離婚を切り出した妻の“30年分の愚痴”に58歳夫の言い分 冷蔵庫の食材を捨てる姿にムッとして何が悪い?

離婚を切り出した妻の“30年分の愚痴”に58歳夫の言い分 冷蔵庫の食材を捨てる姿にムッとして何が悪い?

「横暴に振る舞ったつもりはない」と圭太さんは言うが…

 昭和と今とでは「価値観」が違う。昭和の高度成長期に子ども時代を過ごし、就職したときはバブル全盛期。そんな男たちの中には、無意識のうちに「男は外で稼ぎ、女は家事育児と分担したほうがすべてがうまくいく」と思い込んでいる人が少なからずいる。「意識がアップデートされていない」とよく言われるが、実際には分業がうまくいくケースもあるだろう。分業しているかどうかが問題なのではなく、その裏にある「家事育児にいそしむ妻を下に見ているかどうか」が重要なのではないだろうか。【亀山早苗/フリーライター】

 都内在住の岩井圭太さん(58歳・仮名=以下同)は、今、妻から離婚を迫られている。1年前、初めて離婚をちらつかされたとき、この年になってそんなめんどうなことはしたくないと聞く耳を持たなかった。だが妻は執拗だった。

「いったい何が原因で離婚なんて言い出したのか。理由を聞かせてほしいと言ったんです。そうしたら出てくる出てくる。結婚当初からのさまざまな不満を妻はぶちまけ始めました。コロナ禍で家にいる時間が長かったせいもあり、聞くしかありませんでした」

 圭太さんが就職したのは1987年。バブル全盛一歩手前の時期だ。内定が出ると企業から研修と称した囲い込みがあるような時代だった。彼も、当時人気の大企業に就職が決まり、すぐに沖縄旅行が与えられた。他社に就職活動をさせないためだ。

「僕なんかそんなに優秀な学生でもなかったんですが、売り手市場だったんでしょうね。就職してからもボーナスは高かったし、先輩たちは毎日、朝まで遊んで仕事に来るし。よく働き、よく遊びました。なんだか世の中が狂乱している感じでした」

 結婚したのは28歳のとき。バブル崩壊直後だったが、実際にはまだそれほど「不況」を実感していなかった。友人との飲み会で知り合った同い年の女性と2年つきあってのゴールイン。これも当時としてはごく普通だ。どうしても結婚したい、家庭を作りたいという気持ちが強いわけではなかったが、周りもそろそろ結婚しているし、職場でも「結婚したほうが信頼される」という暗黙の了解があった。


■家事育児、家計も妻まかせ


 30歳で長男を、32歳で長女をもうけた。妻は長男を出産する時に退職した。これも当時としては多かった選択だ。

「イクメンとか男も家事をやろうなんていうことはまったく言われていない時代でした。職場に女性は増えていたけど、まだ結婚か仕事かどちらかを選択しなければいけないような雰囲気はありましたね。そこから徐々に変わっていって、今は両立が当たり前になってきた。それはいいことだと思います。だけど僕の時代はそうではなかった」

 家事も育児も妻に任せきりだった。ただ、夏休みには必ず会社の保養所を予約して子どもたちを旅行に連れていった。授業参観には行ったことがないが、運動会には参加した。子どもが習い事をしたいといえば反対はしなかった。

「あのころ、私がもっと子どもたちと話をしてよと言ったのを覚えてる?」

 妻はそう言ったと圭太さんは言う。だが彼は何も覚えていなかった。子どもと話し、習い事の月謝と折り合いがつけばやらせればいいだろうと言ったような記憶はある。そう、彼は家計も妻に委ねていた。

「給料が振り込まれる銀行のカードは妻がもっていました。僕は毎月、小遣いをもらうだけ。残業代の一部を内緒で僕自身の口座に振り込んでもらって、なんとかしのいでいましたね。ボーナスの一部も別口座に入れてもらっていたから、社内外のつきあいもこなせた。家計は妻にやらせていたわけではなくて、実質、家の財務大臣は妻であると認めていたんです。それも“昭和だ”と言われればそれまでだけど、少ない生活費を渡してこれでやりくりしろというよりずっとましでしょ。家計から妻が友だちと遊びに行こうが貯金しようが、それは妻の自由だと思ってやってきました。口うるさく言ったことはなかったはず」

 それでも長女が小学校に上がると、妻は近所にパートに出るようになった。それも「家事育児に響かない範囲で」と言われたことに妻は不満をもったようだ。だが、パート給与を抑えたほうが税制上、得だったから妻は1日数時間の勤務にとどめていた。

「本当はもっとバリバリ働きたかったと妻は言う。でもそれならそう言えばよかったのにと僕は言う。『あなたは仕事ばかりしていて、そういう話し合いもできなかった』って。そんな昔のことを持ち出して、妻は何を言いたいのか僕にはさっぱりわかりませんでした」


