45歳男性は「同じ女性と3回結婚」 自らの浮気で訪れた3度目の離婚危機の結末

45歳男性は「同じ女性と3回結婚」 自らの浮気で訪れた3度目の離婚危機の結末

志津子さんとは高校2年生の時からの付き合い。2人を知る知人からは「バカップル」の烙印を押されている。

 離婚したものの、さまざまな事情でやはり別れた元配偶者と一緒に人生を歩んでいきたいと復縁、再婚するケースは少なくない。だがそれが3回目となると「学習能力がないのでは?」と言われることもあるだろう。ただ、「好きだからこそ離婚という手段で相手を自由にしたかった」という人もいるし、「別れてみるとよさに気づく」という人もいる。【亀山早苗/フリーライター】

「結婚しているときはたかが紙切れ1枚と思うんですが、離婚してひとりになるとあの紙切れ1枚に重みがあったんだなあと感じる。僕も妻も、それぞれに身勝手だと思っています」

 身勝手と言いながら妙に爽やかな笑顔を見せるのは、宮崎裕弥さん(45歳・仮名=以下同)だ。5年前、志津子さん(45歳)と3度目の結婚をした。ふたりは若いころから「くっついたり離れたり」を繰り返してきたのだという。

「高校時代の同級生なんですよ。2年のときに告白してつきあい始めました。とはいえ高校時代は映画に行ったり、喫茶店でしゃべったりする程度。キスさえしませんでした。進学校だったので、3年になってからはよく一緒に図書館で勉強してましたね」

 ふたりとも無事に、それぞれの志望大学に合格し、そこから本格的につきあうようになっていった。些細なケンカから周囲に「別れた」と言ってはまたくっついたり、志津子さんが「他に好きな人ができた」と言い出しては別れたり。そんなことの繰り返しだったのだが、大学を卒業して就職すると、裕弥さんが関西に3ヶ月ほど研修に行くことになった。

「遠距離恋愛なんてできるかなと不安になって、結婚しようと志津子に言ったんです。すると彼女は『私たちが本気かどうか試すいい機会よ。遠距離恋愛、してみようよ』と。彼女はいつでもチャレンジャーなんですよ(笑)。3ヶ月の間、1度も会わなかったけど電話ではよく話しました。当時、携帯電話が一気に広まったころで、ふたりとも持っていたのでメールのやりとりもしましたね」

 研修が終わって戻ってきたとき、やはり志津子さんと結婚したいと彼は強く思っていた。だがまだ社会人1年生。志津子さんも「結婚するって言いづらい」と言いだした。ようやく結婚したのは25歳のとき。

「でも人生って予定通りにはいきませんね。子どもはまだいいと思っていたのに結婚してすぐできてしまった。彼女は腹をくくって『少しだけ休んですぐ働くから、あなたもそのつもりでいてよ』と。女は強いなあと思いました。僕は、子どもができたら自由がなくなるとうろたえていたんです、正直言うと」

 翌年、無事に長女が産まれ、志津子さんは宣言通り3ヶ月後には職場に復帰した。裕弥さんも仕事と家庭を両立しようとがんばったのだが、なぜか心身に力が入らない。当時、仕事も新人から中堅社員として周囲の期待や激励があり、気負いが大きかったのかもしれない。

「うつ状態になりまして、とうとう休職。家にいるのに家事もできず、子どもの保育園の送り迎えくらいしかできない。大学生だった志津子の妹がよく手伝ってくれました。あるとき、愚痴を言っていたら義妹が慰めてくれた。それに乗じて彼女に関係を迫ってしまったんです。性欲がわいたわけではなかった。ただ、味方がほしかったんだと思う。最後は義妹にはねつけられましたが、それが志津子の耳に入り、彼女は淡々と離婚を切り出しました。どんなに『今の状態の僕を見捨てないでほしい』と言っても聞く耳を持たなかった。『どんなに精神的につらくても、していいことと悪いことがある』と彼女は言いました。そんなことはわかっている。僕は感情が乱れて、思わず妻の頬を平手で打ってしまったんです」

