ロシア製核爆弾の原点、プーチンが最高の勲章を与えたスパイ「デリマル」の正体

ロシア製核爆弾の原点、プーチンが最高の勲章を与えたスパイ「デリマル」の正体

プーチン大統領

 日本の公安警察は、アメリカのCIA(中央情報局)やFBI(連邦捜査局)のように華々しくドラマや映画に登場することもなく、その諜報活動は一般にはほとんど知られていない。警視庁に入庁以後、公安畑を十数年勤め、数年前に退職。昨年9月に『警視庁公安部外事課』(光文社)を出版した勝丸円覚氏に、ソ連の核爆弾の開発に多大な貢献をしたスパイについて聞いた。

 ***

 2007年11月2日、ロシアのプーチン大統領は、その前年の1月に亡くなったジョルジュ・コワリに、国家の英雄に与えられる「金星勲章」を授与すると発表した。これは、ロシアでは最高峰の勲章である。

「コワリは日本では無名の人物でした。そこで当時、公安部外事1課の分析班がコワリのことを調べると、公安の古い世代など、ごく一部で彼の存在が知られていることが分かりました」

 と語るのは、勝丸氏。当時公安部外事1課に所属していた同氏は、ロシアを担当していた。

「第二次世界大戦中、アメリカは暗号名『マンハッタン計画』という原爆開発計画を立てました。コワリはこの計画の最高機密を入手し、原爆を開発中のソ連に伝えた大物スパイでした。コードネームは『デリマル』です」


■かけがえのない足跡


 プーチンは勲章授与を発表した際、コワリを「核兵器の開発という当時の最重要任務にかけがえのない足跡を残した」と絶賛している。

「2002年にロシアで出版された『GRUと原爆』という本にデリマルのことが紹介され、初めてその存在が明らかになりました。本名は隠されていましたが、プーチンが突然、金星勲章を与えたため、デリマルがコワリであることが明らかになりました

 コワリは1913年12月25日、アメリカのアイオワ州スーシティでユダヤ系ロシア移民の家庭に生まれた。アイオワ大学で電気工学を学んだ後、1932年、一家はソ連へ移住する。モスクワ化学工科大に入学し、大学院まで進んだ。

「第二次世界大戦中、GRU(軍参謀本部情報総局)の前身である赤軍参謀本部情報局が、ネイティブと同じ英語を話せるコワリをスカウトし、スパイ訓練を積ませた。そして1940年、アメリカに潜入させるのです」

 コワリは、アメリカではジョージ・コーヴァルと名乗りアメリカ人になりすました。

「米軍に徴兵されたコワリは、科学専門知識が認められ、ニューヨークのシティカレッジ(現ニューヨーク市立大学)に入り、放射性物質に関する研究に携わるのです」

 これがきっかけで、後に原爆開発に関わるようになった。

「1944年8月、彼はテネシー州オークリッジに派遣されます。ここには、マンハッタン計画では欠かせないウラン精製工場がありました。コワリは、当初被爆安全管理を担当しますが、専門知識が買われ、ウラン濃縮やプルトニウムの生産工程を研究するようになるのです。彼はそれらの生産工程を細かくソ連に伝えていました」


■ポロニウム210


 コワリは休暇のたびにソ連のエージェントに会って、原爆の機密情報を渡していた。

「1945年6月、コワリは米軍から信頼を得て、オハイオ州デイトンにある放射性物質ポロニウム210の精製工場に派遣されます。ポロニウム210は核分裂反応を誘発する物質で、原爆開発のカギとなるものでした」

 1945年8月、広島と長崎に原爆が投下直後、コワリは原爆の被害を調べる調査団のメンバーにも任命された。もっとも、調査団に人体への放射能への影響を調べる専門家を新たに入れることになり、コワリは最終的に来日しなかったが、米国からかなり信頼されていたことは間違いない。

「コワリは1945年12月から46年2月にかけて、アメリカは原子爆弾の誘発剤としてポロニウム210を使っていることを断続的に伝えました。これはソ連の原爆開発を飛躍的に前進させる最高機密情報でした」

 ちなみに、ウランの100億倍の放射能を発するポロニウム210は、プーチンが元KGB職員で反体制活動家のリトビネンコを2006年11月に暗殺させたときに使われた物質である。

「第二次世界大戦後米軍を除隊。その後ニューヨークに残ってソ連からの指示を受けスパイ活動を続け、1948年に帰国します」

 1949年8月、コワリの送った情報を基にして、長崎に投下された「ファットマン」のコピーを製造、ソ連は初めて核実験に成功した。

「その後、モスクワ化学工科大に戻って研究を続け、1953年から教鞭を執り、静かな余生を送ったそうです。彼はロシアの諜報機関に、スパイとして活動したことは死後まで公にしないように要請していました。そのため、ほとんどの人は彼の功績を知らなかったのです」

それにしてもプーチンは、なぜ2007年に突如、コワリを表彰したのだろうか。

「2007年に外事1課の分析班は、コワリを表彰した理由を調査しました。それによると、プーチンは、コワリのことがまだ一般には知られてなかったので、偉大な彼の功績を称えるために表彰したのです。アメリカを牽制するという政治的意味合いはなく、心の底からコワリへの感謝の念を示したかったようです」

 ウクライナ侵攻で核の使用をちらつかせているプーチン。彼にとってコワリは、ロシアのために尽くした英雄ということなのだろう。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)