「NGT48騒動」報道でトラブル発生… 元記者が直面した「NHK幹部」の“超”無責任体質

「NGT48騒動」報道でトラブル発生… 元記者が直面した「NHK幹部」の“超”無責任体質

当時、渦中の人となった山口真帆さん

 2019年に明るみに出た「NGT48騒動」は大きなニュースとなった。元NHK記者の大和大介は、当時、新潟局で取材にあたった当事者である。そこで感じた「NHK幹部の無責任体質」とは――。

※本稿は、大和大介『元記者が証言するNHK報道の裏側―NHK受信料は半額にすべき』(展転社)の一部を再編集したものです。

 ***


■“NGT騒動”で感じた幹部の無責任体質


 平成31年1月9日、NGT48の山口真帆さんが、突然、SNSで「先月、公演が終わり帰宅時に男2人に襲われました。暴行罪で逮捕されましたがもう釈放されてしまいました」と投稿し、ネット上で大騒ぎとなった。NHKにはこうしたネット上のSNSに流れる情報を24時間、ウォッチするチームがあり、ニュース性の高いネタをキャッチすると即座に現地局にメールで情報を送る。このチームからの情報が新潟局に送られ、NHKはいち早く山口さんの自宅にファンの男2人が押しかけ、暴行の疑いで逮捕されたあと不起訴となって釈放されたとのニュースを流した。

 トップアイドルのAKB48の姉妹グループでもあるNGT48をめぐる騒動は全国的に注目され、連日、ワイドショーで取り上げられた。グループを運営する東京の会社、AKS(当時)の対応が後手に回ったことで同社への批判も高まり、NGT48のメンバーが出演する地元のテレビCMが打ち切られるなど波紋は広がった。


■東京の報道局部署は「パイプがないので協力できない」


 こうした芸能界をめぐるネタに実はNHKや全国紙は意外と弱い。このケースはAKSが東京に所在するという事情もあったが、在京の民放のように日頃からワイドショーや歌謡番組を通して芸能事務所と密接な関係を築いていないからだ。もちろんNHKにも歌謡番組はあるが、担当する制作部署と報道局とは別会社のような距離があって意思の疎通はほぼない。当然ながらNHK新潟局の取材は難航した。本来なら東京の報道局で芸能ネタも扱う科学文化部などがフォローしていい事案だが、相談したところ、「AKSとはパイプがないので現地局で頑張ってほしい」と説明され、全く協力を得られなかった。


■AKSとの橋渡しを務めた大物プロデューサー


 このとき新潟局にとって救世主的な存在が現れた。過去に紅白歌合戦のプロデューサーも務め、AKSや秋元康氏と太いパイプを持つNHK関連会社に籍を置くベテランのIプロデューサーだ。

 遡ること2年。毎年行われていたAKBグループの総選挙でNGT48の荻野由佳さんらが初めてベスト10に入る躍進を見せた際、私が新潟ローカルの番組で特集として取り上げたのがきっかけだった。当時の新潟局にAKBとのパイプがあろうはずもなく、BS放送でAKBの番組を制作していたIさんに映像提供の橋渡しをしていただいた。それ以来、全く連絡を取ったこともなかったので、それこそ虫のいい相談だったが、取材が難航する中、Iさんに連絡したところ、二つ返事で協力していただけることになった。

 このサポートがなければNHKのNGT48報道は惨敗だっただろう。何しろ民放が連日放送していたNGT48のプロモーション映像すらNHKは入手できていなかった。AKSからすればNHKの地方局など眼中になく、再三にわたって映像提供やコメント取材を依頼しても「担当者が不在」などの1点張りで相手にされていなかったのだ。ところがIさんが仲介を始めた途端、ガラリと対応が変わった。「Iさんの手まで煩わせて申し訳ありません」とIさんに謝罪のメールを送るとともに新潟局の依頼に対応してくれるようになったのだ。こうした経緯でNGT48のプロモーション映像の入手や騒動に対する最低限のコメントは取れるようになった。

 その後もIさんは新潟局の記者がキャッチできない東京のAKSに関する情報をしばしばショートメールで私に知らせてくれた。休日に突然、全く無警戒だった情報を送っていただき、慌てて出局して夕方のニュースに突っ込んだこともあった。また、東京で突然開かれることになったNGT48の参加するAKBグループのコンサート会場に新潟局の記者が入場する手配をしていただいたこともあった。新潟局からすれば足を向けて寝られないほど一方的にお世話になったと言っていい。


