「沖縄署騒動」はなぜ起きたのか…「高校生失明事件」の捜査が長引く「2つの特殊事情」

「沖縄署騒動」はなぜ起きたのか…「高校生失明事件」の捜査が長引く「2つの特殊事情」

投石騒動の翌日、沖縄署前で現場検証をする県警の捜査員?朝日新聞社

「第二のコザ騒動だ!」。沖縄の戦後史を知る多くの人が“事件”の一報を聞き、こう口を揃えた。今年1月27日の深夜から28日の未明にかけ、沖縄市の沖縄警察署前で発生した騒動のことである。同署前に集まった数百人の若者が投石や落書きなどの狼藉を働き、機動隊が出動する事態になった。なぜ“暴動”は起きたのか。発端となった「高校生失明事件」の捜査の行方は……。地元住民や捜査関係者の話をもとに一連の騒動を振り返る。


■SNSで引火


 治安のいい日本において、警察署が市民に襲撃されるなど滅多にないことである。同日午後の会見で松野博一官房長官は、この騒動について記者から質問を受け、暴徒数は「最大時400人」と発表した。

 地元メディアの記者が振り返る。

「27日未明、沖縄市内で発生した17歳の男子高校生の負傷事案が騒動の発端でした。警ら中だった警察官と接触し、高校生は右眼球破裂の重傷を負いました。高校生と警察官、双方の主張が食い違っていた点や、その後の警察の対応に高校生の親族や仲間が反発。警察への抗議を呼びかける投稿がSNSで拡散し、当日夜の集団抗議へとつながっていったのです」

 沖縄署が立地するのは、国道330号沿いのライカム交差点のほど近く。2012年に嘉手納基地近くの胡屋十字路から移転した。建て替えられてから10年足らずの新庁舎は、「多くが10代だった」(前出の記者)という若者から卵や石、花火などで“攻撃”を受け、見るも無惨な姿になった。

「騒ぎがあった翌日の夜にもSNSで集会の呼びかけがあり、県警は警戒を強めていましたが、2度目の騒ぎは起きませんでした。県警は面子を傷つけられた格好で、暴徒の摘発に向け当時の記録映像などの解析を進めているようです」(同・記者)


■50年前の記憶


 庁舎から道路を挟んだ向こう側には、米軍統治時代の1954年から営業を続けるショッピングセンター「プラザハウス」があり、騒動の当夜、付近は集まった若者たちの異様な熱気に包まれた。現地住民たちの脳裏に蘇ったのは、50年前の記憶である。

 1970年12月に起きた「コザ騒動」だ。警察と米軍、怒りをぶつけた相手は違うが、騒動が起きた「場所」によって人々の記憶が喚起された側面があることは否定できない。

「沖縄の日本復帰前に起きた騒動は、米兵が運転する車が地元住民をはね飛ばした事故が直接の発端でした。MP(ミリタリーポリス)による事故処理に群集から不満の声が上がり、一部が暴徒化。群集は米軍の車両を横転させ火を放つなどして、80台以上が損害を受けました。騒動の前には、沖縄南部の糸満市で女性をひき殺す交通事故を起こした米兵が軍法会議で無罪判決を受け、地元住民の怒りを買っていた。日頃の米軍に対する鬱憤が根底にあったのは間違いありません」(同・記者)

 コザ騒動では、数々の偶然が騒動を拡大させた側面もあったという。

「忘年会シーズンで、事故現場に近い繁華街には大勢の酔客が集まっていた。前夜には在沖米軍基地での毒ガス備蓄に抗議する集会が行われていた。市民や活動家、そこに嘉手納基地近くで営業するAサインバーにいた『玄関ボーイ』と呼ばれる用心棒役の男たちも加わり、騒ぎが大きくなっていった」(同・記者)


■ライカム交差点


 米軍に抗議する群集の列は、「琉球米軍司令部(Ryukyu Command headquarters)」の手前まで達した。同司令部は、頭文字を取って通称「RyCom(ライカム)」と呼ばれていた。沖縄署近くの交差点の名称は、その「ライカム」から取られたものだが、2つの騒動に通底する因縁はそれだけではない。

「深夜1時30分ごろに発生したコザ騒動は、午前7時ごろに収束しました。ライカムを目指した群集の行進は、米軍の部隊によって鎮圧。催涙弾を携えた米兵が隊列を組んで待ち構えていたのが、ちょうど今の沖縄署のあたりで、いわばそこがコザ騒動の終点になったわけです」(同・記者)

 こうした様々なファクターが、日本復帰前の沖縄を知る人々の記憶を呼び覚ましたわけである。

 1970年のコザ騒動では、当日に21人が琉球警察(当時)によって逮捕され、翌71年1月には騒擾罪の容疑で、さらに10人が逮捕されている。今回の騒動による逮捕者はまだ出ていないが、県警は器物損壊容疑で捜査を進めているという。


■公務員も「暴動」に参加していた


 それにしても、なぜ騒動は、あれほどの規模に膨れ上がったのか。背景にSNSの存在があるのは間違いなさそうだ。

「発端となった高校生の事案の内容を伝えるスクショ(スクリーンショット)の画像が広く出回ったんです。高校生と同年代の若者たちがLINEのグループで共有したり、InstagramやTikTokに投稿した。事案の検証動画をYouTubeで配信する者もいて、かなり広範囲に広がったようなのです」

