史上最年少で囲碁「名人」挑戦の仲邑菫 叔母が振り返る「神童の育て方」

史上最年少で囲碁「名人」挑戦の仲邑菫 叔母が振り返る「神童の育て方」

史上最年少で女流タイトル挑戦権を獲得した仲邑菫二段

 若手棋士といえば将棋の藤井聡太五冠(19)の名が口にされがちだが、どっこい囲碁の世界も前途有望な才能の宝庫なのである。10歳で史上最年少のプロ棋士となった仲邑菫(なかむらすみれ)二段(13)もその一人。先頃タイトル戦の挑戦者としても最年少記録を更新したが、かような神童はいかにして生まれたのか。

 ***

 結果は2連敗ながら、仲邑二段は囲碁界の歴史を大きく塗り替えた。3月、第33期女流名人戦三番勝負に出場を決めた時点で、彼女はまだ13歳。史上最年少のタイトル戦挑戦者として注目を集めたが、4月16日の第2局で藤沢里菜女流四冠(23)に負け、タイトル奪取とはならなかった。

 観戦記者が言うには、

「勝利した藤沢四冠は5連覇達成で『名誉女流名人』の称号を手にしましたが、女流最強の異名を持つ彼女は、タイトル戦を16歳1カ月の時点で勝利した最年少記録を持っています。つまりは、今回13歳1カ月で挑戦した仲邑二段が藤沢四冠に勝っていれば、記録が大幅に更新されていたはずです」


■「スマホとか持っていないはず」


 まだ仲邑二段は中学2年生になったばかり。囲碁にかける情熱は並大抵のものではないという。

「菫本人はスマホとか持っていないはずですけど、もともと携帯ゲームとかインターネットはおろか、テレビさえ家で観る環境には育っていないと思いますね」

 そう明かすのは、仲邑二段の叔母で、自らも棋士である辰己茜三段(39)だ。

「菫が幼い頃、姉一家は埼玉から大阪に引っ越したのですが、それを機にテレビを手放したと聞いていますので、毎日囲碁ばかり打っていたと思います。菫から“テレビを観たい”などの不満は聞かなかったですね。保育園とか小学校で、当時だったら『アナと雪の女王』などがはやり、教室で友達が歌を歌ったりキャラクターグッズを持っていたりしたそうですが、菫は物語の詳細を知らずとも周囲に溶け込めていました」

 父は棋士の仲邑信也九段で、母も囲碁インストラクターだったという家庭に育った仲邑二段は、3歳で囲碁のルールを覚え、大人と互角に戦ったというから驚かされる。2019年4月には、日本棋院の「英才特別採用推薦棋士」の第1号として入段を果たし、公式戦デビューや二段昇段などの節目で、最年少記録を樹立し続けてきた。


■「おそらく高校には進学しない」


 改めて辰己三段に聞くと、

「昔は負けると悔しくて泣いてしまう場面もありましたが、プロデビュー後は思った以上に注目を浴び、対局が終わればマスコミの方に感想を聞かれるなどしてきたので、しっかり喋らないといけない環境で鍛えられた面はあるでしょう」

 実際、この数年の写真を見比べてみても目力が強く、一気に大人びた印象を受けるのだ。

「恐らく菫は高校に進学しないんじゃないか。そう思いますね。将棋の藤井さんは高校を中退してニュースになりましたが、私たちの世代は中学生くらいでプロ入りすれば、高校時代は勉強している場合じゃないだろうという感覚が普通だった。棋力が一番伸びる時期なので、1日10時間はあたり前のように碁を打つ。菫もこのまま実力を磨けば、中学生のうちにタイトルをとれるのではないかと期待しています」(同)

 令和の囲碁界を引っ張る神童の次なる一手は――。

「週刊新潮」2022年5月5・12日号 掲載

関連記事(外部サイト)