカラオケで歌うのもいいでしょう。歯磨きなど口腔ケアも大切で、肺炎球菌ワクチンの接種も有益です。肺炎球菌は誤嚥性肺炎の原因のおよそ3割を占めています」


■四つ以上の基礎疾患


 若い人はいいが、誤嚥性肺炎の例でわかる通り、高齢者はコロナに感染すると、持病が悪化したり、別の病気を併発したりする恐れがある。それは読売新聞が報じた「第6波『自宅死』161人」というニュースからもわかる。オミクロン株は軽症や無症状が多いため感染に気付かず、自宅から医療機関に搬送中や搬送後に陽性とわかり、直後に亡くなるケースが多かったという。矢野医師が言う。

「数カ月前のCDC(米疾病予防管理センター)のデータによると、ワクチンを2回接種していても、肺や呼吸器、心臓などに四つ以上の基礎疾患があると、死亡リスクが高いとのことでした。三つから四つに増えると、急激に死亡率が高まるというのです。自宅死した方、搬送中や搬送直後にコロナとわかって亡くなった方も、四つ以上の基礎疾患を抱えていた可能性が高い。このように基礎疾患がある方は、必ずブースター接種をし、同居家族と食事をする際も、感染予防を徹底してほしいです」

 そして「個人的に気になることがある」と言い、こう加える。

「重いがん患者や、心臓や腎臓に基礎疾患があって辛うじて生きている方が、たまたまコロナに感染し、コロナは軽症のまま基礎疾患が原因で亡くなっても、コロナ死にカウントされていることに、違和感を抱かざるをえません」


■外出した方がいい?


 BA.2も侮れないが、自宅死につながる怖い病気だと、恐れすぎる必要もないわけだ。実際、コロナに負けない免疫力は、怖がって家にこもっていては下がるばかりである。矢野医師が続ける。

「感染を恐れて外出を避け、足腰が脆弱になり、転んで骨折するケースが増え、それによって認知機能も低下しているという報告もあります。歩けていた人が歩けなくなり、筋力が低下してさまざまな合併症を発症してしまう。春ですし、動いたほうがいい。外でも1.5メートル四方に人がいなければ、マスクを外していい。同居家族との小旅行や、感染対策がしっかりした店での友人との外食も、気分転換になり栄養もつきます」

 寺嶋教授も言う。

「散歩をすれば足腰の筋肉を維持でき、目に見える景色が刺激になり、認知機能の維持にも役立ちます。週に2日以上、1日30分以上、7千〜8千歩が理想ですが、自分のペースで行うことが大事です。ほかにも掃除をするとか、洗濯物を畳むとか、家事に積極的に参加することです。家事は手先や指先をよく使い、段取りも重要。段取りを考え、それに応じて手を動かすことは、認知機能の維持にもよい影響を与えると思います。散歩でどのルートを歩くか、買い物でなにを買うかを考え、お釣りの勘定で頭を使ったりすることも、認知機能の維持に効果があるはずです」

 こうした諸々を通して免疫が維持されるということを意識し、普段の生活に取り入れたほうがいい。


■「感染者数は徐々に減っていく」


 最後に、東京農工大学農学部附属感染症未来疫学研究センター長、水谷哲也氏の話を紹介する。

「まん延防止等重点措置が解除され、人出が増えていると感じます。最近の感染者増の主たる原因はそれで、送別会や歓迎会のシーズンだということも原因している。逆に考えると、イベントによる感染者の増加は仕方ないことですが、感染によってブースター接種と同様の効果を得るとも考えられる。だから、感染者数は下げ止まりながらも、徐々に減っていくでしょう」

 入院率、重症化率、死亡率も上がっておらず、悲観すべき状況ではない。むしろ、これしきのウイルスだからこそ、それが原因で致命的な結果を招かないように、動ける人は動きながら、細心の注意を払いたい。

「週刊新潮」2022年4月14日号 掲載

関連記事(外部サイト)