じつは意外に多いヤクザの自殺 2つの実例から見えてくる根本的な原因とは

じつは意外に多いヤクザの自殺 2つの実例から見えてくる根本的な原因とは

「抗争のケジメ」「渡世のしがらみ」、暴力団員の自殺騒動は決して珍しくないという(※写真はイメージ)

 2021(令和3)年における日本の自殺者数は約2万1000人だった。平均して毎月2000人近くが自殺している。日本の自殺者総数は、近年では多少の減少傾向もあるが、このように毎年2万人強の数値をコンスタントに弾き出している(作家・ノンフィクションライター・藤原良)。

 ***

 自殺者たちを職業別に見ると、無職者と職業不明者が全体の過半数以上で、警視庁の分析によると自殺の原因は、さまざまな要因が重なった結果とされている。

 無職者や職業不明者の中には、高齢者だけでなく暴力団員も多分に漏れず含まれている。

 一見して、社会的にタフな生き方を選んだアウトローともいえる暴力団員たちが、自殺などするものか?──と疑問を感じる人もいるかもしれないが、実は暴力団員の自殺騒動は決してめずらしくない。

 ある者は抗争のケジメをつけるために自決し、またある者はやむにやまれぬ渡世のしがらみによって自ら命を絶つ道を選ばざるをえなくなる。ある意味、こういった死に方には、生き様の美学的な要素も垣間見られるが、実際、暴力団員が自殺をするのは、なにもこういった理由だけではない。


■人間不信による自殺


 指定暴力団の某直系団体の組長の実子であるAさんは、所謂「組長の息子」として、学生時代は運転手付きの高級車で送迎され、暴力団員となってからは父親のコネを利用して地元の有力者や政治家とも親交を重ねながら、半ば自由奔放な暮らしをしていた。

 やがて実父の組長が病気で他界し、組長の席は組員序列により別の者が継ぐと、Aさんは幹部に昇格して「先代の息子」としての影響力を組の内外に発揮するようになった。

 このようにAさんは、暴力団員としてはかなり恵まれた方だった。そんな順風満帆以上の暴力団員人生を送っていたAさんの生活が一変したのは、実父の組長が亡くなってから数カ月後のことだった。

 ある日、Aさんの前に「先代に世話になった」という人物が現れた。彼はAさんの実父であった組長に大変世話になったにも拘わらず、その恩返しをする前に組長が亡くなってしまったので、組長に代わってAさんに恩返しをしたいと申し出たのであった。彼は「絶対に儲かる投資案件があるので、2000万円ぐらいを投資して欲しい。恩返しとして、必ず儲けさせますから」と話した。自分が恩返しをされる立場であることに気をよくしたAさんは、彼の話に前のめりになった。


■狙われやすい「お人好し」


 実は、Aさんの実父であった組長が亡くなった時、Aさんのもとに、組長の隠し資産の2億円が密かに相続されたという噂が巷に流れた。また、組長が亡くなってしばらくした後、200坪以上あった組長の屋敷が区画整理事業の対象地となって買収されたことから、Aさんの元にはかなりの金額が転がり込んでいた。

 こうして懐具合に余裕があったAさんは、目前に現れた人物の投資話にのめり込んで、彼に言われるがまま、2000万円を渡した。その途端、彼は音信不通となってしまった。結果としてAさんは2000万円を失った。

 要するに、これは詐欺だった。先代の息子として知られており、しかも現役の暴力団幹部であるAさんに対して詐欺を働くなんて、仕返しされることを考えたら尋常な沙汰ではないと思う人も多いだろう。

 が、Aさんは、とどのつまり、坊ちゃん生活が染みついているところもあって、どこかお人好しな性分。極悪非道な暴力団員というよりは、愛嬌深いヤクザだったので、詐欺師から言わせれば、Aさんは「狙いやすいお人好し」だった。

 こうしてAさんは2000万円を失ったわけだが、音信不通となった彼の行方をやみくもに探すこともなく、「父親に恩返しをしたいと言われたら払うしかないだろう」と言って、潔くすべてを水に流した。


■“先代案件”


 それからしばらくするとAさんのもとに、「先代の恩を返したい」だけでなく、「先代と共同事業をやる話になっていたから息子さんに引き継いで欲しい」、「先代に貸した金を返して欲しい」、「先代の愛人の処理をしたい」等々、先代がらみの話が次々と舞い込むようになった。Aさんはこれらのすべてを「先代案件」として、その対応に当たるようになった。

 このすべてが詐欺だったわけではないが、ほとんどの案件が、相手に対してAさんが金銭を支払う話ばかりで、前途した件と同じように現金だけを騙し取られてしまうケースも多く、気が付いた頃にはAさんの手元の現金はまったくなくなっていた。そしてAさんは、極度の人間不信に陥るようになった。

