増える「ぼったくり」お葬式 コロナのデマで25万円上乗せ……現役葬儀社社長が明かす業界事情

増える「ぼったくり」お葬式 コロナのデマで25万円上乗せ……現役葬儀社社長が明かす業界事情

近年縮小の傾向が進むお葬式

 家族や友人など、生前交流があった人が一堂に会して故人をしのぶはずのお葬式は、家族葬の流行などで近年形を変えつつある。特にコロナ禍で、感染防止のために大人数で集まることが憚られるようになってからは、ますます縮小の傾向が強くなっているという。都内で葬儀社「佐藤葬祭」を営む佐藤信顕代表に、最近の葬儀事情について聞いた。


■葬儀にまつわるデマ


 新型コロナ流行初期には、未知のウイルスに関する真偽不明の情報がネット上に溢れた。2020年3月、医師を名乗るTwitterユーザーが投稿した新型コロナの流行で死亡者が急増していることを示唆するツイートが話題になった。

〈火葬場が、いつもの2割増しくらいで忙しい、と聞きました。何故でしょうね?〉

〈これは、関係する部署に勤めていらっしゃる方から伺いました。毎日の件数が多いそうです。一ヶ所だけの話なので、全国的に同様なのかは、分かりません。もし、亡くなる方が増えているなら、原因は何でしょうね?〉

 これに対し、〈リアルにコロナデマの流れが、まるっきり放射能デマと同じ様子になってきました。死者数もふえていませんし、不審死も増えていません。火葬場の混み具合も普通です。現場の葬儀屋のおじちゃんが保証しますから安心して下さい。〉といち早く否定したのが、佐藤葬祭代表の佐藤信顕氏である。

「新型コロナが流行し始めてからは、葬儀にまつわるデマが増えました。葬儀の現場を知る者で、ネットで顔と名前を出して情報を発信する人がほとんどいないというのも、デマが増えた原因の1つではないかと思います」(佐藤氏)

 上記のツイートが投稿された当時の報道を確認すると、3月20日の都内の感染者は1日あたり11人で、死亡者は1人だった。

「その頃は死亡者が少なく、まだ我々の葬儀社で新型コロナに感染した方を担当したことがなかったほどで、当然火葬場も通常通り運用されていました」(同)


■火葬まで数日待ちはあった


 他にも“ワクチン接種で多数の死亡者が出ており、都内の火葬場は数週間待ちの状態になっている”といったデマもあった。

「ワクチン接種が原因だとするのはデマですが、確かに昨年の夏ごろ、都内で死者が数十人出て医療がひっ迫していた時期には、すぐに火葬できず、数日間待たなければならない状況になったことはありました」(同)

 コロナ感染者の火葬が出来る斎場が限られていることが理由だという。

「都内では、臨海斎場、瑞江葬儀所、落合斎場、戸田葬祭場の4か所で、コロナ感染者の火葬が出来ます。さらにそれらの斎場の中でも、コロナ感染者を火葬する枠というのが限られており、1日あたり20体くらいが23区のキャパシティです。ただご遺族の中には『自宅から近い斎場が良い』といった希望を持つ方もおり、どうしても偏りが出てしまいます。そうした中で、火葬まで数日待たなければならないという状況があったのは事実です」(同)


■50万円、77万円などの高額請求


 もう1つコロナ禍で増えた問題に、葬儀の高額請求トラブルがあるという。

「新型コロナ感染者の葬儀をする際に、通常よりかなり高額な費用を請求する業者が増えています。実際に私のところに相談が来たケースでは、葬儀社から50万円の費用を請求されたという話がありました。通常は25万円くらいの費用で済みますから、その差額はどこから来たのか、詳細な内訳を聞くべきだとアドバイスしたんです」(同)

 感染者の葬儀では、遺体を非透過性納体袋に入れなければならず、作業する職員は防護服を着用したり、消毒作業を行ったりするなど、通常の葬儀に加え別途費用が必要な部分はあるそうだ。

「とはいえ、必要な装備の実費に利益を載せたとしても、数万円以内には収まるはず。実際にこの方が業者に費用の内訳の説明を求めたところ、業者は答えることを渋った末に、最終的には25万円でいいですよと言われたそうです。他にも病院からご遺体を運んで火葬だけするプランで、77万円を請求されたというケースも聞きました。こういった話はそこらじゅうであるようです」(同)


■「是非確認を」


 佐藤葬祭でもコロナ感染者の葬儀を行う場合は、感染防止に細心の注意を払って作業をするという。

「感染対策のためには装備が必要で、別途費用が掛かるのは仕方がありませんから、何も費用が高いのがおかしいと言っているわけではありません。お金が掛かるのなら、その内訳を説明し、ご遺族が納得した上で話を進めましょうと言っているのです。コロナに限らずどんな感染症があるか分からないので、普段からご遺体に触れるときは、素手で作業はせず、体液に触らないというルールがあります。コロナ感染者のご遺体は納体袋に入れる上に、会話をしたり咳をしたりして飛沫が飛ぶことはありませんから、感染者の方と接するのと同程度ほどの装備は必要ないのではないかと思います」(同)

 その上で、「感染対策費用」などの名目で請求があった場合には、詳細を確認してみるべきだとアドバイスする。

「もともと葬儀関連は料金体系が不明瞭で、ぼったくりをしている業者が問題になることが度々ありました。特に感染者が今ほど多くない頃は、新型コロナで亡くなったということを周りの人に知られたくないと考えるご遺族も多かったです。だから、葬儀代のことを相談することも出来ず、業者に言われるがままに必要以上に高額な費用を支払ってしまったという人は多かったことでしょう。葬儀の準備をするときはご家族が亡くなられたばかりで混乱していると思いますが、是非業者に確認してみてください」(同)


■葬儀の簡略化


 高額請求が増えた背景には、葬儀業者のこんな厳しい実情があるという。

「感染のリスクがあるので、葬儀で大人数が集まることが難しくなっています。人が少ないなら祭壇は小さくして、『通夜振る舞い』で食事をする場を開かずに簡単に済ませてしまうことが増えました。不景気の影響で葬儀を簡略化する流れは以前からありましたが、コロナ禍がそれを一気に後押ししてしまい、葬儀社はどこも懐が厳しい状況です。とはいえ、説明も無しに高額請求をするのは、同業者としてありえないと思います」(同)

 また、そもそも葬儀を行わないケースも増え、遺族間のトラブルに発展することもしばしばあるそうだ。

「高齢の兄弟はどうせ集まれないから、と亡くなったことすら知らせもしない人が増えています。喪中はがきが来て初めて知って、どういうことだと怒ってトラブルになったということも聞いています。これまで通りの形は難しいとしても、事情に合わせて様々な形で故人を弔うことは出来ます。葬儀は、これまでの歴史と共にブラッシュアップされて今の形になっているのですから、大した意味合いは無いように感じたとしても、簡単に省略してしまえばいいといったものではありません。儀式の通りに弔うということも、非常に大事だと思います」(同)

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)