静岡県警の捏造?清水郵便局に届いた現金「43200円」と「36歳同僚女性」の謎に迫る【袴田事件と世界一の姉】

静岡県警の捏造?清水郵便局に届いた現金「43200円」と「36歳同僚女性」の謎に迫る【袴田事件と世界一の姉】

焼けた千円札(小川秀世氏提供)

 7月22日、東京高等裁判所で審理されている袴田巖さん(86)の再審請求審(非公開)を、姉の袴田ひで子さん(89)が初めて傍聴した。1966年に静岡県清水市(現・静岡市清水区)で味噌製造会社の専務一家4人が殺された冤罪事件を追う連載「袴田事件と世界一の姉」の21回目。56年前の「袴田事件」に登場する不思議な女性について取り上げたい。【粟野仁雄/ジャーナリスト】


■強い意志で久々の上京


 この日の午後、東京の司法記者会での会見で、ひで子さんが微笑んだ。傍聴席とはいえ初めて法廷に入ることができたのだ。

「コロナでどこにも行けず退屈してたんですよ。今日は(法廷に)入れるということで『コロナくらいなんだ』とばかり来たんですよ」

 新型コロナ「第7波」は拡大する一方。周囲も上京を止めているのかと思い、前日に「明日は行かれるんですか?」とひで子さんに電話したら、「行きますよ」と明快だった。

 昨年までは三者(裁判所、検察、弁護団)協議のため、欠かさず上京していたひで子さんも、年明けからは感染を心配する周囲の意見で、巖さんと暮らす浜松市からリモートで記者会見に参加していた。

 これまで三者協議では、東京高裁に来ても法廷に入れず、いつも「袴田巖さんを支援する清水・静岡市民の会」の山崎俊樹事務局長と別室で待たされていた。この日、早くから東京高裁の記者クラブに浜松から来ていた「袴田さん支援クラブ」の猪野二三男さんは、「そもそも請求審で法廷に入ることは、ひで子さんの当然の権利。今まで裁判所が入れなかった方がおかしい。今回は敢えて上京を止めなかったんですよ」と話していた。

 そうこうするうちに、山崎さんと「見守り隊」の猪野待子隊長に連れられたひで子さんが会見場に姿を見せた。


■絵具をたくさん混ぜるのに似ている


 請求審の審理は大詰め。事件から1年2か月後に味噌タンクから見つかり、「犯行時の着衣」と認定された「5点の衣類」の血痕の色だけが焦点だ。警察の証拠写真では血痕は赤いが、弁護団は「1年も経過して黒ずまないはずはない。発見直前に何者かが放り込んだ捏造」として争っている。

 最高裁判所の差し戻し決定で「血痕の赤みが残らない科学的機序を明らかにせよ」と宿題が出され、弁護側、検察側、双方で検証している。この日、尋問された弁護団依頼の鑑定人2人(ともに法医学者)は「1年以上、味噌に漬かった衣類の血痕が、赤いままにはならない」と説明、さらに「検察側の実験は味噌タンクの条件とかけ離れている」と指摘した。

 北海道・札幌から来た弁護団(西嶋勝彦団長)の笹森学弁護士は「いろいろな反応が進んで色が変化する。要は、絵具もたくさんの色を混ぜたら結局は黒になってしまうというのにも似ている」と説明した。なるほど、わかりやすい。

 会見で筆者はひで子さんに「何十年ぶりに法廷に入った感想は?」と訊いたが、ひで子さんは「何十年ぶりじゃないですよ。前の(再審請求審)東京高裁でも傍聴しましたよ」。

 筆者は、原審の控訴審の東京高裁以来と勘違いしていた。

 2014年3月の再審開始決定は、検察の抗告で東京高裁が18年6月に取り消した。この決定に至る請求審で、鑑定人の証人尋問をひで子さんは傍聴していた。

「まさかの取り消し」を経験しただけに、この日も「裁判のことですから出るまでわかりません」と引き締めていた。

 終了後、裁判所の敷地の外でNHKの取材を受けていたひで子さんに「裁判官と目が合いましたか?」と訊くと「目が合うようなことはなかったですね」と話した。

 ひで子さんによれば、浜松に残った巌さんは、支援者の車で近くの大学などに「パトロール」に出かけるなど元気に過ごしている。


■「奪った」お金を預けた女と焼けたお札


「5点の衣類」のみならず、袴田事件では不可解なことだらけだ。今回は「焼けたお札の謎」「金を預けた女」について見ていこう。

 当然のことだが、強盗事件や窃盗事件では奪った金品の使途は大きな立件要因だ。ところが袴田事件では、使途が訳のわからないことになっている。そこに「不思議な女性」まで登場する。

