刃渡り12センチの「工作用クリ小刀」で4人も殺害できるのか【袴田事件と世界一の姉】

刃渡り12センチの「工作用クリ小刀」で4人も殺害できるのか【袴田事件と世界一の姉】

犯行に使われたとされたクリ小刀(小川秀世氏提供)

 1966(昭和41)年、静岡県清水市(現・静岡市清水区)で味噌製造会社「こがね味噌」の橋本藤雄専務一家4人を殺害した強盗殺人罪で死刑が確定し、囚われの身だった袴田巖さん(86)が静岡地裁の再審開始決定とともに自由の身になったのは、2014年3月のことだった。現在は浜松市内で姉のひで子さんと共に暮らす。連載「袴田事件と世界一の姉」の16回目は、凶器とされたクリ小刀について見ていく。【粟野仁雄/ジャーナリスト】


■袴田事件が題材の映画


 袴田事件を題材にした映画としては、高橋伴明監督の『BOX 袴田事件 命とは』(2010年)がよく知られるが、物語の主役は袴田巖さんというより、一審の静岡地裁でただ一人、無罪を主張した熊本典道裁判官(2020年死去)だった。新井浩文(43)が巖さんを、萩原聖人(50)が熊本裁判官を演じた。

 ドキュメンタリー映画としては金聖雄監督の『夢の間の世の中』(2016年)、『獄友』(2018年)がある。2014年3月の釈放後の巌さんの日常や、東京拘置所などで一緒だった布川事件の桜井昌司さん、杉山卓男さん、足利事件の菅家利和さん、狭山事件の石川一雄さんら、冤罪被害者との交流を金監督が丹念に撮影した記録が中心だ。

 このたび、新たに巖さんのドキュメンタリー映画を製作するという女性が現れた。ドキュメンタリー映画監督の笠井千晶さん(47)である。笠井さんは静岡放送(SBS)の記者時代から、まだ東京拘置所に収監中だった巖さんに姉のひで子さんが面会に行く様子や、ひで子さんの思いなどを記録してきた。映画監督として独立してからは、福島第一原発事故の被災者らを密着取材したドキュメンタリー映画『Life 生きてゆく』で2018年の「山本美香記念国際ジャーナリスト賞」を受賞するなど、優れた映画監督である。笠井さんは「映画に興味を持ってもらいたいので、撮影現場なども公開したい」と話しているという。映画のタイトルは、プロボクサーだった巖さんにちなんで『拳(けん)と祈り』を予定しているとか。

 ひで子さんは「巖が釈放された時に、彼女しか撮影できていない場面もあるそうです。見守り隊として月に2度くらい巖のパトロールの御供もしてくれています。笠井さんはSBSにいらした時もいい番組を作ってくれて、どんな映画になるのか楽しみですよ」と喜んでいる。大いに期待したい。制作資金の一部に充てるクラウドファンディングは6月13日まで受け付けている。


■現場で発見されたクリ小刀


 さて、殺人事件で最も重要な「証拠」は、言うまでもなく凶器である。今回は袴田事件の凶器について、当時の報道などを振り返りつつ見ていきたい。

 まずは静岡新聞1966年7月7日の朝刊。

〈被害者宅のものでない 清水市の強盗殺人放火 現場にあった小刀

【清水】清水市横砂の会社重役一家四人強盗殺人放火事件の特捜本部は、六日も捜査員八十人を動員従業員や付近一帯の聞き込みを行なった。(中略)

(2)現場から発見されたクリ小刀と木製のサヤは、橋本さん方の物ではない。クリ小刀は焼け、顕微鏡でも銘はわからない。鋼質、木質、形状を分析し、メーカーの発見につとめる。

(3)事件発生前の夜九時ごろ、近所の主婦が橋本さん方に卵を買いに行き、ちえ子さんに会ったが別に変わったようすはなく、テレビがかけられていた。その後、間もなく同宅前を通ったときは、シャッターはしまっていたという。現場から発見された雨ガッパについては、こげたあとが下になっていたところから、移動したのではないかと見られている。この点から犯行のさいに着ていたものと推定される。今後はみつかったクリ小刀とサヤが合致するかどうかを調べることになっている。(中略)この雨ガッパからは血液は出ていないが、ポケットに凶器の白サヤがはいっていたため、犯人が着ていた公算が大きく、同本部は事件前、このカッパが置いてあった従業員寮を四日強制捜査している。〉