 当時の自分はどうかしていたんだと裕弥さんは言う。言葉で返すことができず、自分がひとり捨てられると思ってパニックになったのだ、と。「どうかしている」自分を志津子さんがかまってくれない苛立ちもあった。

「彼女は強いから、弱っている人間に寄り添おうとしてくれなかった」

 彼は拗ねたように言った。もちろん、自分が甘えていたことがわかった上での発言だ。


■妻が明かした「離婚したかった理由」


 離婚はしたが、子どももいるので裕弥さんは近所のアパートに住み、志津子さんとの交流も続いていた。彼は半年ほどで仕事に復帰することができた。周りに恵まれ、休む前より仕事に前向きになっていった。

「娘が3歳になったころ、志津子のおとうさんが亡くなったんです。金曜日の夜にお通夜だったんですが、彼女は普通に仕事をして通夜に出て、土曜日に葬儀を終え、月曜には出社していました。強いでしょ」

 だがこの裏には志津子さんと父親の関係性があったのだ。

「つきあいは長いけど、志津子はあまり家族の話はしなかったから僕も知らなかったんですが、彼女の父親はかなりの酒乱で、ろくに働きもせず、飲んで帰ってきてはおかあさんや志津子に暴力をふるったそうです。母は娘をかばい、娘は母をかばった。志津子は早く親を離婚させたかったけれど、結局、母は離婚しなかった。そのことで母にも不信感をもっていた、と。結婚するとき挨拶には行ったけど、志津子が仕事があるというのでほんの1時間ほどしか滞在しなかったんですよ。その後もほとんど交流がなくて。そんな話を義父が亡くなったあと、志津子が話してくれました。『私は暴力には極端に反応してしまう。だからあなたが私をぶったとき、この人と一緒にはいられないと思った』と初めて明かしたんです」

 本当に申し訳なかったと彼は改めて頭を下げた。そんな過去があるなら話してほしかったと思ったそうだが、彼女自身、そこには自ら蓋をして生きてきたようだ。長い間、つきあっていても人の心の奥底まではわからない。


■33歳で復縁したが…


 ふたりは娘が小学校に上がったのを機に、復縁した。33歳のときだ。志津子さんはますます仕事にのめり込んでいたので、彼は毎日のように定時に帰って娘と過ごした。自分にとって「仕事は生きがいではない」と感じていたという。

「おそらく志津子はそんな僕を『男のくせに情けない』と感じていたんでしょう。一般的にはセクハラだと言いたくなるような言葉ですよね。彼女、まるで昭和の男みたいなところがある。自分ががんばって仕事をして、それなりに出世もしていたから、努力は必ず報われると娘にもよく言っていたし、『男に威張らせちゃダメよ』とも言っていた。もうちょっとマイルドな言い方や、対等、平等ということを教えていこうよと提案したけれど、彼女は『あなたがそんなこと言える立場じゃないでしょ』って。言い方は軽くて明るいんですが、言われた僕はすねに傷があるから、そのたびに落ち込む。そうすると『また小さいことで落ち込んで……』と。ただ、現実的には僕が定時で帰って家事をしたり娘と過ごしたりしたほうが、志津子にとっても都合がいいので、仕事に邁進しろとは言われませんでした」

 昭和の苛烈な働き方をしていたサラリーマンのような志津子さん、つきあいだ接待だと飲んで帰ることも珍しくなかった。そのうち、なんとなく様子がおかしいことに裕弥さんが気づいた。

「酔って帰って、ひとりで泣いていることもあればニヤニヤしていることもある。心ここにあらずな状態の時期がありましたね。適当なタイミングで『浮気しているんでしょ』とカマをかけたら、ギクッとしていました。高校時代の仲間のひとりが僕に連絡をくれて、『志津子が若い男と真っ昼間、ホテルから出てくるのを見ちゃったんだけど大丈夫?』って。その友人は、たまたま仕事でホテル街を通って見かけたそうです。誰にも言わないからと言われたけど、僕としてはやっぱりという感じでした」