 4人も殺した強盗の成果は、たった8万円余(現在より価値は高いが)。殺された橋本藤雄専務の通帳や株券も手つかず。それだけでも不自然だが、冒頭陳述によれば使途について巖さんはこう供述したとされる。

《専務の家から盗んで樽(筆者註:工場の味噌樽)の下に隠した金は
 七月二日に一万五千円
 七月九日に一万円くらい
を取り出して二回とも実家の浜北へ持っていき、色々使いました。

 そして七月一一日か一二日頃又樽の中から残っていた五万円を取り出し知り合いのAさん(陳述では実名、以下同)の家に持っていき、僕のぜにだけど取りに来るまであづかって(原文ママ)おいて下さい。といってあづけ(原文ママ)ました。その后半月か二十日位たって取りに行きましたがAがいなかったので返してもらえず、今でもあづけ(原文ママ)たままになっています。》

 巖さんの犯行の動機は「盗みに入ったら見つかったので殺した」「肉体関係があった専務の奥さんに家を建て直したいのでと放火を頼まれた」などころころと変わり、最終的に「アパートで親子で暮らす資金が欲しかった」ということに落ち着いていた。


■「郵便局員が見つけた」封筒


 事件から2か月あまり経った1966年9月13日、清水郵便局の局員が机の上に差出人不明の白い封筒が置いてあるのを見つけた。封筒には薄くて見にくい鉛筆書きで「シミズケイサツショ」と書かれていた。差出人の名は書いていない。郵便物は切手が貼っていないとか、宛名がわからないようなものは、「事故郵便物」と呼ばれる(神戸市の馴染みの郵便局で確認すると、「お客様に対しては使わない言葉ですが、局内では今も『事故郵便物』と言いますよ」とのこと)。

 封筒を開くと、便箋と共にお札が出てきた。便箋にはカタカナで「ミソコウバノボクノカバンニナカニシラズニアッタツミトウナ」と書かれていた。「味噌工場の僕の鞄の中に知らずにあった。罪を問うな」としか意訳できない。

 さらに封筒からは、一万円札が3枚、五千円札が2枚、千円札が2枚、五百円札が2枚。百円札が2枚出てきた(若い人は知らないだろうが、当時の五百円は岩倉具視が肖像のお札だった。五百円硬貨の流通は1982年4月から。同じく、百円札は板垣退助。百円硬貨の流通は1967年2月から)。

 2枚の千円札は、左上と右下が焼けていた。しかも2枚に、はカタカナで「イワオ」と書いてあった。この数日前には、巖さんが自白したと報じられていた。当然、局員は大事件の真犯人が送ってきたと思い、大慌てで警察に届けた(ということになっている)。

 ところが捜査の結果、この手紙を出したのが巖さん本人ではなく、Aさんという当時36歳の女性になるのだ。Aさんは、こがね味噌の元従業員だった。


■「恐ろしい女」と警察


 静岡県警の捜査報告書には、彼女についてこう記される。

《昭和四一年四月から四一年六月一〇日まで、こがね味噌で包装工をしていたが、勤務成績が悪く、また味噌、金山寺を持ち出している事実が判明したので退職させたものであるが、同人は稼働中、同僚の女子職員に対し、「人を殺すのはわけない。火をつけて焼いてしまえばわからない」と、口走っていることが判明し、同僚からはおそろしい女だ、といわれ交際するものはいなかった》

「恐ろしい女」のイメージだが、いくらでも「人物像」は作れる。Aさんのそんな発言を聞いたという同僚の証言などなかった。そして、巖さんが強奪後に金を預けたのがこのAさんということにされてゆく。

 お札は対角線を結ぶ隅2カ所が焼かれている。火事などによる焼け方ではなく、ライターかマッチで意図的に隅を焼いた形だ。焼けて消されたのが、お札の製造番号である。

 毎日新聞静岡版は9月21日付の朝刊でこう報じた。

《袴田から金受け取る 清水事件 特捜本部、女を逮捕

 清水市横砂、こがね味噌製造会社専務、橋本藤雄さん(四一)方一家四人強殺放火事件の犯人として静岡地検が起訴した同社製造係、袴田巌(三〇)はその後も清水署に拘置され、裁きの日を待っているが、自供の証拠がためをいそいでいる特捜本部はこのほど袴田の知人、同市小芝町三三、無職、A(紙面では実名、以下同)(三六)をおどしの疑いで逮捕した。