 前出の地元メディアの記者は、こう振り返る。

 騒動があった当夜、那覇市に住むAさん(19)にも、LINEのトークを通して、沖縄署への抗議に参加するよう呼びかけがあった。沖縄市の近くに住む友人からの誘いだったという。

「同じ高校の子から『面白そうだから行かないか?』と。その子は、けがをした子とは直接面識があるわけじゃなくて、インスタのストーリーを見て行こうと思ったみたい。バイクで深夜2時くらいに行ったって言ってましたよ。なんで行ったか? 警察への抗議とか、そんなんじゃないと思いますよ。本人は『暇だったから』って言ってました。集まったほとんどが、そんな感覚じゃないですか」

 Aさんによると、この友人は騒動後に高校を卒業し、県外で公務員として勤務しているという。


■県警が気にした「デマ情報」と警官の「出自」


 一方、騒動の発端となった高校生の負傷事案では4月21日に新たな展開があった。この日、県警捜査1課による中間報告として、科学捜査研究所の分析の結果、警察官が所持していた警棒に付着していたDNA型と高校生の型が一致したと明らかにしたのだ。

「この発表で、高校生の負傷の原因が警棒によるものと特定されたことになります。警察官に過失があった可能性も視野に、立件に向けて捜査を進めているとも明かしました。また県警側は、高校生が暴走行為に参加していなかったことも改めて否定。SNS上で高校生に対する中傷やデマが広がっている現状を踏まえての対応とみられます」(前出の記者)

 事件後、ネット上には、「逃げたから悪い」「交通ルール守らなかったから自業自得」など、根拠不明の情報を元にした誹謗中傷や個人攻撃の言説が氾濫した。大手ポータルサイト「Yahoo!」のコメント欄、いわゆる「ヤフコメ」でも、「警棒からDNA検出」の件を報じた記事に高校生を非難するような投稿が相次いだ。こうした状況が県警の対応にも影響を及ぼしたようだ。一方で、事案の発生から中間報告までに約3カ月の時間を要したことも、憶測やデマを広げる一因になったことは否定できない。なぜこれほど時間がかかったのか。ある県警関係者はこう内幕を明かした。

「この一件では、県警が慎重に扱わなくてはならない条件が揃っていました。県警側がまず懸念したのは、当該の警察官の属性です。彼は宮崎県警から『特別出向』で赴任している立場でした。『ないちゃー(内地人)』が『うちなーんちゅ(沖縄人)』に重傷を負わせたという事実が明るみに出た時の世間の反応を、相当気にかけていたようです」


■警察官の心象


 もうひとつ、県警幹部の頭痛の種となったのが、当夜の警察官の対応のまずさだった。

「警ら中の警棒の携行については、県警内では特に問題視されていません。過去には、暴走行為の取締中に相手に重大な負傷を負わせて、訴訟沙汰になりかけたこともあったそうですが、当時の装備品はもう使っていません。警棒の使用についても、職務上『正当』と認められれば特に問題にならなかったはずなのですが、この警察官の対応が致命的だったのは、問題の“事件”について上司や同僚に報告していなかったことです」(同・県警関係者)

 地元メディアの報道などによれば、高校生が負傷した“事件”を県警が覚知したのは、「救急」からの連絡を受けてからだったという。高校生は負傷した後に自ら119番通報して病院に救急搬送されており、県警側が事態を把握したのは高校生の発したSOSの後だったことになる。

「警察官は当初、県警の聴取に『一瞬のことでわからない』と話していたなどと報道されています。真夜中の視界が悪い中での出来事で、はっきりと視認できる状況でないのは当然なのですが、警察官は警ら中に誰かと接触したという事実すら報告していなかったそうです。こうした警察官の対応は、明らかに基本動作から逸脱したものだった。県警側がすぐに『適正な対応だった』と発表できなかったのはそのためでもあるのです」(同・県警関係者)


■警察官も立件される方向


 事案の背景として、夜間に出歩く少年少女の多さや、バイクと身近な若者文化など、沖縄特有の地域事情との関連を指摘する声もある。バイクなどによる集団暴走行為を助長する「チビカメ」と呼ばれるスクーター部隊の存在があることも、「デイリー新潮」で既に報じた。こうした様々な要因が複雑に絡み合い、未来ある若者の運命を狂わせた「事件」と「暴動」は、偶発的に発生したのである。

 今後、県警の捜査はどのように進んでいくのか。

「沖縄署前に集まった暴徒については、その素性をおおよそ把握しており、器物損壊容疑での立件に向けて準備を進めているようです。ただ、容疑者の逮捕に踏み切る時期については、発端となった“事件”、つまり問題の警察官の処遇を待ってからということになりそうです」(同・県警関係者)

 関係者によると、その警察官は現在も県警に籍を置き続けているものの、現場勤務から外され、謹慎中の身の上。特別出向で同時期に着任した同僚がいたが、その多くが既に帰任しており、何らかの処分を待つ身だという。

「立件する方向で捜査は続いています。焦点になるのは『故意性』があるかどうか。現場報告をきちんとしなかった点が、検察側に『悪質』と捉えられれば、下手をすれば特別公務員暴行陵虐罪に問われかねない。少なくとも過失致傷罪での立件は避けられない情勢です。早ければ数カ月内には結論が出る見込みです」(前出の県警関係者)

 高校生が失明という重傷を負ったことからも、県警側は賠償責任を負う可能性もある。いずれにしても県警幹部が胃をきりきりさせる日々は当分続きそうだ。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)