米司法当局に逮捕された「ヤクザ幹部・エビサワ」 実際は「栃木県の2DKアパートに住むチンケな詐欺師」と被害者が証言

米司法当局に逮捕された「ヤクザ幹部・エビサワ」 実際は「栃木県の2DKアパートに住むチンケな詐欺師」と被害者が証言

ロケットランチャーを構えるエビサワ・タケシ容疑者(アメリカの裁判資料より)

 ロケットランチャーを肩に乗せ、不敵な笑みを浮かべる男の正体は、ショボかった。4月7日、米司法当局は、麻薬の密輸や地対空ミサイルの購入を企てたとして、日本のヤクザ幹部、エビサワ・タケシ容疑者(57)を逮捕したと発表した。だが、男の素性を知る人たちは、「アイツがいつヤクザになっていたんだ?」と失笑している。ヤクザ幹部とはあまりにかけ離れた男の“チンケな人生”とは……。

 ***


■DEAも騙されていた


 エビサワ・タケシ容疑者を逮捕したのは、アメリカの麻薬取締局、通称・DEAである。DEAはメキシコの麻薬戦争などにも介入してきた、世界最強の麻薬取締機関として知られる。

 エビサワ容疑者はタイ人の共犯者3人と共謀し、ミャンマーの反政府勢力に渡すために、米国製の地対空ミサイルやAK-47などの自動小銃を購入することを計画。対価として、ヘロインやメタンフェタミンといった覚せい剤のサンプルを米国内に密輸した。

 だが、取引相手だと思い込んでいた売り手は、DEAのおとり捜査員たちだった。DEAは、2年にわたる捜査を経てエビサワ容疑者らを逮捕。検察当局は、「日本のヤクザ幹部」「シンジケートのリーダー」を摘発したとして、写真入りの起訴状を公表したのだった。

 海を渡って飛び込んできたこの一報に騒然としたのは、日本の極道社会である。誰も「エビサワ」なる親分を見たことも聞いたこともない。警察当局も、暴力団員としてデータベースに登録がなかったため、「いったい、どこの組のエビサワなんだ?」という騒ぎに発展したのである。


■家賃は6〜7万円


「そりゃそうなるでしょう。彼はヤクザになどなったことがない人間ですから。栃木県宇都宮市郊外の、家賃が6〜7万円の2DKアパートに住んでいた詐欺師です。あまりにチンケな詐欺ばかり働いていたので、逮捕歴もないはずですよ」

 こう語るのは、エビサワ容疑者と20年来の親交がある知人A氏である。A氏が示してくれた男の自宅写真は、ヤクザ幹部が住むには似つかわしくない借家だった。車も、「20年落ちのボロ車を乗り回していた」という。

 米司法当局の裁判資料とは、あまりにも隔たりがある。A氏が示したパスポートの写しによると、本名は「海老澤剛」。年齢と顔写真も起訴状と同一であった。

「彼はろくに働いたことなんかありませんよ。中学を卒業後、父親が営む木工屋の手伝いをちょっとかじったくらいですかね。それも遅刻や欠勤続きで、最後は父親から『他の職人たちに示しがつかん』と追い出された。それからは、知り合いたちに片っ端から出資話を持ちかけては、カネを騙し取る人生を続けてきたんです」


■タイ王室に顔がきく


 海老澤容疑者が“仕事場”としていたのは、宇都宮市郊外のファミリーレストランだったという。

「暇だったのでしょう。朝から晩まで居着いていましたね。そこに知り合いを片っ端から呼び出しては、“投資ネタ”を持ちかけるのです。汚いTシャツに短パン姿で、とてもじゃないですがヤクザの風格なんか持ち合わせていませんよ。アイスコーヒー代すら窮しているので、いつも相手に払わせます」

 そんな男の与太話に、誰が騙されるかと思うだろう。だが、海老澤容疑者にカネを騙し取られた被害者は、A氏が知る限りだけでも20人をくだらないというのだ。A氏本人も2008年頃から10年間で、海老澤に2000万円近く騙し取られた被害者である。

「話が非常にうまいのです。私たちは所詮、田舎者でしょう。そんな私たちがまったく知りようもない外国の話を面白おかしく披露するんです。海外ではすごい人脈があって、羽振りがいいんだと。実際、彼は1年の半分近くをタイなどの外国で過ごしていましたし、タイ王室に嫁いだ日本人や地元マフィアとも付き合っていた。私も含めて何人もがタイまで連れて行かれたこともありますが、話に出てくる人物にちゃんと彼は会わせてくれるのです」


