「羽生結弦」現役引退で浮上 中国が狙う“氷上王子”コーチ招聘計画の現実味

「羽生結弦」現役引退で浮上 中国が狙う“氷上王子”コーチ招聘計画の現実味

中国"羽生コーチ"招聘計画か

「羽生結弦」現役引退で浮上 中国が狙う“氷上王子”コーチ招聘計画の現実味

「引退会見」では笑顔を何度も見せた羽生

 フィギュアスケート男子の羽生結弦(27)が7月19日、「現役を引退してプロ転向」することを記者会見で表明した。冬季五輪2連覇を成し遂げた“氷上の天才貴公子”が競技の一線から退くことに慰労と惜しむ声が絶えないなか、「好機到来」と触手を伸ばし始めた国があるという。かねてから羽生を「指導者」として招聘する野望を持つ、中国である。

 ***

 会見冒頭で「プロのアスリートとしてスケートを続けていくことを決意いたしました」と話した羽生結弦。

 今後は「競技会に出るつもりはない」と明言し、現役引退についても「寂しさは全然ない。(これからは)もっと色んな方法で自分のスケートを見ていただく機会があると思っていますし、作っていきたいと考えている」と晴れやかに語った。

 スポーツ紙記者の話。

「会見では2018年の平昌五輪後に“引退しよう”と思っていたと打ち明け、それでも続けてきた理由のひとつに“4回転半ジャンプ”へのこだわりを挙げました。終始、穏やかな口調で語る羽生選手の姿からは気持ちの整理が完全についている様子が窺えました」

 会見では、オリンピックを「自分の生きている証し」とも表現した羽生。一方で、「引退発表を機に、中国側のフィギュア関係者の動きが慌ただしくなっている」(同)との情報が浮上している。


■“氷上に降り立った神”


 中国事情に詳しいシグマ・キャピタル代表取締役兼チーフエコノミストの田代秀敏氏がこう話す。

「これから中国は自国ナショナルチームのコーチや指導者として羽生氏を招聘することに全力を傾けてくると見られています。中国での“羽生人気”は日本国内を遥かに凌ぎ、中国共産党機関紙『人民日報』や国営通信『新華社』などを含む中国メディアは、これまで羽生氏の活躍を膨大な映像をまじえて大々的に報じてきた。また北京五輪時には中国のアナウンサーが自国選手を超える熱量で羽生氏の演技を伝えるなど、国民的ヒーローさながらの“氷上王子”として扱われています」

 申し分ない実力を備えているにもかかわらず、驕り高ぶることのない謙虚な姿勢。そして端麗な容姿などが相まって爆発的な人気を生み出しているという。

「卓球の福原愛さんも大変な人気がありますが、彼女は中国では“卓球の天才”とは認識されていません。その愛らしいキャラクターと完璧な中国語を操る努力家の面などが高い好感度に繋がっているのです。それに比べて、羽生氏は中国人も絶賛するしかない実績を持ち、誇張ではなく“氷上に降臨した神”のような存在になっている」(田代氏)


■「フィギュア覇権」の起爆剤


 習近平・総書記(国家主席)は北京五輪招致時、ウィンタースポーツの競技人口を「3億人に増やす」ことを“公約”として掲げ、中国を「ウィンタースポーツ大国」に押し上げる大号令を掛けた。

「そのため中国では馴染みの薄かった冬季五輪競技を強化するため、欧米から一流どころをコーチとして呼び集めましたが、羽生氏ほど人気と実力を兼ね備えた人物の招聘に成功した例はありません」(田代氏)

 そのインパクトは「日本シンクロの母」と呼ばれ、中国では「教母」と語られる井村雅代氏ですら及ばないという。井村氏は78年に日本代表コーチに就任以降、アーティスティックスイミング(シンクロナイズドスイミング)が正式種目になった84年のロサンゼルス五輪から6大会連続で日本にメダルをもたらした。

 06年に中国代表のヘッドコーチに就任すると、08年の北京大会、12年のロンドン大会で中国にメダルをもたらし、現在のロシアと並ぶ強豪国に育て上げた人物だ。


■「世界最高のリンク」を提供


「コロナ禍と経済停滞で庶民の不満が鬱積するなか、招聘に成功すれば、習氏の総書記としての“3期目続投が見えてくる”との声も聞かれるほど、国中を熱狂させる大手柄になる。中国は羽生氏を呼び寄せることを“国家100年の計”の文脈内で捉えていると考えたほうがいいでしょう」(田代氏)

 いまのところ、羽生が中国側のオファーを受けるとは現実問題として考えにくいが、果たして今後、羽生の心が少しでも動く可能性はあるのか。

「フィギュアの場合、トップクラスの一握りの選手らは国籍を問わず、横の繋がりが非常に強い。そのため中国側が直接、羽生氏にコンタクトを取る方法はいくらでもあり、実際、様々なタイミングで彼に打診を試みると思います。その際、羽生氏が仮に日本代表のコーチや指導者に就く場合とは桁違いの待遇を提示するのは間違いありません。羽生氏の望む、理想的な世界最高のリンクを新たにつくることだって厭わないはずです」(田代氏)

 世界で最も優れたトップリーダーを?き集める――、中国の「千人計画」はスポーツ分野でも加速しているようだ。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)