騙し取った金は4億円!「国際ロマンス詐欺」で国際手配された「58歳日本人」の潜伏先

 日本の公安警察は、アメリカのCIA(中央情報局)やFBI(連邦捜査局)のように華々しくドラマや映画に登場することもなく、その諜報活動は一般にはほとんど知られていない。警視庁に入庁以後、公安畑を十数年歩き、数年前に退職。昨年9月に『警視庁公安部外事課』(光文社)を出版した勝丸円覚氏に、今年5月、国際ロマンス詐欺で国際手配された日本人容疑者について聞いた。

 ***

 5月18日、大阪府警は住所・職業不詳の森川光容疑者(58)を詐欺の容疑で国際手配し、顔写真も公開した。詐欺は詐欺でも、海外で働く医師や弁護士などを装って、SNS上で知り合った相手に恋愛感情を抱かせ、現金を騙し取る「国際ロマンス詐欺」である。

 すでに国内にいる日本人やガーナ人の詐欺グループ計15人は逮捕されている。このうち、森川を含め指定暴力団住吉会傘下組織の組長(今年2月に死亡)と神奈川県横浜市の防水工の男(52)が日本人である。


■国境なき医師団の医師に


「森川は主犯格で、2016年から2021年にかけて、30〜70代の男女65人から、計約3億9000万円を騙し取っています」

 と語るのは、勝丸氏。

 国際ロマンス詐欺は、最近日本でも広く知られるようになった。消費生活センターに寄せられた件数は、2019年度は全国で5件だったが、20年度は84件、21年度は192件と、3年間で40倍近くに急増している。

「日本人のSNS上にいきなり入ってきて、友人申請をしてくるのです。たとえば、国境なき医師団のアメリカ人医師に扮し、今、紛争地帯のレバノンにいますといって同情を誘うのです。ハンサムな医師の写真も送って来ます」

 日本人男性には、アフガニスタンの米軍女性兵士に装っていた例もある。

「1カ月ほど連絡を取り合って、相手に恋愛感情が芽生えてきた頃に、お金の話をし始めます。アメリカにいる親が亡くなって遺産が入るのだが、レバノンにいるので受け取れない。代わりに受け取ってもらえないか。遺産相続の手続きに30万円かかるのだが、と言って騙すのです。恋に落ちているので、疑いもせず振込んでしまうのです」

 今回検挙された森川の詐欺グループは、どんな人物を装ったのか。

「国際弁護士や国連の医師、在日米軍基地に勤務する女性看護師などに扮していました。国際弁護士に扮した犯人は、世界中のクライアントと会っていますと言って、自分の仕事をアピールして相手に信じ込ませていました」

 女性看護師に扮した犯人は、「あなたは私と結婚するつもりですか」「あなたはどれくらい真剣ですか?」「日本に来て、サイトに参加してからは、あなたしかいないのです」とメッセージを送って来るという。サイトにはわざわざ通訳者をつけ、犯人が英語でメッセージを送ると、日本語に翻訳。逆に日本語でメッセージを送ると、英語に翻訳してくれる仕組みになっている。

■419事件


 国際ロマンス詐欺はいつ頃から始まったのか。

「1980年代半ば、ナイジェリアで先進国の人を相手に手紙やFAXを使った詐欺が始まりました。ナイジェリアはイギリスの植民地だったため、第一母国語は英語です。それを使って語りかけてくるのです。この詐欺は関係者の間で419事件と呼ばれました。資金洗浄を規制する『ナイジェリア刑法419条』に抵触したからです」

 当初は、国際金融詐欺だったという。

「具体的には新しい鉱山が見つかった。その会社の未公開株を募集している、というような内容でした。それが10年ほど前からロマンス詐欺に変ったのです」

 勝丸氏は10年ほど前、アフリカのある国の日本大使館に外交官として勤務したことがある。

「その際、ナイジェリアの国際ロマンス詐欺グループを調べたことがあります。私が赴任した国に詐欺グループのアジトがあったので、地元の警察が捜査しました。日本人の被害者がいる可能性があったため、私も同行しました。アジトで押収したパソコンから東京にもメールを送信していることが判明しました。さらに調べていくと、六本木にも彼らの拠点があることが分かりました。すぐにその情報を警察庁に伝えました」

 ナイジェリア人が始めた国際ロマンス詐欺は、最近、ガーナ人やトルコ人も真似するようになったという。

「現在、森川は、ガーナにいるようです。彼は日本ではフリーターだったそうですが、国際ロマンス詐欺が儲かると思ってガーナに渡り、日本国内にいる詐欺グループに指示し、搾取した金をガーナへ送らせていたそうです。日本人がこの種の犯罪に関わるのは珍しいですね」

勝丸円覚
1990年代半ばに警視庁に入庁。2000年代初めに公安に配属されてから公安・外事畑を歩む。数年間外国の日本大使館にも勤務した経験を持ち数年前に退職。現在はセキュリティコンサルタントとして国内外で活躍中。「元公安警察 勝丸事務所のHP」https://katsumaru-office.tokyo/

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)