「月曜日のたわわ」日経広告の波紋 「痴漢を助長する」と指摘された過激表現とは?

「月曜日のたわわ」日経広告の波紋 「痴漢を助長する」と指摘された過激表現とは?

「月曜日のたわわ」(講談社)。著者の比村奇石氏は、もともと同人サークル「比村乳業」として活動していた同人誌作家だった

 4月4日の日本経済新聞朝刊に掲載された、コミックス「月曜日のたわわ」(講談社)の全面広告を巡って論争が起きている。国連女性機関は「男性が未成年の女性を性的に搾取することを奨励するかのような危険もはらむ」と広告を掲載した日経新聞を非難。一方で、「表現の自由への侵害」にあたると日経新聞や講談社を擁護する声も多い。そもそも、「月曜日のたわわ」とはどういった作品なのか。二人の女性に読んでもらい、意見を聞いてみた。

 ***


■裸や性交シーンはない


 都内の大型書店で、コミックスは販売されていた。全4巻で、値段は各巻約700円と高め。いずれも表紙に制服がはちきれんばかりに胸が強調された女子高生のイラストが載っており、レジまで持っていくのが恥ずかしい。特に4巻は、主人公の胸を後ろから同級生の女性が鷲づかむ過激なイラストで、一目でいやらしい漫画だとわかってしまう。

 記者が全巻を購入してみようと思ったのは、ネットニュースなどで繰り広げられる論争から広告自体の問題性は理解できたものの、作品の内容までは見えてこなかったからである。

 女性の裸や性交シーンが描かれていないという予備知識はあった。だから、ちょっとエッチなラブコメディくらいのイメージを抱いて読み始めたのだが、のっけから予想は大きく覆された。


■月曜日は“癒しの時間”


 物語は満員電車のシーンから始まる。「お兄さん」と呼ばれるサラリーマンは、そこで胸が“たわわ”な女子高生“アイちゃん”と密着してしまう。サラリーマンは動揺するが、アイちゃんは嫌がるそぶりをまったく見せない。それどころか、サラリーマンが落としてしまった名刺入れを拾う際に、胸を股間に押し付けてくるのである。

 その名刺入れを巡って二人は出会い、それから毎週月曜日にサラリーマンは「痴漢防止のボディーガード」として、アイちゃんと満員電車に乗り合わせるようになる。だが、この男は女子高生を性被害から守ろうとする清廉潔白な人間ではない。むしろ逆で、アイちゃんを「独占できる」「憂鬱な月曜日の朝になくてはならない癒し」と考えてしまうふしだらな男なのだ。

 一方のアイちゃんはそんな男の下心も意に介さず、「もう一度名刺入れ落としてみます? それを私が拾えばまた元気に……」と誘ってくる挑発的な女の子。駅のホームで目を閉じて、ブレザーのボタンをサラリーマンに閉めさせるようなことまでしてくるのだ。


■痴漢被害者をバカにしている


 同作を巡って「痴漢を助長している」との指摘もネット上では散見されるが、妥当であろう。まず、日経新聞を購読している30代女性に読んでもらったが、彼女はこう憤った。

「痴漢をする男性は、女性が喜んでいると勘違いしていると聞きます。しかも、この『お兄さん』が興奮している相手は女子高生でしょう。こんな男性にとって都合の良い女性しか出てこないマンガの広告を、週初めに全面使って掲載する日経新聞には呆れました。朝刊が通勤時間に読まれるものだと分かっていたのでしょうか」

 彼女も胸が大きなことが理由で、学生時代によく痴漢被害にあったという。

「制服のブラウスがパツパツになってしまうんで、両面テープや安全ピンで止めていました。それでも、一部の男性はいやらしい目で見てくる。そういう過去の自分をバカにされている気持ちにもなりました」

 掲載誌の「ヤングマガジン」は、マンガ専門ニュースサイトの取材に「4月4日は今年の新入社員が最初に迎える月曜日です。不安を吹き飛ばし、元気になってもらうために全面広告を出しました」とコメントを出しているが、女性はこの文言にも不快感を示す。

「そりゃ、『ヤングマガジン』には女性読者は少ないのでしょうが、日経新聞は女性も読みます。私たちがどんな気持ちになるかちゃんと考えているのか疑問です」


■「キモい! それだけです」


 同作にはリクルートスーツをまとった新入社員も登場する。やはり胸が大きな女性で、「お兄さん」は職場や飲み会でずっと彼女の胸元ばかり見て興奮している。これも女性から「職場セクハラを助長する」と批判を受けかねない表現であろう。ほかにも、女子生徒に興奮する教師が登場。昨今、社会問題化しているわいせつ教師問題を想起させるが、そんなストーリー性より、やたらと目に飛び込んでくるのは、胸、胸、胸なのである。

 20代の女子大生にも読んでもらったが、彼女は冷静にこう語った。

「名作として知られる田山花袋の『蒲団』だってロリコンオヤジを描いたものですし、表現の自由が大事だというのはよくわかります。エロ本もセクシービデオも世の中にあっていいでしょう。でも、こういう表現が目に触れたら気分を害する女性が大勢いることを、日経新聞と講談社にはわかってほしい。仮に広告自体に問題がなくても、売ろうとしていた中身がこんなだと知ったら、不快に思う女性は多いですよ」

 そして、こう続けるのだった。

「女子がこの漫画を読んで思うのは、キモい! それだけです。そのようなマンガの宣伝は、なるべく私たちの目の触れないところでやってほしい。堂々と新聞で全面広告は違うと思う。エロ本って、家でこっそり楽しむものなんじゃないんですか」

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)