〈鬼畜にも劣る悪人…〉県警「捜査報告書」の呆れた中身【袴田事件と世界一の姉】

〈鬼畜にも劣る悪人…〉県警「捜査報告書」の呆れた中身【袴田事件と世界一の姉】

リモート会見で笑みを見せる袴田ひで子さん(撮影・粟野仁雄)

 1966年6月、静岡県清水市(現・静岡市清水区)で起きた一家4人殺人放火事件で犯人とされ、死刑囚として半世紀近く囚われた袴田巖さん(86)の「世紀の冤罪」を問う連載「袴田事件と世界一の姉」。第17回は最新の動向に加え、逮捕された巖さんが「自白」するまでを取り上げる。【粟野仁雄/ジャーナリスト】


■証人尋問実施も「安心できない」


 5月23日、東京高裁での第7回三者協議後の記者会見には、巖さんの姉・ひで子さん(89)はコロナ感染などを用心して上京せずに、浜松市の自宅からリモート参加した。

 西嶋勝彦弁護団長が、夏に高裁が弁護側の法医学者2人と化学者1人、検察側から法医学者2人を証人尋問する予定を明らかにした。小川秀世事務局長は「検察側証人への尋問は1人20分だけ。個人的には意を強くした」と話したが、西嶋団長は「尋問は前回、東京高裁でも行われたが、再審開始が取り消された。安心できない」と厳しい表情で引き締めた。

 検察が行なう、血痕の付いた布を味噌に漬けて黒ずみ方を調べる実験について、札幌の笹森学弁護士は「検察側証人の法医学者は自分で実験せず、検察官の実験を鑑定人が検証しているだけ。(血痕が)どんどん黒くなっているはずだが、裁判所は(証拠に付いた血痕の色とは矛盾した結果になったとしても)最後まで(実験を)見たがるでしょう」と話した。

 村崎修弁護士は「検察実験では赤みが残る条件は真空状態にした時だが、(犯行時の着衣が発見されたとされる)味噌タンクの味噌が真空になるなんてありえない」などと話した。「マスコミの皆さんが忖度しないで報道するかが問われている」と話し出すと、最年長の西嶋団長が「もういいだろう」と制した。

 ひで子さんのコメントは「再審開始に向かうなら嬉しいけど、裁判所の決定を見なくてはわかりません」と短かった。この後、村崎氏は「冤罪で裁判官がなぜ間違えるのかはプーチンがなぜ辞めないかと同じで……」とも語り出した。長い演説が始まると思ったのか西嶋団長は再び「もうそのへんで」。村崎弁護士は東京の公害訴訟や痴漢冤罪などに尽力してきた。小生は続きも聞きたかった。信念のベテラン弁護士たち。それぞれ個性豊かでいい。

 西嶋団長によると、7月22日と8月1日、5日に予定される証人尋問では、巖さんの保佐人を務める姉のひで子さんの傍聴について、高裁は前向きだった。再審請求審の証人尋問では、「布川事件」の杉山卓男さん(故人)や桜井昌司さん、「東住吉事件」の青木惠子さんなど、冤罪被害者本人が法廷で傍聴している。

 これまで、ひで子さんは、三者協議の時に高裁の建物に入っても『袴田巖さんを支援する清水・静岡市民の会』の山崎俊樹事務局長と共に室外で待たされて、協議には参加させてもらえなかった。


■一挙一投足伝える報道


 1966年8月18日に任意同行され、午前6時ごろに清水署に到着した巖さんに対する取り調べの中心は、当時47歳だった松本久次郎警部(故人)。強盗殺人や殺人、放火などの凶悪事件を多く担当してきた男だ。すぐに取り調べが始まり、昼食休憩は1時間ほどで再開、午後7時32分に逮捕状が執行される。猛暑なのに冷房もない。取調側も大変ではある。

「逮捕から48時間以内」という刑事訴訟法の原則で、2日後の8月20日に巖さんは静岡地検に送検された。同法で認められる容疑者の勾留は最大20日間。この間に起訴できなければ釈放しなくてはならない。「自白させろ」が至上命題。タイムリミットは9月9日だった。