 証拠を集めて志津子さんを追いつめるようなことはしたくなかった。お互いを必要だと思ったから再婚したのだ。妻を信じたかった。だが、さすがに外泊したときは黙っていられなかった。

「娘が心配して、『ママ、事故にあったんじゃないの? 警察に連絡した?』って。僕も心配になって深夜に警察に電話をかけて相談しました。管轄では交通事故はないと言われましたが、地元で事故に遭うとは限りませんからね。一睡もしないでいたら、朝、『ごめん、今日はこのまま出社する』とやっとメッセージが来た。心配している娘の気持ちも考えろとだけ返信しました」

 その日、帰宅すると珍しく妻がキッチンで料理を作っていた。娘もまとわりついている。なんだかんだ言っても娘は母親が好きなのだ。久しぶりに妻の料理を食べた。自分が作ったほうが味としてはおいしいと思ったが、妻の料理は格別だった。

「ママもやればできるじゃん、と娘が言うと妻は大爆笑。『ごめんね。ママ、仕事ばかりしていて』と娘に謝っていましたが、オレは娘と違う、騙されないぞと思っていた」

 その晩、妻に迫ったがかわされた。「若い男とつきあってるの?」と聞くと、ありえないと一笑に付された。


■若い男に走った妻


 だが2年後、妻から離婚したいと言われた。

「全部、話してほしい。高校時代からつきあっているのに、きみのことがわからない。今、好きな人がいるんだろ、だから別れたいんだろと言ったら、妻はこくりと頷きました。いつもの強気の妻とは違う、妙に純粋な顔でした。本気なんだなと思った。『私が出ていくから、あなたは娘とふたりでここに住んで。養育費もきちんと振り込むから』と。当時、僕たちは37歳。妻が好きになった男は一回り下でした。でも11歳の娘に本当のことは言えない。だから仕事で遠いところに行くから、しばらくの間、一緒に住めないということにしようと話し合いました。娘が疑うようになったら、離婚したことは話そうと。とにかくきみの動向は知らせてほしい、それが娘のためだからと説得すると、志津子も涙を浮かべて了承してくれました」

 そして妻は出て行った。数日後、若い男と暮らし始めたと連絡があった。直情径行型の志津子さんと一緒に暮らしていける男はいないのではないかと、その時点で裕弥さんは思っていたという。自分に自信があったわけではないと彼は謙虚に言った。

「そういう志津子に魅力を感じる男性はいるかもしれないけど、実際、彼女と暮らしていくには男がほぼ家事をやらなければならないし、彼女のスケジュールを詳細に聞いてはいけない。外に出たら連絡もしてこない。とにかく干渉してはいけないけど、ときにはかまってやらないと拗ねる。“昭和の男”ですから(笑)。それを満たすのは大変ですよ」

 志津子さんは月1度か2度は、娘の好物をもってやってきた。裕弥さんの言い方を借りると、「恋に狂ってはいても娘のことは大事に思っていた」ようだ。娘は「ママが単身赴任をしている」と信じ込んでいた。

 娘の小学校の卒業式や中学校の入学式にも、妻はきちんとやってきた。そして入学式の帰りに、ぽつりと「また家族3人で暮らそうか」と言い出した。

「暮らそうかじゃないだろと、さすがに僕も怒りました。身勝手なことばかりしていて、受け入れてもらえると思ってるのか、と。大声は出さなかったけど、言い方がキツかったんでしょう、志津子は少し怯えたように僕を見ました。しばらくたって『そうだよね』と。どうやら若い男と別れたらしいと気づきましたが、だからといってどうぞ帰ってきてくださいとは言いがたい」

