家庭環境のせいで不倫相手を取っ替え引っ替え… 49歳男性が46歳にして落ちた「本気の恋」の結末

家庭環境のせいで不倫相手を取っ替え引っ替え… 49歳男性が46歳にして落ちた「本気の恋」の結末

46歳にして初めて知った「恋する気持ち」

 結婚していても、他の女性とデートすることにまったく罪悪感など覚えない人たちが一定数いる。男女ともに知っているが、やはり数としては男性のほうが多いだろう。そのあたりは昔から「浮気は男の甲斐性」と言われている面が残っているのかもしれない。【亀山早苗/フリーライター】

 佐々野晃太さん(49歳・仮名=以下同)は、結婚後も数多くの女性とつきあってきた。だがそこには彼なりの考えがあった。

「どうやら自分は他の男性より少しだけ女性が好きみたいだと思ったのは、大学生のとき。一般的には誰かとつきあうと、“恋人”となって行動をともにしたり友だちに紹介したりするものですよね。だけど僕はそれができなかった。好きだなと思って会うようになっても数ヶ月で飽きてしまう。女性本人に飽きるというよりは、状態に飽きるんですね。同じ人と半年も1年も同じようにデートして親密になって……そのあとはもう何もない。かといって口説くことに命がけみたいになるのも性に合わない。さらっとつきあってさらっと自然消滅。それがいちばん気楽だし自分に合うなと思っていました」

 大学2年のとき、サークルで知り合った後輩と少しの期間、関係をもって、いつものように自然消滅だなと思ったことがある。ところが彼女は、他の女性たちのようにさらりと別れてくれなかった。彼にとってトラウマになるような別れとなってしまったのだ。

「彼女とはときどきランチしたりお茶したりする仲ではあったんです。あるときふたりでお茶して『このあと暇だなあ』と言ったら、彼女が『私も』って。じゃあ、アパートに来る? ということになって。それで関係をもった。何度かそういうことがあったけど、僕はだからといって彼女といつも一緒にいたいわけではなかったんです。でも彼女は『今度、映画見に行こう』『週末、一緒にいよう』と言い出した。映画を観る時間はない、週末はアルバイトだからダメ、といちいち言っていたら号泣されて……。そもそも恋人というわけでもないしとポロリと言ったらさあ大変。翌日、彼女の友人たち5、6人に囲まれて、どういうつもりなんだとか遊びで誘ったのかとか詰め寄られまして。土下座して謝りました」

 それでも彼女の「恋心」は消えることなく、キャンパスのあちこちで待ち伏せされたりアパートに押しかけられたりした。つきあっているつもりはなかったが、相手はそうではないこともあるのだと骨身にしみた。

「それまでは年上のお姉さんタイプの女性と数回、関係をもつだけということが多かったんです。つきあうとか別れるとか、そういう感じではなくて、お互いに時間があれば会う。それが続くかどうかはそのとき次第。だから一般的にいう『恋をしてつきあう』の意味がわかっていなかったんだと思う」

 彼女は本気だったのだ。そして本気の女性は怖いと彼は感じていた。とうとう、「僕はあなたに恋していないから」と目を見て言った。彼女は精神的に不安定になり、そのまま大学を中退して地方の実家に帰った。その話は噂になり、彼は後ろ指を指されたこともある。

「僕も彼女のことはもちろん好きだったんですよ。だけど長期間にわたってふたりだけの親密な関係を持ち続けたいとは思えなかった。自分では普通だと思っていたけど、当時、友人たちに『それはおまえ、人としてダメだよ』と言われて、そうか、そういうものなのかと少し驚いた記憶があります」


■笑ってしまった父の葬儀の光景


 男女の仲など、人によって距離感もつきあい方も違うはずだが、“一般的には”誰かひとりとつきあったら、つきあっている間は頻繁に連絡をとりあったり会ったりするのが当然なのだが、彼にはそういう感覚が欠落していたのだという。

