インコを避妊具に入れ虐待、なおも不審死は止まず… 逮捕された30代男性と対峙したドキュメンタリー

インコを避妊具に入れ虐待、なおも不審死は止まず… 逮捕された30代男性と対峙したドキュメンタリー

罰金刑が下された後も男の元ではインコの不審死が続いていた(写真はイメージ)

 2019年7月、愛知県・名古屋市に住む無職の男が、飼っていたインコを虐待した動物愛護法違反の疑いで逮捕された。罰金20万円の判決が下されるに至ったが、その後も男の周囲ではインコの不審死が続いていた――。このたび配信公開された映画『動物愛護法』は、動物虐待犯と対峙し、法の矛盾を突くドキュメンタリー作品だ。

 ***

 制作したのは、アジア圏での犬食事情に切り込んだ『アジア犬肉紀行』などの作品がある北田直俊監督。『動物愛護法』は2017年から撮影を始め、およそ4年をかけて完成させた。

 北田監督が語る。

「当時、私は無農薬農業についての作品を撮るために山梨で暮らしていたのですが、その頃、埼玉県に住む税理士の男が猫を虐待し逮捕される事件が起きました。事件に衝撃を受け、農業の作品の撮影を一度止め、裁判のたびに東京地裁に通うことにしたのです。この時初めて、ネット上に『黒ムツ』と呼ばれる動物虐待の愛好家たちが一定数いることを知ったのです(※黒ムツ=黒いムツゴロウの意)。」

「埼玉連続猫虐殺事件」として知られるこの事件では、男は捕獲した野良猫をゲージに閉じ込め、熱湯をかける、ガスバーナーで炙るといった所業を行い、さらにその動画をネットにアップしていた。虐待死した猫は少なくとも13匹にのぼるとされる。男への実刑判決を求める署名が全国から20万筆が集まったが、下された判決は懲役1年10ヵ月、執行猶予4年というものだった。

「それは軽すぎるだろう、と怒りが湧き、動物虐待をテーマにした作品を撮ろうと決意しました。ただ、どういったものにしたらいいかは手探りで。虐待事件が起きるたびに現地に赴き、取材するというのを繰り返していったのです」


■コンドームをかぶせられたインコ


『動物愛護法』では、この税理士の男のほか、“生きたハムスターを爬虫類に捕食させる動画を投稿していたYouTuber”らに迫る場面がある。なかでもより深い取材に成功したのが、冒頭で触れたインコの虐待犯だ。本人へのインタビューも行っている。

「事件を起こしたのは生活保護を受けていた30代の男でした。生活保護者向けの施設の自室でインコを飼っていたのです。鳴き声がうるさくて夜眠れない、そもそも本来はペットの飼育が禁じられており、隣人にバレるのを恐れてインコを虐待した……というのが裁判時の主張でしたが、本当かどうかは怪しいものです。なにせ、インコの羽をむしったり、血だらけの身体に塩のようなものを塗り込んだり、身体に脚にホチキスや釘を刺したりといった残虐な行為を行っていたわけですから。それをSNSにアップしていたのです」

 当時、男のアカウントでは複数のインコに対する虐待が公開されていた。だが争点とされたのは、“コンドームをかぶせられ点火棒を押し付けられたインコ”の一羽のみだった。

「今回、男を監視し逮捕につなげた通報者にも話を聞いたのですが、警察のずさんな捜査に対し怒っていました。適用されたのが、動物愛護法の1項(殺傷)ではなく2項(衰弱)と、軽いものだったからです。つまり、殺したのではなく、衰弱させて死んでしまった、という扱いです。男はあえて雛からインコを育て、信頼関係を築いたうえで虐待していた。はっきりいって異常者です」

 逮捕されたあと、男は施設を移り、身を隠した。どうやってたどり着いたのか。

「取材の過程で“男がこのアカウントでメルカリをやっている”というタレコミがあったのです。客を装って購入したところ、匿名発送の設定がされていたものの、どこの郵便局から発送されたかはわかった。その郵便局の周辺地域には、生活保護者向けの施設が3つあったのです。それらを張り込み、男の住所を突き留めました。3カ月かかりました」

