酷暑の東京を「ノーマスク」で過ごしてみたら(ネットニュース編集者・中川淳一郎)

酷暑の東京を「ノーマスク」で過ごしてみたら(ネットニュース編集者・中川淳一郎)

感染者は増えつつあるが……

 いつまで続くんだ、このマスク生活は。2020年1月に始まった型コロナ騒動だが、よく飽きもせず日本は2年半もやり続けられたものだ。2022年に入り、世界各国がいくら陽性者数が多くとも「もう終わり!」とやったのは、結局社会の空気感として「もうコレ、そこまで重視しないでいいんじゃね? もういい加減、昔の生活に戻りたいわ。その象徴であるマスクなんてさっさと外すわ!」というマインドになったからであろう。


■気の緩みが


 一方、「さざ波」被害の日本がそのマインドにならない最大の理由は、パンデミックの象徴たるマスクの装着を国民の大多数が頑なに継続しているからである。マスクにコロナ撲滅の効果があるのなら、国民にすっかりマスクが行き届き、第一回緊急事態宣言で都会から人が消えた2020年4月の「第一波」で終わっているはずではないか。夏の第二波においては「マスクを外して回し飲みをしたホストが悪い」「歌舞伎町が悪い」といったことから「夜の街叩き」になったが、結局よく分からないまま第二波も収束した。

 毎度陽性者が増えたら専門家は「気が緩みマスクを外す機会が増えた」「ワクチンの抗体が減った」「人流が増えた」「エアコンの使用で換気が悪くなった」などと言うが、減った場合は理由を言えないことばかり。「えーと……」とやっている内に次の波がやってきて再び喜々として「気の緩みが原因です(キリッ)」とやるのである。

 もう、マスクに新型コロナウイルスを防ぐ効果はない。私は医療従事者でもなんでもないが、コロナ陽性者の増減の理由なんてもんは「生きていれば誰でも分かる」程度のものである。要するに、「人間の感染対策をあざ笑うかのように増えたり減ったりするしろもの」なのだ。2021年5月に東京都が発表したデータでは、陽性者のほとんど がマスクをしていたのである。それと、厚労省のデータより、ワクチンについても「むしろ2回接種した人の方が非接種者よりも感染しやすい」ことは明らかになった。

 さて、そのような前置きをしたうえで、現在唐津市に拠点を構える私が6月29日から7月2日まで東京に滞在した時の「マスクと東京」について報告する。結論から言うと、「東京の一部の『脱マスク』は進んでいて、ギョーテンした」である。


■数日前から憂鬱に


 私はABEMA Prime(ABEMA)という報道番組のレギュラーコメンテーターのため、月に1回東京へ出稼ぎに行く。唐津は人口約12万人で、面積は人口約970万人の東京23区の627.6平方kmに対し、487.6平方km。23区から人口1位の大田区・2位の世田谷区・10位の品川区を除いた面積だ。23区の人口密度は1.5万人/km2。対する唐津市は、246人/km2

 つまり唐津の人口密度は23区の1.6%なわけで、小池百合子都知事からすれば「密です!」な空間は滅多にない。それもあってかマスク着用に対しては一部(後で述べる)を除き、かなり緩いところがあり、私はまったくマスクをしない。いわゆる「マスク警察」に会うこともない。だからこそ、楽園のような唐津を出て、月1回の東京出稼ぎが苦痛で苦痛で仕方がなかったのだ。

 東京に行けば、気の合う仕事仲間と会い、「会いましょうよー!」と言ってくれる人々もいて飲むことが多く、いわゆる「二拠点生活」の美味しいとこどり ができるのだ。だから東京に行くことに対する楽しみはあるものの、とにかく「福岡の地下鉄」「福岡空港」「飛行機の中」「羽田空港」「東京のホテルに行くまでの公共交通機関」「ホテル」「目指す飲食店が百貨店に入っている場合の入り口の『マスク門番』の存在」「都内移動時の公共交通機関内」による「マスク圧」があるため、東京に行く数日前から憂鬱になり続けたのは事実である。


■唐津モード


 前回は6月4日の出演に合わせて東京へ行ったが、「宿に行くまでの公共交通機関」と「ホテル」はマスク圧が緩和されていた。明らかに5月と雰囲気は変わっていた。だからこそ、今回私は「もう、唐津モードで行く」と決めた。この決意について「唐津からマスクをしないバイオテロリストがやってくるのにいちいちエラソーに言いやがってこの犯罪者が!」と思う貴殿は浅はかである。

