行方不明女児との関連は? 山梨・道志村山中で発見された「子供の骨」をめぐる“3つの謎”

行方不明女児との関連は? 山梨・道志村山中で発見された「子供の骨」をめぐる“3つの謎”

現地で報道陣の質問に答える美咲さんの母親(4月28日)

 4月23日、山梨県道志村の山中で人骨の一部が発見されて以降、メディアの報道が過熱している。2019年に起きた小学一年生女児の行方不明事件との関連に注目が集まっているためだが、そこにはいまだ解けない“謎”も横たわっている。

 ***

 子供とみられる頭蓋骨の一部が見つかった現場は、19年9月、小倉美咲さん(当時7歳)の行方が分からなくなったオートキャンプ場から約600メートル離れた林道近くの沢だった。

 美咲さんの母親であるとも子さんも28日、現地を訪れ、集まった報道陣を前に「無事に帰ってくることを信じている」と話し、改めて情報提供を呼び掛けた。

「ボランティアが発見した骨は、子供の後頭部の一部とみられ、新しい骨でなく、数年経った状態のものでした。山梨県警は現在40人態勢で周辺を捜索していますが、現場近くで美咲さんが履いていたものと酷似した運動靴がひとつ見つかっただけで、他の部位の骨や遺留品などは発見されていません」(県警詰め記者)

 現場は美咲さんが行方不明になった当時、すでに山梨県警が捜索を行ったエリアだ。その場所から、なぜ今、人骨が見つかったのか?


■遺体は離れた場所に?


「雨や風などの自然現象が重なって、たまたま地面から露出する形になり、ボランティアの目に偶然、留まったと考えるのが最も合理的です」

 と話すのは、19年当時に現地に入って取材をし、28日にも現場を訪れた元神奈川県警刑事で犯罪ジャーナリストの小川泰平氏だ。

 さらに小川氏は、発見が“なぜ、あの場所だった?”の謎についてもこう指摘する。

「周辺から他の骨や衣服などがなかなか見つからないことから、遺体のある場所は別とも考えられます。現場は険しい山中にあり、大雨でも降れば、離れた斜面上方から流されて辿り着く可能性もある。急峻な地形を考えれば、他の骨や遺留品を見つけるために広範囲にわたる捜索を行う必要があるかもしれません」(同)


■誰の骨なのか?


 骨が見つかったのは、美咲さんが最後に目撃された場所からは反対の方角に位置する。キャンプ場で友人を追いかけてひとりで近くの沢に向かっていく姿が確認された後、美咲さんの行方は杳として分かっていない。

「発見現場の周辺はアップダウンの激しいところで、ゴツゴツした岩も?き出しになっているなど、大人でも足元を見ながら歩かないと危険な場所です。また木々が林立し、同じよう風景が続くばかりのロケーションなので、もしも子供が迷い込んだら戻ってくるのは難しいでしょう」(同)

 残された最大の謎は“誰の骨なのか?”という点だ。

 すでに発見された骨は山梨県警によってDNA鑑定が実施されている。

「髪や血液などと違って、DNA採取が難しい骨での鑑定のため、結果が判明するのに1週間以上かかる可能性があります。ただ時間は要しても、美咲さんのヘソの緒や乳歯が警察に提供されているので、美咲さんの骨か否かの判別は可能と思われます」(同)

 仮に美咲さんのものでなければ、別の事件の可能性が示唆されるため、山梨県警にとっては新たな試練に直面することを意味する。

「母親のとも子さんが県警に対して“骨の発見現場をこの目で確認したい”と申し出たのですが、誰の骨か分からない現状下ではとも子さんであっても“第三者”となるため、現場に足を踏み入れることは県警によって許可されませんでした」(前出・記者)

 事態の推移を多くの関係者が固唾を飲んで見守っている。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)