“性加害”を告発された「ナイルレストラン」 被害女性も困惑「セブン-イレブン」コラボの顛末

“性加害”を告発された「ナイルレストラン」 被害女性も困惑「セブン-イレブン」コラボの顛末

G・M・ナイル氏

 芸能人や映画監督などの「性加害報道」が話題になる中、カレーの名店として名高い「ナイルレストラン」2代目オーナーG・Mナイル氏による「性加害」も思わぬところへ波紋を広げている。

※性的暴力に関する記述が含まれます。

 ***

「ナイルレストラン」は東銀座の歌舞伎座に近く、歌舞伎役者御用達としても知られる。最近ではセブン-イレブンでコラボ商品が販売されるなど、東京を代表する人気インド料理店である。

 一報を報じたのは「週刊新潮4月21日号」。被害を告発したのは、幼い子どもを持つ40代女性・山田沙耶香さん(仮名)である。経緯を駆け足で説明すると、二人が出会ったのは12年ほど前、歌舞伎好きの山田さんがナイルレストランを訪れたことがきっかけだった。市川海老蔵襲名公演に出演するなど、歌舞伎に造詣が深いナイル氏から話しかけられ、情報交換をするようになったのだ。そして、山田さんが妊娠・出産を経た2020年10月、二人で食事をすることになり、自宅に誘われる。

 山田さんは「おじいちゃん孝行の思いで……」「久しぶりの友人との再会」のつもりだったが、こともあろうにナイル氏は自宅で豹変。山田さんの服と下着をめくりあげ、抵抗すると、電気を消し、無理やり胸をなめてきた。さらに、ズボンの上から股間まで触らされたのだ。さらに、

「昔は生娘と思っていたから、こんなことできなかったんだよ」

 などと放言。あまりの出来事に後日、所轄の警察署に被害届を提出。同じ年の12月に受理され、強制わいせつ容疑で捜査が行われた。ナイル氏は昨年7月に書類送検され、いまは検察で捜査が続いている。

 一連の経緯をナイル氏に訊くと、

「あれは事件でもなんでもないですよ。でっち上げ」
「ちょっとイチャイチャして、オトナの男女ならよくある話でしょ」
「彼女が金目当てなんじゃないかと思っているの」

 などと誠意の感じられない言葉を重ねるばかり。それらの事実が報じられると、三代目オーナーであるナイル善己氏が4月15日、謝罪文をツイッターで発表。

「G・Mナイルは弊社取締役に名前を連ねておりましたが、レストランにおける調理や経営には一切関わっておりません。(中略)お客様並びに関係者の皆様を動揺させる形となり大変申し訳ございませんでした」

 として、有限会社ナイルの取締役だったナイル氏を解任する騒動に発展した。これに対し山田さんは、

「本当に経営に関わっていなかったのか疑問です。被害届が受理され、向こうから示談の申し入れがあったのですが、その際、ナイルさんの弁護士はナイルさんが歌舞伎座の公演に出たりして、お店を宣伝することを“レストラン経営の根幹”と主張されていた。彼の宣伝があってこその経営だったのではないかと思いました」


■コラボの際は事前通知を希望していたが…


 さらに、反響を呼んだのはセブン-イレブンでのコラボ商品が販売中だったことだ。店頭にはナイルレストラン監修の「ナイルチキンカレー」「チキンマサラ」「チキンカレーおむすび」などが並んでいて、看板なども設けられていた。14日配信の週刊女性PRIMEの記事によれば、コラボ商品の中止についてセブン-イレブンの広報に尋ねると、こう回答があったという。

《報道があったことは把握しております。現在、担当部署を通じて事実確認をしておりますので、それ以上のことはお答えできません》

 その後、セブン-イレブンのHPでコラボ商品を紹介するページは削除され、店頭でのフェアも終了。

 当の山田さんは困惑を隠せない。

「セブン-イレブンさんは関係ないので、申し訳ない気持ちもあります。ただ、実は示談交渉の過程で、他の企業などとコラボする際は事前に教えていただけないかという要望はしていたんです」

 山田さんが希望していたことの一つが、

「以前に、とあるスーパーマーケットがナイルレストランとのコラボ商品を発売した際に、店頭で商品が目に入ったり、店内放送で店名を聞いたりしただけで被害時の様子が脳裏に蘇ったことがあったんです。日常的に使っていたスーパーだったので、避けようにも避けられませんでした。そこで、示談交渉の中で、ナイルさんがお店の宣伝活動を行うことについて一定程度、自粛していただけないかとお願いをしていたのです。例えば、コラボをする際に、事前に通知をしていただく、などでした。そうすれば、商品が置いてある店舗を私が避けることができますから」

 しかし、そうした要望は一顧だにされず、示談は決裂してしまう。ナイル氏サイドは“事務所や家族に知られたくない”“被害届を取り下げてほしい”との一点張りだったという。

 当然、今回のセブン-イレブンの件も山田さんは事前に知る由もなかった。

「そうした私からのお願いを、先方は完全に無視し、回答すらありませんでした。ナイルさんに誠意ある対応をしていただけなかったことが残念でなりません」

 そして、こう心情を吐露するのだ。

「私は、当時も今も、慰謝料はおろか、事件がきっかけで通った心療内科の治療費も請求していません。向こうから金銭の提示はありましたけど、丁重にお断りしました。それなのに今回、“金目当て”だなんて言われてしまって、これではセカンドレイプではないですか……。あの事件の後、PTSDと診断され、子どもとどう接していいかわからなくなってしまい、家族関係もギクシャクしてしまったんです。全く納得いきません……」

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)