小室さん司法試験に「4回目はないのではないか」との見方を強める宮内庁から“緊急事態”の声も

小室さん司法試験に「4回目はないのではないか」との見方を強める宮内庁から“緊急事態”の声も

小室氏巡り宮内庁職員不満も

小室さん司法試験に「4回目はないのではないか」との見方を強める宮内庁から“緊急事態”の声も

このままニューヨーク生活を続けるのか?

■不満を抱く職員も


 米ニューヨーク州の司法試験にチャレンジする小室圭さん(30)。続けて2度不合格となり、今年7月に「3度目の正直」を期すことになるようだが、宮内庁はその動向に注目し、ヤキモキしているところだという。

「宮内庁内には、“さすがに2度目は合格するのではないか”と見ていた人も少なからずいて、それだけに今回の不合格に驚きを隠せない部分もあるようです」

 と、担当記者。

「本来なら、眞子さんが圭さんと結婚した時点で、その動向を注視してきた宮内庁の役割は終わるはずだったのですが、現在もなおその仕事が続いており、そのことに不満を持っている人もいるようですね」

 圭さんは眞子さんと結婚する際、定職に就いてはいなかった。定職を持たない男性に皇族が嫁ぐのは異例中の異例のことだった。

「圭さんのみならず眞子さんもそれを大事な問題だと捉えていたフシがあり、フォーダム大の大学院を卒業した後に受験した司法試験はパスできそうで、法律事務所にも弁護士として勤務する見込みだと宮内庁側に説明していたようです」(同)


■どこに滞在するのか?


 記者が続ける。

「圭さんが3回目の受験に言及したことが報じられたため、宮内庁側もそれに備えることになったと聞いています。彼らは様々なことをシミュレートするのが仕事なので、次回も残念ながら合格点に達しなかった場合にどうするかなどの問題について検討しているということでした」

 具体的にはどうなるのだろうか?

「3回目がダメだった後、4回目にチャレンジするという可能性はそう高くないのではないかと見ているようです。その場合、日本に帰国するのかニューヨークに滞在を続けるのか、あるいは米国内の別の都市に動くのか、はたまた第3国に移住するのか……といった問題が出てくるかと思います。帰国については眞子さんが避けたいと考えているようでほぼないとのことです」

 この選択肢の中では、ニューヨークに滞在を続ける可能性が最も高いということのようだが、

「ではその場合にビザはどうするのか、圭さんはどういう仕事をするのか、生活費はどう工面していくのか、警備についてはどうするのか、といったことももちろん重要になってきますね」(同)


■円滑なコミュニケーションが


 その一方で、別の記者は、

「確かに宮内庁は最悪のことも含めて想定していると聞いています。4回目の司法試験について考えること自体、緊急事態だよと口にする人もいました。ニューヨークとは物理的な距離も時差もあり、あれこれ調整するだけでも骨が折れる様子でした」

 と明かす。

「加えて、小室さん夫妻側と密に連絡を取り合えるほど円滑なコミュニケーションが取れているわけでもないようで、なかなか悩ましい状況のようですね」

「3度目で絶対に合格を」とか「できれば帰国してもらった方が」などといった声が宮内庁内から聞こえてくるというのは、無理もない話というところだろうか。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)