白寿で旅立ち「瀬戸内寂聴さん」お別れの会、しめやかに

白寿で旅立ち「瀬戸内寂聴さん」お別れの会、しめやかに

しめやかに行われた(?「瀬戸内寂聴さん お別れの会」実行委員会)

 昨年11月、99歳で亡くなった作家・瀬戸内寂聴さんのお別れの会(出版・新聞社14社合同主催)が7月26日、東京・千代田区の帝国ホテルで行われ、縁のあった著名人ら約318人が参列した。


■最大のホラ


 献杯の音頭を取った作家の林真理子さん(68)は、

「先生があちらに行って早いもので8カ月。今でも京都に行くと、先生のことを思い出します。お話するのが本当に楽しかったです。先生の楽しいお話の中には、かなりのホラもありました。でも、先生がおっしゃった最大のホラは、『作家なんて、死んじゃったら、本屋から本なんか消えて忘れられちゃう』とおっしゃったこと。今も全集が出版され、映画も公開され、寂聴展もたくさんの人がいらっしゃっている。また寂聴ブームが起こっていますよ」

 と、遺影に語りかけた。

 家族ぐるみの付き合いだったという作家の平野啓一郎さん(47)は、かねて寂聴さんから、「弔辞を読んでね」と頼まれていたことを明かし、

「誰もが瀬戸内さんをどこか不死身の人のように思っていて、私自身も真面目に110歳ぐらいまで生きられるのではないと思っていて、ご本人にもそうお伝えしていたんですが、『そんなには生きたくない』と笑って首を横に振っていらっしゃいました。99歳で亡くなったという事実に、私は一遍の短編小説を読んだような印象を受けました」

 と、別れを惜しんだ。


■100歳でアイドルに


 親交の深かった女優・南果歩さん(58)は、その訃報を海外で聞いたそうで、

「信じられませんでした。先生は絶対に死なないと思っていました。去年、99歳の誕生日にお電話で話し、『100歳でアイドルになれるのは先生だけ』というと、ケラケラ笑って、『そういうのは悪くないわね』とおっしゃっていた」

 と、寂聴さんとの最後の思い出を振り返った。

 11月公開の映画「あちらにいる鬼」で寂聴さんをモデルにした長内みはる役を演じた寺島しのぶさん(49)も会場を訪れ、

「コロナ禍で直接お目にかかることができませんでした。あくまでもモデルですが、寂聴さんのエッセンスが入った映画なので、リスペクトしながら撮影に臨みました」

 と、演じる際の覚悟を話した。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)