■バレていた浮気


 そんなふうに、彼に言わせれば「とりとめもない不満話」を延々とされたあげく、最後はばっさり「やっぱり離婚したほうがいいのよ」と締めくくられた。

「浮気もしていたでしょ、今もしているでしょと突然、言い出したときはドキッとしましたね。息子が中学の部活で骨折したことがあるんですが、その連絡がつかなかったと。あれは出張と偽って浮気をしていたんだと妻は責める。そんなこともあったかもしれないなという感じなんですよ、僕にとっては。30代後半からコロナ前までは本当に忙しかったし、忙しいなりに出会いも多かった。会社は業績悪化で青息吐息でしたが、それでも多忙だったから、そういうときはつい色恋もがんばってしまうんですよね」

 圭太さんは何かを思い出したのか、ふふと含み笑いをした。妻に浮気をしていたでしょと言われても全否定したそうだ。だが、楽しい恋の思い出もあるらしい。

「本気の恋もありましたよ。40代後半、子どもたちは高校生と中学生。相手も人妻だったんです。いっそすべて捨てて、ふたりで遠くへ行こうと言ったことがあります。朝早く、車で出かけたけど、結局はふたりとも気持ちが萎えてしまって、その日の夕方には戻りました。だから誰も駆け落ちしたとは思っていない。情けない記憶だけど、あのときすべてを捨てていたらどうなったんだろうと今でも思うことがあります」

 証拠はなくても、妻は夫の雰囲気から浮気を疑っていただろうし、確かな実感があったのだろう。


■「男という存在が割に合わない」


 自分では横暴に振る舞ったつもりはないが、妻は「横暴だった。いつもひとりよがりだった」と主張してきた。

「おかずが少ないと文句を言った、夜遅く帰ってきてお茶漬けを作れと言った、とか。共働きだったら言いませんよ、僕だって。でも彼女はほぼ専業主婦だから、そのくらいしてくれてもいいだろうと思っていました」

 パートで働いているのに、夫から見るとそれは「労働」にはなっていないようだ。そういえば思い出したと彼は言った。

「僕のほうの親戚関係で何かあって、ちょっと菓子折でも送っておいてと頼んだとき、妻は『今日は仕事だから行けない』と言ったんですよ。それは前から言っていたのに、なかなかやってくれなかったから、僕はイライラしていたんでしょうね。どうせパートだろ、いつやめてもいいようなものじゃないかと言った記憶がある。妻は『あなたの会社のパートさんにも同じことが言える?』とムキになっていましたね。でも僕は働く必要はないと言っていたんです。仕事がしたい、子どもの学費のためにもお金を貯めたいと言うから、働いてもいいよということになった。無理して働かなくてもよかったんです」

 それもまた、妻の意志を踏みにじっていることに彼は気づいていない。パートだから責任がないわけではないし、仕事は対価を得るためだけのものとは限らないのだ。実際、妻はパートの仕事を楽しんでいたし、そこで友人もできた。職場の上司からは何度か正社員への打診があったという。だが、そういう話も圭太さんは右から左へと流していた。

「結局、私という人間に興味がなかったのよと言われました。興味がなければ結婚しないよと言ったら、じゃあ結婚してから興味を失ったのよ、と。それはお互いさまでしょう。そういう話をずっとしていたら、僕は何のために結婚したんだろうという気持ちになっていきました。家族のために、嫌な上司に媚びへつらい、部下をおだててやる気にさせてがんばってきた。自分のために働いているという意識はあまりなかった。ここで辞めたら家族が食えない。それが僕のモチベーションだった」

 だが、妻はそうは思っていなかったようだ。「私が家事育児を完璧にやっていなければ、あなたは安心して働けなかったでしょ」と言うのだ。圭太さんは「オレが働かなかったら、きみも子どもたちも食えなかったでしょ」と言いたいところだった。だが男がそれを言ったら終わりだと思うから言えない。

「なんだか男という存在が割に合わない気がしましたね」

 圭太さんはそう言って笑ったが、どこか虚しい笑いだった。


■年下女性と「不倫ではない関係」


 そして今。確かに圭太さんには「好きな女性」がいるのだという。ただ、妻が疑っているような関係ではない。

「完全にプラトニックです。相手は10歳年下の既婚女性。仕事関係で知り合い、子どもの受験相談に乗ったりしているうちに、ふたりともプロ野球好きだとわかって……。ときどき一緒に観戦に行きます。ビールを飲みながら試合を見て、今はあまり大声を出しての観戦はできないけど、それでも好きなチームが勝つと思わず声が出てしまいますね。試合後はそのまま解散です。もちろん、僕には下心がありますが、性的な関係を持ってしまうと、いつかは終わりが来てしまう。それならプラトニックのままでいいと思ったんです。彼女にもそのことは言いました。私もそう思うと言ってくれた。そのほうが罪悪感なく会えるからって。これが恋かどうか僕にはわかりません。いつも彼女のことを考えているのは確かだから、妻の指摘は当たっているのかもしれない。でも不倫かどうかは、判例を見てもやはり性的関係のあるなしで決まるんですよね。だから不倫ではないと思っています」