■傷口と合わないクリ小刀の形状


 事件から2日経った7月2日、捜査陣は仏壇の間で死んでいた次女・扶示子さんの足元に木工細工などで使うクリ小刀を発見した。柄の部分は完全に焼けて跡形もなかった。金属部分も相当擦り減っていて顕微鏡で見ても銘柄などはわからなかったが、静岡県警が電解研磨すると「安来鋼」「玉菊」という銘柄が浮かび出て、製造元は兵庫県小野市の井上熊吉商店と判明した。店を取材すれば当時のことが分かるかもしれないと思い調べたが、見当たらない。長谷川熊吉商店や井上製作所があり、電話したが無関係。市の商工会議所に訊くと「井上熊吉商店というデータがありません」とのことで、かなり昔に廃業したようだ。

 警察の調べでは、刃の部分は井上熊吉商店が兵庫県三木市の寺口小刀製作所に製造させたものだ。この会社も現在はなかった。小野市の算盤と三木市の刃物は全国的にも有名な特産であることは小学校時代、社会科の「兵庫のくらし」で覚えたが、商工会議所によると現在はホームセンターに卸す大手が業界を席巻し、多くの刃物業者が廃業したという。クリ小刀は、事件の年の3月に井上熊吉商店が沼津市など静岡県内の金物店に卸していたことがわかった。静岡県警は購入先として沼津市の菊光商店などを調べた。

 木製の鞘部分は、犯行時に巖さんが着ていたとされた雨合羽のポケットから出てきた。県警は、長さが14・8センチ、幅は3センチのこの鞘と、焼け跡から見つかったクリ小刀の刃が一致したとして、犯行時に巖さんが使った凶器と見なした。

 誰でも疑問に思うのは、全長17センチ、刃渡り12センチ、刃幅2・2センチという工作用の小さな刃物で、大人4人を短時間で刺殺できるのかということである。小刀には鍔(つば)もない。血糊で滑って、自らの手が刃物のほうにずれて、手を切ってしまう可能性も高い。一家4人をめった刺しにしながら、発見されたクリ小刀は、刃先が少し欠けていた程度だという。

 重要なのは、凶器と被害者の刺し傷、切り傷との一致だが、弁護団の調査では、例えば扶示子さんの胸の傷は、幅が1・38センチ。解剖結果のように胸椎(きょうつい)まで達する傷なら、クリ小刀の根本部分まで突き刺したことになる。だが、クリ小刀の根元部分の幅は2・7センチで、傷とまったく合わない。幅が細く長い刺身包丁のようなものでないとできない傷だ。1993年には日本大学の押田茂實教授(当時)が「凶器とされたクリ小刀では被害者の体の傷はできない」との鑑定書を出している。


■屠場で働く剛毅な「活動家」の実験


 クリ小刀より遥かに剛健な日本刀でも、刃が骨にまで達してしまえばすぐに刃こぼれしてしまう。時代劇のように1人で何人もバッサバッサと斬り倒してゆくことなど、現実には不可能だといわれる。

「クリ小刀では4人の殺害は不可能」を実証した男がいる。「袴田巖さんの再審を求める会」の代表だった支援者の平野雄三さんだ。平野さんは東京・芝浦の食肉処理場に勤めていた時、職場にある豚を使ってクリ小刀で突き刺す実験を繰り返した。肋骨を切断したり貫いたりすることは不可能だった。無理に切断しようとしたら、ちゃちなクリ小刀は簡単に折れてしまった。クリ小刀は、刃の部分を柄に差し込んでいるだけで止め釘ひとつない。小中学校時代、筆者は工作好きでよく使ったが、刃がしょっちゅう抜けて差し直したものだ。骨を切断するような刺し方をした後に、柄を持って引き抜いて刃がついたままのはずがない。平野さんの重要な実験を録画した弁護団は、1994年に提訴した一次再審で証拠提出していた。

 2006年、平野さんは肝臓がんで急死してしまう。「袴田巖さんを支援する清水・静岡市民の会」の山崎俊樹事務局長は当時、ひで子さんも参列した葬儀の弔辞で「受話器の向こうに響く、あなたの野太い声、それも、もう聞くこともできません。私はまだまだあなたに聞かなくてはならないことがいっぱいあったのです」などと悼んだ。

 妻の君子さんに電話で伺った。

「私は当時、公文塾を経営していたので、雄三さんがやっていた袴田さん支援の活動には関われませんでしたが、彼はなんだか一生懸命にやっていましたね。雄三さんはちょっと自分の考えを押し通すような我が強い人で、袴田事件支援のきっかけになったはずの(東京都)東村山市の支援団体(無実の死刑囚・袴田巖さんを救う会=門間正輝代表)の門間さんたちとは喧嘩別れのようになってしまったようです。最終的に『袴田巖さんの再審を求める会』を立ち上げて、発刊物『さいしん』も一生懸命に発送したりもしていました。夫が亡くなってから、重要書類と書いた書類袋から『さいしん』の創刊号が出てきたりして、雄三さんはこんなことやってたんだと知りました」などと懐かしそうに話してくれた。