「暴力団員には人権がない」と言えるほどの理不尽な時代である。先代が存命の時代とは違って、今となってはAさんも暴力団員としてそれなりに生きる苦労を重ねている。そんな折りにAさんは、「先代案件」によって、かなりの人々から詐欺を働かれ、騙され続けた。金銭的被害だけでなく、その精神的ストレスはとても大きかっただろう。


■病んだ精神


 暴力団員であるが故に、それが明らかに詐欺であると判断できても、警察に相談に行くわけでもなく、周囲の友人たちから、さまざまな対抗策をアドバイスされても「父親の名前を出してくる以上、断るわけにはいかない」として、Aさんは、目前に現れたさまざまな人物たちに現金を渡し続けた。

 いっそのこと、暴力団員を辞めようと思ったこともあったそうだが、辞めたとしても、Aさんに「先代案件」は一生付いて回る。だったら暴力団員のままでいた方がまだ何かと融通も利きやすい。

 それはつまり、Aさんは暴力団員というより、こんな父親を親にもった息子という、ひとりの人間として背負った運命に縛られ続けることを意味していた。

 Aさんの手元に現金はもうなかったが、「組長の隠し資産の2億円を密かに相続したらしい」という噂だけはまだ蔓延(はびこ)っていたので、Aさんのところには「先代案件」が依然として舞い込んで来た。やがてAさんは知人から借金までして「先代案件」に対応するようになっていた。この頃はAさん、もう何かしら精神を病んでいたのかもしれなかった。


■組長稼業も楽じゃない


 そしてAさんは、ある日、自宅で首を吊って死んでいるのを発見された。警察は、これを自殺として処理した。

 Aさんは某直系団体の組長の実子だった。言い方を換えれば、Aさんはその業界ではそれなりに立場のある組長の息子だった。そしてAさんは、実子であるが故に、組長稼業も楽ではないということを熟知していた。

 先代時代は経済ヤクザの全盛期だったとはいえ、組長も水商売のような浮き草稼業、たとえ高級車を乗り回していようとも、実はその日のガソリン代の工面に苦労する日だってある。高級な背広を着ていても、クリーニング代がない日だってある。

 そんな赤裸々な苦労を知っていたAさんだったからこそ、どうしても「先代案件」から逃げるわけにはいかなかった。Aさんは、父親が作った生前のツケを払うことが、この家に生まれた自分の責務であるとも考えていた。そんな生真面目さがAさんの精神をむしばみ、彼を自殺に追い込んでしまったのかもしれない。


■行き場がなかった


 長期刑を終えて出所した暴力団幹部のBさん。刑務所出所者の更生システムが乏しい日本社会で、出所者の再犯率は高い。逮捕者の率だけでいえば、一昨年は49・1%(法務省発表)と過去最高となっている。そしてBさんは、出所後も組幹部を続けた。だが、昨今の暴力団業界事情により、Bさんにはこれといったシノギもなく、生活は困窮していた。

 日本の常識も知らず、日本語もほとんど話せない外国人であっても、瞬く間に数千万円、数億円の大金を稼ぎ出せてしまうのが覚醒剤ビジネスである。そんなわけで、Bさんが覚醒剤ビジネスに手を染めるのに時間はかからなかった。

 普通、商売というものは、飲み屋であっても風俗であっても、繰り返し警察の摘発を受ければ客足も減り、商売としての勢いを失って衰退していくものである。

 が、覚醒剤ビジネスは正反対で、警察の摘発によって国内における覚醒剤の流通量が減れば、すぐに販売価格が高騰し、本来3万円のブツが6万円、9万円と値上がりして密売市場がさらに活性化してしまう。客という中毒者がいる以上、品物が減れば希少性と購買意欲がさらに高まるという図式なのである。

 このビジネスを始める前、Bさんも覚醒剤の使用経験があったが、刑務所に長期服役していたのでカラダからクスリは抜けていた。

 ビジネスをするにあたって、商品の品定めをするため、Bさんは再び覚醒剤の使用者となった。

 ここで言いたいことは、覚醒剤ビジネスが儲かるという話ではなく、時として「覚醒剤が自殺の道具にもなり得る」という話である。

 覚醒剤の使用には、致死量というものが存在する。致死量には個人差があるが、簡単に言えば、体内に多く入れれば確実に死ぬのである。覚醒剤とはそれだけ強い薬物なのである。

 Bさんは覚醒剤ビジネスでそれなりのカネを手に入れることに成功したが、決して楽しい思いはしなかった。昔ならあちこち遊び歩くこともできたが、昨今では「暴力団員及び暴力団関係者の入店を固くお断りします」といった標識を掲げている店や施設も多く、旅行も規制だらけで、はっきり言って遊ぶ所がないのでカネの使い道がなかった。


■引き籠った組員


 先例に挙げた外国人犯罪者たちは、日本国内の覚醒剤ビジネスでひと儲けすると、そのカネを原資にしてビジネス展開させて、レストランや会社を営み、本国から人を呼び寄せて雇用し、組織化を達成させてさらなる犯罪ビジネスを企てるというズル賢さを兼ね備えている者も多いが、暴力団員の場合は、わりと正直と言うか、外国人犯罪者ほどのしたたかさはなく、稼げば、なくなるまで使うという単純行動の繰り返しである。