■秋元康氏サイドとNHKのトラブル


 ところが、こうした中でNHK新潟放送局のローカル番組をめぐって秋元氏サイドとの間でトラブルが発生した。NGT48をめぐる騒動が起きてから3か月後の4月、夕方のローカル番組で15分間の特集を組んだ際、担当記者がAKSの対応の不手際を改めて指摘する解説の中で、「会社の社長とともに秋元氏も前面に出てガバナンス体制の見直しにどう取り組むべきかが問われている」などと秋元氏の責任に言及したことが引き金になったとみられる。

 この指摘自体は特段珍しいものではなかった。AKBグループと言えば誰しも思い浮かべる秋元氏もこの騒動について積極的に説明する責任があるのではないかと指摘したレベルで、すでにネット上などでもこうした主張は飛び交っていた。ところが、テレビでは新潟県内でしか放送されないこのローカル番組の映像が無断でYouTube にアップされて全国のAKBファンなども視聴したことで波紋が広がり、秋元氏サイドも看過できなくなったようだ。

 秋元氏サイドとすれば、プロデューサーとして楽曲などを提供する生みの親とはいえ、組織として危機管理に当たるのはAKSであり、みずからが非難の的とされるのは不本意だったのだろう。この放送から数日後の夜、まずIさんから1本のショートメールが私のスマホに届いた。

「AKSが新潟のニュースの責任者と話をしたいと言っている。ニュース責任者の名前を教えてくれませんか」

 番組への抗議だろうか。ネットで話題になっていることは把握していたので咄嗟にひらめいた。IさんはNHKの一員であるし、新潟局ニュースの責任者の名前を伝えることに問題はないが、それなりに重い話だ。私は直接、Iさんの携帯に電話を入れた。Iさんからの説明は大まかに以下の内容だった。

「AKSは誰も傷つかない形で問題を収めたいと考えているようだが、事態が好転せず、どう対応を取るべきか悩んでいるようだ」

 そこで今後の対応を探る上でNHK新潟局の責任者と話したいと考えているようだとの内容だった。

 元々こうした申し入れに対応する窓口は、地方局では基本的に放送部のニュース担当副部長か、案件のレベルに応じて放送部長や副局長が対応する。NGT48の話題をめぐっては元々ニュース部門でトップの副部長が担当デスクでもあったので、念のため、副部長に電話して名前をIさんに伝えることの了承をとったうえでショートメールを打ち返した。


■昼下がりの会議室での事情聴取


 ところがその後、AKSから電話はなかった。代わりに数日後に郵送で届いたのが秋元氏サイドから副部長にあてた文書だった。この文書は平デスクの私には読ませてもらえなかったが、大まかに言うとNGT48を運営するAKSと直接関係のない秋元氏の責任を追及する番組内容が不当だと抗議する内容だったようだ。

 同じ頃、Iさんから五月雨式に私に届いたメールの中に、穏やかならぬ内容のものが含まれていた。過去にNGT48をめぐってNHKとAKSの間でトラブルが生じたことがあり、今回の問題でAKSとの関係がこじれるとこの騒動を蒸し返される恐れがあるとの内容だった。直接的な表現はなかったが、暗にNGT問題に深入りすることを牽制しているとも読み取れた。

 結局、秋元氏サイドとのトラブルは東京で対応することになり、特に尾を引くことなく事態は収拾された。だが、東京まで巻き込む事態になったことで、Iさんと連絡を取っていた私が局内で事情聴取されることになった。

 新潟局の局舎2階にある会議室に呼ばれたのは、正午のニュースを終えて業務が一息ついたあとの昼過ぎだった。コの字型に並ぶ机の中央に放送部長と副部長が並んで座っていた。この問題で矢面に立つことになった副部長は温厚で非常にクレバーな方で、私より年下だが尊敬できる上司だった。NGT48をめぐる秋元氏の責任の所在については議論が分かれるところだが、AKBグループといえば誰しも思い浮かべる秋元氏の道義的責任を追及する姿勢は報道機関として自然な主張だったといえる。

 私自身は何らやましい行為をしたとは考えていなかった。結果的にIさんと袂を分かつ形になったが、取材が行き詰まっていた新潟局に図ってくれた数々の便宜を考慮すると、こうした展開もやむを得ないと受け止めていた。副部長も一連の事情は承知していたし、私の考えを多少なりとも理解してくれていたと信じている。この場には同席しただけで何も発言されなかった。

