4630万円誤送金事件 経験者が出金記録から分析する「田口容疑者のオンラインカジノ無間地獄」

4630万円誤送金事件 経験者が出金記録から分析する「田口容疑者のオンラインカジノ無間地獄」

「オンラインカジノで使い果たした」と供述している田口翔容疑者

「資金洗浄説も浮上していますが、病的なギャンブラーがオンラインカジノで4630万円を僅か11日間で溶かしてしまうことは、ありうると思います。彼の出金記録を見ていると、必死になってギャンブルと格闘していた姿が目に浮かんできます」。こう語るのは、オンラインカジノにハマり、2〜3カ月間で300万円もの大金を失った経験を持つ男性である。

 ***


■665円しか残高がなかった口座


 Aさんは40代のサラリーマン。今は立ち直ったというが、長い間、ギャンブル依存に苦しんできたという。

「入り口は大学時代に覚えた麻雀。友達とワイワイやっていた頃は楽しかったんですが、一人でフリー雀荘に通い始めてからおかしくなっていった。パチンコ、競馬、ありとあらゆるギャンブルに手を出してきましたが、最後に行き着いたのがカジノです。きちんと数えたことはありませんが、ギャンブルで2000万円くらいは負けたと思います」

 Aさんがまず注目したのは、当初、田口翔容疑者(24)の口座の残高が665円しなかった点だ。

「お恥ずかしい話ですが、つい数年前まで私も同じでした。病的なギャンブラーは、有り金すべてをギャンブルに費やしてしまいます。1000円あればパチンコで最後の勝負が出来ますからね。おそらく彼には借金があったのでしょう。取り返さねば、という強迫観念に支配されながら、日々を過ごしていたのではないかと推測します」


■印鑑を購入していた


 現地取材でも、田口容疑者がパチンコ好きで、1日に数万円も使っていたという証言が得られている。勤務先のホームセンターから得ていた給与は約25万円。自転車操業だった可能性もある。そんな彼に突如舞い込んできた“チャンス”が、山口県阿武町が誤送金してしまった4630万円だった。

 Aさんはこう強調する。

「ギャンブルの経験がない人は、彼が4630万円を天から降ってきたと考え、最初から使い果たすつもりだったと思うかもしれません。しかし、私は違うと思います。彼は、この大金を種銭にしようと思いついたのではないか。『ひとまず借りて、増やしてから返そう』と。ギャンブラーは常にギャンブルをしたくてしょうがないのですが、目的は負けることではありません。勝ってお金を増やしたい。いや、勝ってこれまでの負けを取り返したいのです」

 確かに、4月8日、町の職員が誤振込みに気づいて自宅を訪れた時、田口容疑者は「風呂に入っている」と職員を待たせはしたが、最終的には銀行で組戻し作業をすることに納得し、その日のうちに阿武町から90キロも離れた宇部市の銀行支店まで職員の車で向かっている。副町長によれば、道中で彼は印鑑も購入していたという。


■5000ドルから勝負は始まった


 だが、片道2時間かけて行った銀行の玄関に立った時、田口容疑者は、突如、「今日は手続きしない」と翻意したのだ。そして、その日からデビットカードで、カジノ口座に金を動かし始めたのである。

 最初の金額は67万8967円。1日おいて4月10日には、68万526円を2回と、125万6441円を動かした。

「海外のオンラインカジノはドルで決済するので、このような端数が出たのでしょう。彼はまず5000ドルで勝負をしたのではないでしょうか。最初から全額をマネーロンダリングするつもりだったとしたら、限度額ギリギリを出金したはずです。いつ何時、差し押さえられるかもしれない状況にあるのですから」

 Aさんは、その時の田口容疑者の心理をこう読み解く。

「具体的な目標額はわかりませんが、数十万円くらい勝って浮き分を確保してから、元金を返すつもりだったのではないか。私も家の貯金や妻のクレジットカードに手をつけたことは何度もあります。最初は数万円です。でも、それが重なり、やがては一気に取り返そうとして、桁が増えていくのです」


■34連敗の謎


 翌11日には、5000ドル相当の金を2回動かした後、1万ドル相当の金を4回動かした。12日には決済方法を変えたため、300万円、400万円と端数のない大金を2回動かしている。

「出金ばかりで入金がなかったから、彼がずっと負けっぱなしだったと思われている節があります。入金ごとの単位で見ると彼が連敗していたのは事実ですが、1日の中で短期的に勝っていた瞬間もあったに違いありません。最初のうちは、いきなり入金した全額をバカラ(2分の1の確率にかける丁半博打のようなギャンブル。1回のゲームは1分もかからない)に突っ込むような賭け方はしていなかったと思います。1万ドルが1万5000ドル、2万ドルくらいになっていた瞬間もあったでしょう」

 しかし、負けが走っているギャンブラーは、「損切り」という合理的な判断はできないというのだ。

「取り返さねば……。頭の中にあるのは、その一点です。だから無茶な勝負に挑んでしまうのです。300万、400万と一気に入金額が増えたタイミングは、もはや狂気に囚われていたと思います。このくらいの段階までくれば、1ベット1万ドルくらいで倍々プッシュ(勝ち額をそのまま賭ける手法)の勝負を仕掛けていた可能性は多いにある。その過程で、もしかしたら、この1回の勝負に勝ちさえすれば救われる、という場面もあったかもしれない」


■終わりのないギャンブル


 だが、ツキに見放されたのか、彼の出金はその後も延々と続いていくのである。結局、11日間で計34回もの出金が繰り返され、口座には6万8743円しか残らなかった。

 Aさんはオンラインカジノにはまっていた日々を、“無間地獄”という表現で振り返る。

「パチンコ屋には閉店があるでしょう。競馬も最終レースが終わったら帰るしかない。しかし、オンラインカジノには終わりがないのです。金が続く限り、24時間、延々と張り続けられる。会社への出勤途中や昼休みにも、スマホでひと勝負が可能なのです」

 負けが込んでいる最中は、まったく楽しい気持ちはないという。

「喉元が焼けるような感覚に襲われます。本当はすぐにでもやめたい。勝って、取り返して、元通りにして、二度と手が出せないようカジノサイトを封印したい。でも、負けが膨らむからやめ時が見つからない。破産へとひた走ってしまうのです」

 身の毛がよだつような狂気の世界である。果たして、田口容疑者は、本当にギャンブルですべてのカネを使い果たしてしまったのだろうか。それとも……。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)