「皇室貯金=税金」の取り崩しが始まる? 小室圭さんはビザが取得できない可能性も

小室眞子さんの暮らしは今も"ロイヤル仕様" 小室圭さんは就労不可で在宅の司法浪人も

記事まとめ

  • 小室眞子さんの夫・小室圭さんはニューヨーク州司法試験に再挑戦したが不合格となった
  • 眞子さんが『O−1ビザ』を取得し、圭さんがその配偶者ビザを得るなら就労は不可となる
  • 眞子さんは“一般人になりたい”と切望しながら、暮らしは今も“ロイヤル仕様”という

「皇室貯金=税金」の取り崩しが始まる? 小室圭さんはビザが取得できない可能性も

「やっぱり……」。一報に触れ、世間の多くはこうした感慨を抱いたことだろう。ニューヨーク州司法試験に再挑戦した眞子さんの夫・小室圭さんが、またしても不合格となった。夫婦が思い描いていた異国での暮らしは“方針転換”を余儀なくされること必至である。

 ***

 運命の合否は日本時間の15日未明、ニューヨーク州司法試験委員会のホームページ上で明らかにされた。

「ロースクールを修了して間もない7月の試験と比べ、働きながら勉強を続けて臨む2月試験は難しいと聞いてはいましたが……」

 そう話すのは、さる皇室ジャーナリストである。

「今回は全受験者3068人に対し合格者は1378人で、合格率は45%。昨年7月の試験は63%でした。小室さんのような“再受験組”は今回1610人いて、その合格率は30%だったので、こうした層が全体の数字を下げたともいえます」

 連日、夜まで仕事に追われていたという小室さんが3割に入り込むのは困難だったのかもしれないが、母校であるフォーダム大ロースクールの修了生に限れば、一昨年は90%以上が合格を果たしている。英語を母語としない人の合格率は米国人を大きく下回るとはいえ、やはり“連続不合格”は不名誉なケースと言わざるを得ない。まして「プリンセスの婚約者」をセールスポイントに新入生でただ一人、学費全額免除の恩恵に浴していたのだから、開いた口が塞がらないとはこのことだ。

■滞在ビザという現実的な壁


 小室さんは今回、渡米前に勤務していた法律事務所の弁護士に“5点足りず、無念でした。7月にまた挑戦します”と告げたという。国際弁護士という夢を追い続けるのはあくまで自由だが、そこには「滞在ビザ」という現実的な壁が立ちはだかることになる。

 ニューヨーク州弁護士であるリッキー徳永氏が言う。

「小室さんは現在、OPT(Optional Practical Training)というプログラムを使って滞在しているといわれています。これは大学や大学院を卒業後、1年間は習得した学業の分野で仕事ができる仕組みで、いわば1年限定の就労許可。ですが、遅くとも7月には期限が切れてしまうため、以降は別の資格を取得する必要が生じます」

■当選率は26%


 ビザについては、小室さんの勤務先の法律事務所「ローウェンスタイン・サンドラー」が、高度の専門知識が必要な職業が対象となる「H−1Bビザ」を申請するのではとみられてきた。同ビザの有効期間は3年間で、さらに3年の延長が可能。無作為の抽選によって申請の許否が決まり、今年10月から有効となる分の抽選が3月下旬に行われたばかりだが、当選率は26%と狭き門であった。つまり、晴れて司法試験に合格してもビザが取得できなければ元も子もないのだ。

 その一方で、

「H−1Bビザは、小室さんのような法務事務(ロークラーク)も法律分野の専門家として申請対象になるので、もし取得できれば安心して3回目の試験に臨めます。ちなみにパラリーガルは、米国では専門性を要する職業ではないため、このビザは取れません」(同)


■元皇族という“卓越した力”


 問題は、小室さんがH−1Bビザの抽選に漏れた場合である。先ごろ、眞子さんがセントラルパークの東端にあるメトロポリタン美術館(MET)で、無給ながら仕事に携わり始めたと報じられた。眞子さんは「配偶者ビザ」を取得しているとされ、従って就労は認められないわけだが、

