まるで他人事? 旧統一教会系の新聞「世界日報」は安倍元首相の射殺事件をどう報じたか

まるで他人事? 旧統一教会系の新聞「世界日報」は安倍元首相の射殺事件をどう報じたか

銃撃 世界日報は"他人事"か

まるで他人事? 旧統一教会系の新聞「世界日報」は安倍元首相の射殺事件をどう報じたか

「世界日報」の複写

 山上徹也容疑者(41)が安倍晋三元首相(享年67)を射殺したのは、7月8日の午前11時半ごろだった。新聞やテレビは、いち早く「特定の宗教団体に恨みがあった」との供述内容を報じた。

 ***

 事件の起きた8日には共同通信が「特定の宗教団体」に言及した記事(註1)を配信し、翌9日にはNHK、朝日新聞、読売新聞なども報じた(註2〜4)。

 出版社が運営するネットメディアなどは、早くから「旧統一教会(世界平和統一家庭連合)」と宗教団体名を報じていた。だが、いわゆる“大手メディア”は、不自然なほど言及を避け続けた。

 状況が一転したのは11日。旧統一教会の田中富弘会長が東京都内で記者会見を開いてからだ。この日の速報を境として、全国紙などは「旧統一教会」と団体名を明記するようになった。

 こうした大手メディアの報道姿勢と歩調を完全に合わせたのが、日刊紙「世界日報」だ。

 旧統一教会が発行している新聞として知られ、《統一教会系の新聞「世界日報」》(東京新聞電子版)、《旧統一教会の機関誌である「世界日報」》(スポニチAnnex)などと報じられることが多い。担当記者が言う。

「山上容疑者が安倍元首相を殺害したのは、逆恨みであることは言うまでもありません。その上で、容疑者の母親が旧統一教会に巨額の献金を行っていたことで家庭が崩壊したという事実は、犯行の動機を解明するためには極めて重要でしょう。ところが世界日報は、そのような視点で報道をしていないのです」


■他人事のような記事


 全国紙が一斉に「旧統一教会」と明記した12日の朝刊でも、世界日報の記事の見出しは、依然として「宗教団体」と明言を避けている。

「この日、同紙の社会面には、山上容疑者が犯行前日、旧統一教会の施設で自作した銃の試射を行ったという記事が大きく掲載されました。ところが見出しは『宗教団体施設近く弾痕か』と、団体名を伏せたのです。記事の本文でようやく《世界平和統一家庭連合(旧統一教会)》と言及しました」(同・記者)

 念のため、朝日新聞と産経新聞の見出しを紹介しておこう。世界日報と同じ12日の朝刊に掲載されたものだ。

◆旧統一教会施設に銃撃か 弾痕?確認 安倍氏殺害前日(朝日)

◆安倍元首相銃撃 「試し撃ち」供述 ビルを現場検証 旧統一教会施設入居(産経)

 世界日報の紙面では、「宗教団体施設近く弾痕か」の記事下に、「『安倍氏 会員や顧問ではない』 旧統一教会会長 容疑者母から献金」という記事が掲載されている。

「田中富広会長の会見を伝えた記事ですが、まるで他人事のような記述に違和感を覚えました。やろうと思えば、他のメディアが追随できないほど深い取材ができるでしょう。しかし、実際の紙面は正反対でした。表面をなぞっただけの浅い記事が目立っただけでなく、『トラブルになったのは昔のことです』と言わんばかりの記述さえありました。まして謝罪の言葉など、どこにも書かれていません」(同・記者)


■嘘の説明を垂れ流し


 どれくらい他人事のような記述なのか、そして、「今は違う」と自己正当化しているのか、記事から具体的に引用してみよう。

《関係者によると、山上容疑者は奈良市内の一戸建て住宅で母親や兄、妹らと同居していた。母親が入信した頃、山上容疑者は高校生で、母親はまもなくして自宅を売却し、02年に破産宣告を受けていた。時期的に多額の献金が原因だった可能性がある》

