上皇ご夫妻、2年ぶりに赤坂御用地へ 仮御所で探された「アマビエ」塗装の飛行機

上皇ご夫妻、2年ぶりに赤坂御用地へ 仮御所で探された「アマビエ」塗装の飛行機

コロナを常に気にかけられて……

 日本人は人生で平均3度の引っ越しを経験するというが、米寿を迎えられた上皇さまと美智子さま(87)のご負担は相当なものだったろう。東京・高輪で2年にも及ぶ仮住まいを余儀なくされたお二人は、「アマビエ」への思いを胸に新居へと移られていったというのだが……。

 ***

 4月26日、お二人は改修工事が完了した赤坂御用地にある仙洞(せんとう)御所へと移られた。天皇・皇后両陛下の“終の住処”ともいえるのは皇居の御所だが、202年ぶりの生前退位に伴い、お住まいを離れられる必要が生じたのだ。

 宮内庁担当記者が言う。

「2019年に退位された上皇さまにとっては、このお引っ越しで安住の地を得られたわけで、ようやく一息つかれたところだと思います。宮内庁にとっても再び赤坂に戻られるのは想定外の事態で、バリアフリーなどの改修工事を行うため、その間は高輪の旧宮邸を仮御所として使われていたのです」


■「お会いできたのは今回限り」


 その高輪を去られる際は、近隣に住む港区の町内会長らを仮御所へと招き、感謝のお言葉を述べられたという。

「住まわれた当初から地域は歓迎ムード一色でしたが、コロナの影響で、お会いできたのは今回限りとなってしまいました」

 と話すのは、港区観光大使も務める松ヶ丘会会長の安藤洋一氏(79)だ。

「私を含め近隣の町会長5名と港区長、区議ら8名で両陛下へ花束を贈呈した後、感謝のお言葉を賜りました。ゆっくりと歩かれる上皇さまを美智子さまが常に寄り添い、支えてらっしゃるのが印象的でしたね。敷地は外壁と高い木に囲まれていますが、中に入ると空が大きくぽっかりと抜けて見えました」


■疫病封じの妖怪


 自粛生活を送っておられた上皇さまご夫妻にとって、実はこの空こそが外界との数少ない接点だったのだ。

 さる宮内庁関係者はこう明かす。

「上皇さまご夫妻は、お引っ越しから最近の半年近くはお二人そろって外出されることもなく、その後も上皇さまは月に数回皇居にある生物学研究所へ通われる程度、美智子さまも宮内庁病院で定期健診を受けるだけの生活。仮御所で過ごされる時間が増える中、時折、空を見上げてはアマビエを探しておられたそうです」

 アマビエとは江戸時代後期、今の熊本県に出現したとされる疫病封じの妖怪。コロナ禍で注目が集まった。

「日本航空は、一部の航空機の真下に“アマビエマーク”を特別に塗装して運航しているのですが、アマビエ好きの美智子さまは、それを見つけるのを楽しみにされていたそうです」(同)

 仮にも上皇さまご夫妻がお暮らしになっている場所で、飛行機などが間近に見られるものなのか。

 近隣住民に尋ねてみると、

「そりゃ飛行機なんてたくさん見るし、本当にデカいよ。自分も高齢者で目がいいわけじゃないけど、ハッキリと窓まで分かる。五輪の関係などで羽田への航路が変わり、このあたりでも飛行機が真上を飛ぶようになってね。正直、轟音もすごいから迷惑だと反対する住民も多いけど、美智子さまが楽しみにされていたと聞くと複雑な心境だね……」

 コロナがなければ、近隣住民の声を聞く機会を持たれたかもしれないと思うと、つくづくこの疫病が忌まわしく思えてくる。

「週刊新潮」2022年5月5・12日号 掲載

関連記事(外部サイト)