大崎事件は95歳で「再審請求棄却」 立ちはだかる検察の「抗告」という壁【袴田事件と世界一の姉】

大崎事件は95歳で「再審請求棄却」 立ちはだかる検察の「抗告」という壁【袴田事件と世界一の姉】

巖さんがひで子さんに誕生日祝いを渡した様子を報告する猪野待子さん(6月26日静岡市清水区、撮影・粟野仁雄)

 死刑の恐怖から来る拘禁症状の影響で、釈放後も「妄想世界」だけに生きているように見える袴田巖さん(86)。一緒に暮らす姉のひで子さん(89)とさえ普通の会話が成り立たなかったが、最近は改善しつつあるという。一方、ひで子さんが支援している鹿児島県の「大崎事件」で、殺人者の汚名をそそぐべく闘う原口アヤ子さん(95)の再審請求が棄却された。1966年6月、静岡県清水市(現・静岡市清水区)で起きた一家4人殺人放火事件で犯人とされ、死刑囚として半世紀近く囚われた巖さんの「世紀の冤罪」を問う連載「袴田事件と世界一の姉」の第19回。【粟野仁雄/ジャーナリスト】


■小説なのかドキュメント作品なのか


 巖さんが殺人を「自白した」とされる1966(昭和41)年。小学4年生だった筆者は、当時、毎週日曜の夜7時半からTBSテレビの超人気アニメ『オバケのQ太郎』を家族で見ていた。そして、テレビから童謡「赤とんぼ」の素朴なメロディとともに『週刊新潮』のCMが流れるのを背に、勉強部屋に向かったものだった。

 その『週刊新潮』の1966年9月24日号で、袴田事件が9000字超、7ページに及ぶ特集で取り上げられている。筆者は推理小説作家として多数の作品を発表した津村秀介氏(1933〜2000年)。「失われた甘い栄光」と題したこの特集は、同氏が20年にわたって連載した「黒い報告書」シリーズのひとつだった。以下は抜粋。

〈「おれのことなんか、誰にもわかるものか」

 そう叫ぶより早く、袴田は専務のボデイに強烈なストレートをくらわしていた。いくら元気な専務だといっても、これではたまったものではない。――ものも言わずに、裏木戸の前に崩れた。

「よくおぼえておけ、この腕はな、おまえなんかを倒すためにみがいたわけではない。おれはこの腕で“栄光”をつかみたかったんだ。それなのに……」

 一時的に袴田は狂っていた。だが、ある一面では、身勝手な論理が一貫していたともいえる。――しかも、そう叫んだことで、彼の昂奮状態がつのった。たまたま三人の家族が、物音におどろいて駈けだしてきたのもいけなかった。

 袴田は交互に四人を見た。

 眼が痛かった。彼に映る四人の姿は、二重にも三重にもダブっている。
「殺してやる!」

 汚れた血のような吐息が洩れ、無意識のうちにポケットの中のクリ小刀を抜きだしていた。内面の乱れと、事が発覚してしまったところからくる恐怖感とが、微妙にいりまじっている。

「待て袴田――」

「何も言うな!」

 袴田は小刀を専務の胸に突き刺した。家族が止めにはいろうとすると、誰彼の見境いもなく刺した。抵抗する相手にはアッパーカットをくらわせてから刺した。

 ゼイゼイと肩で息をしながら、野良犬のような風貌にかわっていた。――しかし彼自身も、自分の狂った行為を正確には記憶していない。殺人のあとで、工場から機械油を持ち出し、手で散水するように死体にかけ、マッチで火をつけたのも、上の空であった。

 火はまもなく燃え上がった。闇夜をこがすような、すさまじい火災となった。〉

 最後に〈(犯人以外は仮名)〉と記しているが、前段ではボクシング関係者との対話や離婚した妻との会話などが詳しく書かれている。どう見ても小説だが、巖さんは本名で記載されており、読者はほぼ事実と思っていただろう。当時の新聞報道などを見れば、津村氏が巖さんを真犯人と決めてかかるのは無理もない。


■認められなかった95歳の訴え


 6月22日、ひで子さんも支援する大崎事件に関して、極めて残念な動きがあった。鹿児島地裁の中田幹人裁判長は、弁護団が提出した新証拠について「被害者が首を絞められ頸部圧迫で窒息死したという(確定判決の)認定に合理的な疑いを生じさせるとはいえない」と、殺人罪で服役したアヤ子さんの第4次再審請求を棄却してしまった。