「小室さんがビザを取得できない場合、反対に眞子さんがMETに就職してビザを取るケースも考えられます。その場合は『O−1ビザ』という、ある分野で卓越した上位数%の能力を持つ人が取得できるビザが想定されます」(同)

 例えばイチローや大谷翔平などが該当するとみられ、

「このビザには抽選枠がなく、申請して能力や実績が水準に達していれば許可されます。METに就職したからといってO−1ビザが取れるわけではありませんが、実際にはロイヤルファミリーであったことは有利に働くでしょう。移民局が審査する際、いかに米国の国益になるかを示せるかが重要になってくるのです」(同)

 ところで眞子さんがO−1ビザを取得し、逆に小室さんがその配偶者ビザを得た場合、就労は不可となり在宅の司法浪人となってしまう。いずれにせよ、元皇族という“卓越した力”を顕示されれば、米政府としても見て見ぬふりはできそうにない。


■「METでは明らかに見劣り」


 その眞子さんについて、

「METに職を得るといっても、正規のキュレーターへの道は難しいと思います」

 とは、現地の事情に詳しい人物である。

「眞子さんは学生時代に博物館学を修め、学芸員の資格を取得しているものの、最終的に博士課程を中退している。その上、実務経験不足は否めません。日本では東大の博物館の関連施設に週の半分ほど勤めていましたが、およそキャリアのうちには入らない。世界中から腕利きが集結するMETでは、明らかに見劣りしてしまうのです」

 先ごろ眞子さんは、METが所蔵する日本人画家の作品解説を手掛け、その文書は同館のホームページに掲載された。そうした活動の“後ろ盾”となっているのが、同館の日本美術キュレーターを務めるジョン・T・カーペンター氏である。眞子さんの解説文の翻案を担当した同氏は、歴代天皇の宸翰(しんかん)の研究者としても名高い屈指の日本通で、METには2011年から勤務している。

「カーペンター氏は1992年の夏、コロンビア大学の大学院生時代に来日し、学習院大で学びました。博士論文のテーマは『藤原行成と平安後期の和様書』というもので、その後はロンドン大学やドイツのハイデルベルク大学で講師を務め、09年から2年間、東大でも客員教授として教鞭をとっていました」(同)

 とのことで、

「ニューヨークにおける眞子さんの後見人としては、うってつけの人物といえます。眞子さんは遠からず、彼の専属スタッフという形でMETに入り込んでいくのではないかと見られています」(同)


■“後ろ盾”が来日


 実際にその“兆し”は昨秋、小室夫妻の渡米前からあったというのだ。

「昨年11月13日から今年1月16日まで、大阪市立美術館で『メトロポリタン美術館展 西洋絵画の500年』という特別展が開催されました。ゴーギャンやゴッホ、レンブラントなどの絵画が公開されたのですが、開催に先駆け、カーペンター氏が来日していたのです。アジア担当の彼が、なぜ西洋絵画展に同行するのかと、MET内部でも話題になっていました」(同)

 小室夫妻が日本を発ったのは11月14日。その前後、カーペンター氏は大阪で催された関係者のレセプションを除き、なぜか東京・六本木の宿泊施設に滞在していたという。

「慌ただしいながらも、出発直前の小室夫妻とコンタクトをとっていたとみられています。眞子さんはこの時、カーペンター氏の話に耳を傾けながら、異国での生活の青写真を描いていたのではないでしょうか」(同)

“無給のボランティア”であるにもかかわらず、身元保証人は世界に冠たる美術館の敏腕キュレーター。これこそ「ロイヤルパワー」と言うほかあるまい。


■今も「ロイヤル仕様」で


“卓越した力”は、これに留まらない。先だって本誌(「週刊新潮」)は、小室夫妻がニューヨークで暮らすにあたり、人知れず多額の公金が費やされる実情を報じた。あらためておさらいすると、夫妻の警備をニューヨークの民間警備会社に委託する案が浮上、その原資として外務省報償費、いわゆる「外交機密費」を充てるというプランが進行中なのだという。実際に、米国警備事情に詳しい警備会社に見積もってもらうと、元皇族ゆえ身代金目的の誘拐などに巻き込まれるリスクも想定し、自宅の常駐警備費なども計上したところ、月額費用で最大7千万円以上、年間で実に8億円超という金額が弾き出されたのである。

