外務省官僚を死に追いやった横浜・風俗店「ハーフマダム」の正体 元公安警察官は見た

勝丸円覚氏に、ソ連のスパイだった“風俗店のマダム”について聞いた(※写真はイメージ)

 日本の公安警察は、アメリカのCIA(中央情報局)やFBI(連邦捜査局)のように華々しくドラマや映画に登場することもなく、その諜報活動は一般にはほとんど知られていない。警視庁に入庁以後、公安畑を十数年歩き、数年前に退職。昨年9月に『警視庁公安部外事課』(光文社)を出版した勝丸円覚氏に、ソ連のスパイだった“風俗店のマダム”について聞いた。

 ***

 1955(昭和30)年6月、警視庁公安部外事1課と神奈川県警は横浜市の風俗店「国際観光サービスクラブ」を売春等取締条例違反容疑でガサ入れし、店の経営者だった佐々井光子(当時30)を逮捕した。その後、刑事特別法違反(米軍の安全を害するために米軍の機密情報を盗んだ場合、10年以下の懲役に処することができる)容疑が付け加えられた。

「佐々井は、ソ連のスパイでした。彼女は、その前年にアメリカへ亡命した駐日旧ソ連大使館のラストボロフ二等書記官から指令を受けていました」

 と語るのは、勝丸氏。かつて警視庁公安部外事1課に所属していた同氏は、ロシアを担当していた。

「彼女は北朝鮮人の父とロシア人の母の間に生まれたハーフでした。肌は白く、髪は茶色でしたが、黒に染めるとアジア系にも見えた。金髪に染めると白人の美女。なんとも妖艶な女性だったそうです」


■タワーリシチ


 幼少期は金沢で過ごし、1942(昭和17)年、母親が亡くなると横浜へ転居。1944(昭和19)年、爆撃で父親が死亡すると、ロシア人に引き取られた。その後、MVD(ソ連内務省)の工作員となった。日本語、朝鮮語、英語、ロシア語の4カ国語を話したという。

 工作員としては、例えばシベリア抑留から解放された元陸軍大尉をソ連のスパイに仕立てようとした。元大尉はシベリアでMVDにソ連のスパイとなる誓約書を書き、1951年に帰国していた。誓約書には、帰国後、毎月決まった日時にソ連の連絡員と接触するという下りがあった。

「元大尉は、ソ連のスパイになる気はなく、誓約書のこともすっかり忘れていました。1952年4月17日、元大尉は東京・丸の内で働く友人を訪ねて就職の相談に乗ってもらいました。その後、皇居前広場で佇んでいると、突然佐々井が現れたそうです。彼女は元大尉を監視し、尾行していたのです。そして『タワーリシチですね』と声をかけた。タワーリシチとは、ロシア語で同志の意味です」

 元大尉は、タワーリシチという言葉で誓約書のことを思い出した。その後、佐々井に誘われて喫茶店に入った。結局、スパイになる気はないと伝えたという。

「すると彼女は、袖口に隠していた小型拳銃を元大尉に突き付け、脅したのです。そして、米軍が警察予備隊(自衛隊の前身)に供与する兵器の内容とその数、米軍の警察予備隊援助の将来計画などを教えて欲しいと言い出した。できたら警察予備隊に入って欲しいとも。今後の連絡は、毎月17日午後2時、場所は横浜の山下公園でと言い残し別れたそうです」

 元大尉は思い悩んだ末、警察予備隊の情報機関に相談した。警察予備隊は国家地方警察(国警=旧警察法による警察組織で1954年まで存在した)の捜査員と佐々井逮捕の計画を練ったという。

「佐々井との接触場所である山下公園の藤棚の近くの花壇の中で、情報機関員と国警捜査員が園丁に扮して張り込みました。ところが約束の時間を20分過ぎても佐々井は現れなかった。もっとも、彼らの前を金髪のサングラスをかけた女性が、恰幅のいい外人の男と腕を組んで素通りしたそうです。金髪女性が佐々井でした。彼女は捜査員が張り込んでいたことに気づいたのです」

『警視庁公安部外事課』(光文社)

■何十枚もの濡れ場の写真


 佐々井はその後、元大尉の自宅に「裏切りましたね、覚悟はできていますか」という内容の手紙を送った。結局、工作活動は失敗したが、

「元大尉の安全を守るために、警察は彼を安全な施設に避難させました」

 佐々井は外務省欧米局の事務官にも触手を伸ばした。

「1953年1月、東京・銀座のロシア料理店で、ラストボロフが事務官に佐々井を紹介したのです。事務官は妻子がいるのに佐々井にのめり込み、深い関係になります。そしてその年の夏、佐々井が用意した軽井沢の別荘で1週間、2人は一緒に過ごすのです」

 軽井沢でのバカンスが終わって10日後、事務官は佐々井から都内のホテルに呼び出された。

「その場にはラストボロフも現われ、事務官と佐々井がからみあっている何十枚もの写真を掲示して脅迫、彼にスパイになるよう迫ったそうです」

 その後事務官は、米軍に関する情報を集めては佐々井に伝えたという。

 1954年1月、ラストボロフは上官であったベリヤ内務大臣が逮捕されたため、自分も粛清されると思いアメリカに亡命、日本における情報収集活動の実態を暴露。500名もの日本人協力者がいたと告白し、大騒ぎになった。

「当時、警視庁の山本鎮彦公安3課長(後の警察庁長官)がアメリカへ飛び、CIAの立ち合いのもと、ラストボロフから話を聞いています。そこでこの事務官もスパイだったことが判明しました」

 1954年8月、事務官は国家公務員法100条(秘密を守る義務)違反容疑で逮捕された。

「責任を感じた事務官は取り調べの最中、4階の窓から飛び降りて自殺しました」

 佐々井は、諜報活動を行う傍ら、風俗店「国際観光サービスクラブ」を経営、マダムとして店を切り盛りしていた。

「お店は、米兵が毎晩のようにやってきて?盛していました。ホステスは20人ほどいたそうですが、みな白人と日本人のハーフでした。彼女たちに米兵と関係を持たせて、米軍情報を入手していたのです」

 店ではショータイムがあった。

「照明は暗くされ、全裸になったホステスと客が乱交パーティを繰り広げていたといいます。公安部外事1課と神奈川県警がショータイムの最中にガサ入れを行ったのです」

 その後、佐々井とラストボロフの関係も明らかになった。佐々井は刑事特別法違反で懲役4年が課せられた。

「刑期を終えた彼女は、横浜で小さなバーを経営。ひっそりと余生を送ったそうです」

 むろん、神奈川県警は佐々井が亡くなるまで監視し続けたという。

勝丸円覚
1990年代半ばに警視庁に入庁。2000年代初めに公安に配属されてから公安・外事畑を歩む。数年間外国の日本大使館にも勤務した経験を持ち数年前に退職。現在はセキュリティコンサルタントとして国内外で活躍中。「元公安警察 勝丸事務所のHP」https://katsumaru-office.tokyo/

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)