実験が明らかにした「オンラインの会話では共感が起きない」 原因の一つは「視線のズレ」か

実験が明らかにした「オンラインの会話では共感が起きない」 原因の一つは「視線のズレ」か

川島隆太教授

 未曾有の疫禍によって我々にもたらされた“恩恵”、それは何よりもリモートの活用だったのではないか。だが、利便性の裏には常にリスクが潜んでいるもの……。新時代を問うシリーズ「ポスト・コロナ」論。オンラインコミュニケーションの欠陥に警鐘を鳴らす。

 ***

 人は易(やす)きに流れる。

 残念ながら、人間はこの性(さが)から逃れることはできません。楽な環境に身を置き、慣れてしまうと、人は衰え、次第に越えられるハードルが低くなっていきます。昨日越えられたハードルが今日は越せず、今日は越えられていたのに明日は越せない。それは脳に関しても同様で、使わなければ能力は減退していきます。

 Use it or lose it.

 使うか、さもなくば失うか。

 今、私たちはコロナ禍において、まさに楽をしているといえます。

〈こう警鐘を鳴らすのは、東北大学加齢医学研究所所長の川島隆太教授だ。人間の脳の働きを調べる「脳機能イメージング研究」の第一人者である川島教授は、大ベストセラーとなったゲームソフト「脳トレ」の監修者として知られる。

 かねて、SNSやスマートフォンによる脳機能への弊害を指摘してきた川島教授は、現在、「コロナ禍におけるコミュニケーションの現状」に強い危機感を覚えているという。

 オンラインコミュニケーション。

 未曾有の疫禍に見舞われた私たちの社会は、オンラインによるコミュニケーションに頼ることで感染リスクを避ける道を選択した。しかし同時に、我々は別のリスクを背負うことになった。そのリスクに、あまりに無自覚ではあるまいか。川島教授は、それを可視化する実験を行い、「もうひとつのリスク」に目を向けるべきだと説く。〉


■オンラインでは共感が起きない


 オンラインコミュニケーションの特色とは何か。それは何をおいても楽なことです。肉体の移動を伴わずにコミュニケーションが図れるのですから、これに勝る楽さはありません。

 そして対面コミュニケーションであれば、実際に人と接することでさまざまな刺激を受け、脳が働きますが、オンラインコミュニケーションの場合、刺激が少なく、脳の一部しか働かない。この点でも“楽”だといえます。しかし、その楽さを得るために、私たちは決して小さくない代償を払っているのです。

 コロナ禍が始まっていた2020年6月頃、オンラインと対面とでは、「コミュニケーションの質」がどう違うのかを実証するために、私たちは脳活動を測定する緊急実験を行いました。具体的には、「5人一組」×「5組」の計25人に、それぞれオンラインと直接対面での会話を行ってもらい、その間の脳の働きを解析したのです。

 まず同じ学部の同性の学生を5人一組として、実験開始前にインタビューを行い、それぞれどんなことに興味・関心があるのかを尋ねました。例えば、その5人の共通項が「映画好き」だとすると、「好きな映画について話してください」と、全員で盛り上がれるようなテーマを設定し、自由に会話を楽しんでもらうシチュエーションを用意する。そうした状況で、5組それぞれにオンラインと対面の両方で会話をしてもらったところ、次の結果が得られました。

 オンラインの会話時には起きなかった「脳の同期」が、対面の会話時には有意に見られる。

 これはすなわち、対面で会話するとお互いに「共感」するのに対し、オンラインでの会話ではそれが起こらなかったことを意味します。


■心と心がつながらない


 今回の実験は、脳の血流の変化を測定するNIRS(近赤外分光法)と呼ばれる方法で行いました。そのために用いたのが、私がCTO(最高技術責任者)を務める、東北大と日立ハイテクが出資して設立した大学発ベンチャー「NeU」が開発した「HOT−1000」という超小型脳計測装置です。

 脳のある部分が活発に働いている場合、当然、エネルギーが必要になるのでそれを供給するためにその脳の部分の血流量が増えます。

 文字通り赤い光である近赤外光で脳を照らすと、ほとんどの光が血液中の赤いヘモグロビンに吸収されてしまいます。しかし、ごく一部の光は反射して戻ってくる。脳のある部分が活発に働いていると、そこに送られるヘモグロビン量(血液量)が増えるので、その分、光が吸収され、反射光の量は減少します。つまり、反射光が少なければ少ないほど、その脳の部分は活発に働いていることになるわけで、HOT−1000はその反射光を感知、測定するのです。

