焼津カツオ窃盗事件で新たに6人逮捕 関係者は「犯行に協力した漁協職員がいる」

焼津カツオ窃盗事件で新たに6人逮捕 関係者は「犯行に協力した漁協職員がいる」

焼津港で水揚げされる冷凍カツオ

 昨年、静岡県焼津漁港で発覚した冷凍カツオの窃盗事件で、新たな逮捕者が出た。今回の逮捕者は、運送会社や水産会社、冷凍倉庫会社の社長や幹部ら6人で、焼津漁協職員は含まれなかった。だが、漁港内部に詳しい関係者は「少なくとも漁協職員の黙認などがない限り、犯行は成立しなかったはずだ」と証言する。

 ***


■とうとう摘発された「第二ルート」


 昨年10月、焼津市内の水産加工会社が水揚げしたカツオ4トン(約74万円相当)などを盗んだ疑いで逮捕されたのは、同市の水産加工会社「カネシンJKS」役員、運送会社「焼津港湾」社員、そして漁協職員Aだった。

 Aはセリ部門を担当していた職員で、1回あたり十数万円の賄賂を受け取り、後輩である計量係の職員と分け合っていた。事件が全国ニュースとなったのは、その後の調査などで、セリ部門を担当している職員が代々、過去数十年にわたって窃盗に関与してきたことが判明したからである。被害総額は数十億円にも及ぶとも言われた。

 あまりに大胆な組織的犯行に世間が衝撃を受けるなか、県警は「第二ルート」と呼ばれる捜査に着手していた。それが5月9日に摘発された今回の事件である。

「神奈川県の運送会社『ホクユウ(現ケイエスケイ)』元社長・北村祐志容疑者らには、宮城県の船会社が水揚げした冷凍カツオ、トラック1台分10トン(約160万円相当)を盗んだ疑いがかけられています。計量所を通らずに港外に出たトラックのカツオは、焼津市内の冷凍倉庫会社に一度運ばれてから、最終的には鹿児島県の卸売販売業者に安値で売却されたとみられている」(県警担当記者)


■消極的な関与


 今回のルートでは、逮捕者に漁協職員が含まれなかった。だが、漁港内部に詳しい関係者は「彼らの協力なくして犯行は成立しない」と断言する。

「水揚げの最中は、必ず漁協の計量係が立ち会うシステムになっています。計量係が計量所を通らずに港外に出ていくトラックをうっかり見逃すなんて考えられません」

 ではなぜ、犯行当日に立ち会っていた計量係は立件されなかったのか。

「強行突破されたと訴えたのかもしれません。でも、それは黙認という消極的な関与があったということです。また仮に、今回の窃盗事件で報酬を受け取っていなかったとしても、他の犯行時に受け取っていた可能性は十分考えられる。すでに計量係たちの窃盗への関与が常態化していたことは明らかになっています」(同・関係者)

 第一ルートの事件で逮捕されたAも、昨年1月、デイリー新潮の取材に対し、「今もセリを担当する部署にいる人たちのほとんどが、窃盗に関わっています。現在、捜査が続いている事件でも間違いなく関わっている」と語っていた。


■内部でも疑問視される処分内容


 つまり、逮捕されずともグレーであることには違いないのだ。

「第三、第四のルートもあると言われている。過去を遡れば、漁協職員は数えきれない犯行に関与し、船会社は知らぬ間に商品を盗まれ続けてきました。警察の捜査には限界がある。結局、漁協の自浄作用に期待するしかないわけですが、これまでの対応を見る限り、組織一丸となって膿を出そうとしているか、甚だ疑問です」(同・関係者)

 3月17日、漁協は職員2名の懲戒解雇処分を発表した。昨年10月に逮捕されたAと上司が懲戒解雇。さらに、その元上司で嘱託として勤務していた職員を、契約更新せずに退職させた。

 だが、出勤停止15名、降格1名、減給2名の職員たちについては、処分理由を「加工業者等からの依頼を受け、冷凍カツオの窃盗に関与し、金品の接受か?あった」としただけで、関係者に向けて具体的な説明はまったくなかったという。

 今回の事件で被害を受けた、宮城県に本社を置く船会社の焼津所長はこう語った。

「内部調査に限界があるのもわかります。ただ、せめて、彼らがどのような役割でどの程度の盗みに関わっていたかくらい、説明してほしかったという気持ちはあります。モヤモヤした気持ちがなくなることはありませんが、一方で、漁協は再発防止委員会を中心に新しい組織として生まれ変わろうと努力しています。市場部長も信頼の置ける新しい方が着任しました。未来に引き継いでいくためにも、いち早く過去と決別し、クリーンな港に生まれ変わることを祈念しています」

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)