 1回目の勾留(10日間)が切れる2日前の8月29日、毎日新聞朝刊が「袴田の取調べ 第二ラウンドへ 31日に切れる第一次拘置期限」と題した記事を載せた。

《清水市横砂、こがね味噌製造会社専務、橋本藤雄さん(四一)一家四人強殺・放火事件の容疑者、袴田巌(三〇)が逮捕されてから二十八日でちょうど十日目。この間、袴田は捜査当局の鋭い追及に“カベぎわ”まで押されながら、いぜんとして口を割らず、雑談以外は一切“知らぬ存ぜぬ”をきめこんでいる。その“否認”の仕方も、調べが核心にふれると苦しげに黙りこむという消極戦法で、みずから“あかし”を立てて積極的に否認する態度はみられないという。「ウカツにしゃべったら死刑」という心理的恐怖から袴田を“内面硬直状態”においているともいえよう。(中略)

消極否認続ける
当局に自信 “ロープぎりぎり”

“袴田と捜査陣の対決”は十八日夜から始まり、そしていまもつづいている。袴田は逮捕された当時、かなり反抗的な態度を見せ「オレは犯人ではないからなにも知らぬ」「ここは静かだからよく眠れる。いつまでもおいてもらおう」と、高姿勢で先制をかけてきた。

 しかし、三日目の二十一日ごろから興奮もおさまり、よく雑談をするようになったが、調べが核心にふれると「オレのパジャマに他人の血液がつくはずがない」とか「アリバイはある。よく同僚を調べてくれ」の一点ばり。取調官の松本警部が「おまえのパジャマに被害者と同型の血液がついているのは事実だ。犯行当夜、寮にいた同僚もおまえを見ていないというがどうか」と突っこむと「だれかがおれを犯人に仕立てようとしている」と一時間近くも黙りこんでしまう始末。

 その半面、急に沈みこんで「おれは死んでしまいたい」ともらして調べ官をヒヤッとさせる。そして翌朝は「警察の調べはもっときついと思っていたが、意外に民主的ですねえ」などとケロッとする。その表情のどれがほんとうの袴田なのか、調べ官も異常な彼の性格に戸惑っているという。

 袴田のウソつきも相当なものらしく、雑談のなかで「ボクシングの選手当時、マニラに遠征したが、あのころが懐しい」とさも思い出にふける様子。刑事が調べたところ、袴田は一度も海外遠征に出かけたことはなかった。

「話がボクシングにふれると、まるで人が変わったようにしゃべりまくっているが、おそらく大半はウソだろう」と係官もあきれている。(中略)当局では「ロープぎりぎりまで追いつめており、容疑は動かせない」と自信を強めているが、袴田がいつダウンするか――すべては第二ラウンドの取調べと裏づけ捜査にかかっているようだ》

 取調刑事の名を出しての報道など、現在はほぼ考えられない。ある意味、今よりオープンだったが、それだけ当局に記者が取り込まれやすく、偏った記事にもつながる。


■「自供」は9月6日


 9月6日に自供した、との情報を得た新聞は色めき立つ。

 7日水曜日の静岡新聞夕刊。少し長い引用だが、当時、報道が把握していた「犯行状況」がわかる。

《袴田の自供核心へ 清水の一家四人強殺放火 藤雄さん、ちゑ子さん、長男、二女と殺害 手で油かけ 放火 「すまない」と泣きじゃくる

【清水】清水市横砂の会社重役橋本藤雄さん一家四人強盗殺人放火事件の容疑者袴田巌(三〇)は、特捜本部のきびしい追及に六日昼前、ついに犯行を認めたが、同日夜遅くまでの取り調べで終始泣きながら「自分がやった。申しわけない」と自供した。特捜本部は袴田に「悪かった」とざんげする素振りがみえているところから、七日凶器の点と犯行の動機などを中心に詳しく事情を聞いた。

 六日夜からの取り調べに対し、袴田はかなり素直に応じている。「自供したばかりで頭の中が混乱しているのでもう少し考えさせてくれ」といいながらも、同夜のうちに犯行のほとんど全部を自供、七日朝からの調べでも神妙な態度を続けている。調べがちえ子さんら家族さんの殺害にふれると、両こめかみあたりを押さえてかなり苦しそうな表情になるという。

