「美人霊能者の勧誘から9千万円を献金」 統一教会で人生が変わった普通の人たちの話

「美人霊能者の勧誘から9千万円を献金」 統一教会で人生が変わった普通の人たちの話

美女の霊能者が資産家に接近するケースも(※写真はイメージ)

 安倍晋三元総理暗殺事件の影響で、にわかに注目を浴びることになった統一教会(現・世界平和統一家庭連合)。教団側は、近年は「コンプライアンスを遵守」するようになり、トラブルもないと会見で強調したが、その真偽はともあれ、逆に言えばかつてはコンプライアンス上問題のある行為によるトラブルが多発していたのを認めた、ということになるのだろう。

 霊感商法や合同結婚式などが問題視されながらも、統一教会がわが道を突き進んでいた1990年代、信者たちはどのような人生を送っていたのか。前回に続き、合同結婚式が日本中の注目を集めていた時期の記事から、「普通の信者」たちのケースを見てみよう(「FOCUS」1992年7月31日号、9月6日号をもとに再構成。年齢などは当時のままです)

 ***


■恋愛は許されない


 1988年の合同結婚式に出たB子さんは元OLで当時27歳。入信は'84年。きっかけはA子さんと同じく、友人に誘われてビデオセンターに行ったことからだった。B子さんは仕事を辞め集団生活を始めた。

「内部では男女の恋愛どころか体が触れ合うことも許されず、部屋に男女が二人きりになる時にはドアを開けておかないといけない、廊下ですれ違う時も、体が少しでも触れ合うことを恐れて、極端に体をよけ合う。車でどこかへ行く時も、男女は隣同士に座ることを禁じられ、どうしても隣同士になる時はお互いの間にカバンなどを置くようにしました」

 B子さんは霊感商法に従事した。1日の訪問販売先は40〜50軒。売っていたのは印鑑や壺や弥勒仏など。弥勒仏は700万〜800万円。B子さんは1人の相手に2千万円を売ったこともあった。'87年頃からは霊感商法がマスコミで批判されはじめ、収入は減った。月1万4千〜1万5千円だった小遣いは半分になり、食事代も1日100〜200円にされた。

「マクドナルドが、時間がたって捨てているハンバーガーをとって皆で食べたり、パンの耳をもらって食べることもありました。1、2日の断食はザラで、3、4日続くこともありました」(B子さん)

 風呂にもなかなか入れず、夏場で週1回ということもよくあったという。

 B子さんの場合は合同結婚式の2、3カ月前に面接があり、国際結婚でもいいか、黒人でもいいか、健康状態はどうかといった質問を受けた。B子さんは「韓国人が希望です」と答えた。

「メシア(注・教祖の文鮮明氏のこと)の生まれた国の人と結婚し、血統を清めることがいちばんの幸せで、韓国人と“祝福”を受けるのが最高の栄光だったんです」(B子さん)。

 B子さんが相手の顔を見たのは式の当日だった。B子さんは、男性と女性が3回ずつ「蕩減棒」と呼ばれる木の棒で臀骨を打ち合うという奇怪な儀式にも参加した。

「痛くて、1週間、アザが消えませんでした。その後10日間ほど、式のあった工場の倉庫に毛布1枚渡され、通路の間で雑魚寝をしていました」

 B子さんの場合、希望と違って相手が日本人だったため「日本人同士の結婚の場合、女性は33歳まで配偶者と一緒の家庭生活は送れない」と教えられ、別々に活動していた。

 合同結婚式での婚姻が無効であることの確認を求めて幾つかの裁判が行われ、茨城県で提訴されたケースでは、婚姻無効が確認されている。

 このケースは前回の記事で紹介したA子さんと同じく、相手は韓国人。判決では、この式を「強制合同結婚式」と呼び、配偶者を決めたのは本人ではなく教会幹部で、夫婦としての生活もなかった、と認定されている。また裁判では、「妻」が「夫」の経歴や職歴をほとんど知らないこと、日本へ帰った「妻」へは時折、韓国から手紙が来て、「妻」は辞書を引きながら読むだけ、という不可解な夫婦関係が明らかになっている。


■“有名知人”を探せ


 看護学校の生徒だった元信者のC子さん(26)は合同結婚式を目指す苛酷な「献身」生活をこう証言する。

「'88年9月からワゴン車に乗って珍味売りをしました。カスリのモンペにTシャツを着、その上に派手なエプロン姿、朝5時に起きて6時半頃から夜10時頃まで普通の家庭を回ります。夜11時〜午前2時頃迄はバーやスナックを回ります。毎日3時間位しか寝れないので眠くて仕方ない。眠らないように一つの家から別の家へ移動する時は走るんです。月に休日は1日、小遣いは1万5千円でした。“朝ドサ”という売り方もあります。わざと食事、洗顔抜きで訪問販売をして、“顔を洗わせてくれ”“食事を取らせてくれ”“トイレを貸してくれ”などといって上がり込むんです。アベル(上司)に従うことは文師、すなわち神の言うことですから絶対に従う訳です。年末には、恵まれない子に愛の手をとか、チェルノブイリ救済といった名目で募金活動をしました。伝道では“有名知人”を探せ、と言われました。有名人が来ることで多くの人が集まり、それによって地上天国の実現が近づく、という説明でした」


■資産家を狙え


 この時期、すでに霊感商法という言葉は有名になっていたが、それ以外に浮上していたのが「クレジット献金」というものだった。信者が資産家に接近して、持っている不動産を担保に借金させて、献金をさせるというシステムである。祖父の土地を勝手に売り払って献金したという山上徹也容疑者の母親の行動を連想する方もいることだろう。

 被害を受けたという東京近郊に住むトラック運転手(56)の話。

「5年前の秋、50歳位の見知らぬ女性が訪ねて来て、霊界のことを盛んに話すんです。適当に聞き流していたが、そのうち“素晴らしい霊能者がいるから見てもらったほうがいい”と言う。そうしたら“清姫”という30歳前後の顔だちもスタイルも素晴らしい美女の霊能者が来た。わたしは独り者だったが、清姫はわたしが結婚できないのは先祖の因縁のせいだと言う。で、先祖代々の家屋敷を担保に金を作り、その金を世のため人のために捧げれば救われる、と言うんです」

 その後、毎日のように入れ代わり立ち代わり20人近くの人が訪ねて来て、「清姫の言うことを信じなさい」と説得する。が、統一教会の名前は一度も出さなかったという。

「統一教会と知ったのは、その翌年になってから。最後に、一流都銀を定年退職した元銀行マンという人が来て“わたしも自分の土地を現金にして、統一教会に貸して1年後に返してもらったから大丈夫”と勧める。こんな立派な人が言うなら、とわたしも決心したんです」

 結局、家屋敷を担保にクレジット会社から9千万円を借金。手続は、すべて統一教会側の人間が行った。

「ところが、返済期日の1年後に問い合わせると、待ってくれという。その後も延長、延長で、下手に逆らっても返ってこなくなると思って我慢していたら、昨年11月、クレジット会社から“返済金滞納で、このままだと担保を処分しなければいけない”と電話が来たんです」

 ***

 このように人生が教団によって狂ってしまったと感じている人は少なくない。もちろん、その恨みをぶつける相手はあくまでも教団であるべきで、今回の事件の山上容疑者のように安倍元総理を復讐の対象として選ぶことは、まったくの筋違いなのは言うまでもないだろう。

 一方で、この凶行によって教団は過去の悪業が注目を浴び、大きなダメージを受ける事態となっているのも事実。山上容疑者はここまで先を読んでいたのだろうか。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)