■ひで子さんも感謝


 平野さんは日本電信(東京都港区)に勤めていたが、まだ日中国交回復前の中国を訪問したことで防衛庁から情報提供を強要されたり、会社側から不当な配転などの圧力をかけられ最終的に解雇された。平野さんは「不当解雇だ」だと裁判闘争を展開、総評系の労働者団体などが支援したが、1973年に和解が成立した。中国物産の行商などをしながら巖さんの支援していた平野さんの次の就職先が食肉処理場だったのだ。

 正義感は強かったが直線的な性格が災いし、弁護士団や支援者とも激しく意見対立して衝突。支援団体を追い出されたりもした。1993年には弁護団の安倍治夫弁護士(故人)が新証拠としての裏木戸鑑定と浜田鑑定書(これらについては後述する)を批判する文書を静岡地裁に提出することを知り、「暴力以外のあらゆる手段を使って妨害(本人談)したが提出されてしまった」(本人談)という。

 平野さんは「市民の会」の機関誌「無実/第7号」(2004年11月)に、「オープンな意見を戦わせるということは、足を引っ張り合うことではなく、当事者の利益(再審・無罪を勝ち取ること)を優先にして厳しい議論をすることである。これに耐えてこそ“難敵”の最高裁から勝利を勝ち取ることができると思う」を結んでいる。支援に関わってからの静岡地裁と東京高裁の巖さんの再審請求は認められなかったが、高裁の棄却について「最初に結論(棄却)があって、後から理屈をつけたとしか思えない」と批判し、最高裁での特別抗告審を戦う決意を書いている。

 亡くなった翌年の2007年4月21日には、東京都豊島区で「平野雄三さんを偲ぶ会」が開かれ、妻・君子さんも招かれた。また、巖さんを支援し続けた「トクホン真闘ジム」の佐々木隆雄会長(故人)は、この時の会報に「一直線の男」と題して「袴田さんが無事獄中から生還したら、うちのジムのリングの上に大の字になって一緒に酒を飲み語り明かそう。平野さんとはよくこんな夢を語り合ったものだ」などと記している。

 剛毅だった平野さんについて、ひで子さんは「本当に一生懸命に豚で実験をやってくれました。うちにも来てくれて、私はご飯を炊いとくだけで、平野さんが肉を持ってきてくれてしゃぶしゃぶをやったりしましたね。君子さんは『夫はすぐ人と喧嘩してしまうんです』と困っていました。雄三さんが亡くなってからは、君子さんも支援に参加してくださり、私が上京した時も家に泊めていただいたり、君子さんの故郷が島根県なので、一緒に出雲旅行をしたりしましたよ」と話し今も感謝している。

 世紀の冤罪事件、様々な人や市民団体が獄中の巖さんを懸命に支援してきたことを改めて痛感する。


■「法廷証言は嘘」と悔いる老女


 クリ小刀について、静岡県警の捜査報告書はこう書いている。

〈被告人袴田を逮捕の上、調べたところ、41年3月下旬ころの日曜日に、沼津市に遊びに行った時、菊光刃物店で500円で購入したことを自供し、その裏付けとして、菊光刃物店の女主人が被告人を確認するとともに、店舗の位置、店内の様子などが自供と一致し、本件犯行の凶器の裏付けが取れた。〉

 だが、巖さんが菊光刃物店で購入したという証拠は全くなく、自供のみが根拠。自供内容がころころと変わるなど不自然な部分が多かった。

「サンデー毎日」2020年5月10・17日号に「55年目の重大新証言 凶器のクリ小刀は売られていなかった」のタイトルで驚きの記事が載った。取材・執筆はジャーナリストの青柳雄介氏。以下は記事の概略。

 菊光刃物店の店主の妻・高橋みどりさんに、捜査員が「見覚えはあるか」と20枚以上の顔写真を見せた。みどりさんが「見覚えがある」として袴田巖さんの写真を選んだということになっていた。後の裁判でも検察側証人として、みどりさんは「見覚えのある顔があった。写真を裏返したら袴田巖と書いてあった」と証言している。

