年間千人超の子どもが失踪 「知らない人についていってはダメ」は逆効果?

年間千人超の子どもが失踪 「知らない人についていってはダメ」は逆効果?

両親の未だ届かぬ思い

 下校途中に忽然と姿を消した大阪・熊取町の吉川友梨ちゃん(当時9歳)。それから19年という長い月日が流れたが、いまも日本では年間千人超の子どもが“消えている”。子を持つ親がとるべき防犯対策とは。

 ***

 自宅までわずか約400メートルという場所で友梨さんがいなくなったのは、2003年5月20日のことだった。付近では不審な白い車両が目撃されており、何者かに連れ去られたとみて捜査が続けられている。

 彼女の両親とともに情報提供を呼び掛けているNPO法人「あいうえお」の郡山貴裕事務局長が言う。

「失踪して2〜3年後にはお父さまがノイローゼのような状態になってしまったこともありました。ちょうどその頃、詐欺被害に遭っていたのです。本当に気の毒でなりません」


■毎年1200人ほどの子供が…


 2008年、父親から約7400万円をだまし取った男が逮捕され、翌年、懲役9年の実刑判決を受けている。男は友梨さんを救出できるかのように装い、父親に金銭を4年半にわたり要求していた。藁にもすがる思いの父親は所有していた土地を売り、金を工面していた。

「先日、ビラ配りをした際にお母さまから“長い間ありがとうございます”と、こちらを気遣っていただきました。いまでは所轄の刑事さんもビラ配りに参加していて、友梨さんに“まだ探しているんだよ”というメッセージが伝わればいいなと思っています」(同)

 警察庁の統計によれば、2020年に行方不明になった9歳以下の子どもは1055人。過去5年を遡っても、毎年1200人程度の子どもが消え、警察に行方不明届が出されている。

 無論、そのすべてが事件や事故に巻き込まれたと断定はできないが、日本で「神隠し」のような事案が多発していることは事実だ。


■誘拐現場に共通する特徴


 熊取町の行方不明現場を視察した、立正大学の小宮信夫教授(犯罪学)の話。

「友梨さんが通っていた小学校の校長先生に案内していただいた際、先生は“こんなに危険のない場所でいなくなったんです”と話していました。ただ、私からみると非常に危なく誘拐されやすい道に感じられました。道の両側に高い塀や生け垣が続き、近隣住民の視線が届かない場所が多かった。見慣れた景色にも犯罪の起きやすい場所は潜んでいるのです」

 誘拐現場に共通する特徴は「入りやすく、見えにくい」のだと続ける。

「1990年に9歳の少女が誘拐された新潟少女監禁事件の現場は見晴らしのいい農道でした。でも、周囲に家の窓がないので、そこは見えにくい場所でした。また、住宅街でもガードレールがない道は車での連れ去りが容易なので、入りやすい場所です。そうした危険な場所を地域安全マップのような形で可視化することが大事です」


■好奇心の強さ故に…


 誘拐でなくとも、子どもが迷子になってしまい、事件や事故につながるケースも。

 松蔭大学コミュニケーション文化学部の深谷野亜(のあ)教授が解説する。

「幼児期は好奇心が強い時期でもあり、ご飯を食べている途中に寝てしまう赤ちゃんのように、興味が湧くと集中するあまり、体力の限界まで続けてしまうという特徴があります。その先に“死”があることを理解できず、蝶々や犬に興味を持つと歩けなくなるまでついていってしまうのです」

 幼児から目を離さないのは言わずもがな、小学生の子どもでも、その行動は大人が把握すべきだと説く。

「共働き家庭が増え、子どもが一人の時間はどうしてもできてしまいます。ですから、学童保育などを含め常に大人が子どもを見守る社会を作ることが肝要です」(同)


■逆効果な言葉とは


 では、具体的に親が子どもにできることとは。

「“知らない人についていってはダメ”という教え方はあまりよくありません。子どもにとっての“知らない人”とは一度も会ったことのない人。通学路で会ったことのある人は“知っている人”になってしまう。それより、子ども目線に立ち、行ってはいけない場所、何かの時に通学路で助けてもらえそうな人や店を子どもと一緒に確認しておくのがよいでしょう」(同)

 小宮氏も「リスク・マネジメント」が重要だと語る。

「防犯ブザーを持ちましょう、大声を出して逃げましょう、と言われていても、いざという時は頭が真っ白になってしまいます。危機への対処ではなく、危険を事前に回避するにはどうすればいいかを考えるべきです」

 GPS機能が発達しているからと、子どもにスマホを持たせたら安心、というわけではないのだ。

「週刊新潮」2022年6月9日号 掲載

関連記事(外部サイト)