 ちなみにメルカリに出品していたのは「ゲーム関係のロリ系の付録」だったという。事件当時、男はインコと共に“幼女”への並々ならぬ執着もネットに綴っていた。

 居場所を把握したうえで、なおも取材を続けた北田監督は、そこで驚くべき事実を知る。今後は禁じられていたはずのインコの飼育を男はなおも続けており、しかも2カ月の間に3羽が亡くなっていたのだ。死体は生ごみとして捨てられていた。


■「インコ虐待犯」との対峙


 北田監督いわく「意外にも素直に」取材に応じたという男。以下は、作中でのやりとりである。

***

――(事件時の本人のSNS投稿を見せて)こういうことをやっている。これどう思う?

男「これ今からみたら酷いことです」

――ぶっちゃけね、何も感じないでしょ?

男「そうそうそうそう」

男「自分のやった愚かさについては思うところあるけども実際にインコに対して悪いかなとか そういうことについては…」

――(今も)3羽とも殺してるよね?

男「故意じゃないです」

――でも2カ月で3羽って尋常じゃないよね?裁判でもう飼っちゃいけないって言われてるのに飼ってるよね?死んじゃった経緯について教えてくれる?

男「あの餌を食べてくれなくて」

――雛だったんだ?

男「雛なんですけど、その吐き戻しが一羽は酷くて その他の二羽については餌を全く食べない……」

***

 また、インコを殺したくなる心境について問われると、

***

男「なんだろう?自分の掌で自由にすることができるとか。たぶん。そういうこと」

――今でも(殺害を)やめられないと思う?

男「そもそもしようと思わないから今は」

男「三羽はわざとじゃない。食べてくれなかったんです」

――購入した時点でアウトじゃん。もう飼わないって言ってるのに。

男「まぁそうでしょうね」

――今後も飼うかもわかんないじゃん。そうするとまた死んじゃうわけじゃん。

男「いや今度こそ 今度は」

――いや今度はないよ。もう君に今度はないよ。

***


■導き出された「虐待犯は『悪』ではない」という答え


 3羽は殺していない、死んでしまった、というのが男の主張である。北田監督がいう。

「彼を含めた虐待犯たちを中心に取材を続けていたわけですが、だんだんと“答え”は出てこないと思うようになりました。こう言うと誤解を招くかもしれないのですが、虐待犯は『悪』ではないなと。インコの彼など、本当に悪意がない。病気なんです。だから本当に悪いのは、彼らのような虐待犯を矯正できない、虐待を抑止できない『法』にあると思うようになりました。薬物中毒者であれば取り締まる法律があり、矯正施設もある。けれど動物虐待にはない。だから途中で、警察や司法への取材に切り替えたのです」

 虐待犯たちに対してと同様、北田監督は動物愛護法の矛盾にも切り込んでいく。詳しくは実際に作品を観て頂きたいが、制作を通じて北田監督が得た次のような経験は、動物愛護を考えるうえでのヒントになるかもしれない。

「取材のため、酷い殺されかたをする動物たちの動画を観ていたことで、PTSDになってしまいました。夜、とつぜん猫の悲鳴が聞こえて目が覚める。ガスコンロの火を見ると、バーナーで炙られる動物の映像が蘇る。そうしたことに耐えながら、さらに虐待映像を見ていると、本当に驚いたのですが……“いいぞ、もっと残酷なことをやれ!”という気持ちになっていくんです。悲惨な状況に耐えられなくなった脳の防衛本能なのか、目の前の状況を肯定しようとするんですね。その時、われわれ人間には、大なり小なり残虐なものを好む本能があるのではと思い至りました。人間がそういう生き物である以上、だから動物虐待事件はなくならない。だからこそ、縛る法の在り方を模索する必要があるのです」

 映画『動物愛護法』は、公式サイトにて有料配信中。6月6〜8日には神奈川県横浜市の「シネマノヴィチェント」にて劇場公開される(PG-12指定)。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)