 そして実験では、人が「他人と共感できている」と感じる時に脳の中で活発に動く三つの部分のうち、額の生え際の下にあり髪に隠されていないため反射光を感知しやすい、背内側前頭前野に近赤外光をあててみました。

 その結果、対面会話時は、背内側前頭前野からの反射光量が変動する周期が5人で重なっていた。5人の反射光が変動するタイミングが一致し、「脳の同期」が起こっていたのです。それに対し、オンライン会話時はその周期が重ならないことが分かりました。対面会話時はお互いに共感していたのに比べて、オンライン会話時は共感できていなかったわけです。簡単に言うと、心と心がつながらなかったと言えるでしょう。


■「人と接触しているのに孤独」という矛盾


 そうしたオンラインコミュニケーションを多用し続ければ、「人と接触しているのに孤独」という矛盾した事態が起きることが予想されます。今回の実験結果で改めて、オンライン会話時には心と心がつながりにくいことが脳活動のレベルで実証されたわけですが、この結果は、すでにみなさんが、心のどこかで実感済みだったのではないでしょうか。

 Zoomでも何でも、オンラインでの会話は、非常に表面的な情報のやり取りに終始し、相手に寄り添って気持ちをくんだり、本音を引き出すのが難しいと感じたことがあるはずです。

 私自身も、オンライン講演の機会が増えていて、そこで感じるのは「場の空気」が読めないという感覚です。聴衆と直(じか)に接することができるリアルな講演だと、私の話が理解されているのか、それとも飽きられているのかが肌で感じ取れ、話し方や内容を変えたりすることができます。ところがオンラインの場合だと、聴衆にどれだけ伝わっているのかがどうしても分からない。

 また、オンラインでは友好を深めるとっかかりが難しい。東北大のある仙台に来ていただき対面取材を受けた場合、話が盛り上がって「この後、ちょっと飲みに行きましょうか」となり、友だち関係に発展することは大いにあり得ます。しかし、オンラインで取材を受けた後に、「今度、一杯」となることはなかなか想像しがたい。日程の都合によりオンライン取材となった今回の週刊新潮の記者さんとも、残念ながら飲みに行く機会は訪れなそうです。


■顔の表情と言葉の間のズレ


 では、なぜオンラインコミュニケーションだと脳は同期しないのでしょうか。

 コミュニケーションにおいて、大事な役割を果たすのは「視線」です。お互いに視線が合っているか否か、それはお互いに注意を向け、関心を持っていることを示す最も大きなサインです。これは「人間らしいコミュニケーション」ともいえます。動物だと、視線を合わせることは相手を「襲おうとしている」サインになりますが、人間だけは「自分に興味を持ってくれている」と善意に解釈する。

 この人間らしいコミュニケーションの大事な要素である視線が、オンラインだとどうしてもずれてしまいます。画面上に映る相手の目を見ようとすれば、自分を撮っているカメラから視線を外すことになる。逆にカメラを見ると、相手の目は見られない。つまり視線は合わない。ゆえに脳は同期しない。

 また、オンラインコミュニケーションの「遅延」も、脳の同期が生まれない大きな原因ではないかと推測しています。現状のオンラインのコミュニケーションでは、どうしても画面に映る顔の表情と言葉の間にズレが生じます。


■まるで「気持ち悪い紙芝居」


 私たちは、意識の上ではオンライン画面に映る動画を、文字通り動画として認識しています。しかし脳内では、全部コマ送りの画像として捉え、それをつなぎあわせているに過ぎません。言ってみれば、「超高速紙芝居」のようなものです。

 したがって、視覚情報と聴覚情報の間に時間の誤差が生じるオンラインコミュニケーションは、例えるならば、紙に描かれた絵の内容とセリフが合っていない、極めて気持ちの悪い紙芝居といえます。この気持ち悪さを私たちが意識することのないよう、脳はうまく調整してくれているのですが、脳自体はその気持ち悪さを敏感に感じとっている。このことも、脳の同期を阻害しているのだと思います。


■本当の意味でコミュニケーションと言えるのか


 もっと技術革新が進めば、超高速通信が実現し、オンラインとリアルなコミュニケーションに速度上の差がなくなって脳にズレを感じさせなくなることが可能になるかもしれません。しかし、現在の技術では不可能であり、オンラインコミュニケーションで脳は「気持ち悪い紙芝居」を見せられ続けているのです。