 自供内容については今後まだぐらつく見込みだが、これまでの調べにおける供述はざっと次のとおり――

 動機についてはまだはっきりしていないが、犯行は二十九日のよる計画した。その夜は興奮して眠れず、三十日午前一時二十分ごろ床を出た。クリ小刀を持ち、パジャマ姿で階下まできたが、パジャマがひらひらしてじゃまになるので一階の部屋にかかっていた雨ガッパを着て外に出た。専務宅の裏側から屋根にのぼり中庭におりる(裏木戸からはいったともいっている)と勉強部屋近くのガラス戸が一枚開いていたのでそこから中にはいった。そこには冷蔵庫が置いてあり、勝手場と事務所を仕切るガラス戸はしめてあった。この戸を静かにあけ旧事務室あたりまできたとき、シャツ姿の専務に見つかり、電灯をつけられたのですぐ裏木戸の方に逃げた。ところが木戸がしまっていたので立ち往生してしまった。小刀を抜いて右手に持っていたが、右手首を専務に強くつかまれ、右足を激しくけられたので、夢中で専務をなぐり倒して刺した。

 このさわぎを聞きつけたちえ子さんが部屋の方で大きな悲鳴をあげたので、すぐひきかえしていきなり刺すと、そのうしろから、雅一朗君が、手向かってきた。二人を交互に刺して倒したが、その後扶示子さんが騒ぎに気づいたので他の三人と同様にメチャメチャに刺した。みんなぐったりしたので「困ったことをした」と思いしばらくながめていたが、まもなく焼いてしまおうと決意、用意してあった(どこにあったかは不明)油を手で散水するように死体にかけ勝手場にあったトラマッチで殺した順序に放火してすぐ裏口(木戸か屋根かは不明)から逃げた。

 いったん自分の部屋に引きかえして寝たが、すぐ隣の部屋で佐藤省吾さんが火事だとさけんで出て行ったので、そのあとについて階段をおりた。しかし、そのまま火事場に行くと不審に思われないかと不安になり、すぐフロ場にはいった。そこで手を洗い、しばらく倉庫のわきにかくれていて、ヤジ馬が大勢集まったころを見はからってとび出して行った。裏木戸近くにハシゴがかかっていたので屋根にのぼり物干し台から土蔵の窓をバール様のものでこわそうとしたが、この時右手が痛いことに気づき、ケガをしていることを知った。すぐ降りて手当てをしたように覚えている――。

 自供したあとの袴田は逮捕後二十日間の心境について、実際にはほとんど眠れなかったと白状した。留置場内での袴田は持ち前の図太い神経でよく眠り、よくたべていたのではないかといわれていたが本人は、犯行当時のことを思い出すと、専務のにらんだ顔や他の三人の声が渦巻き、頭がガンガン鳴って眠れず明け方だけうつらうつらした程度だったと言っている。

 袴田は取り調べに対し終始泣きじゃくっており、専務を殺したと自供したときには申しわけないことをしたと大声をあげて泣きながら話した。ポツリ、ポツリ、一言ずつ小さな声で話すので、この日の自供は思わぬ長い時間がかかった(中略)

 留置場で立ったり座ったり

 六日の取り調べを終え、七日午前零時取り調べ室から出た袴田は報道陣のカメラの放列をさけるためか、頭からすっぽり白いシャツをかぶり刑事に付き添われながら足早に階段をかけおりた》


■「読ませる」捜査報告書


 一方、県警の「捜査報告書」は勾留延長期間(10日間)を含めた取り調べの動きを以下のように記録している。

《袴田は頑強に犯行を否認するのみならず、「警察の奴等が俺を犯人とでっち上げている。俺は以前、プロボクサーをやったからお前らの一人や二人を倒すのはわけがない」と机を叩いて取調官を脅迫する一幕もあって、初日の取り調べについては終始反抗的態度。

 8月21日、午後9時ごろに至り、涙を流しながら、「このまま死なせてくれ」とうなだれ(中略)約30分でふたたび平常にもどってしまった。

 8月22日、弁護人が初めて袴田との面接に来た。約5分間面接させたが(中略)「俺にも友達ができた」といって意気揚々としていた》

 これだけの大事件で逮捕された人物の弁護人(岡村鶴夫弁護士=故人)がたった5分の接見に納得して帰ってしまったことも信じられない。冤罪だとは露とも考えなかったからなのか……。「弁護士失格」と言いたいところだが、この当時は検察官の許可(通称、接見切符)がないと弁護人は面会できない。

 前述の山崎氏も「岡村弁護士は、ひで子さんが知人を通じて依頼した斎藤準之助弁護士の事務所での先輩弁護士。国選弁護人は起訴されないと付けられない。岡村先生は、この日は弁護人選任届を巖さんからもらうだけだったと思います。当時、接見は被疑者の正当な権利だと認められていなかった」と話す。