 1ヶ月後、志津子さんはすぐ近所にワンルームマンションを借りたと連絡してきた。これからはちょいちょい帰るわ、と。裕弥さんは苦笑せざるを得なかったという。

「身勝手極まれりという感じなんですが、そこまでいくと怒る気にもなれなかった。契約解除して戻っておいでと言うしかありませんでした」

 志津子さんはすぐに戻ってきて、悪びれもせず娘と抱き合っていた。

「志津子は身勝手なヤツだけど、意味なく不機嫌になることだけはないんです。そこが僕にとってはありがたい。3度目の婚姻届提出はさすがに恥ずかしかったですね。たまたま役所で地元の友人に会って、『え、また結婚するの?』と大声で言われたし(笑)。高校時代の仲間内ではバカップル扱いですよ」


■3回目の離婚は回避


 すでに40歳になっていた。お互いにいいところも悪いところもわかりきった上での3度目の結婚で、ようやく落ち着いたように見えた。ところが、数年後、裕弥さんが人妻と恋をしてしまった。志津子さんにはバレなかったが、娘はなんとなく感づいていたようだ。

「ある日、職場に派遣の女性が来たんです。一目見て、『この人と前世で何かあったんじゃないか』と思った。いや、僕はそういうスピリチュアルな話は苦手だし、まったく信じていません。それなのにそう思ってしまった。その日の帰りがけに、彼女のほうから『あの……、以前、お目にかかったことがありますか』と言われて。僕もそう思っていたんですと答えて、出身地とかあれこれ照合したんですが、会ったことはない。でもなぜか尋常ではない引力を感じたんですよ」

 何の先入観もなく惹かれ合い、最初のデートでホテルへ行ってしまった。こんなことがあるのかと裕弥さんはしばらく夢見心地だった。会えば会うほど惹かれていく。

「そのころちょうど、ひっそり仕事をしていたはずの僕がなぜかプロジェクトチームの補佐役に指名されて忙しくなったんです。妻のほうは地位が上がったせいか、少し時間の自由がきくようになった。だから食事も半々で作るようになっていました。どうにもならないときは娘が留守番してくれたし、ときには娘が食事を作ってくれることもあった」

 だから週に1度か2週に1度は、裕弥さんもデートする時間が作れたのだ。だが半年ほどたったとき、高校生になった娘がこっそり言った。

「パパ、このところヘンだよ。恋してるでしょ。全然、地に足がついてないもんね」

 慌てふためく裕弥さんをチラッと見て、娘はさらに言った。

「ママは気づいてないと思うよ。あなたたち夫婦には私、さんざん振り回されてきたから、今さら何があっても驚かないけど、揉め事だけはやめてよね」

 そのまま学校へと出かけていった娘の背を見ながら、彼はしみじみと結婚生活を振り返ったという。それと同時に、あんなに燃えていた恋心が急速に冷めていくのを感じていた。

「娘はいろいろなことがわかっていたんでしょうね。娘なりに寂しいこともつらいこともあったんだろう。そう思うと、大人の僕たちが子どもで、娘が大人に見えました。その日、帰宅した娘に『今までいろいろごめん』と謝ると、『なにが?』と言ったあと、『人生は一度きりだから、みんな好きなように生きればいいんじゃない』って。志津子が『でも、家族は仲良くしようね』と言い出したので、娘が呆れたように『ママがそれ言う?』とツッコんでました。普通の家族形態ではなかったけど、志津子と僕の組み合わせではこういう家庭しかできなかった」

 それでも妻も自分も、娘だけは心から愛していると言い切れる。裕弥さんは真摯な表情でそう言った。

 妻と自分と大学生になった娘。これで夫婦が落ち着くかどうかはまだわからない。だが、「3回目の離婚はしない」のが夫婦の目標なんですと、彼は朗らかに笑った。

亀山早苗(かめやま・さなえ)
フリーライター。男女関係、特に不倫について20年以上取材を続け、『不倫の恋で苦しむ男たち』『夫の不倫で苦しむ妻たち』『人はなぜ不倫をするのか』『復讐手帖─愛が狂気に変わるとき─』など著書多数。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)