■ブラックマネー詐欺


 では、いったいどんなネタを、海老澤は持ちかけてきたのか。

「戦後、中国の国民党が共産党を倒すために、西側諸国が集めた裏金ドルを洗浄する話。海外で使えなくなった古い日本の一万円札、数億円を半値で買い取る話など、枚挙に暇がありません。タイに限らずミャンマーやラオスなど、東南アジアが主な舞台です。札束の写真や取引メールなど見せながら、巧みに持ちかけてくるのです。一時期流行ったブラックマネーの話もありましたね」

 ブラックマネー詐欺は、2010年頃、世界中で流行した有名な詐欺だ。使われるのは黒い紙束。特別な薬品をかけると紙幣に戻すことができるが、薬品が高価なため出資してほしいと持ちかけるのが手口で、日本でも多くの外国人詐欺師が摘発された。

「私たちに持ちかけてきたブラックマネーは、フセイン大統領が隠していたドル紙幣という話でした。実際、見せられたこともありますよ。ただの黒い紙切れにしか見えないんですが、彼の話を聞いていると本当の話に思えてしまうんです」

 最後に「あと100万円足りないんだ」と持ちかけるのが常套句だという。

「種銭として500万円が必要。400万円は自分で何とかかき集めたが、あと100万円あれば上手く運ぶんだってね。最初に出資してしまったら、もう網の中。返ってこない金を取り戻そうとして、どんどん次の儲け話を持ちかけられ、ハマっていってしまう。いつしかマインドコントロール下に置かれてしまうわけです」


■俺は日本のヤクザだ


 B氏も16年前に海老澤容疑者と知り合い、10年あまりの間に1500万円も騙し取られた被害者だ。

「パラサイトみたいな男です。ちょっとでも小金を持っているなと思ったら、食いついて離さない。『両替がうまくいけば数億円が入る』と持ちかけられ、タイや香港で一緒に過ごしたことがあります。いつになったら動くのかと待ち続けていましたが、奴はずっとホテルでゴロゴロしているだけ。その間の滞在費は、全部こっち持ちです。驚いたのは、彼が騙していたのは私たち日本人だけじゃないんです。現地にいる外国人たちも『いつになったらカネを作るんだ』と彼に詰め寄ってくる。彼らもデタラメ話を信じ込んでいるんです」

 今回、DEAは、覚せい剤の密輸に関わったとして、タイ人マフィアのソンポップ容疑者を逮捕しているが、A氏、B氏ともに、数年前に海老澤容疑者から紹介されて会ったこともあるという。

「ソンポップも騙されていたんですよ。海老澤は彼に『俺は日本のヤクザだ』とずっと吹聴していました。たぶんソンポップは、アメリカに覚せい剤を持ち込むことができたのですから本物のマフィアだったのでしょう」(B氏)


■10年前から使っていた「bamboo」


 今回、DEAは起訴状の中で、海老澤がおとり捜査官にSNSで送った「武器リスト」も公表しているが、2人とも10年前に同じようなものを目にしている。起訴状には、海老澤らが武器を“bamboo(バンブー)”という隠語で呼んでいたと記述されているが、B氏が見せてくれた2010年に海老澤から送られてきたというメールの題名にも、「The price list of bamboo」とあった。添付のPDFファイルには、起訴状に載っているものと似た武器リストも記されていた。

「海老澤にとってバンブー取引は、昔から使っていたネタの一つに過ぎなかったのです。私自身、10年くらい前に、ミャンマーに支配されたシャン族の人物が、『独立を考えているので武器が欲しい』と海老澤に持ちかけている場に同席したことがあります。ただ、取引は進みませんでした。海老澤は、武器を購入するルートなど持っていなかったからです。ヤツの様々な手口を目の当たりにしてきましたが、全部がウソ。架空の話を持ちかけてカネを騙し取るのが手口です。もしかしたら、今回、彼はDEAが扮した武器商人を相手に初めてまともな取引をしようとしていたのかもしれません」(A氏)


■息子は慶応→超有名企業に就職


 こんなデタラメな人生を送りながらも、驚くべきは海老澤容疑者が所帯を持っていたことである。

「数年前まで、奥さんと子供2人の4人で、2DKのアパートに暮らしていましたよ。実は、上の男の子は慶応大学に進学し、誰もが知る超有名企業に就職しています」(A氏)

 最後までヤクザ幹部だと信じ込んでいたDEAの覆面捜査官は、「エビサワ」の本当の姿を知ってどう思うのだろうか。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)