「それは僕が育った環境によるものだと思います。6歳のときに両親が離婚して、父は別の人と再婚したんです。だけどその後もたまに来ていた。中学生にもなると事情がわかってくるでしょ。父が再婚したあと、母は父の愛人になったんです。笑っちゃうような関係なんだけど、結局、父と母は実質的には離れられなかったんでしょうね。物心ついたころから、父は“家にいる人”ではなく、“家に来る人”だった。両親はどういうつもりで関係を続けていたのか知らないけど、僕から見ればふたりは“線ではなく、点でつながっている関係”に見えたんです。だから男と女はそういうものか、と刷り込まれたような気がしますね。会いたいときに会う、会えない時期もある、会わずにそのままになることもある。それが男女なのかな、と」

 彼が受験勉強をしていたころ、突然の病で父が死んだと“本妻”から連絡があった。母はためらっていたが、彼は母を「本妻宅」へと連れていった。

「そこでわかったのは、父が亡くなる1週間前に本妻さんと離婚して、母との婚姻届を提出していたこと。ずいぶん前に、母は冗談のように婚姻届を書かされたそうです。『気持ちだけでも結婚していたい』と父に言われた、と。調子のいい男ですよね。母はそれきり婚姻届のことは忘れていた。でも父は虫が知らせたんでしょうか、提出していたんです」

 離婚したばかりの“本妻”は、「私はどうしたらいいんでしょう」とおろおろしていた。母も彼女に同情し、「どっちでお葬式を出します?」と尋ねていたとか。

「大人って、男と女って愚かだなと思いました。でも女性ふたりのやりとりについては、悪い気はしなかった。結局、父はどちらにも愛されていたんでしょう。お葬式は葬儀会場でやりましたが、親族席に母と“愛人さんだか本妻さんだかわからない女性”が一緒に並んでいたのは僕から見ても笑ってしまうような光景でした。ふたりとも相手に遠慮しながら、ぼそぼそとしゃべって仲良くなったみたい。お墓は母が建てたようですが、父がわずかに貯めていたお金はふたりで分けたそうです。相続するほどのものはなにもなかった。僕は父が大事にしていた時計を形見分けとしてもらいました」

 恋人だの妻だのという形にとらわれない関係が、晃太さんの体にも染みこんでいたのかもしれない。だから彼の恋愛は一般的ではなかったのだ。


■初めての不倫、でも「したくてしたわけじゃない」


 就職して4年ほどたったころ、異動先の部署で仲良くなったのが美都里さんだ。2歳年上の美都里さんに仕事を教わり、コンビで働きながら親しくなっていく。

「ちょうど周りが結婚し始めた時期でした。特に結婚というものをしたかったわけではないけど、“一般的には”したほうがいいのかなとも思っていました。大学時代の経験から、自分が一般的な恋愛をわかっていないと自覚していましたから、周りに則って、そろそろ結婚しようか、と。気が合うし一緒にいて楽しい美都里しかいない。美都里とつきあっていたのは1年ほどですが、彼女はいちいち『週末はどうするの?』とか『どうして連絡くれないの?』とか、そういうことはいっさい言わないタイプだったから、僕のことをわかってくれているんだと思っていたんです」

 30歳のときに結婚。32歳で長男、2年後に次男が生まれた。以後も部署は移ったが、ふたりとも同じ会社で共働きを続けている。

 晃太さんが結婚後、初めて「浮気」したのは次男が生まれた直後だった。彼の言い方を借りれば「したくてしたわけじゃない」ということではあるが。

「学生時代からの友だちが主催した飲み会で親しくなった女性がいて、流れでふたりきりになって、流れでホテルに行ってしまって……。失恋したばかりだと聞いて、放っておけなくなってしまったんですよ。それをきっかけに、僕は女性が困っていたり寂しそうだったりすると、断り切れないんだとわかりました。その人とは半年くらい会ってたなあ。だけどあるとき、このままではいけない、彼女のためにならないと思って『いい男を見つけて幸せになってほしい』と解き放ったんです。優柔不断なことをしていると、学生時代の二の舞になる。僕は結婚しているし、家庭に迷惑をかけてはいけない。だけど実はものすごく女性のことは好き。だからこそ僕ならではの関係の持ち方があるのかな、と考えるようになっていきました」