《統一教会は1980年代以降、高額な印鑑などを売りつける「霊感商法」や、見知らぬ人同士による「合同結婚式」を巡るトラブルが社会問題になった。2009年には霊感商法で逮捕者が出て、当時の会長が辞任している》

《田中会長は「09年以降はコンプライアンスの徹底を進めている。母親が破綻した後に高額な献金を要求したことはない」と話した》

 まるで、09年に当時の会長が辞任したため今の組織に非はない、とでも言いたいような記述になっている。

 また事件の翌日にあたる9日、世界日報は1面に「『日本取り戻す』遺志引き継ごう」の記事を掲載した。

 藤橋進・特別編集委員の署名記事だが、文中に、

《志半ばで安倍氏は凶弾に倒れた。その空白を埋めることは容易ではないが、その遺志を引き継ぐものが、その空白を埋め志を実現していかねばならない》

 とある。この一文に、“信者の息子が放った凶弾で、安倍元首相は死亡した”という観点は完全に欠落している。


■逃げ続ける紙面


 旧統一教会は説明責任を果たさないだけでなく、虚偽説明も目立つと多くのメディアが報じている。念のため確認しておこう。

 毎日新聞は15日の朝刊に、「安倍元首相銃撃:旧統一教会 献金強要相談、今も 弁護団、教団説明に『うそ』」の記事を掲載した。

《弁護士連絡会には全国の元信者らから今も同連合に献金を迫られたなどとする被害相談が寄せられており、21年は47件(総額3億3153万円)に及ぶという》

《元信者の女性が献金の返還を求めた訴訟では20年2月、東京地裁が「献金の要求は、不安や恐怖をあおる不当な方法だった」として勧誘した同連合側に約470万円の返還を命じる判決を下し、同連合などの上告が棄却され21年に確定している》

 旧統一教会が、組織防衛のため虚偽説明を行い、それを世界日報が垂れ流すようにして紙面を作ったことがよく分かる。

 その後も世界日報は、事件と教団の関わりを無視するかのような紙面を作り続ける。再び「宗教団体」の文字が見出しに使われるのは、14日の「宗教団体トップ襲撃計画 3年前 容疑者供述 約20年前から恨み募らす」だ。

 記事の本文は山上容疑者の襲撃計画を報じているのだが、相変わらず他人事のような記述が目立つ。


■旧統一教会の“本質”


 何しろ見出しだけでなく、記事の冒頭でも《母親が信者の宗教団体トップを火炎瓶で襲撃しようとしていた》と、この期に及んでも「旧統一教会」の名称を使わないようにしているのだ。

 団体名が出てくるのは記事の後半で、《宗教単体は世界平和統一過程連合》と書き、《山上容疑者は「母親が多額の献金をして破産し、家庭が崩壊した」「安倍元首相が団体とつながりがあると思った」と供述している》と、相変わらず最小限の記述にとどめた。

 世界日報なら、容疑者の母親がどうやって信者となり、どのように献金額を増やしていったか、報じることが可能だろう。

 いや、それこそ旧統一教会が安倍元首相や祖父の岸信介元首相(1896〜1987)と、どんな関わりを持ったのかも伝えられるはずだ。

 今回の事件に関する世界日報の紙面からも、旧統一教会の“本質”が浮き彫りになっていると言えそうだ。

註1:安倍元首相撃たれ死亡 元海自隊員手製銃使用か(共同通信:7月8日)

註2:安倍元首相銃撃事件 容疑者の男 襲撃対象を“特定の宗教団体”から元首相に変更か(NHK:7月9日)

註3:「爆弾も作ろうと」容疑者供述 「家族入信で生活苦しく」 安倍元首相銃撃(朝日新聞:同)

註4:前日 岡山で襲撃計画 安倍元首相死去 容疑者「会場訪れた」(読売新聞:同)

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)