 こうした弊害を伴うオンラインコミュニケーションが、対面のコミュニケーションと同等、あるいはそれ以上に重視・重宝されることによる長期的な悪影響について、今のところ科学的知見はまだ出ていません。なにしろ、今のオンライン重視の風潮は、コロナによってもたらされた新しい事態です。その結果が分かるのは5年後、10年後になるでしょう。

 とはいえ、心理学で言うラポール(相互信頼関係)形成が難しくなることは容易に推測できます。お互いに信頼を置けず、猜疑心をもって接するようになれば、今以上にギスギスした社会になる危険性がある。そもそも、相互信頼関係に基づかず、先に触れた「人と接しているけど孤独」という矛盾を引き起こしかねないコミュニケーションを、本当の意味でコミュニケーションと言えるのかどうかも疑わしいのではないでしょうか。


■子どもたちへの影響は


 とりわけ、今回の実験結果を踏まえた上で心配されるのは教育における影響です。ビジネスにおいての情報伝達であれば、弊害のあるオンラインコミュニケーションでも問題はないのかもしれません。しかし、家族間や教育など、質の高いコミュニケーションが必要とされる場においては、脳の同期が起きないオンラインコミュニケーションは非常に危険です。発達期の子どもにおいては、コミュニケーションが極めて重要な意味を持ちます。そして人間形成において極めて重要な教育とは、良質なコミュニケーションの上にこそ成り立つものだと私は考えています。

 教師と児童、また児童と児童。いずれの関係においても、脳の同期が期待できないオンラインコミュニケーションが教育現場の基本となってしまった場合、その影響は計り知れないものになる恐れがあります。少なくとも、現時点でオンラインに重きを置いた教育が子どもたちに好影響をもたらすことは実証されていません。むしろその逆です。


■子どもたちを使った「人体実験」


 現在、小中学校の児童生徒に1人1台の学習用端末を配るGIGAスクール構想が進められています。しかし、OECD(経済協力開発機構)の国際学力調査PISAによれば、学校にコンピューターが配置されればされるほど子どもの数学の成績は下がるという相関関係が見られます。国語の読解力においても、授業中のオンライン使用頻度が高いほど成績が下がっている。

 こうした負の面が指摘されている一方、教育の場においてオンラインを多用することの「楽さ」以外のメリットを示す客観的なデータは存在しません。にもかかわらず、国はGIGAスクール構想を大々的に進めている。これは、未来のある子どもたちを使って壮大な「人体実験」をやっているに等しい。空恐ろしいことではないでしょうか。

 オンライン教育化が進むコロナ禍で多感な時期を過ごした子どもたち。将来、彼らに「ゆとり世代」ならぬ「コロナ世代」とレッテルを貼られるような“後遺症”が出ないことを願うばかりです。


■「不信の社会」


 ここまで見てきたように、一方にはオンラインが社会全体にもたらすコミュニケーション障害というリスクが存在する。そして他方には感染リスクがある。現在、後者のリスクの前で前者のリスクが顧みられることはありません。しかし、もちろんオンラインコミュニケーションによるリスクそのものが消えてなくなったわけではなく、ただ見ようとしていないに過ぎない。本来は、両リスクのどちらをどれだけ重視すべきなのか、社会的な合意が必要だと思うのですが、議論にすらなっていません。

 ポストコロナ時代は、リアルな対面コミュニケーション重視に戻るべきだと思います。そうでなければ、人類が進化の過程で獲得してきたラポールに基づくコミュニケーションによって社会を形成していくことが難しくなるでしょう。そこに待ち受けているのは相互信頼関係が衰えた「不信の社会」かもしれません。

 このまま楽なオンラインコミュニケーションにどっぷりと浸かり続けるとどんなリスクが待っているのか、冷静に考えるべき時期に来ていると思います。今一度、人間の真理としっかりと向き合うべきでしょう。

 人は易きに流れる。そして……。

 Use it or lose it.

川島隆太(かわしまりゅうた)
東北大学加齢医学研究所所長。1959年生まれ。東北大学医学部卒業。スウェーデン・カロリンスカ研究所客員研究員等を経て現職に。専門は脳機能イメージング。『現代人のための悩鍛錬』『さらば脳ブーム』等の著書がある。前頭前野を活性化させる「脳トレ」の問題集やDSソフトを監修し、大ベストセラーに。

「週刊新潮」2022年4月28日号 掲載

関連記事(外部サイト)