藤井聡太が棋聖3連覇で五冠維持 “楽しそうな感想戦”で永瀬王座に見せた特別な笑顔

藤井聡太が棋聖3連覇で五冠維持 “楽しそうな感想戦”で永瀬王座に見せた特別な笑顔

終局時の両者(日本将棋連盟提供)

 7月17日、愛知県名古屋市の「亀岳林 万松寺」で、藤井聡太五冠(20=竜王・王将・王位・棋聖・叡王)に永瀬拓矢王座(29)が挑戦した棋聖戦五番勝負の第4局が指され、藤井が104手で勝利。シリーズ3勝1敗で3連覇し、五冠を守った。【粟野仁雄/ジャーナリスト】


■「厳しい戦いだった」


 藤井聡太が「10代最後の一局」を見事に勝利した。

 藤井は「結果を出せたのはよかったけど、厳しい戦いだったと思うので、ちゃんと振り返らないといけないなと思います」と冷静だった。

 序盤から2歩損となった藤井は、それをハンディにしない展開。中盤、8筋、9筋での攻防が続いたが、藤井が飛車を成り込み、次第に藤井有利に傾く。永瀬も敵陣に入った竜と角で攻撃するが、藤井の玉は捕まらない。

 永瀬が投了したのは藤井の104手目、「2六桂馬」の王手。そこからは五手詰めで、アマ有段者などでなくともわかる。「棋士の美学」などからも、こうなる前の藤井の2六への香車打ちあたりで投了する棋士も多いが、永瀬は早めの投了を好まないという。

 局後、大盤解説会場に現れた永瀬は、「最終局まで指せればもう一局見せられたけど、力及ばなかった。また藤井さんとタイトル戦ができるように頑張りたいと思います」と語った。


■通算タイトルは9期


 藤井にとって棋聖位は、2年前に大阪で史上最年少の17歳で渡辺明二冠(38=棋王・名人)から奪った忘れられない初タイトル。その若武者も7月19日に20歳になった。

 会見前の写真撮影では、師匠の杉本昌隆八段(53)が登壇し、早めの誕生日ケーキをプレゼントした。藤井は会見で「もうお年玉はもらえないと思うので、ケーキは嬉しい」などとはにかんだ。

 さて、この勝利で通算タイトルは9期となり、トップの羽生善治九段(51)の99期から数えて9人目に食い込んだ。ヒフミンこと加藤一二三九段(82=引退)、戦前の木村義雄十四世名人(故人)を抜いた。

 10代に限定すれば、屋敷伸之九段(50)の2期(棋聖)、羽生の1期(竜王)しかなく、これは永遠に抜かれないと思える「ダントツ」の記録だ。

 AbemaTVで解説していた郷田真隆九段(51)も、相方の女流棋士に藤井の誕生日の話をされて、「そういえば、まだ10代でしたよね」と感慨深そうだった。


■感想戦に熱中


 今回、筆者は名古屋での取材を断念し、AbemaTVで観戦したのだが、感想戦の様子がもっとも印象的だった。まるで仲良しの子ども同士が夢中で遊んでいるような姿なのだ。感想戦とは、決着直後に勝者と敗者が一緒に一局を検討し合うもの。スポーツや他の勝負事ではあまり聞かない、将棋独特の風景である。

「歩では駄目だったですかね?」「そうですね」「この辺は行けると思ったんですけど」「あ、そうか」「そういう手だったんだ」「なるほど」「それは無理かと思ったんですけどね」「うーん」

 終局まで再現したのでこれで終わりかと思ったら、再び中盤に戻して検討し直していた。マスクはしていたが、時折、藤井の眼が「逆三日月」になり、腹の底から笑っていたのが窺えた。勝利で笑っているのではない。勝敗など度外視。勝者も敗者もない。とにかく、プロ入り後からの親しい研究パートナーである永瀬と戦えた幸福感に満ちていた。永瀬も悔しさを滲ませるような様子はなく、楽しそうだった。

 感想戦では高段者の立会人が「あの手はどうだったんですか?」などと声をかけたりするが、2人が熱中しきっている様子のせいか、立会人の森内俊之九段(51=永世名人資格)は声をかけにくそうだった。

 解説の郷田は映像を見ながら、「感想戦ではたがいに手の内は出さないという部分もあるのですが、2人はそんなことはなく、本当に忌憚なく、自分の考えを出し合っていましたね」と話していた。


■しばらくは見られない2人の対局


 記者会見でのマスコミ向けの「笑顔」とはまた違い、感想戦の時の藤井は本当に楽しそうだった。とはいえ、藤井の感想戦がいつもそうなわけではない。

 渡辺明二冠や豊島将之九段(32)に勝利した時などは遠慮があるのか、もう少しかしこまった様子で言葉も少ない。ところが永瀬に対しては、10歳離れているものの、藤井はまったく違う表情だ。

「1、2局目は苦しい展開が続いて、厳しいシリーズだったと思います」と藤井が振り返った通り、今シリーズ、1局目が2度の千日手(同じ局面が繰り返してしまう)による「指し直し」で永瀬が先勝。2局目も劣勢からのかろうじての逆転だったのだ。

 新タイトル奪取を果たせなかった永瀬は、「王座」を守らなくてはならない。ところが藤井は王座戦の挑戦者決定トーナメントで大橋貴洸六段(29)に敗退しており、しばらくは永瀬と藤井の対局を見ることができない。そのせいか、初めてタイトル戦という「檜舞台」で相まみえた仲の良い2人は、シリーズが終わってしまったのが名残惜しくて仕方がない様子だった。


■20代は「非常に大事な時期」


 コロナ禍になって報道陣は主催社しか対局室に入れなくなったが(入れるのは指し始めと終了後だけ)、それ以前は筆者も間近で藤井の感想戦を見ていた。その頃、藤井への取材は今以上に過熱していた。

 当時、日本将棋連盟の関西本部の広報担当者は「感想戦では絶対にマイクを突き出さないでください。専門的な将棋のことしか話しません。『今日の昼めしうまかったなあ』なんていう話は絶対しませんから」などと懸命にマスコミの交通整理をしていたものだ。

 棋聖戦は1局1日制の五番勝負だが、現在のスピード化時代にあって、名人戦や王位戦などは七番勝負で、しかも1局2日制だ。「持ち時間を短縮してもいいのでは」などと思ってしまうが、長時間の思考を重視するのは「将棋の中身を高めていく」という意味があるのだという。

 感想戦も「技術向上」の1つ。プロとて、お互い相手の意図や戦略を勘違いしたままで終わっていることもあろう。「ああ、なるほど」が繰り返される中、確認されるのだ。AI(人工知能)への依存度が高まっても、これが「人間同士」の戦いたる将棋の技術向上の伝統でもある。

 藤井は今後、現在防衛戦を闘っている王位戦などでタイトルを守り切った上、本戦を勝ち進んでいる棋王戦で渡辺二冠への挑戦者となれば、「六冠」を目指せるが、それは来年2月以降の楽しみということになる。

 記者に20代になったことについて問われると「実力を高めるために今後の数年というのは非常に大事な時期と思うので」と語った。藤井の10代が終わってしまうのが、なんだか寂しい。

(一部敬称略)

粟野仁雄(あわの・まさお)
ジャーナリスト。1956年、兵庫県生まれ。大阪大学文学部を卒業。2001年まで共同通信記者。著書に「サハリンに残されて」(三一書房)、「警察の犯罪――鹿児島県警・志布志事件」(ワック)、「検察に、殺される」(ベスト新書)、「ルポ 原発難民」(潮出版社)、「アスベスト禍」(集英社新書)など。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)