小室圭さん、「不合格」で心配になる夫婦の懐事情 ラーメン1杯2500円のNY生活を物価高騰が直撃

眞子さんの夫・小室圭さん、再び司法試験に不合格で夫婦の懐事情に心配も NY物価高騰

記事まとめ

  • 眞子さんの夫・小室圭さんはニューヨーク州の司法試験を再び受けたがまた不合格だった
  • 司法試験に落ちた小室さんはビザも家計も本格的に眞子さん頼みになりかねないという
  • ニューヨークの高い物価はさらに高騰し、心許ない懐事情に追い打ちをかけるそうだとも

小室圭さん、「不合格」で心配になる夫婦の懐事情 ラーメン1杯2500円のNY生活を物価高騰が直撃

小室圭さん、「不合格」で心配になる夫婦の懐事情 ラーメン1杯2500円のNY生活を物価高騰が直撃

三度目の正直はあるか・・・

 ニューヨークで新婚生活を送る夫妻に、念願の「合格通知」は届かなかった――。秋篠宮ご夫妻の長女・眞子さんと結婚した小室圭さんは、今年2月にニューヨーク州の司法試験を受けたものの「不合格」だったことが判明した。2度目の挑戦でも悲願を果たすことはできず、今年7月に再挑戦する見込みだという。

 ***

 小室さんは現在、眞子さんと共にニューヨーク州ヘルズキッチン地区にあるマンションで暮らし、法律事務所で助手として勤務している。3月上旬に、セントラル・パークで夫妻を見かけたという現地在住の邦人男性はこう語る。

「おふたりともマスクをつけていたので分かりづらかったのですが、すれ違った瞬間に“あっ、眞子さんと小室さんだ!”と心のなかで叫んでいましたよ。3月のニューヨークは最高気温が10度を切ることも多く、眞子さんは黒いダウンコートを羽織るなど厚着でしたが、楽しそうに談笑されている姿が印象的でした。ただ、おふたりの様子は本当にどこにでもいる若くて仲睦まじいカップル。公園ではなく、街なかでお見かけしたらおそらく気づかなかったと思います」


■職場もセントラル・パーク内


 2月22日、23日に行われた司法試験の結果がもたらされる前のつかの間の休息を、新婚夫婦はニューヨーカーがこよなく愛する憩いの場で過ごしたことになる。ちなみに、眞子さんがアシスタントキュレーターとして仕事に取り組んでいると報じられた“メトロポリタン美術館”も、セントラル・パークの広大な敷地の一角にある。

 異国での新婚生活を堪能されているように見えるおふたり。だが、小室さんが司法試験でリベンジを果たせなかったことによって、ニューヨークでの暮らしに暗雲が立ち込め始めたのは間違いない。
 
 現地に暮らすジャーナリストによると、

「小室さんの現在の年収は600万円程度とされます。しかも、現在の小室さんのビザは勤務先からの雇用を前提としており、更新期限が迫っている。司法試験に2度連続で落ちてしまった小室さんに対し、勤務先が雇用を継続しなければビザの更新すら怪しくなります。小室さんの代わりに眞子さんがビザを取得する可能性もありますが、そうなれば、ビザも家計も本格的に眞子さん頼みになりかねません」

 そんな心許ない懐事情に追い打ちをかけるのが、ニューヨークの高すぎる物価だ。


■家賃60万円は高くない


 たとえば、日本でも人気のラーメンチェーン・一蘭の現地HPによれば、ニューヨークにある店舗では“THE CLASSIC TONKOTSU RAMEN”のお値段が19.90ドル。現在の為替レート(1ドル=126円)で日本円に換算すると一杯が約2500円となり、カップルでランチを楽しめばチップを含めて優に5000円を上回ることになる。

「ランチが20ドルを超えるのは当たり前。たとえば、日本でエノキダケを1パック買おうとすると100円程度で済むところ、こちらでは5〜6ドルはします。小室さんと眞子さんのご自宅は家賃60万円とされますが、ニューヨークの中心部では1Kの平均が40万円を超えるので、夫婦の住まいとしてはとりたてて高級マンションという印象は受けません。在留邦人でも、商社や大手メーカー勤務の駐在員はもっと家賃の高いマンションに住んでいますよ」

 加えて、ロシアのウクライナ侵攻によって、ただでさえ高い物価が高騰している。

「資源高によってガソリン価格は過去最高を記録し、電気代が2倍以上に跳ね上がった地域もある。もちろん、朝はコーンフレーク、昼は自分で作ったサンドイッチ、夜はパスタのような食生活であれば暮らしていけると思いますけどね。最近では、物価高騰で生活に困窮する人々が増え、日用品や食品を狙った万引きも多発。治安も悪化しています」

 小室さんが“三度目の正直”を果たすまでは耐え忍ぶ日々が続きそうだ。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)