 一方、事情聴取を仕切った放送部長はトラブルを嫌うタイプで、記者の間でも面倒事から逃げたがる上司として評判は芳しくなかった。事情聴取は、ほぼ一方的に部長から私に質問する流れで進んだ。


■「なぜ勝手な返信をするのか」


 最初の質問は、「なぜIさんに関わったのか」。私は2年前からの経緯を説明した。AKB48の総選挙で映像入手に骨を折ってもらったこと、今回、取材が難航する中でAKS本体との橋渡し役をお願いしたこと。

 続いての質問。「なぜ副部長の名前を教えたのか」。これも事前に副部長に相談して許可を得たうえでのことであり、全く後ろめたさはない。AKSを通じて秋元氏サイドに名前が伝わったのか、Iさんご自身が伝えたのかは分からない。ただ、AKSから直接、新潟局に連絡があったとしても副部長本人が対応すべき事案だった。反省するとすれば、確かに次に問われた点は慎重にすべきだったかもしれない。

「過去にAKSとNHKにトラブルがあったという内容のメールが来たときにどう対応したのか」

 実は私はIさんから情報提供を受けるたびに「情報ありがとうございます。内部で検討します」と返信するのが決まり文句で、このときも同様の返信をしていた。ただ、通常の情報提供とは次元が異なる内容だったので、反省すべき点はあったと思う。この答えが放送部長の逆鱗に触れたようだ。

「なぜ勝手にそんな返信をしたのか。検討するということは内部で対応するということになるだろう。でなぜ余計なことを言うのか」

「I氏からのメールは明らかに脅しだろう。これは脅しだ。ただ、ありがとうございますとだけ返せばよかったんだ」

 確かに「検討します」は余計だったかなと反省しつつも、私は現場から離れた放送部長とは何と気楽な立場かと半分あきれながら聞いていた。再三繰り返すがIさんの協力なしでNHKのNGT48報道は成り立たないレベルだったからだ。さらに上司とはいえ、この問題で全く汗をかいていない人物から「下っ端のお前ごときが」と見下すようなニュアンスで威圧してくる態度にはすっかり嫌気がさしてしまった。放送部長もこうした現場の事情は多少なりとも聞いていたはずだが、トラブルが生じると手の平を返して恫喝混じりの口調で部下を追及してくる。20分ほどの事情聴取だったが、私は失望しか感じなかった。


■大物プロデューサーには聴取せず


 しかも一連の組織としての対応ですっきりしないことがあった。なぜ、Iプロデューサーに直接、話を聞かないのか?

 IさんはれっきとしたNHKの一員で、東京・渋谷の放送センター周辺で仕事をされている。間接的にこの問題に関わった私より、直接、当事者に聞くのが一番早く、より正確な情報を得られるはずだ。結局、東京の制作部門まで巻き込んで話をこじらせたくなく、新潟局内の聴取で幕引きを図りたかったのだろうと推測している。

 部長からはこのあとIさんと連絡を取ることは一切やめるよう指示されたが、そもそもNGT48をめぐる問題自体がすでに下火になっており、Iさんからの情報提供も途絶えた。各メディアで扱われる機会も減っていった。

 この問題をめぐっては、今も私はIさんには感謝以外の感情はない。必ずしも母体のNHKに近い立場を取らなかったのも、秋元氏などとの絆の深さゆえだったのだろう。むしろ取材相手とこれほどの関係を築いたことは尊敬に値する。

 翻って新潟局の姿勢はどうだろう。東京も舞台となっている騒動でNHK本体の報道局の協力すら得られず、唯一のパイプとしてIさんをさんざん利用しながら旗色が悪くなるとまるでスパイ扱いだ。私は管理職ではなかったので、組織を束ねる立場の方は、組織防衛上、放送部長の対応は理解できるのかもしれない。だが、私は何か問題が起こると部下に責任を押しつけたがるNHKの管理職の無責任ぶりを象徴する事案と受け止めている。

大和大介(やまと・だいすけ)
昭和39年新潟県生まれ。昭和62年、朝日新聞社入社。平成9年にNHKに転職し、新潟放送局に着任。以降、横浜局を経て水戸局などでニュースデスクを担当。平成23年に東京のネット報道部に移り、NHKのNEWSWEBサイト担当デスクを4年間務めた。平成29年に新潟放送局にニュースデスクとして着任、選挙担当などを務めた。令和2年8月、NHKを退職。現在はフリーライター。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)