 何しろ唐津には「密」がないし、マスクをしている人間は屋外に関しては、都会よりも圧倒的に少ないのだ。飲食店の従業員についても、私が行く店の人々はマスクをしていない。「効果のない、ただただ息苦しいだけのものをしたくないし、私はマスクをしないでも来てくれるお客さんを大事にしたい!」と思ってる従業員が働く店に私は行くのだ。

 それでいて「佐賀県のコロナ被害が深刻」なんて報道があったか? ない。「佐賀県内比ではヤバいねー!」みたいな報道はあるが、全国ニュースになるほど「佐賀がヤバい!」はなかった。


■変わった「空気」


 自分はマスクも「密」も自然現象であるコロナウイルスに効果はないと思っているが、結局は「空気」が決める日本なのだから、唐津ではマスクをせずに動き回っていた。時々唐津でもクラスターが発生したが、すべて自分が行ったことのない施設や店だけだった。さらにいうと、クラスターが発生していたのは、検査体制が充実している病院や高齢者施設が大多数だったのだ。検査を受けなければコロナ陽性にはならないのであるし、症状がなければそれでいいではないか。「リスクの高い高齢者にコロナをうつしたらどうするんですか!」的批判はあるが、「元々肺炎球菌をはじめとした感染症は誰かが誰かにうつしていた」で「仕方がないもの」なのである。だからこそ私はコロナだけを過度に恐れるこの2年半の空気の意味のなさを指摘し続けているのだ。

 さて、前置きが長くなったが、今回の6月下旬〜7月上旬における東京のマスク事情について唐津の私が報告する。行く前は憂鬱度135%といったところだったが、着いてから「何この開放感! むしろ唐津より快適じゃねーかよ!」と思ったのである。

 明らかに、今回は「空気」が変わっていた。ただし、「地域限定」である。飛行機を降りた瞬間、マスクは外したが、羽田空港でもほぼ100%マスク。それでもこちらは「唐津モード」でマスクをせずにバンバン先に進む。

 多少はマスクをしていない人もいたが、浜松町行きのモノレールのホームでは3人がマスクをしていなかった。なぜわかったかといえば、その後、ツイッターで「中川さん、モノレールの駅にいましたよね。マスクしていないからすぐわかりました。ノーマスクは私と中川さんともう一人だけでした!」という報告があったからである。そして、同氏とは「声かけて下さいよ!」「いや、我々だけノーマスクで盛り上がると他のお客が困惑するので遠慮しました」といったツイッターのやり取りになった。


■東京のマスク圧


 そして、モノレール内では私はマスクをしなかったが、周囲の人がいきなり席を移るということはなかった。何しろ極力ノーマスクを恐怖する人を恐怖させないため、私は最初に電車等に乗り込み、隅っこの席に座るよう心がけるからだ。この程度の配慮はする。「マスクをしないオレの隣にわざわざ来るってことはあなたは気にしていないですね? 私は前からいたからここに座る権利がある」とヘタクソ道徳者みたいな考えでまず座るのだが、それなのに私の隣に人はやってきた。ここで確信。

 東京、マスク圧、ゆるいわ〜。

 浜松町から宿がある六本木までは必ずタクシーに乗る。大江戸線で大門から六本木まで行くのは可能だが、電車には乗りたくないからだ。1200円ほどのカネをケチってマスクなどしたくない。タクシーの運転手がもしも「マスクをしろ」と言ってきたら降りればいいだけであるが、幸いなことに2020年11月に開始した東京出稼ぎ生活以来、タクシーでマスク着用を求められたことはない。

 そして六本木に着いてホテルに入ったが、エレベーターの中にはマスク着用のお願いはあるものの、フロントでもマスク着用は言われないし、客の中でも白人と黒人はしていない者が50%はいる。アジア系は80%はしていたか。日本人は100%である。

 18時50分、飲食店に行く路上、参院選に出馬している乙武洋匡氏の演説が六本木交差点であったが、この時間になると暗くなっているせいもあってか、外国人を筆頭にマスク率は70%ほどに低下していた。外国人の場合は30%ほどか。そうした状況下、乙武氏が車道に選挙カーをつけ演説している脇の歩道を歩く人々のマスク率が70%ほどに低下していたのだ。


■この日の気温は


 以後、私は六本木をベースとして数日間を過ごしたのだが、夕方の六本木交差点で信号待ちをする人々のノーマスク率は50%で、「顎マスク」率が20%、「腕にマスク着用」率が10%でピタッとマスクを着けている割合が20%といったこともあった。