 経済還元率100%と言ってもいいぐらいの使いっぷりだ。ひと昔前なら、そんな暴力団員の豪快な散財スタイルをアテにして商売が成立していた飲食店や洋服店や販売店がいくつもあった。

 だが今となっては、なんとかしてカネを稼いでも、暴力団員にはその使い先すらほとんどなく、宝の持ち腐れのようになってしまうケースも多い。Bさんもそのひとりだった。

 暴力団不況時代の昨今にあって、カネを手に入れたBさんは、所謂、勝ち組なのかもしれないが、Bさんは暴力団員であるが故に、カタギの勝ち組のみなさんのように優雅な夕食をとることもできず、自宅に引き籠るだけの生活を余儀なくされ続けた。


■深刻な依存症


 長い刑務所暮らしを終え、シャバでカネを得たが、暴力団員では行き場もなく、息抜きもなく、ただ自宅に籠りながら、Bさんは、そのうち、精神を病んでいった。

 暴力団を辞めればいいと言う人もいるが、Bさんの場合は覚醒剤ビジネスで稼いだだけに、今更、簡単に暴力団を辞めるわけにもいかなかった。辞めれば、いつ自分のことを警察に売られてしまうか分からない。そうなれば、また長い刑務所暮らしが待っている。

 そして気が付いた頃には、Bさんは深刻な覚醒剤依存症となっていた。Bさんは自分自身が、まさかディープな依存症患者に成り果てるとは思ってもいなかった。Bさんは今の自分の姿を見て、大きく落胆したのだった。

 薬物中毒者の更生施設への相談も考えたが、現役の暴力団幹部で、覚醒剤の密売者で、自身も覚醒剤中毒者であるというような話を、いくら更生施設の担当者が相手であろうとも、そんな犯罪のオンパレードみたいな話をすることはいささか躊躇された。こうしてBさんは、すべてを辞めたいが、すべてを辞めるわけにはいかないという出口のないパラドックスに陥った。


■社会的抹殺への疑問


 日に日にBさんのカラダは覚醒剤に侵されていくばかりで、そして、その日、ホテルでBさんは、覚醒剤の過剰摂取で死亡しているのを発見された。

 覚醒剤ビジネスをしていたBさんが、クスリの使用量を間違えたとは考えにくい。Bさんは確実に自分の致死量を把握していた。そして彼は死んだ。

 人間はいつしか、法律に縛られて暮らすという社会で生きることが当たり前となった。その社会では当然のように、反社会的活動をした者は生きていけなくなる。だが、この社会に魅力がなかったり、うまく順応できなかった者はどうすればいいのだろうか? 今のところ、自殺という手段しかないのだろうか?

 ご存知のように暴力団員は、暴対法をはじめとした数多くの法規制によって生活に制限が課せられている。

 今の時代、自分名義の銀行口座の開設やスマホの契約すらさせてもらえないようでは、暴力団員に人権はないと言っても過言ではないのかもしれない。この御威光により、暴力団員になろうとする若者も減れば、暴力団から脱会する人も増えており、日本の暴力団員の総数は年々減少しているが、この減少傾向の内訳には脱会者や離脱者ばかりではなく、自殺者も含まれていることを見落としてはならない。


■失われる「生きる場所」


 繰り返すが、銀行口座もスマホも持てず、職にあぶれ、社会的につまはじきにされて路頭に迷えば、自殺の二文字が頭にちらつくのも充分理解できる。識者や役人は「暴力団を辞めればいい」と説くが、簡単に辞めることができない暴力団員もいる。まさに生きる場所を失って、暴力団員が自殺をすれば、数字的に暴力団員の総数が減って、社会秩序や治安維持が達成できたと喜ぶことは、単なる国家的狂気という社会病理の進行を助長するだけではないだろうか。

藤原良(ふじわら・りょう)
作家・ノンフィクションライター。週刊誌や月刊誌等で、マンガ原作やアウトロー記事を多数執筆。万物斉同の精神で取材や執筆にあたり、主にアウトロー分野のライターとして定評がある。2020年に『山口組対山口組』(太田出版)を上梓。

【相談窓口】

・日本いのちの電話連盟
電話 0570・783・556(午前10時〜午後10時)
https://www.inochinodenwa.org/

・よりそいホットライン(一般社団法人 社会的包摂サポートセンター)
電話 0120-279-338(24時間対応。岩手県・宮城県・福島県からは末尾が226)
https://www.since2011.net/yorisoi/

・厚生労働省「こころの健康相談統一ダイヤル」やSNS相談
電話0570・064・556(対応時間は自治体により異なる)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/seikatsuhogo/jisatsu/soudan_info.html

・いのち支える相談窓口一覧(都道府県・政令指定都市別の相談窓口一覧)
https://jssc.ncnp.go.jp/soudan.php

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)