“一般人になりたい”と切望しながら、眞子さんの暮らしは今なお「ロイヤル仕様」で塗り固められているということになるのだ。

 前出のジャーナリストが言う。

「そもそも結婚が成就したのは、宮内庁や秋篠宮家に『小室さんの生活の基盤が整った』と認められたからでした。これは単に収入の当てではなく、弁護士になるめどがついたことを指していたのは明らかです。実際に前回7月の試験の後、小室さんは人を介して宮内庁の西村泰彦長官に“手ごたえはありました。大丈夫です”との感触を伝えています」


■3回目の受験までも警備費は公金から捻出


 いま振り返れば、それは自己採点による実にいい加減なものだったのだが、

「報告を受け、それまで重荷を背負い続けてきた西村長官はすっかり安心しきってしまった。ここから官邸側にも“うまくいきそうだ”と伝わり、事態は進んでいったのです。同時に、小室さんの甘い見通しは結婚反対を貫いてこられた秋篠宮さまも動かし、ご容認へと折れざるを得ませんでした」(同)

 皇室制度に詳しい小田部雄次・静岡福祉大学名誉教授は、

「小室さんは、眞子さんが結婚会見で口にした“海外に拠点を作ってほしい”との思いに応えて受験を続けているのでしょうが、残念ながら準備が整わず、実力も追いついていないのが正直なところでしょう」

 としながら、

「3回目も挑戦するとのことですが、その間も警備費は公金から捻出され、ビザの問題も不透明な形でクリアされていくのだとすれば、皇室特権というより非合法的な感じさえします。元はといえば、就職が決まっていない段階で渡米したこと自体が綱渡りだったのです。眞子さんにしても、建前では“一般人として生きたい”としながら、その後の言行不一致は明らかで、夫婦は袋小路に入り込んでしまった感が否めません」


■希望の職に就いても前途多難


 現在の小室さんの年収はおよそ600万円とされ、1億円といわれる眞子さんの「皇室貯金」を取り崩さなければ、物価高のニューヨークで家賃はおろか日々のやり繰りさえままならない。が、たとえ夫婦揃って希望の職に就いたところで、前途は多難だというのだ。

「弁護士とは、裁判に勝つためにあらゆる手段を使う職業です。時として“敵”を作ることになりますが、それは皇室のあり方とは決して相容れません。例えば小室さんが将来、日本企業の敵対的買収に関わることがあれば、国民は眞子さんをどう見るでしょうか。そのあたり、お二人とも何も考えていないのではないかと思われます。また眞子さんがメトロポリタン美術館に就職し、もし宮内庁所蔵の美術品が現地で展示されることになれば、“誰の財産だと思っているのか”といった批判の声は、当然上がるでしょう」(同)


■小室家のコントロール


 文字通り八方塞がりというわけである。加えて、私生活でも“軋み”が生じかねないと指摘するのは、東京家族ラボを主宰する家族問題コンサルタントの池内ひろ美氏である。

「お二人は、周囲からのバッシングがあればあるほど絆が深まる稀有な夫婦であり、今回、再び試験に落ちたことでいっそう関係は強まると思います。ただ、注意すべきは小室さんの母・佳代さんです。彼女にとって圭さんが弁護士資格を取得するのは人生の“あがり”の一つ。それがかなわないのは息子が原因とは考えず“眞子さんのせいで勉強時間が削られたから”と責任転嫁すらしかねません」

 もっとも、そうした不満を表に出すことはなく、

「子どもをつくるという大きな目的があるため、今まで以上に息子に協力するよう、眞子さんに促すはずです。小室さん母子は“悪いのは周囲で自分たちは正しい”という意識が特に強く、眞子さんには“圭の成功こそがあなたの成功につながる”“一緒に(バッシングする)メディアを見返そう”というふうに鼓舞するのではないでしょうか。佳代さんの熱量に触れ、眞子さんはますます小室家のコントロールを受けることでしょう」

 家族の歯車は、どこで狂ってしまったのだろうか。

「週刊新潮」2022年4月28日号 掲載

関連記事(外部サイト)