 どうやら晃太さんは、基本的に女性が好きだが、「恋」という双方向のやりとりにはあまり関心がないようだ。女性の相談に乗るような形で親しくなっていく。性的な関係をもつのは大好き。自分の快楽にはあまり興味がない。女性が感じてくれればそれでいい。そこに自分の存在意義を見いだす。それが晃太さんという人間のようだと理解した。


■「それぞれにいいところがあって、それぞれに素敵なんですよ、女性は」


 それから10年間ほどで、彼が関係した女性は10人近いという。すべての女性を1年未満で「羽ばたかせた」と言うが、「勝手に羽ばたかれてしまった」ケースも半数くらいいるらしい。ただ、彼は常に女性を褒め、その人のいいところを賞賛し、ときには仕事の相談に乗ったり就職先を世話したりと、女性のためにできることはなんでもやった。相手の年齢層も20代初めから40代までと幅広い。

「それぞれにいいところがあって、それぞれに素敵なんですよ、女性は。意地悪なことを言う人でも、きちんと話せば実は不安が大きいから他者に攻撃的になっている場合もある。ひとりの女性とじっくりつきあって、彼女が変わっていけるよう一緒にがんばる。それが楽しいんです」

 言葉にするとまるで教員のようだし、怪しい啓蒙者のようでもあるが、もちろん彼にはそんな意識はない。外見も男臭さがなく、話を聞くときもじっと目を見て、ときには乗り出してくる。自分に興味を抱いてくれていると女性が思い込むことは容易に想像できた。

「僕には家庭があるし、あなたと長い期間、一緒にいるわけにはいかないと最初に言います。それでもよかったら、僕とちょっと違う世界を見てみない? と。性的には僕、ものすごく献身的ですし(笑)」

 時間をひねり出して女性に会う。一方で、家庭も大事にした。子どもたちと一緒に全力で遊び、子どものように妻の言うことを聞いた。妻にとって彼は「扱いやすい人」だったのだろう。家庭はいつも円満だった。


■46歳にして初めて「恋する気持ち」


 3年前のことだ。彼は由布子さんという女性と知り合った。彼女は晃太さんの友人と結婚を前提につきあっていた。

「友人はバツイチ、由布子さんは一回り下で結婚経験はなかった。そんなふたりがつきあっていて、あるとき3人で飲んだんです。その後、由布子さんから連絡がありました。『相談に乗ってほしい』と。彼女は彼と再婚したい気持ちはあるけど、前の結婚がどういう理由で破局したのかを知りたいと言っていました。彼が話してくれないんだそうです」

 晃太さんはそのあたりのことをよく知っていた。友人の離婚は、妻の不倫によるものだった。彼は不倫を知ってもなお再構築したかったのだが、妻は子どもを置いて出ていった。その子も当時、高校を卒業して遠方の大学に入学が決まったところだった。

「彼は優しいヤツだから、妻の不倫で前の結婚がダメになったと言いづらかったんでしょうと僕は言いました。すると彼女は、『自分のプライドを保ちたいからかもしれませんよ』と。そういう考え方もあるのかと目から鱗が落ちましたね。友だちだから悪くは思えないけど、確かにプライドの高いところはあるなあ、と。そんな判断ができる由布子さんをおもしろいと思いました」

 ふたりは情報交換と称してときどき会うようになった。いつしか由布子さんは、つきあっている友人には興味をなくしたらしく、ある日、「結婚はやめた」と言って泣いた。自分からやめたと言いながら泣く彼女の心理がわからず、晃太さんは戸惑うばかり。すると由布子さんは「私、あなたが好きになってしまったんだもん」と嗚咽しながら言った。

「そうですかと突き放すわけにはいかない。そのままホテルへ行きました。僕でよければいくらでもあなたの慰めになります、という気持ちだったんだけど、彼女は僕も彼女のことが好きなんだと受け取ったみたい。大学時代の悪夢がよみがえりましたが、由布子さんに対しては、他の女性とまったく違う気持ちが沸き起こってきました。それまで感じたことのないような胸の痛みとか体の奥からこみ上げてくるせつなさとか」

