天台宗の座主に97歳が選出のナゾ どうやって選ばれる?

天台宗の座主に97歳が選出のナゾ どうやって選ばれる?

長い道のり

 1200年以上の歴史を持つ天台宗の総本山・比叡山延暦寺は、開祖の最澄だけでなく、親鸞、法然、日蓮ら他宗派の開祖も輩出したことから「仏教の母山」と呼ばれている。5月31日、その延暦寺で天台宗の新しいトップの就任を披露する「伝燈相承式(でんとうそうじょうしき)」が営まれた。儀式に臨んだのは、第258世座主(ざす)の大樹孝啓(おおきこうけい)大僧正。御年97歳である。

「座主猊下は、天台宗のすべての僧侶の頂点に立っており、比叡山延暦寺の住職も兼ねています。人事や財務などの実務は宗務庁が担いますが、座主猊下の承認が必要です」(天台宗務庁総務課の担当者)

 それにしても、97歳にしてトップに就任するというのは、他の世界ではあまり聞いたことがない。いったいどうやって選ばれるのだろうか。

 雑誌「宗教問題」編集長の小川寛大氏が解説する。

「明治以前の天台座主には皇子などの皇族、あるいは藤原家など天皇家と近い人間が就いていました。僧侶から選ばれるようになったのは近代以降のことです。ただし、天台宗は京都の毘沙門堂門跡や妙法院、日光の輪王寺といった大寺院が名を連ねている。まず、そこで住職クラスにのぼり詰めた高僧でなければなりません。企業でいえば社長や会長でしょうか。しかも、これは“第一関門”です」


■座主への長い道のり


 次に待ち受けているのが、毎年、琵琶湖畔の東南寺にて開かれる「戸津説法」だ。これは天台宗の幹部など数百人を前に、法華経の功徳を説くもので、延々5日間にわたって行われる。この戸津説法の説法師に選ばれることで、ようやく座主の候補と見なされるのだという。この時点で70代、80代は当たり前。しかし、まだ道は長い。

「説法師を務めた者の中から、さらに『探題(たんだい)』という役職者が選ばれます。座主は探題も兼ねており、逆に言えば、探題の筆頭が座主ということです。僧侶としての知識・経験だけでなく、天台宗系の学校で校長を務めるなど、実務のキャリアも考慮して選ばれるのです」(同)

 天台宗務庁によると、探題の地位にあるのは4人。

「座主が空席になることはないため、亡くなると直ちに『次席探題』がくり上がって就任することになっています。今の座主猊下も、先代の森川宏映(こうえい)座主がお亡くなりになったことで就任したわけです」(前出の担当者)

 現在、ナンバー2の立場にあるのは、毘沙門堂門跡の前門主、叡南覚範(えなみかくはん)大僧正。95歳にして、なおかくしゃくとしているという。

「週刊新潮」2022年6月16日号 掲載

関連記事(外部サイト)