大阪・高槻「17歳高校生」が起こした凶悪事件に新事実 凶器に浮上した“自家製”筋弛緩剤

大阪・高槻「17歳高校生」が起こした凶悪事件に新事実 凶器に浮上した“自家製”筋弛緩剤

騒然とする事件直後の現場

 今年2月、大阪府高槻市で17歳の少年が引き起こした惨劇──。事件後、被害女性と容疑者の少年が相次いで命を落とし、事件の全容解明は暗礁に乗り上げたかに見えた。が、4月27日、大阪府警が被疑者死亡のまま書類送検に踏み切ったことで、知られざる事件の暗部が初めて明るみに出た。

 ***

 2月14日夕、高槻市内のマンション2階から“ぎゃー!”という女性の悲鳴が2度、響き渡った。通報を受け、すぐに駆け付けた警察官が目にしたのは、マンション通路で血を流して倒れる男女の姿だった。

 心肺停止の状態で見つかったのは柴田周子さん(40)と10代の少年。二人とも搬送後も意識不明の重体が続き、2月19日に少年が死亡。柴田さんも3月12日、低酸素脳症により亡くなった。

「事件現場からは警棒やナイフ、注射器などが見つかり、発見時、柴田さんは頭蓋骨骨折の重傷、少年も胸から血を流していました。柴田さんを襲撃後、少年はみずからナイフで胸を刺して自殺を図ったと見られています」(全国紙社会部デスク)

 その後の捜査で、少年が多数の“凶器”を準備したうえで、計画的に犯行に及んだことが明らかになる。


■しつこく迫られ、渋々交際


「柴田さんは現場マンションで高校生の娘さんと二人で暮らしていました。事件当日、少年は宅配業者を装ってインターフォンを鳴らし、応対に出た柴田さんがドアを開けると、無言で室内に押し入ってきた」(前出・デスク)

 少年が手に持っていた段ボール箱にはヤマト運輸のロゴが入っていて、服装もヤマトの宅配パートナーがよく着る黒のポロシャツ姿だったという。さらに段ボール箱には柴田さんの名前が書かれた伝票も貼られていた。

 制止しようとする柴田さんは少年と揉み合う形になったが、この時、室内にいた娘が異変に気付き、隙を突いて逃げ出したという。階下の住人に助けを求め、110番通報を頼んだのも彼女だ。

「少年と娘さんは中学の同学年で、卒業後、1か月ほど交際していた期間があったといいます。彼女の警察への説明では“前向きじゃなかったけれど、しつこく交際を迫られ、仕方なく付き合うことになった”という。別々の高校に進学した二人でしたが、別れてから犯行までの約2年間、“特にトラブルもなく、連絡も取っていなかった”そうです」(同)

 そのため、娘も当初は侵入者が元交際相手の少年とは分からなかったという。


■筋弛緩剤を注入


 捜査関係者を驚かせたのは、少年の段ボール箱からスタンガンに催涙スプレー、手錠やロープなどが押収されたことだ。少年が元交際相手を襲撃・拘束する目的で自宅に侵入したと見られている。

 そして書類送検に至る過程で浮かび上がったのが、少年の彼女に対する執着だったという。

「事件前、少年は友人を使って復縁を持ち掛けたが、娘さんは断ったそうだ。これが犯行の契機となったと見られているが、あまりに身勝手な動機というほかない」(捜査関係者)

 さらにその後の捜査で、現場に残された注射器から「筋弛緩剤」の成分が検出されたという。

「筋弛緩剤は体内での吸収が早いため、柴田さんに対する司法解剖では判然としなかった。しかし少年が柴田さんを襲撃した際、筋弛緩剤を注入したものと考えている。頭蓋骨骨折をもたらした打撲痕は少年が現場に落ちていた警棒で殴打したものと見られるが、それが致命傷に至らなかったことも分かった。代わりに、柴田さんの死因は筋弛緩剤だったとみられている」(同)

 筋弛緩剤の入手経路については不明で、少年が自分で“製造”した可能性も捜査当局は捨てていないという。


■送検後に不起訴


 書類送検となっても、被疑者が死亡しているため、不起訴となる公算だ。

 それでも残された遺族にとって、事件に一つの区切りが付くことを期待する声は多い。

「挨拶しても俯いて会釈するようなシャイな女の子だったけど、お母さんとは仲が良さそうでした。だから、彼女が負った心の傷が心配でなりません。犯人が死んでいるので、罪を償わせることもできず、無念で悔しい思いをしているでしょう。それでも高校卒業後は進学する予定と聞いていたので、これを機に一歩前に踏み出してくれることを切に願います」(近隣住民)

 事件後、柴田さんの娘は母と肩を寄せ合って暮らした現場マンションから引っ越している。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)