統一教会が狙う“だまされやすい”職業は? 妹を洗脳から救出した男性が“壮絶な戦い”を明かす

旧統一教会が運営資金を稼ぐ手口を解説 教えに引かれやすい人は銀行員や看護師など

記事まとめ

  • 世界中で活動する旧統一教会の運営資金の多くは日本で得られているという
  • 1990年代のピーク時には、日本国内だけで約4900億円もの資金が集まっていたらしい
  • 教えに引かれやすい人は銀行員、看護師、保育士、アパートに住む勤労女性だという

統一教会が狙う“だまされやすい”職業は? 妹を洗脳から救出した男性が“壮絶な戦い”を明かす

高校時代の山上徹也容疑者

 1980年代以降、統一教会による霊感商法の実態は徐々に明かされていった。92年の「合同結婚式」には有名人も参加、異様な光景が巷に衝撃を与えたのだが、以来30年。教団の本質は変わらず、苦しめられてきた家族も後を絶たない――。

 ***

<a href='/topics/keyword/桜田淳子/160530016027/'>桜田淳子</a>

 宗教ジャーナリストの藤倉善郎氏が言う。

「世界中で活動する統一教会の運営資金の多くは、日本で得られています。本国の韓国では献金などのノルマはさほど厳しくなく、日本のことは“サタンの国”で、朝鮮を植民地にして多くの人民を苦しめてきたひどい国なのだと喧伝している。そのため、カネと人材の両面で韓国はじめ全世界の支部を支えることが日本の責務であるというのです」

 これが霊感商法や献金の原動力となってきたといい、

「だから今回の山上容疑者の母親のように1億円ともいわれる献金をしてしまう。霊感商法については、かつては正式に信者になっているかどうかにかかわらず、お金を持っていそうだと踏めば、ちゅうちょなく高額商品を売りつけていました」(同)

合同結婚式での東氏と桜田淳子

■「教義自体が脅し」


 実際の手口としては、

「布教の際、最初は自分たちの素性を隠してターゲットに接近します。以前に多かったのは街頭で“手相を見せてください”と近づき、悩み事などを聞き出して勉強会に誘うというもの。カルチャーセンターのような場で“今の時代は混迷している。共産主義の台頭は恐ろしい”などと、徐々に教義の勉強をさせていく。ある程度まで進むと“実はこれまでの話は文鮮明という方の教えです”と正体を明かし、入信を勧めるのです」(同)

 2009年には印鑑や水晶販売をめぐって全国で信者の摘発が相次ぎ、教団は「コンプライアンス」徹底を謳ってきたという。

「以前のように直接的に脅したりするケースは抑制気味に見えますが、“先祖を供養しないと大変なことになる”という精神状態に追い込むなど、教義自体が脅しのようなもので、イベントで“寄付をしましょう”と呼びかけられれば、信者はお金を使う。むしろターゲットを狭めて囲うようになっており、よりたちが悪いともいえます」(同)

 藤倉氏によれば、最近は街頭で清掃ボランティアサークルを装って声を掛けたり、また“家系図の勉強をしましょう”といったチラシを投函したりする勧誘が行われているという。

 前述の通り日本の信者はまさしく金づるで、教団の資産のおよそ9割が日本で稼いだ分だとされる。とりわけ1990年代のピーク時には、霊感商法と献金によって日本国内だけで約4900億円もの資金が集まっていた。

文鮮明・韓鶴子夫妻

■タレント活動復帰への反対声明


 ちょうどその頃、世間を騒然とさせたのが「合同結婚式」である。歌手の桜田淳子が参加したことで、奇妙な儀式はにわかにクローズアップされたのだった。

「桜田は、先に合同結婚式への出席を表明していた新体操の元五輪代表・山崎浩子さんの後を追うように、92年の6月末に信者であることをカミングアウト。式への参加を表明しました」

 とは、統一教会ウオッチャーである。

「お相手に選ばれたのは3歳年上の東伸行さん。当時、実家が経営する撚糸工場の専務で、互いに信仰歴は15年ほど。結婚後は実家のある福井県敦賀市に居を構えました。夫が継いだ会社が閉鎖されてからは、兵庫県西宮市の高級マンションへと移り、現在は都内に住んでいます」(同)