 そう、彼は46歳にして初めて「恋する気持ち」を経験したのだ。会えないときに「どうしているんだろう」と彼女のことばかり考え、一目だけでも彼女と会いたくて体が勝手に動き出し、会えたときに思わず笑顔になること。

「喜怒哀楽の感情がものすごく激しくなりました。彼女に会って話しているときはうれしくてたまらない、でも会えないと怒りや不安が心の大半を占めていく、どんなに好きでも一緒になれないと悲哀を感じ、それでも彼女といるときの楽しさは何にも代えがたい。感情がジェットコースターそのもの。仕事では普通にしていましたよ、だけどふっと感情のコントロールができなくなる。これが恋なのか、と思いました。僕は感情的に安定していると自分でも思っていたけど、そのころは本当に不安定でしたね」

 中学生と小学生の子どもたちと遊びながらも、頭の中に由布子さんの寂しげな顔がよぎる。ジョギングを始める、適当な場所まで自転車で行くからと家族に言って、由布子さんのひとり暮らしのマンションに通うようになった。40分かけて必死に自転車をこいで行くと、由布子さんはいつも笑顔で迎えてくれた。


■ふと恐ろしくなり…


 晃太さんはどっぷりと由布子さんに溺れた。週末は家族と過ごすと決めていた彼が、土曜の夜中に自転車をこいでいることもあった。とにかく彼女に会いたいと思うと自分を止めることができなかった。体の相性も、心の相性もよくなるばかりで、彼女がいないと生きていけないのではないかと不安におののくようにもなっていく。

「気づいたら1年たっていました。コロナ禍で僕もリモートワークが増えていたけど、妻には『隣駅にワーキングスペースができたから、そこで仕事をする』と言って出かけました。実際、そこで仕事をしたんですが、集中して早く切り上げ、彼女のところに行くのが目的でした。いくら会っても足りない。帰り道、また彼女の家に戻ったこともあります。それだけ好きだった」

 ところが彼女の35歳の誕生日を一緒に祝ったとき、彼はふと恐ろしくなった。このまま彼女を自分に縛りつけておいていいはずがない。彼女には彼女の人生があるのだ、と。

「別れようと、唐突に言いました。彼女がびっくりしていたのは覚えています。今はいいけど、あなたが40歳になったとき、45歳になったとききっと後悔する。だから今、別れたほうがいい。自分でもそんな気持ちはないのに口が勝手にしゃべっていた。僕はあなたが大好きだけど、自分の勝手であなたを縛ることはできないんだと言いました。彼女は『私の人生は私が決める。今あなたと別れても、私にはあなた以上に好きになれる人は出てこない』と彼女は泣き叫んだ。好きだ好きだと僕は何度も言って、でも別れる、と。お願いだから納得してほしい。気づいたら僕も号泣していました」

 彼女は納得してくれず、また話し合おうと言って部屋を出たとき、彼は自分が正しいことをしていると感じたそうだ。あとは彼女が平穏に自分から離れてくれることを考えるしかなかった。

「だけど帰宅したらその日から寝込んでしまって。身を切られるように体全体が痛むんです。僕自身が別れたくないと感じているとわかりました」

 それでも彼は3ヶ月かけて彼女を説得し、穏やかに別れた。昨年、彼女は同い年の男性と結婚したと報告してくれた。

「そのとき僕にとって最初で最後の“恋”が完全に終わったんです。今も女性との関係はありますが、もう彼女のときのようなことは起こらないと思う。自分が感情的なアップダウンについていけない。恋というものがどれほど大変なものか、よくわかりました」

 今も由布子さんのことを思い出すと、鼻の奥がツンとするような感情が漏れてくるんですよね。彼は最後にそんな言葉を絞り出して去って行った。

亀山早苗(かめやま・さなえ)
フリーライター。男女関係、特に不倫について20年以上取材を続け、『不倫の恋で苦しむ男たち』『夫の不倫で苦しむ妻たち』『人はなぜ不倫をするのか』『復讐手帖─愛が狂気に変わるとき─』など著書多数。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)