 大崎事件を概略する。

 1979年10月、鹿児島県曽於郡大崎町の牛小屋でAさん(当時42歳)の遺体が見つかった。自転車に乗ったAさんが泥酔して側溝に落ち、倒れていたところを近所の2人が発見し、トラックの荷台に乗せて牛小屋へ運んだ。しかし鹿児島地検は、Aさんの長兄の妻の原口アヤ子さんと長兄、次兄が酒癖の悪い「厄介者」のAさんを殺してしまおうと共謀し、タオルで絞殺したとして起訴した。Aさんの兄弟ら3人が殺人罪などで有罪が確定、長兄の妻・アヤ子さんは「首謀者」とされ、無実を訴えたが懲役10年が確定。満期服役して1990年に出所した。有罪立証の根拠の中心は「アヤ子が首謀した」とする夫やその兄弟らの供述だった。

「あたいはやっちょらん」と一貫して無実を訴えたアヤ子さんは、裁判のやり直しを求める。1995年の第1次請求は鹿児島地裁で再審開始が認められながら、福岡高裁で棄却される。第2次請求は鹿児島地裁で棄却。第3次請求は鹿児島地裁と福岡高裁宮崎支部で再審開始が認められたが、2019年6月に最高裁第一小法廷(小池裕裁判長)で取り消された。元夫ら親族の自白の信用性を改めて認めたのだ。地裁、高裁と認められた再審開始が最高裁で覆されたのは大崎事件が初めてのケースだ。

 弁護団は「Aさんが自転車ごと側溝に転倒した時に生じた内出血による出血性ショックで死亡した」と事故死を主張していた。殺人事件は存在しなかったということだ。

「まさか」の棄却に、当時、会見で鴨志田祐美弁護士が悔し涙を流す写真が多くの新聞に載った。

 だが、アヤ子さんと弁護団は挫けず、2020年3月に第4次再審請求を申し立てた。

 アヤ子さんは、今月15日に95歳になった。脳梗塞の影響で会話が出来ない状態で、鹿児島地裁に駆け付けられず、この日は支援者からパネルを見せられて棄却を知ったという。今回の請求審で弁護団は、Aさんの解剖を検証した救急救命医の鑑定書、証拠開示された司法解剖時の写真、さらに、殺害時刻の根拠となった近隣住民2人の「牛小屋に運んだ時は生きていた」とした供述を検討した心理学者らの鑑定書を、「新証拠」として出していた。しかし、中田裁判長は「決定的なものとは言えない」と退けた。

 鴨志田弁護士は鹿児島で会見後、空路上京した。午後6時からの東京の弁護士会館での会見に筆者は参加した。「これなら仕方ないという緻密な決定内容ならショックもありますが、鑑定で(Aさんが自宅に運ばれた時は既に死亡していたという)死亡時期が明確になっているのに新証拠を過小評価し、最高裁の小池決定に忖度したのか、初めに結輪ありきの穴だらけ、隙間だらけの決定。今日はアヤ子さんには会えませんでしたが、誕生日に会った時、闘う目をしていました。即刻抗告します」と力強く語っていた。

 大崎事件で「アヤ子が首謀者」などと供述した元夫ら肉親3人は知的障害があった。自身の弟に知的な障害があり、相手に迎合しやすい特性があることを熟知する鴨志田弁護士は「3人の供述弱者が取調官の意のままに供述させられた調書にまったく信用性はないのです。彼らから都合のよい供述を引き出すことは警察にとって赤子の手をひねる様なものですから」と話す。「身内同士の内輪揉め」のように見られたこともあり、世間の関心は高くはなかったが、鴨志田弁護士の奮戦で知られるようになった。


■袴田事件と大崎事件


 袴田事件の支援もする鴨志田弁護士は浜松に講演に来たことがあり、ひで子さんや巖さんとは懇意だ。ひで子さんは「うちにも来てくれます。鴨志田さんは素晴らしい方ですよ。いつも巖のことで一生懸命になってくださっている」と感謝している。ひで子さんがアヤ子さんを激励するために鹿児島に行くこともあり、今年のアヤ子さんの誕生日には浜松からテレビ電話で励ましていた。

「アヤ子さんはもうお歳だけど、お誕生日にZoomで会った時は割と元気でしたよ。励ましたら、ものは言わないけど、こっちの言うことはわかっていたみたい」と話す。

 鴨志田弁護士が地裁決定の翌日に39・5度の高熱で倒れてしまった(間もなく回復した)ことを伝えると、ひで子さんは「鴨志田さんもショックが大きかったんですよ。あんなに一生懸命やっているのに」と思いやった。

 さらに「大崎事件も(裁判所の結果が)行ったり来たりしてきたでしょ。残念だけど、国のやり方なんてそんなものだと思う。無実だってわかっていても、国の都合でそうなってしまう。裁判は最終的に(結果が)出てみなければ分からんということですよ」と語った。

 いつも快活なひで子さんだが、大崎事件の報を受けて「楽観的なことは言っていられない」との思いを新たにした様子だった。2018年6月に弟の再審開始決定を東京高裁が取り消して周囲が沈んでいた際、「何をかいわんや。100歳まででも戦います」と喝破して明るく振舞ったひで子さん。大崎事件が棄却された今回のほうが沈んでいる様子だった。本当に心温かい女性である。