 相手への思いは強い。それでも形式的には「不倫ではない関係」なのだ。妻からどんなに責められても「不倫はしていない」と断言し続けているのは、そんな背景があるからだ。


■子供に相談するも…


 一連の話し合い、彼に言わせれば「妻の30年分の愚痴」について、圭太さんは28歳の息子、26歳の娘、それぞれに相談したいと連絡した。ふたりとも今は家を離れて働いている。どちらもまだ結婚はしていない。

「それがショックなことに、息子は『今、忙しいからしばらく戻れない』と返事がありました。娘にいたっては『お母さんの希望を聞いてあげれば?』と。考えてみれば、息子とも娘ともじっくり話をしたことがありませんでした。大学受験のときも相談されていないし、子どもは子どもで好きなように生きていけばいいと思っていた。ただ、ふたりとも都内で働いているのだし、まだ家を出て行かなくてもいいだろうと感じたことはありました。それでもふたりは離れていった。もしかしたら僕と離れたかったのかもしれない。そう思ったとき、ちょっと衝撃が走りました」

 世の中には、息子や娘とサシで飲みたいという父親は多いだろう。だが圭太さんはそう思ったことがないという。恥ずかしい、と。親子はそんなにベタベタするものじゃないとも彼は言った。それもまた「昭和的感覚」なのだろう。

 一方、妻は子どもたちが味方をしてくれると信じている。それもあって、強気に出ているのかもしれないと思い至った。

「今、離婚するのは損だと思うと妻には言っています。実際、妻がひとりになっても経済的に生活していけないでしょう。でも妻は慰謝料をくれれば、あとは子どもたちも応援してくれると言い張っています。子どもに迷惑をかけるな、と言いました」

 そもそも暴力をふるったわけでもないし、借金で苦しめたこともない。「昭和」な感覚で妻を苦しめたことはあるのかもしれないが、意図的に嫌がらせをしようと思ったことなど一度もない。30年暮らしてきて、なぜそこまで思い詰めたのか。それを知りたいと彼は思った。

「『私の人生、何だったんだろうと思うようになった』と妻は言うんです。僕もそう思っている。じゃあ、この結婚が間違いだったのかというと、ふたりの子どもに恵まれて、平凡ながらも社会に無事に送り出した。それで家庭としての役割はじゅうぶん果たしたのではないかと思うんですよ。結婚して30年、いわゆるラブラブなんて無理でしょうしね。ただ、妻を見ていて思うのは、彼女は今の時代にしっかり適応している。だから離婚という発想も出てくる。僕はやっぱり昭和から抜けていないんでしょう。それだけはよくわかりました」

 最後は自らを「古い価値観に縛られている」と認めた圭太さん。だが、古い価値観が完全にいけないというわけでもないだろう。時代は流れていくが、すべてに適応する必要もない。


■とりあえずの“決着”


「私を下に見ていると妻は言いますが、それはない。ずっと言っているように夫婦で分業していると僕は思っていた」

 稼いでいるのは自分なのだから、言うことを聞けと思ったことが一度もないかと問うと、彼はしばらく考え込んでいた。

「たとえば冷蔵庫を開けた妻が、『ああ、もうダメだわ、これ。食べられない』と野菜などを捨てているのを見たとき、ちょっとムッとしたことはあります。誰のお金で買ったんだ、と。自分のお金で買ったという感覚がないから、家族は物を大事にしないのではないかと思ったし、それはある意味、当たっているんじゃないですかね。オレが偉いと思ったことはないけど、もうちょっとねぎらってもらってもいいよなと思ったことはありますね」

 圭太さんは正直にそう言った。ふたり暮らしになってから、妻はほとんど料理をしなくなった。それについて怒る気持ちにもなれなくなったと彼は言う。

「僕も定食屋で食べて帰ったり弁当を買ったりしています。別に料理をしなくてもいいけど、なんとなく家の中が殺伐としているのは気になっていますね。それが妻の気持ちを表しているようで」

 会って話をしてから2週間後、圭太さんから連絡があった。離婚はしないことになったが、「家庭内別居」を始めたそう。つまりは妻がすべての家事を拒否したのだという。仕事から帰ると、圭太さんは洗濯機を回して自分のものは自分で洗濯する。リビングや風呂、トイレの掃除などは当番制になっている。

「これなら離婚したほうがいいのかとも思いますが、妻もいつか気持ちが変わるかもしれない。しばらく家庭内別居とやらをやってみます」

 そう言った圭太さんの表情は暗い。まだ50代、家庭内別居という名のひとり暮らしを楽しんでみてもいいのではと提案したが、家事ができない男性は、どうしても生活のクオリティが下がってしまう。それを痛感したとき、彼の妻への気持ちが変わるのかどうか。あるいは彼の家事スキルが飛躍的に伸びるのか。それ以前に、これがきっかけで心身ともに不調に陥らなければいいがと思いながら、彼の背中を見送った。

亀山早苗(かめやま・さなえ)
フリーライター。男女関係、特に不倫について20年以上取材を続け、『不倫の恋で苦しむ男たち』『夫の不倫で苦しむ妻たち』『人はなぜ不倫をするのか』『復讐手帖─愛が狂気に変わるとき─』など著書多数。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)