 再び報告書。

《その翌日から黙秘権を行使しはじめ、(中略)いっこうに進展しなかった。取り調べに当たっては袴田の心情、特に妻に逃げられ長男A(本文は実名)を養育していく家庭環境に同情し、ともに泣き、ともに笑うという雰囲気で取り調べを進めていったが(中略)あと一歩というところで自供しなかった。8月29日、(中略)本部長、刑事部長、清水署長(以下出席者略)による検討会を開催し、条理だけでは自供に追い込むことは困難であるから取調官は確たる信念をもって、犯人は袴田以外にはない、犯人は袴田に絶対間違いないということを強く袴田に印象づけることに勤める》

 巖さん本人に自分が犯人だと「印象づける」というのはいかにも奇異だ。理由について報告書は《事件後50日間泳がせてあったため、警察のてのうちや、新聞記者との会見などから犯人は自分ではないという自己暗示にかかっていることが考えられたので、この自己暗示を取り除くため》とする。不自然な部分をメディアのせいにしているが、仮に巖さんが橋本一家4人を殺していたとして、短時間の記者の取材によって「俺はやっていない」などと洗脳されるはずもなかろう。

 報告書はこうも書く。

《勾留期間がだんだん切迫してくるし、取調官にはあせりの色が見え始めたが、それを相手にさとられないように泰然自若とした態度で臨むように心掛けた》

 刑訴法上の「20日間勾留」の規定など、大学の法学部出身者や新聞記者等なら知っていても、中卒だった巖さんに知識はなかっただろう。

 ついには亡霊まで出てくる。

《逮捕されるまでの間、(中略)就寝していると、被害者の亡霊が出てきて、袴田の顔をじっとみつめ、(中略)はっとして目をさまし、あせびっしょりになった。亡霊は毎晩のように出て、今晩藤雄が出たかと思うと、明晩妻のちゑ子がでるというように交代で出て(中略)悩まされた。逮捕されてからはそのようなこともなく安眠できたと述懐しており、袴田のごとき鬼畜にも劣る悪人であっても彼にもやはり良心があり、人間であったのである》

 読ませる描写ではある。しかし、取調官だけと対峙した密室で巖さんが本当に記述のようなことを言ったのか。証拠はない。


■「決定が出なくちゃ」


 現在に戻る。5月23日の会見ではひで子さんへの「リモート質疑」が極めて短かったので、翌朝電話した。

「『大いに期待します』とは言いましたけどね。なんといっても裁判は決定が出なくちゃ、その前にああだこうだと言ったって仕方ない。決定が出てみるまではわからんですよ」と話した。相変わらず元気そうな声だ。

 証人尋問の際、法廷で傍聴できる可能性が高いことについて聞くと、「最後に棄却されてしまいましたけど、前の時も東京高裁は最後には私を入れてくれたんです。まあ法廷に入っても黙って聞いているだけでしょうけど。何か聞かれればもちろん答えますけどね」

 事実上の証拠調べは8月初めに終わる。ただ、小川弁護士によると本来の主役である巖さんを裁判官が浜松市に尋ねる「出張尋問」は協議では課題にならず、可能性はなさそう。最高裁が東京高裁に差し戻した際、「宿題」として課したのは、あくまで「5点の衣類の色の変化」の検証だけなので当然かもしれない。とはいえ、筆者がもし裁判官なら審理上、あまり意味がないと思っても巖さんを出張尋問するだろう。これだけのテーマの「主人公」に裁判官は「会ってみたい」とも思わないのか。ひで子さんは「それは裁判官さん、それぞれの考えでしょうから」とあまり意に介さないようだったが。

 2回続けて東京での記者会見には来られなかったことを伺うと「もうコロナはどうってことないけど、歳だからあんまり出歩くなとかって。周囲がああだこうだと言うんですよ。ワハハハ」と電話の向こうで豪快に笑った。ひで子さんによると、巖さんは健康状態もよく、この日、朝6時に起床してしっかりと朝食をとったという。

粟野仁雄(あわの・まさお)
ジャーナリスト。1956年、兵庫県生まれ。大阪大学文学部を卒業。2001年まで共同通信記者。著書に「サハリンに残されて」(三一書房)、「警察の犯罪――鹿児島県警・志布志事件」(ワック)、「検察に、殺される」(ベスト新書)、「ルポ 原発難民」(潮出版社)、「アスベスト禍」(集英社新書)など。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)