■会話が成り立ち始めた巖さん


 6月26日、静岡市清水区のテルサで、「袴田巖さんを支援する清水・静岡市民の会」(楳田民夫代表)が主催する年2回恒例の「支援集会」が開かれた。司会は同会の山崎俊樹事務局長。この日は鴨志田弁護士が講演する予定だったが、超多忙なため実現しなかった。

「けしからん決定で彼女は今頃、必死に文書を作っているはず」と詫びた楳田代表は、袴田事件の争点の1つである「5点の衣類」が入っていたのと同じような麻袋を持ってきて、「検察実験では味噌の下で空気がないと赤みが残る、としていたが、味噌の塩分や水分が染み込んでおり、酸素は十分にある。前提が間違っている」などと簡単に説明した。

 集会では袴田弁護団の若手・角替清美さんが「5点の衣類」をめぐる三者協議の現況を、「袴田さん支援クラブ」の白井孝明さんが日本の刑事裁判をわかりやすく解説。「見守り隊」の猪野待子隊長が豊富な写真で巖さんの近況を伝えた。これらに先立ち、冒頭、ひで子さんが挨拶した際、驚く発言があった。

「巖は最近、時々まともになるというか、私の言うことに返事するようになったんです。だから私もなるたけ話しかけるようにして、『今日はどこ行ってきたの?』とか言うようにしているんですよ。そうするとちゃんと返事してくれる。『学校行ってきてね、学校から駅へ回ったよ』とか。これまではそんなことは言わなかった。妄想の世界のことだけで、ほとんどまともな話はできなかったんです。ここへ来てちょっと変わってきたかなと思っていますが、まだ朝は妄想の世界です。今日も『清水行く?』『富士山見に行く?』と訊いたら『そんなところ行っても仕方ない』と言うんですよ」と申し訳なさそうに笑った。

「昔はそんなこと言わず、ただ黙ってついてきた。多少は拘禁症もよくなってきていると思います。ごく普通の生活をしていますが、医者にはかからないようにしています。巖はカテーテルが入っているから内科にはかかるけど、精神科にはかからない。精神科の薬も飲ませない。呑気に自由にさせるのが一番だと思っています。昼まででも寝ていることもありますが、早い時には朝6時に起きる。そんな時は慌てて朝食の支度をしたりします。その間、巖は長いトイレや歯を磨いたり。私も大変ですが、巖の48年に比べれば何でもございません。今年の秋か来年には(三者協議の)いい知らせが来ると思います。期待したいけど出てみなきゃわかりません。皆様にも本当に長い間、支えていただきました、今後もよろしくお願いします」と礼をすると、会場は大拍手だった。


■なぜ、再審に時間がかかるのか


 袴田事件にしろ大崎事件にしろ、なぜ無実を訴える人がここまで高齢になっても濡れ衣を晴らすことができないのか。その理由は、裁判所の再審開始決定に対して検察が何回でも抗告できるからである。これにより、再審ではなく再審を認めるかどうかの「再審請求審」という入り口の段階で、長い年月が奪われてしまう。

 抗告が認められなかった場合、袴田事件なら2014年、大崎事件なら2002年には再審が開始されていたはずだ。この司法を改革すべき先頭に立つ人物こそが、現在、日本弁護士連合会の「再審法改正に関する特別部会」の部長を務める鴨志田弁護士である。

「日本が司法制度の手本としたドイツをはじめ、海外では再審開始決定への検察の抗告は禁止されている。戦後、刑事訴訟法などが改正されたが、再審に関しては一部を除き戦前のまま。ガラパゴス状態なのです。欧米に遅れているだけではありません。日本の司法制度を取り入れた台湾や韓国にも遅れている」として、再審請求段階での証拠開示手続きの整備や検察の抗告を禁じるなどした再審法の成立を目指す。

「清水・静岡市民の会」の山崎事務局長は、鹿児島地裁の棄却について「詳細に検討したわけではない」との前提で、「裁判官は、死体を扱う法医学者の意見を重要視したということではないかと感じた。検察側の法医学者の意見がどのような内容だったのか、私にはわかりませんが、救命医の死を目前にした生体を治療する側の意見より、死体しか見ない法医学者の意見を採用した、ということでしょうか。残念でなりません」と話していた。

粟野仁雄(あわの・まさお)
ジャーナリスト。1956年、兵庫県生まれ。大阪大学文学部を卒業。2001年まで共同通信記者。著書に「サハリンに残されて」(三一書房)、「警察の犯罪――鹿児島県警・志布志事件」(ワック)、「検察に、殺される」(ベスト新書)、「ルポ 原発難民」(潮出版社)、「アスベスト禍」(集英社新書)など。

関連記事(外部サイト)