 この間、96年の教団行事出席を最後に、桜田は公の場に姿を見せてこなかったが、2013年5月には“脱会しない限り芸能活動はさせない”と復帰に反対していた育ての親であるサンミュージック会長が死去。彼女も通夜に駆け付けている。

「その半年後、彼女は銀座の博品館劇場で一夜限りの“復活”を遂げ、以降も度々舞台に立ってきました。ですが18年3月には、全国霊感商法対策弁護士連絡会が、タレント活動復帰への反対声明を出すに至っています」(同)

 盟友・森昌子が引退を表明した19年春には〈これからの人生も楽しんで〉とのコメントを発表。森にメールを送ったことも明かされたのだが、今なお信仰は解けないままである。

合同結婚式

■洗脳からの救出作戦


 一方、教団の欺瞞(ぎまん)を悟ることができたのは山崎浩子氏である。合同結婚式の相手は大手証券会社に勤める京大卒のエリートだったが、親族らによる懸命の活動が奏功し、93年4月には会見で「脱洗脳宣言」。当時、脱会に尽力した牧師は本誌(「週刊新潮」)にこう語っている。

〈合同結婚式翌年の3月、浩子さんが正式に入籍する直前、彼女がひとりになる『空白の時間』があることが分かった。そこでお姉さんが浩子さんを救出し、私は浩子さんに会うことになりました〉

〈再び私が浩子さんに会い、教祖と信者が性交渉する『血分け教』の無茶苦茶ぶりを説明すると、彼女は号泣。それでも浩子さんは『統一教会を辞めたら、私は殺されるのでしょうか』とおびえていました〉

 新婚早々、家族らによって連れ出された新婦に対し、新郎は捜索願を出す騒動に。それでも無事、脱会を果たしたのである。


■「最も狡猾」


 先の「連絡会」代表世話人の山口広弁護士が言う。

「連絡会が結成された87年から昨年までに寄せられた統一教会に関する相談件数は約3万4500件、被害総額は約1237億円にのぼります。私はオウムや法の華、幸福の科学などさまざまな宗教案件に携わってきましたが、なかでも統一教会は最も狡猾。人とカネを集めるノウハウが極めて巧妙かつ組織的で、一番深刻な被害をもたらすのです」

 統一教会に入信すると、

「まず『目覚めのとき』というビデオを見せられます。神様がいるのになぜ人々の間には不和があり、次々と問題が生じるのかを問う内容で、それによれば人間の始祖であるアダムとエヴァが幸せに暮らしていたが、ある日ルーシェル(堕天使)の誘いに乗ってエヴァが道ならぬ恋に落ち、それにつられてアダムも堕落してしまう。そうして、人間は堕落の本性があり、それを避けるには血と汗の結晶であるカネを提供しなければならないと説くのです」

 さらに続けて、

「こうした教えに引かれやすい人の類型は俗に“ギンカンポ”“アパキンジョ”と呼ばれます。それぞれ銀行員、看護師、保育士。そしてアパートに住む勤労女性を指します。真面目で向上心や思いやりのある人ほど引っかかりやすく、彼らは本気で熱心な勧誘活動をするため、統一教会には強い布教力があるのです」


■「脱会させようとする親族がいたら…」


 前出の山崎氏はまだしも“軽傷”だったといえようが、家庭に甚大なダメージを被ったケースも無論ある。北陸地方に住む60代の男性が明かす。

「妹が入信したのは40年前、当時21歳でした。繁華街でアンケートの勧誘を受け、そのままビデオセンターに連れて行かれたのです。それから家を空けることが増え、3カ月後には家出してしまった。私は信者らが集う施設を突き止め、出入りする若者をつけてみました。すると妹は近くのマンションに女性4人で暮らしていることがわかったのです」