 Aは六月初め、つとめていたS食品会社で同僚をおどした疑いで捕えられたが、袴田が橋本さんから盗んだ金の一部をAに手渡したともらしたことから同本部はAの身柄を静岡中央署に移してこの面も追及している。

 袴田の自供によると、盗んだ金は三万六千余円で、大部分は飲み食いに使い、一部をAに渡したというが、Aは「事件後袴田とは会っていない」と強く否定しており、捜査当局も事件後に2人が会った確証をつかんでいない。

 このため袴田自供のただ一つのナゾとされている盗んだ金の使途はいまなおはっきりせず、同地検でも連日吉村検事を清水、静岡中央両署に派遣、異例の“起訴後の調べ”をつづけている》


■完全否定したAさん


 巖さんとAさんの関係について、捜査報告書は《同人の男関係について捜査したところ、交際人物はやくざ連中が多く、王こがね味噌当時は袴田と仲が良く四一年(筆者註:昭和41[1966]年)四月のレクリエーションで、愛知県犬山に旅行した時、旅館で袴田はA(報告書では実名)と同じ布団に寝た事実もあり、両者の仲は相当進んでいたものと思われる》としている。

 だが、後に公判でAさんは巖さんとの関係を問われて、「親しくありません」と証言している。さらに、巖さんが布団に入ってきたことを尋ねられると「覚えていません」。肝心の巖さんから金を預かったかどうかについては「預かっていません」と完全に否定した。清水警察署にお札入りの封書を郵送したことを問われると「知りません」と、これも完全否定したのだ。

 捜査本部は、筆跡鑑定でAさんの字と千円札の「イワオ」の筆跡が一致したことを根拠にしていた。しかし、文字数は少なく、漢字と違い特徴の出にくいカタカナでは正確な鑑定は困難だ。さらに、警察は早くからAさんの身辺捜査をしており、彼女のカタカナの書き物を入手したり、撮影をしていれば、筆跡を真似て「イワオ」と書くこともできただろう。


■うっかりしゃべった警部補


 当時、Aさんを調べていたのは住吉親(ちかし)警部補だった。実は彼は公判で、彼女との「密約」をうっかり口にしてしまっている。1967年6月、静岡地方裁判所での証人尋問で弁護人の質問に答えたときのことだった。

「その日は、『あんたたちも面子があるでしょうし、私(A)も知らないじゃすまされないんだから、預かったことにするから。これは私と住吉さんだけの2人の話にすれば、他の人にわかるというようなことはない』そういうような供述だったです」

 どう見ても巖さんを陥れるためにAさんが警察に利用されたとしか思えないが、裁判ではそれ以上、真相が追求されることはなかった。警察はなぜ、Aさんのことをでっち上げたのか。

 盗んだ8万円の使途について、飲食などで2万円余を使ったとしたことを飲食店の伝票などで一部裏付けたものの、残る5万円以上の使途が証明できない。困った警察は巖さんについては「持っていたら怪しまれるから知人に預けた」という筋書きに仕立てた。虎の子の強奪金を、短期間の付き合いで、さして親しくない女性に預けるのも不自然なのに。構わず今度は、強奪金を預かったことで罪を問われることを恐れたAさんが偽装して警察署宛てに送った、とした。

 さらに、お札が巖さん逮捕後に印刷されたものだったりすれば、「警察の捏造」が暴露してしまう。そこで製造番号部分を焼いたと考えられる。

 Aさんは、清水郵便局で謎の封書が見つかったとされる翌日の9月14日に、同僚女性を脅したとして逮捕されている。恐喝は別件逮捕でしかない。そして、巖さんに関する「贓物寄贈(不法に取得された物と知りながら所持すること。現在は盗品等関与罪)」の容疑で再逮捕し、取りたい話を取ると早々に釈放した。


■渦中の女性に会いに行ったひで子さん


 既に鬼籍に入っているAさんについて、ひで子さんに尋ねてみた。実は3歳ほど年長のAさんに、当時、ひで子さんは会っている。

「事件から半年くらいしてからかな。巖と接見できるようになったら、巖がある時、『Aさんの名前が報道されている。俺のことで迷惑をかけている。お姉さん、謝ってきてほしい』と言われたんです。それで清水市にあった彼女の家まで行きました。最初、居なかったけど、しばらく待つと帰ってきて、喫茶店で話しました。とてもきれいな女性でしたよ」と回顧する。