 しかし当時、学生で店を手伝っていた長男の国明さんは、「見覚えのある顔はないと母親が警察に答えていた」と青柳氏に証言している。病床に伏しているみどりさんは、この数年前、息子に対して「本当は袴田さんに見覚えがなく、思っていることとは違うことを証言してしまった。本当は袴田さんを見ていないんです」と告白し、自身の証言が巖さんを死刑判決に導いた一因になったことに贖罪の気持ちを抱いているという。さらに、店で売っていたクリ小刀は4種類あったが、当時、刃渡り13・5センチの製品しか売っておらず、犯行に使われたとされた刃渡り12センチの製品は置いていなかったとも証言している。


■検察の「証人テスト」


 こうした証言が法廷で採用されれば、検察の有罪立証はあっという間に崩れたはずだ。凶器に関する根本的なことが、どうして半世紀も経って出てくるのか。背景がある。

 高橋さんが法廷で証言すると決まると、検察官は「証人テスト」と称して、事前に証人に打ち合わせを求めて来る。裁判所など行ったこともない人は、法廷に立つというだけで緊張してしまい、事前に想定問答を与えてくれる検察に教えられたとおりに言えばいいと思ってしまう。「真実でなければ偽証罪に問われますよ」などと脅されれば、証言者は怖くて言われたとおりに証言するのだ。

 2003年、春の統一地方選で鹿児島県警が選挙違反をでっちあげた志布志事件でも、「証人テスト」が行なわれた。川畑幸夫さんが志布志署の取調室で浜田隆広警部補に足を掴まれて孫の名などを書いた紙を強引に踏まされた「踏み字事件」で、浜田警部補を「特別公務員暴行陵虐罪」で起訴したはずの検察官が、川畑さんに電話をかけてきた。川畑さんに対し「あれ言うな、これ言うな」とやたらに証言内容を指示していた電話の録音が残っている。川畑さんの妻・順子さんが「おかしい」と思い、咄嗟に録音していたのだ。

 証言者に対する「検察の証人工作」は昔から変わらない。


■呼び捨て報道


 真夏の朝、報道陣に愛想を振りまいて任意出頭したはずが、そのまま逮捕された巖さん。マスコミでは完全に犯人扱いだ。

 逮捕翌日(1966年8月19日)の朝日新聞の見出しは、〈犯人やっぱり内部の者、清水の一家放火殺人事件〉、サブタイトルは〈まったく、関係ない なお平然、うそぶく袴田〉。そして〈葬儀にも参列 事件後の袴田 顔色も変えず〉とした記事を載せた。さらに〈油と血液が決めて手 苦心重ねた県警鑑識陣 50日ぶりに解決〉と警察を称賛する記事を展開した。

 毎日新聞は〈ぬぐえぬ遺族の悲しみ 清水の強殺放火 静かに祈る昌子さん 従業員は複雑な表情〉。さらに〈捜査員、ねばりの勝利 逮捕の朝、自信にはればれ〉。そして〈心臓病おして不眠の指揮〉と沢口清水署長を称えた。8月20日付の朝日新聞夕刊は〈袴田、きょう送検、いぜん「だんまり戦術」〉。

 当時の新聞やテレビの報道は容疑者段階で呼び捨てである。ちなみに、判決確定まで原則「推定無罪」のはずの被逮捕者を「呼び捨て」することに対して、1980年代後半から人権上の批判が高まり、報道機関が「容疑者」の呼称を付けるように改まったのは1989年12月である。それまではNHKのニュースでも呼び捨てだったのだ。現在、30代以下の若い人は、「呼び捨て時代」を知らないかもしれない。通信社の記者になって9年近くは、逮捕された人を当然のように呼び捨てにして記事を書いてきた筆者は、正直言うと、この変更に当時、違和感も持ったものだ。「容疑者なんていう変な呼称をつけようがつけまいが、犯人だと思う世間の印象は変わらないはずだ。つまらないことをするなあ」といった違和感である。しかし御存じのように、現在は定着している。

 弟が逮捕された頃の状況について、ひで子さんは「もう、ひどい報道でしたので、新聞もテレビも見ず、ラジオも聞かなかった。巖の逮捕で1カ月ほど会計事務所を休み、浜北の実家に戻っていましたが、母もショックで寝込んでしましました。兄たちとも、そういうニュースが母の目に留まらないように注意していましたよ」と振り返っている。

粟野仁雄(あわの・まさお)
ジャーナリスト。1956年、兵庫県生まれ。大阪大学文学部を卒業。2001年まで共同通信記者。著書に「サハリンに残されて」(三一書房)、「警察の犯罪――鹿児島県警・志布志事件」(ワック)、「検察に、殺される」(ベスト新書)、「ルポ 原発難民」(潮出版社)、「アスベスト禍」(集英社新書)など。

関連記事(外部サイト)