 家出の際は手提げ袋などで荷物を小分けにし、数回にわたって運び出したため発覚が遅れたという。

「妹は、高卒後3年間働いて貯めた100万円を献金し、7万円の高麗人参や、大理石の壺を60万円で買っていました。預金通帳の残高は0になっていて、お金が尽きたら今度は肉体労働。珍味や印鑑、多宝塔を売り、駅前で募金活動もさせられていました。が、教団は信者に“脱会させようとする親族がいたら、拉致監禁される”と教え込んでいたので、簡単に取り返せる状況ではありませんでした」


■3カ月かけて洗脳を解くことに成功


 音信不通が10年続き、

「92年には事前に知らせもなく突然、実家に帰ってきた。やつれ果てていて、聞けば韓国の農村出身の男性と入籍し、桜田淳子さんらと同じくソウルでの合同結婚式に参加したという。これが最後のチャンスだと思い、教団に見つからないよう自宅でない場所に妹をかくまいました。脱会経験者や牧師さんの話を聞かせたり聖書を検証させたりし、3カ月後、ようやく洗脳を解くことができ、韓国人男性とも離婚が成立しました」

 というのだが、

「この40年間、同じように兄弟や子を連れ戻したいと願う500組ほどの家族と知り合いましたが、救出に成功したのは全体の1割足らず。自殺を遂げた家族も数十人いました。霊感商法にだまされて大金を失った人は、被害届を出そうにも、罪に問われて逮捕されるのが自分の子や親だったりするかもしれず、それを恐れて声を上げられません。教団側も、そうした心理を熟知しているのです」


■母親から「神の血統が汚される」


 また山上容疑者と同じく「2世」の苦悩を抱えてきた西日本出身の30代男性は、

「私は合同結婚式で一緒になった両親のもとに生まれた『祝福2世』で、物心ついた時から家族で教会に通っていました。統一教会の認める結婚は合同結婚式だけで、自由恋愛や性愛は悪とされている。小学生の頃から“同級生の女の子にはサタンがついていて、誘惑してくるから気を付けなさい”と教わり、テレビでも恋愛を扱う番組は観るのを禁じられて育ちました」

 が、この「2世信者」は長じるにつれ疑問が沸き起こってきたといい、

「アダムとエヴァが堕落して人類の罪が始まったと言われても歴史的な事実がなく、おかしいと思って心が離れていきました。大学入学以降は一人暮らしをしてきたのですが、教会から足が遠のいたことで親からひっきりなしに連絡があり“せっかくの神の血統が汚される”とも言われました。統一教会では、親が合同結婚式をしただけでは救われず、生まれた子が同じく合同結婚式に出て初めて家系が救われると教えます。子が教会から離れてしまうと、親ともども地獄に落ちるとされているのです」


■2世は親の言いなりになるか、親と断絶するか


 この男性の両親はすでに自己破産しているのだが、いまだに母親からは頻繁にLINEが届くという。「2世問題」は極めて深刻であり、先の山口弁護士も、

「安倍元首相の殺害は断じて許されるものではありませんが、統一教会の2世として強いられた山上容疑者の苦しみと教団への憎しみは痛いほどわかります」

 としつつ、

「親が、全く理解できない教義に染まって行動し、その信仰を子に強いてしまう。好きな相手と結婚できないため祝福2世になりたがらない人も多いのですが、統一教会の機関紙では、そうした子であっても関係を断絶せず、もし信者ではない相手と結婚しても仲良くし、ビデオセンターに通わせて信者にするよう指導しています。子の配偶者も信者にした上で、あらためて合同結婚式に参加させる、つまり『既成祝福』を受けさせなさいということです」

 従って親世代の信者は、

「たとえ子が自分の好きな相手を選んだとしても、決して諦めないのです。あるいは山上容疑者の母親も、そうだったかもしれません。教義に反するものはすべてサタンによって堕落させられるとされており、2世は親の言いなりになるか親と断絶するか、非常につらい立場に置かれてしまいます」

 精神的バランスを崩して引きこもり、自殺を図る2世も少なくないというのだ。

「週刊新潮」2022年7月28日号 掲載

関連記事(外部サイト)