〈知床観光船事故〉GWに同じコースを辿った50代観光客が証言する「寒さ」と「強風」

〈知床観光船事故〉GWに同じコースを辿った50代観光客が証言する「寒さ」と「強風」

楽しいツアーのはずが……

 北海道の知床半島沖で起きた観光船「KAZU 1」の遭難事故。発生から3日目となる4月25日には、新たに子ども1人の死亡が発表された。事故当日、観光船は乗客・乗員合わせて26人を乗せて斜里町ウトロを出港したが、これまでに救助された11人全員の死亡が確認されたことになる。このニュースを耳にして「背筋が凍った」と語るのは、2019年に家族で知床岬を巡るクルージングに参加した50代の男性だ。

「本当に驚きましたよ。事故が起きたのは私たち家族が3年前の4月28日に観光船で周ったのと全く同じコースですからね……。もし、あの時、海に放り出されていたら、私たちも無事だったとは思えません」

 この男性が乗船したのは事故を起こした業者である「知床遊覧船」の船ではなかった。だが、現地では、複数の業者が同じルートで観光船を走らせていた。ウトロ港を発って、知床岬までを往復する、それは定番のコースだった。

「GW直前に乗船予約をしたところ、現地のスタッフからは“こちらの気候は真冬と考えてください。防寒についてはフル装備でお願いします”と念を押されました。東京ではお花見シーズンも終わって、子どもたちが半袖で過ごすことも増える時期です。ただ、現地に着いて納得しましたね。ツアー前日には雪が降って、船が出航してくれるのかも危ぶまれたほどでした」

 翌日、どうにか雪がやんで、空は一転、雲ひとつない快晴に。観光船に乗り込んだ客は、誰もが冬物のダウンを着こんでいる。その上から係員の指示でみなライフジャケットを装着した。


■観光船が消息を絶った「カシュニの滝」


「私は股引を履いて、ホッカイロを幾つも貼っていましたが、それでも船がウトロ港を出て、海風に晒された瞬間、ブルっと震えが来ました。船は知床半島の断崖に沿って進み、ヒグマがよく出現するスポットや、山頂に雪を頂く知床三山などを巡って行きます。なかでも、ハイライトと呼べる名所が、高さ30メートルの高さから飛沫を立てて海に流れ落ちる“カシュニの滝”でした」

 今回、事故に遭った観光船「KAZU 1」は、このカシュニの滝周辺を航行中に連絡が取れなくなった。

「私が乗船したときは晴れ渡って波も穏やか。万事快調だったから気になりませんでしたが、滝近くの水面にはゴツゴツとした岩が顔を出していました。そりゃ、船があそこにぶつかったらひとたまりもないでしょう。しかも、手がかじかみ、陽が降り注いでいるのに空気は冷たい。海に放り出されたとして、冬物のダウンを着込んで岸まで泳ぐなんて不可能に近いと思います。遠く択捉島や国後島を臨む半島の北端に着くと、強烈な風に晒され、波のうねりに船があおられて立っていることもできない。揺れで気分が悪そうなお客もたくさんいましたよ。今回の事故当時は、波の高さがその時よりもはるかに高い3メートルと報じられているので、乗客はそもそも身動きすらできない状態だったと思います」

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)