 明らかに、「周囲がノーマスク・顎マスク・腕マスクだから私もピタッとははめない」といった層が増えていたのだ。これは夕方・夜に顕著な現象である。そして、この日は六本木から歩いて10分ほどの東京メトロ千代田線の乃木坂駅から3駅の代々木公園駅を目指したのだが、ホーム上で最後尾から半分ほどまで歩いた中、マスクをしていない人は4人いた。全員女性である。彼女たちは「顎マスク」でも「腕マスク」でもなく、車内でもマスクをしないという意思を感じた。

 そして私が乗った車両で空いている席に座ったが3つ隣の若い男性はノーマスクだった。その後、私と彼の間2席にもマスクを着用した客2人が来たが、彼らはノーマスクに挟まれていることを気にしていないようだった。

 そこからほど近い渋谷・代々木八幡周辺のみで過ごしたのだが、驚くほど「フルマスク」(ノーマスク・顎マスク・腕マスクを含めず)率が低いのだ。そりゃそうだ。この日の気温は35度だ。マスクなんて着けて歩いているのは暑過ぎるだろうよ。


■外国人と若者が……


 結果的に私は東京にいた4泊5日、1秒ともマスクを着けることはなかった。なぜかといえば「ほぼ全員がマスクの意味はないけど、なんとなく『着ける空気だから私も着けている』」ということから、マスクをしない者に対して、かつて「マスク警察」であった人々でさえ、厳しい視線を向けづらかったからだろう。

 今回の滞在において、本当に東京で「マスク圧」を感じることは一度もなかった。基本的に2020年末の唐津移住以降、東京出稼ぎの際、移動はタクシーを使用し、よっぽどの長距離でない限り電車には乗らなかった。滅多にない電車に乗る時はスケスケの忖度マスクはした。そして、時に路上ではノーマスクの私を睨む男はいた。だから東京出稼ぎは苦痛があった。だからこそ、過去に何度も行ったマスク着用を求められないなじみの店ばかりに行っていたのだ。

 これが「通常の六本木・渋谷・代々木八幡」でも発生したのだ。このきっかけになったのは、六本木の外国人と、彼らに影響されるいわゆる「パリピ(パーティーピーポー)」的な日本人の若者かもしれない。とにかく六本木とその近くである渋谷・代々木八幡では、それまで定宿にしていた銀座や、飲む場所として利用していた新宿よりもノーマスク率が高かったのだ。

 そして、東京滞在最終日、モノレールの始発・浜松町へ行くと私以外全員マスクである。ここは日本人だらけだ。日本人は、外圧に頼るしかないほど馬鹿で自主性のないことよくわかった東京滞在であった。そして、これからも外国人の皆様にこのバカマスク騒動を終わらせる手伝いをしていただきたい。


■肉声アナウンス


 後日譚だが、唐津に戻ってから、凹む事態があった。今年の5月まではマスクをしないでスーパーに入っても特に何も言われなかったのだが、これは私が同社の社長に「マスク未着用を指摘するのは構わないが、いちいち肉声のアナウンスで『マスクの着用を!』とお願いするのやめてもらえませんか? これって『非常識人を晒す行為』『お客様、危険人物が店内にいますよ!』と言っているようなものです。せめて肉声アナウンスはやめ、店員に直接言わせてください」と伝えていたのだ。

 しかし、5月以降、この肉声アナウンスは復活。散々緩いと思っていた唐津が六本木・渋谷・代々木八幡よりは厳しいことがわかった。まぁ、東京でもこの3エリアに関しては特別かもしれないが、一応流行の発信地であるこの3つのエリアから全国にノーマスクの流行を発信してもらいたいものだ。そうでもしなければバカ日本人はあと100年マスクをし続けるだろう。まぁ、私はしないがな。

 ただ、今回、六本木・渋谷・代々木八幡は実に快適だったことは報告しておこう。

中川淳一郎(なかがわ・じゅんいちろう)
1973(昭和48)年東京都生まれ、佐賀県唐津市在住のネットニュース編集者。博報堂で企業のPR業務に携わり、2001年に退社。雑誌のライター、「TVブロス」編集者等を経て現在に至る。著書に『ウェブはバカと暇人のもの』『ネットのバカ』『ウェブでメシを食うということ』等。最新刊に『よくも言ってくれたよな』(新潮新書)。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)