「報道ではひどい女のように書かれたようですが、全く普通の感じの女性で、おかしな人ではありませんでした。そして最後に『巖さんは殺人なんて絶対にする人ではありません。頑張ってくださいね』と励ましてくれましたよ。会った時にはまだ、巖から金を預かったという話は聞いていなかったので、そうした会話はしなかったですよ。Aさんの裁判での証言は聞いていませんし、お会いしたのもそれが最初で最後でした」と話した。

「一度、刑事が私の所に来て、写真を並べて見せた。Aさんの名前が書いてあった写真を指して、『この人ですよ。きれいな人だった』と言ったことがありますよ」と振り返る。

 静岡地裁で始まった一審の冒頭陳述で検察は「被告人がA(陳述では実名、以下同)に預けた五万円について」としてこう書いてある。

《Aは五万円預かったことを否認しているが9月10日ごろ、警察官が清水署において、五万の金について同所、及び同所の家族を調べた直後、同月13日匿名でシミズケイサツショに対し、「ミソコウバノボクノカバンニナカニシラズニアッタツミトウナ」と書いた手紙と一緒に現金五万七千円が一部焼燬(しょうき)されて郵送されてきたので直に同人方を捜索して筆跡対象資料を得たうえ筆跡鑑定を行ったところ、Aの筆跡と一致したので同女が被告人から五万円を預かり保管していた後警察の調べを受けて贓物寄贈の罪に問われるのを恐れて匿名で郵送してきたことが明らかとなった。》(筆者註:これだけの長文で全く句点がない。最近はましになったが当時の裁判文書は3ページも4ページも文が切れないのはざら。何が主語かもわからず、筆者も記者時代は閉口した)

 さて、巖さんとAさんの親密さを裏付けるとされる犬山旅行だが、同じ布団で寝たことは「酔った勢いでのおふざけ」の域を出ない。ところが、実は警察はここでも巧みに「協力者」を作る。巖さんがAさんの布団へ入った時、別の女性の布団に、もう1人の同僚の男が入ったというのだ。警察はこの「別の女性」が同僚のAさんから脅されたと訴えたことにして、Aさんを別件逮捕したのだ。その後、この女性は警察に有利な証言をしてゆく。

 当初、裏木戸からの侵入が不自然となったため、巖さんが「橋本専務の奥さんと肉体関係があり、奥さんが中から開けてくれた」とし、今度は元同僚のAさんと懇ろだったとし、彼女に絡む人物も取り込んだ。当時、すでに離婚して子供を実家に預けていた巖さんについて、警察が「女癖の悪い男」とした狙いは、単におとなしく真面目な男の世評を貶めるためだけではなかった。


■「5点の衣類」より手の込んだ捏造


 いずれにせよ、不可思議な話だらけだ。郵便局員が机の上に置いてあった事故郵便物を開いて驚いたということになっているが、そんな事実があった証拠はなく、公判でも証明されていない。そもそも宛先不明などの事故郵便物の場合、局員は基本的に開いたりはしないという。

「焼けたお札」「五万円を預けた女」の不可思議さ奇妙さも、捜査機関による作り事とすれば腑に落ちる。

 袴田事件での「捜査機関の捏造」は、事件から1年以上後で見つかったとした「5点の衣類」だけではない。早い段階から他の可能性を排除して巖さんを犯人と決めてかかり、あの手この手で証拠(物的なものだけではない)を捏造していた。今となっては唯一注目されている極めて単純な「5点の衣類の捏造」とは、ずっと手の込んだ「初期の捏造」の延長なのである。

 いつだったか、筆者はひで子さんに、弟の「女癖」について訊いてみたことがある。「巖は真面目で女たらしなんかじゃありませんよ」といった答が来るとばかり思った。ところが、である。ひで子さんはこう言って豪快に笑い飛ばしたのだった。

「当時は巖と一緒に暮らしていたわけではないからよくは知らんけれど、巖だってれっきとした一人前の男だったんだから。女の1人や2人といろいろあったところで、全然おかしくなんかありゃせんでしょ。ワハハハ」

 さすがは「世界一の姉」である。もはや弟は苦笑するしかない。

粟野仁雄(あわの・まさお)
ジャーナリスト。1956年、兵庫県生まれ。大阪大学文学部を卒業。2001年まで共同通信記者。著書に「サハリンに残されて」(三一書房)、「警察の犯罪――鹿児島県警・志布志事件」(ワック)、「検察に、殺される」(ベスト新書)、「ルポ 原発難民」(潮出版社)、「アスベスト禍」(集英社新書)など。

関連記事(外部サイト)